薬剤師が転職に失敗するワケとは?失敗談と成功のための4つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生において一大イベントとも言える「転職」当然、失敗したくはないですよね。このページでは薬剤師が転職を成功させるためのポイントを、「先輩たちのリアルな失敗事例」をもとに検証しています。自分の興味のある職場の目次をクリックしその記事を読んでみてください。

この記事のまとめ

  • 転職目的が明確でなく、目的に沿った職場選びをしなかったのが転職失敗する最大な理由
  • 病院や調剤薬局に転職したいなら、医師や調剤薬局経営者からの信頼が厚い 薬キャリ
  • 企業やドラッグストアに転職したいなら、大手企業やドラッグストアとのつながりが強いマイナビ薬剤師
  • 扶養内で働きたい、6ヶ月以上後に転職したい、高時給の派遣求人を探したいなら、厚生労働省が「優良派遣事業者」として認定した ファルマスタッフ
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000~円、年収800万円以上

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500~円、年収780万円以上

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000~円、年収730万円以上

詳細を見る

1.薬剤師が転職に失敗する大きな理由

正社員薬剤師が転職に失敗する原因

理想だと思って入社したけど違和感を感じる、転職をしたのに収入条件が悪くなった等の転職失敗の原因は、転職目的が明確でなく、目的に沿った職場選びをしなかったことが理由の一つに挙げられます。

例えば、収入アップを目的として転職を決意する方も多いですが、収入をあげたい理由が明確な方は少ないのです。お金はないよりあった方が良いものですが、現状の収入では支払が現実的に厳しいのか、もっと生活水準を上げたいのかによっては求める年収額も変わってきます。

このページでは各職場の失敗談とその原因について触れていきます。

2.実際にあった薬剤師転職失敗談~調剤薬局編~

中小薬局への転職で失敗

根本的に管理体制がしっかりしていない事が多く、監査も形式的なものばかりな中小調剤薬局。ズボラな運営体制を理解した上で転職しても失敗したと感じることが多いそうです。

〈事例〉

地域密着で転居を伴う転勤などもないことから自ら希望して転職された方は、きちんとしなくてはいけない部分もなぁなぁになっている現状にびっくりしたそうです。

またコンプライアンスなどはあってないようなもので、職場の飲み会への強制参加やそこでのセクハラなどかなりのトラブルを抱えて転職したことを公開されている方もいます。地場中小調剤薬局に転職された方で失敗したという方が、口をそろえて言うのが割と重い責任でも個人にのしかかるということです。

あってはならないことですが、新入社員が配属される季節に起こる調剤ミスもその責任は本人に課せられ教育係や店舗責任者の責任はほとんど問われないことも珍しいことではありません。

門前薬局への転職で失敗

ワークライフバランス良く働く事を希望した方に人気の門前薬局は、人の入れ替わりが少ない事から働きやすいと勘違いされやすいですが実際のところ人間関係に不安を感じる方にはおすすめできない職場です。

<事例>

お局薬剤師や事務スタッフが居て、その人に気に入られないとその場所で生きていけないことなどよくあります。実際にお子さんを保育園に預けている間を利用して働く事を希望したママさんが、比較的仕事量も少なく家庭と仕事を両立できる門前薬局での勤務を希望し内定を獲得しました。

入社後しばらくはよかったのですが、入社一か月後位からお局様からの嫌がらせが始まり、それは日々エスカレートしていきます。こうなると上司も管理職もお局様には逆らえませんので、誰も助けてくれません。彼女も一生懸命気に入られるように頑張っていますが行動はエスカレートし、最終的には退職してしまいました。

どうして失敗したのか?

薬局は大きさによって人間関係や残業時間、責任問題など異なった内容の悩みが発生する可能性があります。小規模な薬局では少人数の従業員と常に顔を合わせることになります。

よって自分と合わない上司がひとりいるだけで大きなストレスにつながってしまったり一人にかかる業務が多くなり残業時間が増えてしまうことがあります。一方大規模な薬局では組織規模が大きくなる分自分のやりたいことに直接関与できないかもしれません。

それぞれよくわかってないうちに転職してしまうことは危険です。それぞれの特性を事前に理解したうえで転職をすれば、入社後のギャップが減って、失敗を未然に防ぐことができるでしょう。

薬局の内情を知るなら薬キャリへ! 

3.実際にあった薬剤師転職失敗談~各種病院編~

大学病院への転職で失敗

薬剤師としての専門性を高めたいと病院薬剤師への転職を決める方も多いのですが、その思わぬ忙しさや必要知識の多さに戸惑う方も多いです。

同じ病院薬剤師からの転職だと業界を知っている方も多いのである程度予測がつきますが、そうではない業界からの転職だと、カルチャーショックは多いと言います。また、病院独自の見えない縦社会や変な階級意識などに苛まれ、メンタル面で苦しむ方も結構います。

<事例>

がん治療の専門性を高めるために専門病院薬剤師に転職した方は、キャリアも浅く、転職の段階でまだまだ学びも足りてない状態でした。

しかし、若さとポテンシャル採用で内定を勝ち取りいざ入社してみると知識だけでも到底先輩たちに追いつかず、仕事が終わった後も睡眠時間を削り1日5~8時間の自主学習をしないと会話についていけないという現状だったそうです。

夢を追うのも良いですが、現状の自分の実力を正確に把握した上での病院選びをしないと苦しいのは自分です。

総合病院への転職で失敗

総合病院など各部署が連携して成り立つ病院では、逆に自己主張の強い方より周囲の空気を読みながら上手く連携出来る方が求められます。この能力は、どんな職場で働く際にも必要なことですが逆に空気を読み過ぎて自分の言いたいことが言えず苦しむケースもあります。

<事例>

前職が契約満了で退社したある薬剤師の方は、将来的にも今のうちからしっかりとしたスキルや経験を身につけたいと相互病院での薬剤師業務を希望されました。

念願かなって内定を頂き入社したのですが、業務よりも医師への気遣い看護師へのフォロー、先輩、上司、他部署との人間関係に関してどのように接したら良いのかわからず随分苦しんでいらっしゃいました。途中メンタルクリニックにも通院しながら、勤務を続けていらっしゃいました。

単科クリニックへの転職で失敗

単科クリニックや専門病院を受診される患者様の病状や病名、治療方法にはある一定のパターンが存在するそうです(担当医によって違います)。各クリニックの状況によっても違いますが、日々の業務もそうハードではないところが多いです。

その分薬剤師の人数が少ないケースは良く聞かれる話で突発的なお休みをしなくてはいけない方(身内の介護や子育てママなど)には条件的に厳しい職場です。

ですが、突発的なお休みというのは健康な男女にも全くないことではありません。身内の不幸や体調不良などどうしても休まねばならない現状というのは誰しも一度や二度はあるものです。

<事例>

単科クリニックで専門知識を吸収したいとお考えだった薬剤師の方が転職したクリニックも薬剤師はその方一人という環境でした。

職場環境は問題なかったのですが、院長がお休みに関しては厳しい方で、入社後しばらくしてご自身が体調不良で高熱が出た時もお休みを許されず、また身内が亡くなられた際に駆けつける事も1日しかお休みを許してもらえなかったそうです(勿論忌引きも有給もありません)。

勿論自己管理を怠った責任はその方にありますが、注意していても100%防げるものではないので今後もこのようなことが続くかと思うと転職しなければよかったと後悔されています。

どうして失敗したのか?

学びたい、成長したいという向上心の観点のみで転職してしまったために勤務内容や職場環境をよく確認せずに転職してしまうことが失敗の原因となりました。そのときの気持ちは大事ですが「何がしたいのか」と「条件として何が譲れないのか」ということのバランスを取ることが大切です。

未経験の職場不安は薬キャリに相談!

4.実際にあった薬剤師転職失敗談~企業(MR、研究職)編~

大手製薬メーカーへの転職で失敗

薬剤師の経験を活かして他の仕事への転職を希望する方も多くいます。中でも給料アップを希望される方にはMRはおすすめの職業ですが、適性をしっかり見極めたうえで転職をしないと自分を苦しめる事になりかねません。

MRとは製薬会社で医者や病院に薬を売る営業職なのですが、いくら薬剤師として働いていて医師ともパイプがあるとはいえ、その薬を使うかどうかは医者次第です。また営業職なので待っていても契約はやってきません。毎日医師に自分から会いに行き、様々な方法で薬を売らなければなりません。

<事例>

明るくコミュニケーション能力にも長けている若い元公務員薬剤師が収入アップを希望してMRに転職しました。最初はやる気もあり頑張っていたのですが、前職が公的機関での勤務だったこともあり、医師とのパイプも少なく次第に営業成績も下がっていき、ノルマ未連続するようになりました。

現代の日本社会の法律では、基本的にノルマ未達が継続したと言う理由での解雇はできません。外資系企業もそれは同じです。ですが、その方は成績があがらないため自主退職か事務職(給料もかなり下がる)への配置転換の選択を迫られ事務職に異動し再度また転職活動に励むことになりました。

研究職への転職で失敗

メーカーの研究職は、人気求人で空きも少ないため求人が入る応募が殺到します。ですが、実際に研究職は向き不向きがはっきりする仕事で転職してみたもののやっぱり失敗したと感じる方も多いようです。

この仕事は結果がでるまでコツコツとを積み重ねる継続が大変重要な素質で、憧れ半分だと長続きはしません。また、企業がやろうとしている研究と本人が希望する研究がイコールでない場合も多く、自分は○○の研究がしたいけどという自分のやりたいことが通らないというのもよくあるジレンマです。

<事例>

大学、大学院と研究していたことを更に実用化できるように、もっと深い研究をしたいと転職を希望された薬剤師の方は憧れのメーカー研究職に転職しました。でも、何年在籍しても、何度上層部へプレゼンをしても自分のしたい研究はさせてもらえず結果を残す事が出来なかったそうです。

どうして失敗したのか?

「やりたいことや目指していたこと」と「その内容、待遇」が一致していなかったことを事前に気づくことが出来ませんでした。企業では免許を持っていないひとと一緒に働くことになり、企業としての方針に従わなければなりません。

また企業で働くことは病院や薬局と職務内容が多少変わり、調剤以外も行います。結果的に希望していた職場のイメージと異なってしまう場合が多いです。「必要なスキルは何なのか」、「企業に転職することでできることは何か」ということを明確にし自分の要望、能力と照らし合わせることが大切です。

あなたの「職場適正」を「薬キャリ」に相談

5.実際にあった薬剤師転職失敗談~未経験ジャンル編~

未経験ジャンルへの転職で失敗

薬剤師にとって未経験のジャンルに転職することは可能です。実際に未経験薬剤師を募集している転職サイトは数多く存在します。しかしただでさえ新しい環境になれることに労力を使うのにもかかわらず職務内容も前に勤めていた会社とは全く異なります。そのような環境を想像と違うと感じる方や適応するのに時間がかかる方も多いようです。

〈事例〉

ある人はもっと患者に関わっていきたいという思いから製薬会社からより患者と近い距離で関われる調剤薬局への転職を試みました。しかし慣れない業務で負担が大きくなった結果日々かかわっていきたいと思っていた患者さんからクレームをつけられ、思っていた職場と違うと苦労をしているそうです。

どうして失敗したのか?

新しい環境を良く調べないで焦って転職してまい、研修制度がしっかりしていない職場に行ってしまうと、新しい環境や職務内容に適応するのに時間がかかってしまう場合があります。自分がどのように働きたいのかが明確なのであれば、働く前に実際の店舗の見学や実習をお願いし、業務のイメージをつかんだうえで判断するとよいでしょう。

薬キャリに登録して未経験分野へチャレンジ!

6.失敗しない薬剤師転職のために!成功するための4原則

1.転職に夢を持ち過ぎない事

どんな職場にも、人間関係仕事内容、待遇面など多かれ少なかれ不満はあります。100%理想とする職場なんて存在しません。そのため、絶対譲れない条件、譲歩できる条件は明確に、仕事を選んでいきましょう。

2.安易な転職をしない

転職には大きな時間がかかる、大変などさまざまなリスクもはらんでいます。今あなたが不満に思っている仕事の悩み、それはその職場でどうしても改善できないことでしょうか?給与アップ、キャリアアップを希望されるなら、今の職場でそれをどうにか実現できるように動くのが一番手っ取り早くリスクも少ないです。組織にいるとある程度の制限やルールはどこでもつきものですから、周囲に流される転職をする前に自社の信頼出来る上司や先輩などに相談することから始め、それから転職の選択をすることでも遅くはありません。

3.企業調査は十分すぎる位行う

転職先を選ぶとき、その職場環境や働く人の情報など情報は多すぎるくらいあった方が良いです。その方が自分のそこでのキャリアも描きやすくなります。医療業界はSNSやインターネットに情報が上がりづらい業界でもありますが、人的ネットワークで志望する企業の情報や雰囲気などはしっかり事前調査して受験する企業を選ぶことがおすすめです。

またご自身の人的ネットワークを活用したり患者や客として職場に訪れるのもおすすめです。大学時代の同期、後輩、先輩、恩師、その他友人などにそれとなく聞いてみることで違った観点から職場を知ることができます。

4.転職エージェントを活用する

上記でも少し触れましたが、人間関係や職場の雰囲気などを事前に調査することは結論として可能です。おススメの方法は

エージェント数社に登録して情報を集めることです。表面的な情報出てこない場合、面談の席で職場見学をお願いするのもありです。職場に行って職員がいきいきしているか、挨拶をしてくれるかなどを自分の目で確認することで判断の基準になります。

その場合、当日ではなく事前に先方と交渉をしておく事。職員と話す事は出来なくとも、棚の整理整頓具合や働く人たちの表情や覇気などから感じ取ってください。面接は、お互いを知る場所ですからそれで気に入らなければ、遠慮なくそこは断ることも納得いく転職をするためには必要なことです。

転職サイト薬キャリでは約4万件の中からあなたに合った条件、職務内容の求人を紹介することができます。「せっかく転職できたのに合わないから再転職…」ということにならないためにも登録することをオススメします。

薬剤師登録数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続No.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

薬剤師が転職する際の注意点とは?転職経験者に聞いてみた

「初めての転職で不安…どの情報を信じればいいの?」 「絶対転職に失敗したくない!注意すべきことはある?」 売り手市場と言われる薬…

第二新卒向け薬剤師求人の探し方。失敗しない転職・就職方法とは

「残業が多い…」 「希望していた企業を諦めきれない…」 「とにかく今の職場、辞めたい」 など、現…

50代薬剤師は転職ラストチャンス|求人を見る時の2つのポイント

「50代でも転職ってできるの?」「実際求人はどの位あるの?」「あともう少しで定年だし、正社員じゃ責任重すぎるかも・・・」…

あなたの職場は大丈夫??薬剤師で退職金をもらえないパターン

薬剤師の退職金は病院、調剤薬局など働く職場によって平均相場は大きく異なり、場合によっては退職金が無いという可能性もあるのです。勤続年数によっても金額に差があるので、きっちりと…

【2017年版】薬剤師に将来性はあるの?今後の需要と薬剤師の未来

薬剤師という仕事は、今後どうなっていくのでしょうか?何年も「薬剤師不足」の時代と言われてきましたが、人手不足は本当に今も続いているのでしょうか?また、薬剤師としての自分の将…