HOP!薬剤師

薬剤師が語る予防医療の重要性「病院での治療だけが医療ではない」

2017年、厚生労働省は「平成29年労働安全衛生調査(実態調査)」を実施。18,000人の労働者のうち59.5%が“ストレスを抱えている”と回答しています。その内訳を見てみると、「仕事の量や質」「仕事の失敗・責任の発生等」「対人関係(セクハラやパワハラ)」といった仕事関係がストレスの原因の大半を占めているのです。

 

しかし、蓄積されたストレスは「趣味に没頭する」「美味しいものを食べる」といった精神的なリフレッシュだけではなかなか解消しづらいもの。ストレスをうまく発散できないと、「朝起きられない」「やる気が出ない」「集中力がなくなる」など健康や仕事にも影響を及ぼしてしまうのです。

 

こうした流れを受け、ストレスを抱える人々が、病気になる前に予防するひとつの手段として医療レベルの高濃度サプリメントの開発・販売に力を注いでいる薬剤師さんがいます。

 

高濃度サプリメントの開発を手がける平井陽子(ひらい・ようこ)さんは、国立がん研究センター中央病院(旧国立がんセンター)での勤務経験を持つ薬剤師です。

 

「食事の見直しや適度な運動をして健康な体を維持することも大切ですが、それに加えて科学的根拠を重視した高濃度サプリメントを摂ることも予防医療を進めていくうえで重要な医療ケアのひとつ」と語ります。今回は平井さんに、高濃度サプリメントが人々のストレスをどう改善させるのかお話を聞いてきました。

 

薬剤師の平井さん

話を伺った人:平井陽子(ひらい・ようこ)さん

薬剤師。薬学部を卒業後、国立がん研究センター中央病院(旧国立がんセンター)に勤務。「薬剤師カフェvita」銀座本店で予防医学の観点のもと、薬剤師管理のサプリメントの開発をおこなう。今後は「ギガビタミンケア」の新ブランド・サプリメントを、オフィスや企業内、病院、薬局へ販売することを予定しているという。

薬剤師カフェvitaホームページ

科学的根拠のないサプリメントは体の健康に悪影響を及ぼす?

社会人 ストレス

――平井さんは薬剤師としての専門知識を活かしながら、医療レベルの高濃度サプリメントの開発をおこなっていらっしゃると伺いました。

平井さん:はい。数年前までは、銀座で日本初の薬剤師常駐のサプリメントサロン「薬剤師カフェvita」を経営していました。土地開発の関係で業態を変更し卸事業の方に注力し、今後は新たに開発した「ギガビタミンケア」という新ブランドの高濃度サプリメントをオフィスビル内や病院・薬局で販売することを予定しています。

――そもそものお話になるのですが、医療レベルの高濃度サプリメントを開発しようと思ったのはどうしてですか?

平井さん:日本で予防医療が発達していないことに疑問を感じたことがきっかけです。薬学部卒業後に国立がん研究センター中央病院(旧国立がんセンター)で勤めていたのですが、入院していた患者さんの多くがサプリメントを飲んでいたんですね。

薬剤師は、患者さんが飲んでいる嗜好品をチェックしなければなりません。というもの、健康食品のなかには医薬品との飲み合わせが悪いものも中にはあるため、治療の妨げになってしまうこともあるんです。

聞き取りを続けていくうちに多くの患者さんが、「健康を心配した家族が送ってくれたから」「症状が良くなる気がしたから」など、有効成分やその含有量、体への健康効果をよく理解しないまま飲んでいることがわかりました。

――私も以前、肌荒れがひどい時期にサプリメントを飲んでいたのですが、有効成分や効果はよくわからないけれど、なんとなく安心感があるというか……。

平井さん:そうなんです。実は患者さんも「本当に効果があるのかわからない」と不安を抱えたまま、ワケもわからず飲んでいるケースが非常に多いんですよ。

仲良くなった患者さんから「本当に効果があるの?」と聞かれることが増え、気になって調べてみたのですが、市場に出回っているサプリメントの中には、科学的根拠がないに等しいものも残念ながらありました。何気なく飲んでいるサプリメントが、高額な費用をかけているのにも関わらず、治療のサポートとしてあまり意味をなしていないこともあるんです。

サプリメントは医薬品と違い、「どのような原料が使用されているのか」「原料がどのようにして製造されているのか」といった細かな情報や、効果についての科学的根拠を記載する必要がありません。

また、効果効能の記載が薬機法で制限されていることから、多くの人はメーカーの宣伝やキャッチコピー、使用者の口コミで効果があると信じ込んでしまうんです。

治療の補助や予防医療に役立つ科学的根拠に基づいた薬剤師開発の高濃度サプリメントを提供

薬剤師 平井さん サプリメント

平井さん:サプリメントは病気を治す医薬品とは違い、科学的根拠がなくても販売できてしまうんですよ。科学的根拠に基づいた考えで薬剤師が開発した高濃度サプリがあれば、病気の治療の補助や予防医療に役立つのではないか、と思いました。

そこで、薬剤師としての専門知識を活かし、医療レベルの高濃度サプリメントを開発することにしたんです。どんな有効成分で、体にどんな影響があるのかわからないままサプリメントを飲み続けるのは、お薬を服用されている方にとっては不安要素でしかありませんから。

――サプリメントと聞くと、「健康のため」「食生活で補いきれない栄養を補うため」など、サポートとして飲むものというイメージを持つ人は多くいると思います。市販されているサプリメントと医療機関などでも使用される高濃度サプリメントの違いはなんでしょうか?

平井さん:私が開発している高濃度サプリメントは一般的に市販されているサプリメントと違い、医療従事者の研究データなど科学的根拠をもとに開発したというのが一番の特徴です。ビタミンなどの成分を熟知した専門家の立場から、目的別にこの成分はこのくらいの量を含有させた方が良いなど、専門的な視点で成分構成を考えることが可能で、栄養療法に役立つよう設計しています。

――専門知識を持った薬剤師さんがおすすめする栄養素などの成分は、「よくわからないけど、なんとなく良さそうな気がするから飲んでいる」という人にとって心強いですね。

病院での治療だけが医療ではない

病院薬剤師

平井さん:そうですね。私が開発している高濃度サプリメントには、抗ストレスに関係する高濃度ビタミンB群や、幸福ホルモンを促す成分が豊富に含まれています。そのため、ストレスに悩む方や、心の健康を真剣に考える方に役立つんですよ。

ストレスや不眠症、うつ病などメンタルに関わる病気や不調は年々増加する傾向にあり、現代病として日本でも社会問題になっています。その予防に薬剤師として貢献できればという気持ちがあります。

――そうですね。風邪を引いたときは熱が出てから、肌荒れのときは吹き出物が目立ちはじめてから病院に行くので、「治療=不調を感じてから受けるもの」と認識しています。

平井さん:もちろん、かかってしまった病気や怪我を治療することは、人の命を預かる医療人にとって重要な役割であり使命です。ですが、私は、病院での治療だけが医療ではないと思っています。

というのも、病気を引き起こす原因として、ストレスが元になっていることが非常に多いんです。「病は気から」ということわざがあるように、慢性的なストレスは免疫力や消化機能の低下、肩こり、頭痛といったさまざまな体の不調につながります。

――欧米の医療先進国の中には、診察してくれたドクターに食生活や健康、メンタルの状態を相談しながら自分に一番合ったサプリメントを処方してもらえる、という話を聞いたことがあります。

平井さん:そうなんです。医療制度の違いから、単純に比較するのは難しい問題でもありますが、予防医療が浸透していない日本の場合、ビタミン剤などの栄養素は治療の一環としてであれば医療機関で処方してもらえます。しかし、目的が病気の予防やストレス緩和となった場合は保険適用外となるんです。

そのため、多くの人は、お手頃価格で販売されているドラッグストアやネットでサプリメントを購入してしまうんですね。まさか、自分が飲んでいるサプリメントが、目的にまったく合っていないかもしれないとは、知るはずもありませんよね。

しかし、予防医療に積極的に取り組むことで、病気の原因となるストレスの緩和と病気になってから病院に行く、という医療体制を変えられるはずだと信じています。スマートフォンの普及によって、誰でも気軽にインターネットを楽しめる時代です。

便利な一方、情報に惑わされてしまったり、SNSによって精神的に疲れてしまったり、多くの人はさまざまなストレスに晒されています。日々のストレスはその日のうちに解消することで、毎日をもっと楽しく過ごせるはずです。そのためには、まずは正しい栄養療法を知ることです。1日でも早く予防医療を浸透させていきたいですね。

まとめ

リラックスしている女性

予防医療は、患者さんの健康をサポートするだけではなく、高齢化が深刻化している日本の医療費削減にもつながります。薬剤師がビタミンなどの栄養素を的確にアドバイスすることは病気の治療のサポートにもつながります。このように患者さんの健康維持に貢献できるのも薬剤師の職能なのではないでしょうか。

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

健康情報をすべての人に。『ヘルス・グラフィックマガジン』のこだ…

調剤薬局は、対人業務の重要性の高まりとともに「薬をもらうところ」から「健康相談ができる場所」に変化しつつあります。 そんななか、アイセイ薬局では従来の調剤薬局の役割から一歩踏み込んだ取り組…

  • 🕒
  • 2020.12.21更新

緊急性と安全性の両立を。地域医療においてベルランド総合病院が目…

高度急性期病院として、地域医療に貢献するベルランド総合病院。 今回は同院の薬剤部で活躍する薬剤師の皆さんにお話を伺いました。 ▽取材にご協力いただいた方々 ■小泉 …

  • 🕒
  • 2020.12.09更新

「コロナ禍でようやく理解された」月刊『最新医療経営 フェイズ・ス…

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療機関は患者数・処方せん枚数の激減といった深刻な影響を受けています。 厳しい経営に頭を悩ませる医療関係者も多いのではないでしょうか。 そこで今回…

  • 🕒
  • 2020.12.03更新

デジタル化への転換で患者さまのクオリティオブライフを追求。クオ…

コロナ禍により薬局業界が大きな転換期をむかえています。 クオールでは、多様化する患者さまのニーズに応えるためデジタル化の取り組みを開始しました。 今回は新たな取り組みの「デジタルAI戦…

  • 🕒
  • 2020.12.03更新

「Lehmannプログラム」の導入に込められた想いとは。京都薬科大学が…

愛学躬行(あいがくきゅうこう)の精神を掲げ、多領域で活躍できる人材の育成を志す京都薬科大学。 今回は2020年度からスタートした社会人向け年間プログラム「Lehmannプログラム」について本学の学長、後藤直正…

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

基礎研究・臨床・英語力の3本柱で薬剤師を育成。近畿大学薬学研究科…

多様な薬学領域で活躍できる薬剤師を輩出する近畿大大学院薬学研究科。今回は大学院のコースのひとつである「地域医療薬学講座」について、本学の川畑教授にお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

苦労の先に養われる「真実を見抜く力」。熊本大学薬学部の学部長に…

薬学的思考力と倫理観を備えた、創造性豊かな人材育成を目指す熊本大学薬学部。今回は社会人薬剤師が大学院で学ぶ意義について、熊本大学薬学部の学部長 甲斐広文さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

独自取材!患者目線の薬局経営・東京メディエールが描く地域の薬局

こんにちは!「HOP!」の編集担当・与那覇です。最近、「かかりつけ薬局」や「かかりつけ薬剤師」という言葉を耳にする機会がずいぶん増えましたよね。そこでHOP!編集部では、都内で21店舗の薬局を経営する東京…

  • 🕒
  • 2020.11.04更新

スポーツ振興の旗手として、日本大学薬学部が取り組む「アンチ・ド…

一見縁がなさそうに見える「薬剤師とスポーツ」の融合によって生まれたアンチ・ドーピングプロジェクト。アンチドーピングの啓発活動および研究拠点の確立に向けてどのような取り組みを実施しているのでし…

  • 🕒
  • 2020.11.02更新

直撃取材!「ヤクジョブ」が追及する人と人を大切に繋げる転職とは…

クラシス株式会社が運営する薬剤師専門の求人サイト「ヤクジョブ」。 サービスの特徴や強み、そして転職サポートにかける想いを同社の営業担当清水さん、薬剤師の渡邉さんに伺いました。

  • 🕒
  • 2020.10.30更新

オンライン診療に新たなカタチを。凸版印刷が提供する処方せん薬宅…

凸版印刷株式会社の100%子会社、おかぴファーマシーシステム株式会社が2020年3月にリリースした処方せん薬宅配サービス「とどくすり」。今回はサービスの特徴や開発に至った背景、そして今後の展望を同社…

  • 🕒
  • 2020.10.21更新

ポイント還元サービス「レシートで貯める」が見出した、レシートの…

日々のレシート投稿でポイント還元を受けられるサービス「レシートで貯める」。今回は本サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社の山室さんにお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.10.14更新