疑義照会のトラブルはなぜ起きてしまうのか?疑義照会を円滑に行うために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。

調剤における薬剤師の業務の中で、もっとも重要な仕事の1つとして“疑義照会”があげられます。

薬剤師法第24条では、「薬剤師は、処方箋中に疑わしい点があるときは、その処方箋を交付した医師、歯科医師又は獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはならない」と規定しており、薬剤に課せられた重要な義務であると同時に、大きな権利である、とも言うことができます。

しかし、この疑義照会は、医師の機嫌を損ねたり、クレームを受けるなど、トラブルに発展するケースも少なくないと思います。

“疑義照会”のトラブルはなぜ起きてしまうのか、また、そうしたトラブルを回避するために、どんな工夫ができるのか、考えてみたいと思います。

“疑義”を問われたら誰でも不愉快になる

疑義照会から少し話がそれますが、薬局で勤務している方なら誰でも、直接的あるいは間接的に「調剤ミス」の場面に遭遇したことはあるのではないでしょうか。

調剤の場面や、患者さんへの交付の場面で発覚すれば良いのですが、ときには患者さんから「薬が合わないのだけど」と、問い合わせを受けて発覚するケースもあります。

逆に、患者さんから「薬が足りないのだけど」と問い合わせを受けても、交付時の記録や現在の在庫と照らし合わせても、出し間違いはなかった、というケースも少なからず経験されている方が多いのではないでしょうか。

そんなとき、「薬局でのお渡しの記録を見直しましたが、確かにお渡しをさせて頂いております。もう一度、ご自宅の中やカバンの中などをご確認いただけますか」と、回答されているかと思いますが、特に薬局が混雑しているときには、内心は「こっちでは2人で監査をして、ちゃんと出しているんだから、よく探してから連絡して欲しいなぁ……こっちは忙しいんだから」と感じた経験もあるのではないでしょうか。 そうなのです。まさしくそれが、問い合わせ、つまり“疑義”を問われたときの感情なのです。

自分のミスを他人から指摘されて、愉快に思う方はいない、と言っても過言ではないでしょう。

つまり処方上のミスを指摘する可能性のある、「疑義照会」という行為自体が、もともと「トラブルの種」を含んでいる、ということを、照会する薬剤師側が十分認識をすることが重要になります。

患者さんの安心・安全を第一に

処方鑑査や併用薬確認で、医師への確認が必要だと感じた場合、どうしても「処方変更をしてもらわないと」という気持ちが先に立ってしまう場合があります。

すると、ついつい医師のミスや見逃しを指摘するような言い回しになってしまうことがあり、前述のようなトラブルにつながりやすくなります。

医師とて、自分から好んでミスをしたり、不適切な処方をしたりしているはずはありません。「患者さんに良くなって欲しい」という思いは、医師も薬剤師も、その他の医療スタッフも共通のゴールであるはずです。

「処方を変更するか、しないか」を問うのではなく、「患者さんに安心・安全に飲んでいただくために、処方内容を検討してほしい」という気持ちで、問い合わせを行う姿勢が大切なのだと思います。

医師に“照会してもらって良かった”と感じてもらえるように

さて、一口に「疑義照会」と言っても、様々な疑義照会があります。

いわゆる「形式的疑義照会」と言われる、処方箋上の用量・用法などの不備の確認もあれば、「薬学的疑義照会」と言われる、薬効・薬理や患者さんの体質・生活習慣などから判断される処方確認もあるでしょう。

また、一口に「薬学的疑義照会」と言っても、「業務上やむを得ず、確認をしておかなければならない」疑義照会(例えば適応外処方(認知症における不安や興奮状態に対してのリスパダール(一般名リスペリドン)処方)など)もあれば、「必ず医師に確認を得ておきたい」疑義照会(例えば、別の薬局でワーファリン(ワルファリン)が処方されている患者さんへのプレタール(シロスタゾール)処方など)もあります。

当然ながら、「形式的な疑義照会」や「業務上やむを得ず行う」疑義照会の方は、医師としても「不快」「煩わしい」と感じる照会になるでしょう。

逆に、「必ず医師に確認を得ておきたい」照会の中には、医師が知らなかった患者の情報や、重大な副作用などを防ぐケースにつながる情報が含まれているケースが多いと思います。

つまり、前者のようなネガティブなイメージの照会の印象はできるだけ薄くなるように、そして、後者の「必ず医師に確認を得ておきたい」照会のイメージを医師に強く感じていただけるように、心がけていくことが大切なのだと思います。

トレーシングレポートや事前合意書の活用を

疑義照会を簡素化・円滑に行う仕組みとして、近年、近隣医療機関と事前に「疑義照会を不要とする合意書」を交わしておく、という取り組みが始まっています。

参照URL;「【さいたま赤十字病院】疑義照会不要で合意書‐市薬剤師会313薬局と運用」(薬事日報ウェブサイト)

こうした仕組みを活用することで、本当に必要な疑義照会のみを医師に行うことができるようになるため、医師にとっても薬剤師にとっても時間や手間の節減につながりますし、医師との関係をより良好なものにつなげていくことができる機会となるのではないでしょうか。

また、処方変更提案の中でも、緊急を要さないものについては、服薬情報提供書、いわゆるトレーシングレポートの活用があげられます。

こうした工夫によって、処方医と患者さん、そして僕たち薬剤師、それぞれの関係を良好に保ち、しっかりと役割を果たしながら、より良い医療の提供に結びつけていきたいですね。

関連記事

「命の値段」はどう計算するのか?

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。 6月13日、中央社会保険医療協議会(中医協)の部会で、薬の値段が効果に見合っているかどうかの基準づくりのために計画してい…

「医・薬・介」三位一体の重要性と促進

  周知のように、我が国の国民医療費は年間42兆円を超えており、今後も急激な高齢化による増加が予想されています。2025年には54兆円を超えるとの試算もあります。   国民医療費42兆円の…

ポリファーマシーの解消と減薬提案

高齢者の患者さんに接する機会のある薬剤師は肌で感じているかと思いますが、高齢になると服用する薬が増えていく傾向にあります。中には「こんなに飲んでいて大丈夫なの?」と、心配になってしまうほどたくさんの…

自分の中の「理想の薬剤師」を忘れずに

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。 薬剤師国家試験も終わり、いよいよ新年度を迎える時期となりました。この春から新人薬剤師として働き始める方は、国家試験の…

服薬指導を健康サポートの足がかりに

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。 調剤報酬改定が間近にせまり、次第に今回の改定の内容が明らかになりつつあります。 今回の調剤報酬…