処方監査の仕事!主な業務内容や監査業務の将来性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師が処方した薬剤が適切であるのかをチェックし、医師や歯科医師に処方せんの正否を確認することを『処方監査』と言います。具体的にはどのようにチェックするのか、そして監査業務を遂行することでどのような結果が期待できるのかについて説明してまいります。また、監査業務の将来性についても考察していきます。

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人数が多い職場 求人を探す
マイナビ薬剤師 1万件以上 ドラッグストア
企業

無料
登録

薬キャリ 8千件以上 調剤薬局
病院

無料
登録

ファルマスタッフ 8千件以上 調剤薬局
ドラッグストア

無料
登録

1.処方監査とは

薬は患者の健康や治療に多大な影響を及ぼしますので、調剤する前に幾重にもわたる確認を行うことが求められています。処方箋に記載されている氏名や年齢・性別などの患者情報は正確か、薬品名や剤形・投与量・用法・投与日数は適切か、患者の薬歴に基づいた処方内容になっているかを、薬剤師は確認しなくてはなりません。

特に処方内容を見るときは、重複投与になっていないか、投与禁忌を犯していないか、投与される薬剤同士が相互作用を示さないか、注射剤は混合しても配合変化が起こらない組み合わせになっているか、患者のアレルギーを考慮しているか、副作用についても考慮されているかもチェックする必要があります。

2.処方監査の業務内容

調剤業務を行う前に、処方せんに記されている情報を確認します。同じ医薬品であっても錠剤や散剤、水剤など剤状が異なると効果も変わってきますので、剤状指定を含む処方情報が正確に記されているかもチェックが必要です。

また、患者の個人情報が正確かを確認するだけでなく、処方せんの有効期限内(処方した日を含めて4日以内)に提出されているかも確認します。

また、患者の処方データや薬歴を確認して、投与が過量になっていないか重複されていないかも確認します。疑わしい点がある場合は、病院に問い合わせ、処方医師に正確な情報を求めることが必要です。処方変更が想定される場合は、あらかじめ量や代替薬などについての提案を伝えておくなら、チーム医療としての作業の手間が省けるでしょう。

3.処方監査と処方鑑査の違い

薬学系雑誌や製薬会社の広報資料には『処方監査』と『処方鑑査』のどちらの言葉も使用されており、特に明確には使用方法が区分けされていないようです。

国語辞典では『監査』という言葉は業務の執行を監督して検査することと定義されており、『鑑査』という言葉は優劣や適否・審議を審査することと定義されていますので、『処方監査』というと処方行為が正しいものか監督することを意味し、『処方鑑査』は患者にとって最適の処方になっているかを確認するということを意味しているということができます。

ですから、明確に言葉を区分けして使用するならば、処方せんに書かれてある情報が正確なのかを確認するときには『処方監査』という言葉を使用し、患者の薬歴やアレルギーに配慮した処方なのかを確認するときには『処方鑑査』という言葉を使用することができるでしょう。

なお、国や薬剤師協会などの公的機関では、『処方鑑査』の言葉が採択されています。

4.処方監査の将来性

処方や与薬・製剤・管理など薬剤関連の医療事故が多発しています。処方監査をしっかりと行うことで、薬剤関連の医療事故の大多数は防ぐことができると予測されます。医療事故に対する社会的関心が高い現代において、処方鑑査に求められる基準は非常に高いと言うことができるのです。

実際に投与する薬剤の濃度が間違っていたり(ボスミン注1mgと生理的食塩水を合わせて500mgが正しい投与量であるにもかかわらず、0.05%ボスミン液と処方されていた)、患者の体重が大幅に間違って計算されていたり(間違って記載された体重に基づいて抗がん剤の投与量が計算されていた)、薬剤の投与経路が間違っていたり(カリウム製剤の投与方法や投与経路が正確に記載されていなかった)等の重大な医療過誤につながる過失が、薬剤師の的確な処方鑑査によって見つかっています。

今後ますます必要とされる分野ですので、薬剤師はただ処方箋をうのみにするのではなく、積極的に監査していく姿勢を身につける必要があると言えるでしょう。

5.処方監査の課題

処方鑑査が、患者の治療と健康に多大な影響を及ぼすのは当然のことです。医療事故にならないとしても、的確な治療を行うことが患者の利益になりますので、医師と薬剤師の双方が処方をチェックする監査業務は重要性の高い仕事だと言うことができます。

ですが、大病院に隣接する薬局や、待ち時間が多いことで知られる院内薬局の場合、一つ一つの処方せんをしっかりと確認したくても、患者から「時間がかかりすぎる」「遅いから違う薬局を利用したい」などのクレームがつくことも少なくありません。

処理を素早くすることも重要ですが、患者に最適な薬剤を渡すことがさらに重要なのは言うまでもありません。時間短縮を至上命題としている薬局では、薬剤による医療事故が起こる危険性が高いと予測されるでしょう。

6.まとめ

患者の健康や病状管理において、適切な薬剤を投与することは非常に重要なことです。その根幹ともなる処方監査は、薬剤師に任された責任ある業務ですので、積極的に行ってまいりましょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

ファーマキャリアの特徴

調剤薬局 ドラッグストア 正社員 パート
電話・メール ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

薬剤管理指導業務とは?仕事の内容や年収、必要な資格について

薬剤師の仕事の1つ、『薬剤管理指導業務』とはどのような業務を指しているのでしょうか。詳しい業務内容や年収、やりがい、適性、そして必要な資格や持っていると…

  • 🕒
  • 2018.11.05更新

病院薬剤師の年収は?魅力は?そしてキツイところは?徹底的に調べ…

調剤薬局やドラッグストアなどで働く薬剤師にとって、「病院薬剤師」がどのような仕事をしているのか気になるところですよね。このページでは、病院薬剤師について詳しく紹介し、年収ややりがいなどにも迫ってみま…

  • 🕒
  • 2018.11.05更新

病院薬剤師でキャリアアップ|必要なスキルや業務内容を徹底調査

民間病院や大学病院で働く病院薬剤師さん。どの病院でもやりがいがあり、患者さんに最も身近に関係します。そんな病院薬剤師さんのお仕事はどのようなスキルを求められ、何を学んでいくのか、また病院薬剤師さんの…

  • 🕒
  • 2018.11.05更新

【体験談】チーム医療にも必要な薬剤師|やりがいを求め企業から転職

薬剤師は、基本的に単独での仕事が多い職種です。しかし近年では、医師や看護師らで構成される「チーム医療」の一員として活躍するシーンも増えてきたようです。その背景には、厚生労働省がチームで質の高い医療…

  • 🕒
  • 2018.11.05更新

薬剤師レジデント制度について知っておかなければいけないこと

最近は日本でも薬剤師レジデント制度を導入する病院が増えてきました。これは、大学の薬学部を卒業した後、病院で臨床薬剤師として実際の業務を学ぶ研修制度です。

  • 🕒
  • 2018.11.05更新