HOP!薬剤師

城西大学薬学部が「栄養・薬学アドバンストコース」に込めた想いとは?薬だけではない栄養支援もできる薬剤師の育成を

薬のみにとどまらず、栄養支援の知識も有した薬剤師の育成を目指されている城西大学薬学部。
今回は城西大学薬学部に2020年度に新設された「栄養・薬学アドバンストコース」に関して、城西大学薬学部 薬学科教授の井上裕さんにお話を伺いました。

井上裕(いのうえ ゆたか)さん

▼ご経歴
鳥居薬品(株)研究員 (平成10年4月)
川崎病院(薬剤科) (平成12年4月)
城西大学(薬学部)(平成20年4月)
城西大学 教授(薬学部)(令和2年4月〜)

▼お仕事内容
病院での臨床経験を通じて、学生へ『癒しの空間』を提供できる人材育成に熱量を注ぐ!

1.薬だけではなく、栄養支援もできる薬剤師の育成を

-なぜ「栄養・薬学アドバンストコース」を創られたのでしょうか?

「治療」という枠にとどまることなく人々の健康をサポートする人材を育成するためです。

城西大学薬学部は「地域社会の人々が主観的QOL(quality of life:生活と人生の質)を高く維持し健康のより良い状態を目指すことの支援」を理念に掲げています。
この理念を起点に考えると、薬剤師が対象とするのは病気にかかられた人だけではないという結論に至りました。

皆さん病気にならない限り薬には頼りませんよね、なので薬剤師が薬にしか専門性がなければ病気予防のサポートができません。
そのため本学では、健康な状態の維持・増進や、病気の予防をサポートできる人材育成を目標にしています。
これは本学理事長であり、大正製薬ホールディングス代表取締役社長でもある上原明先生がよく言われることですが、健康状態を保つにあたって「運動・栄養・睡眠(休養)」の3つが大切です。
本学でもこの考えを大切にしており、病気の予防や健康寿命を伸ばすなど健康サポートには、栄養に関する知識が大切だと考えました。
そして、薬剤師が「栄養支援」を学べる栄養・薬学アドバンストコースを設置しました。

2.現場で使える実践的な栄養学を学べる「栄養・薬学アドバンストコース」

栄養・薬学アドバンストコースの学生

-「栄養・薬学アドバンストコース」とはどのようなコースなのでしょうか?概要や学習内容を教えて下さい。

「ひと味違う!城西・薬学」ですね。つまり、城西大学だからこそ行える食の面から健康をサポートするための、基礎から実践に近い応用まで学ぶことができます。
1年生では、栄養問題の現状とその課題や、食品と栄養素の関係など基礎的なことを学び、3・4年生になってくると実際に調理や、献立設計、各種病態に適した栄養療法と注意点など実際に現場に入ったときに活かせる内容を学びます。

この「栄養・薬学アドバンストコース」の強みは現場を経験した専門家から学べることです。一部の授業では、現場を経験したドクターや管理栄養士の方が、教鞭を取ってくださっています。そのため、より専門的かつ実践的な内容が学べます。

本学薬学部には、元々管理栄養士を育成する医療栄養学科があります。その学科では、管理栄養士の資格を持った先生に教鞭を取っていただいており、その関係から薬学科「栄養・薬学アドバンストコース」でも現場の知識や経験豊富な教員に教鞭を取っていただけるのです。

「医療における栄養」を受講学生の感想

  • 実生活から授業の課題につながるテーマを見つけられたことは、とても良い経験になった。
  • これを機に私ももう一度食に対する考えをしっかり見つめなおし 、健康的な身体作りをしようと感じた 。
  • 将来は、薬学だけでなく栄養にも強く、助けを必要としている人に必要とされる薬剤師になりたいと思った。
  • 私たちが社会問題において積極的にかかわることができる一つが食事だと私は考える。
  • 肥満や生活習慣病を防ぐためには一人一人がもっと食事に関心を持ち、カロリーや栄養バランスを意識していくことが大切だと思う。

3.薬を用いた治療にとどまらない活躍を薬剤師にしてほしい

-学生には「栄養・薬学アドバンストコース」で学んだ内容をどのように活かしてほしいと考えられていますか?

患者さんにとってのファーストステップとして相談の窓口となることや、地域医療やチーム医療での連携に活かしてほしいです。
薬剤師はドラッグストアや薬局などで、患者さんと身近にコミュニケーションをとることが多いです。そのちょっとしたコミュニケーションの際に、日々の食事のアドバイスができることで今までにはない価値が提供できると思います。

またチーム医療で薬剤師の役割は薬の専門家ですが、管理栄養士や医師とコミュニケーションをとる際に栄養に関して知っていることで、スムーズにコミュニケーションをとることができます。お互いの専門性はしっかりと担保しつつ、コミュニケーションをスムーズにすることによって、チームの出力を最大化させることができれば、薬剤師の職能が拡充し、地域に貢献できる薬剤師としての価値が上がっていくでしょう。

-最後に一言この記事を読む薬剤師や学生にメッセージをお願いします。

まだこのコースが開講して1年も経っていないため、今後どうなるのか明確にはわかりませんが、これからの世の中に栄養学を学んだ薬剤師は必要だと考えています。

将来、このコースを経験した薬学生が、薬学のブレイクスルーポイントとなり、医療人として薬を用いた治療にとどまらず、地域から期待される「ニューノーマル薬剤師」として活躍をしてくれることを願っています。

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

地域社会で活躍できる薬剤師養成のために、青森大学が行う2つの取組…

地域社会で活躍できる薬剤師の養成に力を入れている青森大学薬学部。 今回は具体的にどんな取り組みをしているのか、詳しいお話を佐藤昌泰准教授に伺いました。 佐藤 …

  • 🕒
  • 2021.04.20更新

50歳以上で調剤未経験が応募条件?|I&H株式会社が展開するオールド…

阪神調剤薬局をはじめ、多くのグループ企業を束ねるI&H株式会社。 同社では、年齢を重ねた薬剤師のみを採用する「オールドルーキー制度」というユニークな制度が存在します。 制度の魅力を探るべく…

  • 🕒
  • 2021.04.15更新

患者さんと医療機関の情報連携を円滑に。電子お薬手帳「harmo」が守…

Healthcare Service Providerとして、ひとの一生への貢献を目指すシミックヘルスケア・インスティテュート株式会社。 今回は電子お薬手帳サービス「harmo」について、同社の狩野さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2021.03.22更新

社会に貢献できる薬剤師を育てたい。2021年に薬学部を新設する湘南…

社会のニーズが多様化する今、薬剤師の職域では医師や看護師といった多職種との連携・協働が推進され、医療への幅広い知識が求められるようになってきています。 そんな時代に対応できる薬剤師の育成を…

  • 🕒
  • 2021.02.25更新

薬剤師としてのスキルアップだけでなく、人と人のつながりを大切に…

現場で活躍する薬剤師や医師による講義を、オンラインで実施している北海道科学大学薬学部。今回は北海道科学大学薬学部の「生涯研修認定制度」について、北海道科学大学の今…

  • 🕒
  • 2021.02.02更新

地域医療に貢献する薬剤師を養成するために。大分大学の取り組みとは

薬剤師の育成・教育・専門性向上の支援を通じて、地域医療への貢献を目指す大分大学医学部附属病院薬剤部。 具体的な取り組みについて、薬剤部長の伊東さんに詳しいお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2021.02.01更新

健康情報をすべての人に。『ヘルス・グラフィックマガジン』のこだ…

調剤薬局は、対人業務の重要性の高まりとともに「薬をもらうところ」から「健康相談ができる場所」に変化しつつあります。 そんななか、アイセイ薬局では従来の調剤薬局の役割から一歩踏み込んだ取り組…

  • 🕒
  • 2020.12.21更新

緊急性と安全性の両立を。地域医療においてベルランド総合病院が目…

高度急性期病院として、地域医療に貢献するベルランド総合病院。 今回は同院の薬剤部で活躍する薬剤師の皆さんにお話を伺いました。 ▽取材にご協力いただいた方々 ■小泉 …

  • 🕒
  • 2020.12.09更新

「コロナ禍でようやく理解された」月刊『最新医療経営 フェイズ・ス…

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療機関は患者数・処方せん枚数の激減といった深刻な影響を受けています。 厳しい経営に頭を悩ませる医療関係者も多いのではないでしょうか。 そこで今回…

  • 🕒
  • 2020.12.03更新

デジタル化への転換で患者さまのクオリティオブライフを追求。クオ…

コロナ禍により薬局業界が大きな転換期をむかえています。 クオールでは、多様化する患者さまのニーズに応えるためデジタル化の取り組みを開始しました。 今回は新たな取り組みの「デジタルAI戦…

  • 🕒
  • 2020.12.03更新

「Lehmannプログラム」の導入に込められた想いとは。京都薬科大学が…

愛学躬行(あいがくきゅうこう)の精神を掲げ、多領域で活躍できる人材の育成を志す京都薬科大学。 今回は2020年度からスタートした社会人向け年間プログラム「Lehmannプログラム」について本学の学長、後藤直正…

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

基礎研究・臨床・英語力の3本柱で薬剤師を育成。近畿大学薬学研究科…

多様な薬学領域で活躍できる薬剤師を輩出する近畿大大学院薬学研究科。今回は大学院のコースのひとつである「地域医療薬学講座」について、本学の川畑教授にお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.11.11更新