クリニックで働く薬剤師ってどうなの?年収、仕事内容、求人を徹底調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「病院の激務に疲れてしまった…」「もう少し落ち着いて働きたい」と考えている薬剤師におすすめなのがクリニック勤務。

病院ほどの激務になる可能性は低く、ある程度自分のペースで働けるのが魅力ですが、果たしてそんなに「良いこと尽くし」なのでしょうか?クリニックならではの苦労やストレスがあるのでは…?

そんな疑問を持つあなたのために、このページではクリニック薬剤師の実態について詳しく紹介していきます。あなたの今の職場と比べながら読み進めてください。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職希望時期:働き方 求人を探す
薬キャリ 半年以内:派遣

詳細を見る

マイナビ薬剤師 1年以内:正社員

詳細を見る

ファルマスタッフ 半年以内:パート

詳細を見る

1.クリニック勤務の薬剤師の仕事内容と勤務時間

そもそもクリニックとは?勤務時間は?

まずは、「クリニック」という医療機関についておさらいしておきましょう。クリニックとは19床以下の入院設備のある医療施設もしくは入院設備がない医療機関を指します。

営業時間はクリニックによって様々ですが「月〜金のうち1日、土曜日の午後、日曜日」を休診としているクリニックが多いようです。薬剤師をはじめ従業員の勤務時間はクリニックの営業時間に準じますが、シフト制であったり、勤務曜日相談可のクリニックもあります。

クリニック薬剤師の仕事内容

大手調剤薬局や大規模病院の薬剤部では、調剤と服薬指導をそれぞれ別の薬剤師が担当することがありますが、クリニックの薬剤師は基本的に一人なので、調剤業務や服薬指導をどちらも兼任で行います。

その他にも、医薬品の発注や検品、入庫する業務だけでなく、処方箋の入力やレセプトの作成、薬歴の管理など、事務的な業務もこなせる必要があります。

しかし、クリニックのほとんどが単科なので、総合病院や複数科目の門前薬局に比べて扱う医薬品は少ないでしょう。

また、軟膏やシロップなどの製薬業務を行うこともあります。特に皮膚科や小児科では製薬業務も重視されていますので、経験者を優遇することもあります。

様々な業務を自分のペースで進めたい」「たくさんの種類の医薬品を扱うことに疲れた」なんて薬剤師さんにオススメです。

クリニックの服薬指導はコミュニケーション能力が必須

服薬指導にはクリニックならではの特徴が現れます。それは、患者とのコミュニケーションの深さです。

薬局勤務の場合より長い時間をかけることが多く、定期的に訪れる患者に対して、服薬状況を尋ねるなどして薬剤師の権限の範囲で投薬方法を変更することもあります。

患者との円滑なコミュニケーションも、クリニック薬剤師の大事な仕事なのです。

量よりも質」を求める薬剤師さんや、患者との信頼関係を大切にしたい薬剤師さんに向いている職場と言えそうです。

2.クリニック勤務の薬剤師の年収

続いて、気になる収入についてみていきましょう。医療機関に勤務する薬剤師の給与は、病院の規模に比例することが多いです。小規模診療所の場合では、年収400万円前後が相場となっています。しかし、経営者の方針によって年収が高くなることもありますので、一概に低いとは言えません。

基本的に、クリニック薬剤師は病院薬剤師と同等、もしくはそれ以上の年収が十分見込めます。

クリニック薬剤師のメリットは?

クリニック勤務のメリットは、時間的な融通が利きやすいことにあります。育児や家事と両立して働きたい女性薬剤師や、プライベートを重視しながら自分のペースで働きたい男性薬剤師にピッタリの職場です。

また、正社員だけでなくパートやアルバイトなどの勤務形態で働くことも可能です。この場合は、大手のチェーン系薬局よりは若干低めの時給1,000円~2,000円程度が平均になります。低めとはいえ、薬剤師以外の一般的なパートに比べれば破格の時給ということを忘れてはなりません。

3.クリニックへの転職を本気で考えるなら

ここまで、クリニックで働く薬剤師の仕事内容や年収についてみてきました。クリニックは病院にくらべて落ち着いて働ける傾向があり、収入も悪くありません。一方で、これといったデメリットもなく、「バランスの取れた職場」といえるでしょう。しかし、院内処方の減少にともなって薬剤師を募集するクリニックの数は減ってきています。

クリニック求人を探すなら転職エージェントを頼ろう

クリニック薬剤師の求人が減っているとはいえ、院内処方の文化が根強く、クリニック薬剤師の需要がなくなることはないでしょう。しかし、これらの求人は個人で探すのは非常に困難です。

そこでおすすめなのが薬剤師専門の求人情報サイトを活用することです。転職サイトによっては得意な地域や不得意な勤務地があることもありますので、よくチェックしてから活用しましょう。また、求人サイトに登録すると、薬剤師転職のプロであるエージェントに直接相談することが可能です。

※求人数が豊富な薬剤師専門転職サイトの「エムスリー(薬キャリ」でクリニックの求人を検索するとわずかながらにありました。

レアな求人を紹介してもらえることはもちろん、仕事の忙しさや人間関係、現実的な年収額など、求人情報には載っていない裏情報まで教えてもらえるでしょう。

今の職場を離れ、新天地で気持ちよく働きたいと思っているなら、ぜひ転職エージェントに頼ってみてください。

医療業界での知名度圧倒的No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い病院求人を網羅
  • 病院求人数は約3,400件と業界トップクラス
  • 専門コンサルタントが希望条件に合う病院求人を提案

病院薬剤師への無料転職相談会を平日毎日開催!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 徹底した職場調査で病院の内部事情を話してくれる。
  • 希望者には、担当コンサルタントが面接に同行。
  • 病院に転職後のアフターフォローも親身に対応。

独自の薬剤師育成プログラムを運営!ファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • チーム医療に携われる病院求人が豊富
  • 国内16ヵ所の営業所を起点に医療機関との密な連携
  • 教育制度も充実で働きながら学びたい方にも対応

→薬剤師転職|まだ信じてるの?根拠のない転職サイトの比較ランキング

関連記事

薬剤師レジデント制度について知っておかなければいけないこと

最近は日本でも薬剤師レジデント制度を導入する病院が増えてきました。これは、大学の薬学部を卒業した後、病院で臨床薬剤師として実際の業務を学ぶ研修制度です。

病院薬剤師でキャリアアップ|必要なスキルや業務内容を徹底調査

民間病院や大学病院で働く病院薬剤師さん。どの病院でもやりがいがあり、患者さんに最も身近に関係します。そんな病院薬剤師さんのお仕事はどのようなスキルを求められ、何を学んでいくのか、また病院薬剤師さんの…

病院薬剤師のメリット、チーム医療のやりがい

病院薬剤師はチーム医療の一員として活躍しています。高い専門性が求められ、さまざまな患者さんのサポートをするため、責任が重く大変なこともあるようですが、やりがいを感じている薬剤師さんは多いです。

病院薬剤師の仕事!注射剤の調剤方法と注意点

病院薬剤師の業務の中に、注射剤の調剤が含まれます。注射剤を調剤するには何に気をつけることができるのか、患者への投与方法や報酬点数、また、薬局での注射剤の調剤について説明いたします。

病院薬剤師として、チーム医療に参加する

調剤薬局などの薬局に勤務すると、調剤業務や環境によっては販売・接客を担当します。ほとんどの従業員が薬剤師もしくは販売スタッフ・医療事務スタッフですので、医師や看護師などの医療専門家と行うチーム医療…