細菌の薬剤耐性化のリスクと薬剤師が出来ることとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。

今冬のインフルエンザシーズンでは、2018年に発売されたインフルエンザ治療薬ゾフルーザ(バロキサビル マルボキシル)の耐性化が話題となりました。

今回のコラムではゾフルーザの体制化に関連して抗生物質と耐性菌について解説をしていきます。

インフルエンザ治療薬ゾフルーザの耐性化

今冬のインフルエンザシーズンでは、2018年に発売されたインフルエンザ治療薬ゾフルーザ(バロキサビル マルボキシル)の耐性化が話題となりました。

ゾフルーザは、1回の服用だけで治療が終わるため、何度も吸入を繰り返さなければならないイナビル(ラニナミビル オクタン酸エステル水和物)や、5日間内服を続けなければならないタミフル(オセルタミビル)に比べて、患者さんや医療者の服薬指導の負担軽減につながることが期待され、シーズン途中で出荷調整がかけられるほど、処方が増加しました。

その一方で、臨床試験の段階から懸念されてきたゾフルーザへの感受性の低下、いわゆる耐性化の発現が確認され、こちらもマスコミに取り上げられ話題となりました。

ゾフルーザの感受性低下ウイルスに関しては、現時点で、感染伝播拡大が確認されていません。しかし、万が一、ゾフルーザへの感受性が低下した状態、つまりゾフルーザ耐性化を獲得した状態で感染が拡大していくと、ゾフルーザの使用が困難な状態になってしまうことが懸念されています。

こうしたウイルスの薬剤耐性化とは発現の仕組みや状況がまったく異なりますが、実際に薬剤耐性の問題に直面しているのが、細菌の薬剤耐性化(antimicrobial resistance ; AMR)です

AMRの現状とWHOの取り組み

近年、抗菌薬が効かない薬剤耐性(AMR)をもつ細菌が世界中で増加しており、何も対策を講じない場合、2050年には世界で1000万人の死亡し、がんによる死亡者数を超える、と想定されています。薬剤耐性菌が増えることにより、感染症に対する治療が困難になり、重症化や死亡にいたる可能性が高まってしまうとの懸念があるのです。また、新しく開発される抗菌薬の数は年々減少しており、薬剤耐性菌による感染症の治療はますます難しくなってきています。

AMRが拡大している原因の1つとして、抗菌薬の不適切な使用が挙げられます。特に日本においては、経口のセファロスポリン系薬、フルオロキノロン系薬、マクロライド系薬が不適切に処方されており、その耐性化が進んでいると考えられています。

こうした状況を踏まえ世界保健機関(WHO)は2015年、「薬剤耐性に関するグローバル・アクション・プラン」を採択し、加盟国は2年以内に自国の行動計画を策定し、行動することを要請しました。それを受けて、日本は2016年に「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン(2016-2020)」1) を策定しました。

日本におけるAMR対策について

薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン(2016-2020)」では、(1)普及啓発・教育、(2)動向調査・監視、(3)感染予防・管理、(4)抗微生物剤の適正使用、(5)研究開発・創薬、(6)国際協力の6分野で目標が定められています。

加えて、(1)人口千人あたりの抗菌薬の1日使用量を33%削減すること、(2)経口セファロスポリン系抗菌薬・フルオロキノロン系抗菌薬・マクロライド系抗菌薬の人口千人あたりの1日使用量を50%削減すること、(3)人口千人あたりの静注抗菌薬の1日使用量を20%削減すること、という成果指標が掲げられています。

また、対策の一環として、2017年に外来診療の現場で活用できる「抗微生物薬適正使用の手引き」 2) が発行されています。

抗菌薬処方に対して薬局の薬剤師ができること

「薬剤耐性ワンヘルス動向調査年次報告書 2018」 3)  によれば、約4割の国民が、「かぜやインフルエンザに対して抗生物質が有効である」と考えており、医師の半数以上が、「かぜの患者に、患者の求めに応じて抗菌薬を処方することがある」と回答しています

病院やクリニックでの診察が終わり、処方箋が発行された後で、薬局の薬剤師がその抗菌薬の処方に対して異議を唱えることは非常に難しいことと言わざるを得ません。

そうした状況を踏まえて、今、薬局の薬剤師ができることは、まず耐性菌発現のリスクとなる、自己判断での服用中断や服薬回数の調節をやめてもらうこと、つまり、処方日数や用法・用量の設定の意味について、患者さんに正しく理解していただけるようお伝えをすることだと思います

また、薬剤師自身が、上述の「抗微生物薬適正使用の手引き」などの内容を熟知した上で、抗菌薬処方について正しい知識を持ち、患者さんへの啓蒙活動を行うことも重要です。AMR対策のポスターやパンフレットなどのツール 4) を使い、患者さんに「かぜの治療に抗菌薬は不要であること」「不要な抗菌薬処方が耐性菌を生み、感染症治療に悪影響が出ること」といった説明することや、感染症予防のための手洗い、ワクチン接種、咳エチケット、うがいなどの重要性について繰り返し案内していくなどの活動から患者さんの意識に働きかけていくことが大切になるでしょう。

2020年に、薬局の薬剤師が「AMR対策アクションプランの達成に貢献できた!」と胸を張ることができるよう取り組んでいきたいです。

参考文献・記事

1)厚生労働省「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン(2016-2020)」

2)厚生労働省「抗微生物薬適正使用の手引き 第一版」

3)厚生労働省「薬剤耐性ワンヘルス動向調査年次報告書 2018」

4) AMR臨床リファレンスセンター「啓発用ツール・ポスターなど」

この記事を執筆した人
パワーファーマシー
中央薬局 今泉店
薬剤師
船見正範
薬学部を卒業後、製薬企業の品質管理部門を経て、調剤薬局に転職。
社内のDI活動や、薬歴スキルアップ活動などを担当。地域の高齢者の薬物治療の適正化に役立ちたいと、高齢者薬物治療やEBMについて学び、その成果を学術大会などで発表を続けてきた。
現在は、地域の薬剤師仲間と、EBMや処方提案についての勉強会も主催している。
閉じる
もっと見る

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

1分で無料登録する

薬キャリ

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

1分で無料登録する

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

1分で無料登録する

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

1分で無料登録する

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

1分で無料登録する

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

災害医療における薬剤師の役割|求められる臨床力

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。   1995年1月の阪神・淡路大震災、2011年3月の東日本大震災を教訓に、各自治体では、広域災害時の医療体制や対…

  • 🕒
  • 2019.11.08更新

今後レッドカードが言い渡される薬局が出てくる⁈取り巻く環境の変化…

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。   現在、調剤をメインの業務とする保険薬局、いわゆる“調剤薬局”の運営は過渡期を迎えています。大手チェーンに…

  • 🕒
  • 2019.11.08更新

「命の値段」はどう計算するのか?

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。 6月13日、中央社会保険医療協議会(中医協)の部会で、薬の値段が効果に見合っているかどうかの基準づくりのために計画してい…

  • 🕒
  • 2019.10.08更新

高齢者のポリファーマシーへの処方提案事例紹介|第4回 抗コリン…

この数年、多剤併用、いわゆるポリファーマシー(polypharmacy)の話題が注目を浴び続けています。 ポリファーマシーには、多剤併用によるアドヒアランスの低下、残薬問題だけではなく、多科受診による…

  • 🕒
  • 2019.08.02更新

今後レッドカードが言い渡される薬局が出てくる⁈取り巻く環境の変化…

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。   現在、調剤をメインの業務とする保険薬局、いわゆる“調剤薬局”の運営は過渡期を迎えています。大手チェーンに…

  • 🕒
  • 2019.02.28更新

“嫌われる薬剤師”を目指す!?

この度、こちらのHOP!薬剤師でコラムを担当させていただくことになりました船見と申します。 栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めています。 こちらのコラムでは、普段の保険薬局での業…

  • 🕒
  • 2019.01.31更新

「誰にでもできる仕事」の先にある“笑顔”

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。 現在、2年に1度の診療報酬・調剤報酬改定に向けて、中央社会保険医療協議会(中医協)で議論が進められています。 その議論の…

  • 🕒
  • 2019.01.31更新

服薬指導を健康サポートの足がかりに

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。 調剤報酬改定が間近にせまり、次第に今回の改定の内容が明らかになりつつあります。 今回の調剤報酬…

  • 🕒
  • 2019.01.31更新

自分の中の「理想の薬剤師」を忘れずに

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。 薬剤師国家試験も終わり、いよいよ新年度を迎える時期となりました。この春から新人薬剤師として働き始める方は、国家試験の…

  • 🕒
  • 2019.01.31更新

疑義照会のトラブルはなぜ起きてしまうのか?疑義照会を円滑に行うた…

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。 調剤における薬剤師の業務の中で、もっとも重要な仕事の1つとして“疑義照会”があげられます。 薬剤師法第24条では、「

  • 🕒
  • 2019.01.31更新

ポリファーマシーの解消と減薬提案

高齢者の患者さんに接する機会のある薬剤師は肌で感じているかと思いますが、高齢になると服用する薬が増えていく傾向にあります。中には「こんなに飲んでいて大丈夫なの?」と、心配になってしまうほどたくさんの…

  • 🕒
  • 2019.01.31更新

「医・薬・介」三位一体の重要性と促進

周知のように、我が国の国民医療費は年間42兆円を超えており、今後も急激な高齢化による増加が予想されています。2025年には54兆円を超えるとの試算もあります。   国民医療費42兆円のうち、調剤医療費が7.5兆円と1…

  • 🕒
  • 2019.01.31更新