【体験談】チーム医療にも必要な薬剤師|やりがいを求め企業から転職

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬剤師は、基本的に単独での仕事が多い職種です。しかし近年では、医師や看護師らで構成される「チーム医療」の一員として活躍するシーンも増えてきたようです。その背景には、厚生労働省がチームで質の高い医療を提供することを求めていること、チーム医療への診療報酬が手厚くなったことが挙げられます。当然、医療機関もチーム医療を重視し始めています。

しかし、チームを組むことでメンバー間でのコミュニケーション、意思疎通などがうまくいかないという問題も指摘されています。

このページでは、チーム医療で薬剤師が担うべき役割や、問題点について詳しく紹介しています。

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 転職希望時期 求人を探す
薬キャリ 2万件以上 3ヵ月
以内限定

無料
登録

マイナビ薬剤師 1万件以上 制限
なし

無料
登録

ファルマスタッフ 8千件以上 制限
なし

無料
登録

1.チーム医療の薬剤師の役割とは

「薬」は健康な生活をおくるうえで欠かせないものです。一方で、すべての薬には副作用がともないます。また、医薬品の中には、専門的な管理が必要なものもあります。だからこそ、薬のスペシャリストとしての薬剤師が必要とされるのです。

そんな中、2012年の診療報酬改定で「病棟薬剤業務実施加算」が新設されました。これは、チーム医療において薬剤師の価値が評価されるようになった証です。

チーム医療での薬剤師の役割

では、チーム医療において薬剤師はどのような仕事を担当するのでしょうか。疑義照会や相互作用、医薬品が適正使用されているかといった通常の業務は当然行います。それ以外の、チーム医療ならではの仕事を以下に挙げました。

  1. 病棟の緩和ケアチームなどで、入院患者の処方計画段階から提案を行う
  2. 処方後も治療薬物モニタリング(TDM)などで効果を見ながら医師に処方提案を行う

これらは、通常の薬剤師では行わない仕事ですし、非常に専門性の高い仕事です。チーム医療で薬剤師が活躍するには、やはり「専門性」が必須といえそうです。

専門薬剤師認定制度が整備されていますが、スキルの高い専門薬剤師の役割や期待はより大きなものとなっています。

病院薬剤師により詳しく知りたい方は薬剤師が病院に転職したいなら、事前に知っておきたい「リアルな現実」も合わせてご覧ください。

2.チーム医療での薬剤師、その現実は…?

このように医療チームには薬剤師が必要だといわれていますが、全ての施設において薬剤師がチーム医療で活躍しているかといえば、そうではないようです。

チーム医療はそれぞれの分野で高度なスキルを持つ専門家が集まったチームですが、医療現場で信頼関係を築きながら専門性を活かした業務を行うことは、簡単ではないのです。

薬剤師はチームワークに慣れていない?

チーム医療ではメンバー間のコミュニケーション、つまり「チームワーク」が求められます。一方で、通常の薬剤師は調剤業務や服薬指導など、「個」による業務をメインとしてきました。

つまり、薬剤師はどちらかというと「チームプレイ」に不慣れという傾向があるのです。チーム医療の一員として活躍するには、そのハードルをクリアする必要があるのです。

しかも、チーム医療での薬剤師の需要が高まってきたのは最近のことです。医師や看護師の中には、薬剤師とチーム医療を行うのに違和感を感じる人もおり、薬剤師側としても医師に助言することをためらってしまう、という方も多いようです。

しかし、すべての薬剤師がチームでの仕事を苦手としているわけではありません。円滑にチーム医療を行うのに大切なのはコミュニケーションスキルです。薬剤師は薬学のプロとして情報を提供し、看護師は看護学のプロとしての提案を行う、それぞれがチーム医療に貢献することで患者にとってより良いケアが提供できるのです。

結局は、薬剤師それぞれの性格・特性が重要ということです。だれとでも話せる、チームワークが得意という方、そして何より「チーム医療で高度な医療を提供したい!」「患者のためになりたい!」という気持ちがある方なら、チーム医療で、その価値を最大限に発揮できるでしょう。

3.チーム医療での薬剤師需要はますます高まっていく

チーム医療を行うのは病院薬剤師だけではありません。今後は薬局での在宅医療が推進されていくと考えられており、地域医療での薬局薬剤師の役割が大切になってくるでしょう。在宅医療では看護師やケアマネージャーといった職種の方とチーム医療を行います。

薬剤師は服薬指導のみならず、患者の様子を観察して副作用の発言状況などをチームに報告します。さらに、飲みやすい剤形への変更、薬の用量変更を提案したり、様々な形で薬剤師としての価値を発揮できるはずです。

このように、病院でも薬局でも薬剤師がチーム医療の一員として貢献することが求められています。その需要は今後ますます伸びていくでしょう。自分自身の「薬剤師としての価値」を高めるためにも、チーム医療をキャリアの選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

→チームで働きたいなら薬剤師求人専門の「薬キャリ」に相談

4.チーム医療に転職した薬剤師の一例

チーム医療で活躍する薬剤師はどのような気持ち・きっかけで転職したのでしょうか。そして、仕事内容には満足しているのでしょうか。実際に、薬剤師がチーム医療に転身を果たした例を紹介します。

企業から病院へ転職した例

薬剤師にとって高嶺の花ともいえる「企業」で活躍していたAさん。仕事は順調でしたが、薬剤師としての臨床経験の少なさ、そして患者と向き合う経験がないことに悩んでいました。

そこで、思い切って病院へ転職。医師や看護師で形成されるチームの一員としてキャリアを再スタートさせました。気になるコミュニケーションは、持ち前の前向きで勉強熱心な性格が功を奏し、特に問題はなかったとのこと。今では「患者と向き合える」という充実感を日々噛み締めながら仕事にあたっているようです。

将来をじっくり考え、チーム医療を選んだ例

薬局と病院、どちらに転職すべきか迷っていたBさん。条件で選ぶなら薬局、やりたいことで選ぶなら病院…。この究極の選択に答えをくれたのは「将来どうなりたいのか?」という自分自身への問いかけでした。その結果、チーム医療がさかんに行われている病院を選んだのです。

今では、薬剤のプロフェッショナルとして、チーム医療で活躍しているようです。

→チーム医療で活躍したいなら薬剤師求人専門の「薬キャリ」で転職

5.チーム医療への挑戦、どうしても不安があるなら

ここまで、チーム医療での薬剤師の活躍について説明してきました。「興味はあるけど、やはりチームでの活動となると不安がある…」という方もいるでしょう。その悩みは当然のことです。

そんな方におすすめなのが「薬剤師専門の転職サイト」に登録し、エージェントの力を借りることです。なぜなら、エージェントは薬剤師転職のプロで、病院ごとの実態や人間関係、求められるスキル、待遇などを把握しているからです。

チーム医療への不安といえば「コミュニケーションがうまくいくか」「自分のスキル、専門性で務まるか」といった点でしょう。それを事前にエージェントと相談し、問題がなさそうであれば挑戦してみればいいのです。もちろん、あなたの能力や希望に合わせた職場を紹介してもらうことも可能です。

チーム医療は、医療の高度化、在宅医療の促進などで需要が伸びる医療形態です。当然、それに対応できる薬剤師は高い価値があるといえます。今のうちからチーム医療のスキル・ノウハウを身につけ、一歩も二歩もリードした薬剤師になってみてはいかがでしょうか。

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

ファーマキャリアの特徴

調剤薬局 ドラッグストア 正社員 パート
電話・メール ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

関連記事

病院薬剤師のメリット、チーム医療のやりがい

病院薬剤師はチーム医療の一員として活躍しています。高い専門性が求められ、さまざまな患者さんのサポートをするため、責任が重く大変なこともあるようですが、やりがいを感じている薬剤師さんは多いです。

薬剤管理指導業務とは?仕事の内容や年収、必要な資格について

薬剤師の仕事の1つ、『薬剤管理指導業務』とはどのような業務を指しているのでしょうか。詳しい業務内容や年収、やりがい、適性、そして必要な資格や持っていると…

医薬品安全管理責任者の仕事!業務内容や年収、必要な資格について

医薬品安全管理責任者は、医療機関において医薬品による医療事故防止のための業務を行います。具体的にはどのような仕事内容を行うのか、また年収ややりがい、必要な資格や保有していると優遇される資格などにつ…

病院薬剤師はどんな仕事をするの?仕事内容と魅力を教えます!

薬剤師は、調剤薬局やドラッグストア、そして病院など様々な職場で活躍できる職種です。 だからこそ、ほかの職場の良いところが気になり「隣の芝生は青く見える」状態になっている方も多いようです。し…

調剤報酬点数表の仕組みと使い方について

厚生労働省で定めている『調剤報酬点数表』は、どのように利用することができるのでしょうか。各項目の解釈やしくみについても説明いたします。