HOP!薬剤師

「命の値段」はどう計算するのか?

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。

6月13日、中央社会保険医療協議会(中医協)の部会で、薬の値段が効果に見合っているかどうかの基準づくりのために計画していた市民意識調査の中止が決まりました。

先月のコラム(「医・薬・介」三位一体の重要性と促進)でも触れましたが、国民医療費は年間42兆円を超え、医療資源の有効活用は急務となっています。

「命の値段」はいくらくらい?

1977年・日航機ハイジャック事件の際、当時の福田赳夫首相が発言した「一人の生命は地球より重い」という言葉に代表されるように、日本人の多くが「命を金銭的価値に換算するのは好ましくない」といった感覚を持っているのかもしれません。

一方で、僕たちが生きている“現実世界”では、時に「命」を「対価」で考えざるを得ない場合があります。その一例が「生命保険」です。生命保険の死亡保険金受取額の平均は約283万円です。(参考資料1)

一見少ないようにも感じますが、若い世代では手厚い保障が必要となりますが、高齢になるにつれて必要な保障額が下がるため、平均するとこの程度の金額になるようです。これは「生から死」という変化の代償としての金額と考えることができるでしょう。

逆に、生きるため、つまり「死から遠ざかるため」に必要な金額として1つの目安になるのが「生涯医療費」です。日本人1人が、生まれてから死ぬまで、およそ2,700万円の医療費を必要としており、その約半分(約1,350万円)は70歳を超えた後の人生に充てられている、と推計されています。(参考資料2)

質調整生存年(QALYs)という考え方

さて、ここまでは統計的データを見てきましたが、僕たち薬剤師が実際の業務の中でよく意識するものとしては「薬価」があります。

冒頭の「薬の値段についての市民意識調査」も、この薬価を決めるための1つの基準軸として「寿命を1年間延ばすために、公的医療保険からいくらまでなら払えるか」を盛り込めるかどうかを検討するための調査でした。

この「寿命を1年間延ばす効果」を数値で評価する手法として「QALYs」(クオーリーズ、質調整生存年)という考え方があります。単なる生存期間の延長だけでなく、その生活の質(QOL)の向上・維持を治療効果の指標としよう、というものです。

「1QALY」は「完全に健康な1年間」に相当しますが、既存薬と比較して1QALY延長できる新薬の上乗せ額は、例えばイギリスでは400〜500万円程度以下が目安とされています。

こうした手法や基準を設定することで、いたずらに薬価が高騰することを抑え、費用対効果について医療提供側はもちろん、患者自身も医療費について関心が高くなると考えられます。

日本においても、少子高齢化により増加の一途をたどる医療費の抑制を図るために、今回取り下げられた調査について、(調査方法を見直した上で)議論は避けて通れない課題なのではないでしょうか。

薬剤師として取り組めること

新薬が開発され、その恩恵を多くの患者さん達が享受できることはとても喜ばしいことです。その一方で、新薬開発の成功率は2~3万分の1と言われ、発売前に莫大なコストがかかっています。

そのコストを回収するため、薬価が非常に高く設定された薬が増えてきている、というのが現状です。今回の「市民意識調査の中止」というニュースに接すると、(高い効果が期待できるかもしれないが)とても高価な薬剤が、その価値に見合った適切な使用をされるのか、を評価するための「知識」と「意識」が、薬剤師にも求められる時代になっているのではないか、と感じます。

ただし、そうした評価を行うためのハードルは決して低くありません。患者さんやご家族からすれば、「お金はいくらかかってもいいから、この命を救ってほしい」という思いを持つことは当然ですし、医療者側もそうした思いを受け、それでも「費用対効果に見合いませんから」と一蹴するわけにもいかないのではないでしょうか。

そうした場面にあっても、本人を含めた多くの方が納得できる医療を受けられるよう、日頃から、費用対効果への意識を持ち、患者さんやご家族、医療の提供側、そして健康保険料を納めている国民が共通の認識を醸成できることを意識しながら、薬剤師として業務に取り組んでいくことが大切なのではないでしょうか。

この記事を執筆した人
パワーファーマシー
中央薬局 今泉店
薬剤師
船見正範
薬学部を卒業後、製薬企業の品質管理部門を経て、調剤薬局に転職。
社内のDI活動や、薬歴スキルアップ活動などを担当。地域の高齢者の薬物治療の適正化に役立ちたいと、高齢者薬物治療やEBMについて学び、その成果を学術大会などで発表を続けてきた。
現在は、地域の薬剤師仲間と、EBMや処方提案についての勉強会も主催している。
閉じる
もっと見る
HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

薬剤師の生涯学習にもPDCAが必須に!学習の心得とポイントとは

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。   2016年度調剤報酬改定から始まった「かかりつけ薬剤師」制度では、かかりつけ薬剤師となるための条件として、…

  • 🕒
  • 2020.06.23更新

仰天!新卒薬剤師がマツキヨで体験した今だから語れるエピソード3選

こんにちは。薬剤師なのに調剤が苦手という理由で新卒でマツモトキヨシに入った「まりも」です。現在はHOP!薬剤師をはじめ、複数の医療関係メディアでライターとして活動しています。 さて今回は、私が…

  • 🕒
  • 2020.06.23更新

証券会社から調剤薬局へ転職⁉|ココが特殊だ薬剤師業界

現在、HOP!薬剤師の記事を執筆させていただいているけちゃおと申します。私は薬学部卒業後、証券会社、製薬会社でそれぞれ営業を経験して、現在は調剤薬局にて薬剤師をしています。 業種が変われば仕事…

  • 🕒
  • 2020.06.23更新

薬剤師による在宅訪問業務を介護保険の“理念”にかなうものに

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。 先日、日本経済新聞・電子版でとても興味深い記事を目にしました。  

  • 🕒
  • 2020.06.23更新

ポリファーマシーの解消と減薬提案

高齢者の患者さんに接する機会のある薬剤師は肌で感じているかと思いますが、高齢になると服用する薬が増えていく傾向にあります。中には「こんなに飲んでいて大丈夫なの?」と、心配になってしまうほどたくさん…

  • 🕒
  • 2019.12.11更新

「医・薬・介」三位一体の重要性と促進

周知のように、我が国の国民医療費は年間42兆円を超えており、今後も急激な高齢化による増加が予想されています。2025年には54兆円を超えるとの試算もあります。   国民医療費42兆円のうち、調剤医療費が7.5兆円…

  • 🕒
  • 2019.12.11更新

疑義照会のトラブルはなぜ起きてしまうのか?疑義照会を円滑に行うた…

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。 調剤における薬剤師の業務の中で、もっとも重要な仕事の1つとして“疑義照会”があげられます。 薬剤師法第24条では、…

  • 🕒
  • 2019.12.11更新

災害医療における薬剤師の役割|求められる臨床力

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。   1995年1月の阪神・淡路大震災、2011年3月の東日本大震災を教訓に、各自治体では、広域災害時の医療体制や対…

  • 🕒
  • 2019.11.08更新

細菌の薬剤耐性化のリスクと薬剤師が出来ることとは

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。 今冬のインフルエンザシーズンでは、2018年に発売されたインフルエンザ治療薬ゾフルーザ(バロキサビル マルボキシル)の耐性…

  • 🕒
  • 2019.11.08更新

今後レッドカードが言い渡される薬局が出てくる⁈取り巻く環境の変化…

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。   現在、調剤をメインの業務とする保険薬局、いわゆる“調剤薬局”の運営は過渡期を迎えています。大手チェーンに…

  • 🕒
  • 2019.11.08更新

高齢者のポリファーマシーへの処方提案事例紹介|第4回 抗コリン…

この数年、多剤併用、いわゆるポリファーマシー(polypharmacy)の話題が注目を浴び続けています。 ポリファーマシーには、多剤併用によるアドヒアランスの低下、残薬問題だけではなく、多科受診による…

  • 🕒
  • 2019.08.02更新

今後レッドカードが言い渡される薬局が出てくる⁈取り巻く環境の変化…

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。   現在、調剤をメインの業務とする保険薬局、いわゆる“調剤薬局”の運営は過渡期を迎えています。大手チェーンに…

  • 🕒
  • 2019.02.28更新