薬剤師新卒の就職は求人・転職サイトを活用!?面接対策に履歴書対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人を探す
マイナビ薬剤師 10,000件以上

無料
登録

ファルマスタッフ 8,000件以上

無料
登録

ファーマキャリア 3,000件以上

無料
登録

1.新卒薬剤師になれるのかなぁ…周りが内定をもらっていて不安…

悩む新卒薬学部生

新卒で薬剤師になろうとする薬学生は本当に大変ですよね。実習や国家試験の対策と並行して、就職活動をすすめなければなりません。

国家試験は出題範囲が広くどこから出るかわからないため、対策は大変ですよね。なかなか就職活動ができていないという学生もいるでしょう。

また中には「薬剤師試験に受かると思っていなくて就活をしていなかった…」という学生も例年多くいます。

そんな薬学生は周りが内定をもらっている中自分は就職できるのか、不安になりますよね。4月までの残された時間で希望の就職先を探すことができるのか…。

実際、今からだと就職イベントなども終わっていて自分で就職先を見つける機会は限られています。

でも安心してください。

3月からでも就職先を見つけることは十分に可能です

周りが内定を得ている中、スタートが遅れた薬学生が内定を勝ち取る方法とはどのようなものでしょうか。

2.転職エージェントを使えば3月からでも新卒薬剤師になれる!

転職エージェントに相談する新卒薬学部生

ずばり「転職エージェント」を有効活用することです。

「新卒の就活に転職エージェント?」と思われた方も多いと思いますが、

実は新卒の薬学生でも転職サイトに登録しサービスを利用することが可能なのです。

どうして転職サイトを有効活用するのがよいのかというと、それは、転職エージェントにはこの時期「新卒の求人がたくさん集まる」からです。

なぜなら、内定辞退などで新卒を逃した企業や病院が転職エージェントにこぞって求人の依頼をしてくるので、転職エージェントには新卒求人が多く集まるわけです。

もちろん、就活の最盛期に比べ求人数は減少しますが、その分求職者の数も少なくなるので、

実質的な求人倍率は大きく変わりません。

この時期からでも就職先を見つけることは十分可能なのです

では実際にどのような求人があるのでしょうか、職場の特徴とともに見ていきましょう。

3.新卒【病院】薬剤師の給料とやりがい

20代女性薬剤師

HOP調べでは、新卒薬学生が就活で重視する項目として多いものに「給料」「得られるスキル」があります。

ですので、「給料」と「得られるスキル」という観点から職場の特徴を見ていき、それぞれの職場はどんな学生に向いているのか、また同時に、どんな求人があるのか見ていきたいと思います。

病院薬剤師の気になる「年収」と「得られるスキル」は?

薬学生の人気就職先のトップは「病院」です。

薬剤師のキャリアのファーストステップとして選ぶ学生が多いようです。

◆年収は?

初任給平均年収
20~22万円420~650万円

病院薬剤師の新卒での初任給は正社員で20~22万円です。

またその後の年収は平均で420~650万円と言われています。

病院は他の職場にくらべ、年収は低めになります。

◆どんなスキルが得られるの?

  • 1.応需する処方箋の枚数・科目が多く豊富な知識がつく
  • 2.最先端の医療現場に携われる
  • 3.キャリアのスタートとして絶好

よく言われることですが、病院の取り扱い科目、規模にもよりますが、病院薬剤師は様々な症例に携われるのがやはり最大の魅力です。

知識を増やして薬剤師としてのスキルを磨きたい学生には、病院が最も適した職場でしょう。

また病院の仕事は医師、看護師と連携してすすめるチーム医療です。

医療分業が進んでいる昨今は、薬剤師もチームの一員として他の医師を含めたスタッフに意見をすることが求められます。

他の医療スタッフに囲まれながら、刺激的な環境で働くことができます。

これらの特徴から、一般に新卒の薬剤師は薬剤師としてのスキルが高いといわれています。

将来をみすえたキャリアのスタートとしては絶好の職場といえます。

給料が多少低くても、薬剤師としてのスキルをしっかり身につけたい、という学生におすすめの職場になります。

また薬剤師が認定資格をもっていると病院は国から補助金を受け取ることができるように、資格を有している薬剤師は病院に重宝される傾向にあります。

ですので、新卒で病院に就職し、資格勉強を頑張って漢方やがんなど認定資格をとることができると、年収が上がりますし、医師から専門的なアドバイスをより求められるなど、やりがいの大きく充実した仕事ができます。

4.新卒【企業】薬剤師の年収とやりがい

新薬研究する企業薬剤師

◆年収は?

初任給平均年収
20~25万円600~1,200万円

企業薬剤師の新卒での初任給は正社員で約20~25万円です。

またその後の年収は平均で>600~1,200万円と言われています。

企業は他の職場に比べて「年収」の幅が広いです。

◆どんなスキルが得られるの?

  • 1.最先端の薬事知識を学べる
  • 2.営業力がつく
  • 3.安定した環境で働ける

企業内薬剤師のうち研究職、開発職では最先端の薬事知識が学べることが最大の魅力です。

開発職は主に実験、開発、研究職は主に観察、記録を行いますが、どちらの仕事も新薬の開発に携われます。

MRの仕事は薬品を医師に販売する仕事ですが、薬品の説明スキルと営業スキルが身につきます。

多忙な医師のすきま時間をもらって、短く簡潔に自社の薬品や医療機械の良さを語る経験を積むことで、対話力、説明能力が身につきます。

また企業は一般的に「土日休み」「奨学金の支給」「研修制度」など福利厚生が充実しているので、安定感があります。

安定した職場で、最先端の知識を学びたい、薬剤師としての知識だけではなく営業的なヒューマンスキルを身につけたい学生におすすめの職場です。

ですが、企業薬剤師の求人はもともとかなり少なく、欠員が出ても公に募集されることはほとんどないため、企業薬剤師になるのは難易度が高いと言えるでしょう。

大学教授や知人の薬剤師の紹介、という形で採用される人が多いようです。

5.新卒【調剤薬局】薬剤師の給料とやりがい

接客する調剤薬局薬剤師

◆年収は?

初任給平均年収
22~30万円440~700万円

調剤薬局の新卒での初任給は正社員で約22~30万円です。

調剤薬局は他の職場にくらべて「初任給」が高めです。

またその後の年収は平均で450~700万円と言われています。

大手調剤薬局の管理薬剤師や薬局長、エリア長になると年収はさらに上がります。

◆どんなスキルが得られるの?

  • 1.応需する処方箋の枚数・科目が病院に次いで多く豊富な知識がつく
  • 2.コミュニケーション能力が身につく

調剤薬局でも特に門前薬局では、応需する処方箋の枚数や科目が多岐にわたるため、

様々な症例を経験することができ、病院並みに薬品に関する知識を学ぶことができます。

またコミュニケーション能力が身につきます。

調剤薬局といえば一般的に患者さんから処方箋をいただいて薬を渡すだけと考えている人が多いですが、それは間違いです。

健康について医師には言えない相談や一般薬との併用について教えてもらいたいと望んでいる方も多くいます。

特に行きつけの高齢者の方などは、あなたが心の支え的な存在になることもあります。

患者さんと関係を構築していく過程で、コミュニケーション能力を身につけつつ、薬品の知識も身につけたい学生におすすめの職場です。

◆ドラッグストアは就職先としてどう?

ちなみに、スギ薬局やウエルシアなどのドラッグストアも就職先の候補としてあります。

ドラッグストアの「年収」や「得られるスキル」といった部分は基本的に調剤薬局と変わりません。

ただ違いがあるとしたら、店舗の応需する処方箋の枚数・科目が調剤薬局に比べ少なくなるため、扱う症例がへり、薬品に関する知識が比較的身につきづらいことです。

また、店舗に1人で勤務することが通常で、お客様との接客の仕事が多くなります。

その反面、年収が調剤薬局やほかの職場に比べて、比較的高いのが特徴です。

「年収」を特に重視しているという学生にはおすすめの職場かもしれません。

また、店舗数が多くアクセスの良い店舗立地が多いため、徒歩で職場に通いたい、駅近の店舗で働きたい、という希望をかなえやすい職場でもあると言えます。

6.新卒薬剤師が就職で転職エージェントを使うメリット

ここまでザッと各職場の一般的な特徴、それを踏まえてどんな学生に向いているのかについてお話ししてきました。

職場選びの参考になれば幸いです。

ここで冒頭の理由以外にも就職で転職エージェントを利用することをおすすめしたい理由がさらにいくつかあります。

  • 1.就職先とのミスマッチが圧倒的に少なくなる
  • 2.職場と学生との契約関連の誤解がなく安心
  • 3.薬剤師に精通したエージェントに相談することができる

ここでいうミスマッチは主に「職場環境」や「職場の人間関係」においてです。

「職場環境」や「職場の人間関係」などの内実はなかなか学生には見えないものです。

しかし転職サイトは業界内での競争によるサービスの向上から、求人1つ1つの職場の内実、例えば「平均残業時間」や「同時勤務人数」から「管理薬剤師、薬局長の性格」までも知りつくしているため、就職先とのミスマッチが圧倒的に少ないのです。

また転職サイトのエージェントは学生と職場を仲介して、給料や福利厚生に関して契約を結ぶサポートをしてくれます。

煩雑な契約をサポートしてくれるのは楽ですし、安心感がありますよね。

そして一番おすすめしたい理由が、薬剤師に精通したプロに進路の相談ができるということです。

この時期になっても内定がないという状況で焦る気持ちは大いにわかりますが、そのような中でも他人に相談して希望条件や進みたいキャリアを考えることはとても重要です。

薬剤師に精通したプロであるエージェントは、あなたの心強い味方となってくれます。

ちなみに相談や登録に一切お金はかかりません

内定辞退などで新卒の薬学生を欲している病院や企業側が費用を負担するので、学生がお金を払わないのは当たり前ですよね。

7.新卒薬剤師の転職サイト登録から就職までの流れ

転職エージェントは求人を探したり、相談にのってくれるだけではなく、履歴書の書き方の指導であったり、面接の指導も行ってくれます。

転職サイトに登録後、まず担当のエージェントと面接or電話で、あなたが職場に求める条件を明確にします。

希望条件が明確になったら、平均で5件以上の求人をエージェントがあなた向けに選んできて、提案してくれます。

目ぼしい求人がない場合は何度もリクエストして、希望の求人を見つけることもできるのです。

求人が見つかったら、採用選考に受かるべく、履歴書を作成したり、面接の練習を始めます。

その際、転職エージェントは履歴書を添削してくれたり、面接官として練習に付き合ってくれるのです。

また面接当日には、希望すれば面接会場まで同行してくれるエージェントも多く面接前の緊張で不安になる薬学生を心理的にサポートしてくれます。

「エージェントの○○さんには面接指導・履歴書の添削で本当にお世話になった」「一人で就活していて不安な中エージェントの○○さんが心理的に支えてくれた」

などエージェントに対する感謝の声が多く聞かれるように、エージェントはあなたの就活を、スキル的な部分でも、精神的な部分でも親身になって応援してくれるのです。

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

クラシスのヤクジョブ

  • 「さくら薬局」と運営元が同じなので調剤薬局への転職サポートに強い
  • 単発スポット派遣専用の検索ページがあり、短期希望の薬剤師におすすめ

クラシスのヤクジョブの特徴

調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

関連記事

薬剤師のキャリアチェンジ 転職後に後悔しないために気を付けること

薬剤師は勤務先によって大きく仕事内容が変わります。薬剤師はキャリアチェンジが成功しやすい職業ですが、転職後に後悔することも少なくありません。薬剤師がキャリアチェンジする時はどんなことに気をつければ…

勤め先・自分・患者のために重要な薬剤師にとっての「保険」の種類

薬剤師はその職業柄、「保険」と切っても切れない関係にあります。医療の現場に関係する保険は誰にでも簡単に理解できるものではありません。患者が提示する保険証から、薬剤師が業…

外資系製薬会社への薬剤師転職体験談

新卒で調剤薬局に入社し、順調にキャリアアップを積み重ねていた33歳の女性薬剤師。しかし、思い立って外資系製薬メーカーに転職したそうです。彼女に何があったのでしょうか?そして外資系製薬会社への華麗な転…

職場別の薬剤師の人口比較!薬剤師業界での需要の変化を徹底的に探る

薬剤師は様々な業界で求められています。調剤薬局だけでなく病院や診療所、製薬企業や一般企業など、薬剤師の資格を必要とする業種は増加の一途をたどっています。各業界における薬剤師の人口を比較することで、…

薬剤師に危機到来!~来たる薬剤師過剰時代を生き残る仕事の種類は?

「今のままでは自分のキャリア形成に不安」 「現在の職場で同じ仕事を、続けていくメリットはあるのか、ないのか」 30代を目前にひかえた薬剤師。ぼんやりとした、そんな不安を感じたことはない…