薬剤師のキャリアチェンジ 転職後に後悔しないために気を付けること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬剤師は勤務先によって大きく仕事内容が変わります。薬剤師はキャリアチェンジが成功しやすい職業ですが、転職後に後悔することも少なくありません。薬剤師がキャリアチェンジする時はどんなことに気をつければいいかケース別に紹介します。

1.キャリアアップとキャリアチェンジについて

キャリアアップとキャリアチェンジの違いは何でしょうか。

キャリアアップは、同じ職務や今の職務を関係した仕事で上位を目指すことです。担当する仕事の範囲が増えたり、より責任のある地位に就く、給料がアップすることなどを意味します。キャリアアップを目指して、別の会社に転職することもあると思います。小さな会社から大きな会社に転職する場合、たとえ役職は下がってもキャリアアップと呼ぶこともあるでしょう。

一方、キャリアチェンジは職種を変えると言う意味で使われます。前職とは別の職種に変わるので、キャリアチェンジは転職をして別の会社に移ることが多いと思います。キャリアアップと異なり、今までにあなたが経験して習得きたスキルをそのまま生かすことができません。職務内容や環境も異なるために、キャリアアップ以上に具体的な目標、将来像を明確にする必要があります。他に自分に適した仕事があるのではないか、異業種の仕事にチャレンジしてみたいと考える薬剤師は少なくありませせん。他の業種に比べると、薬剤師はキャリアチェンジが成功しやすい職業です。自分のスキルや価値を振り返り、キャリアチェンジに挑戦してもよいでしょう。

2.薬剤師の転職の際に気をつけることは? 失敗談から考える転職時の注意すべきポイント!

よくある転職の失敗談から改善案を考えてみましょう。

転職先の人間関係には注意が必要

製薬会社 男性 40歳

以前は、製薬会社の年収・福利厚生も整っている事務職の仕事をしていて、薬剤に関する知識について積極的に勉強しており、とても充実した日々を送っていました。ただ、小さい頃からの夢であった薬剤師になるため、薬剤師の資格を取得し、調剤薬局に転職しました。しかし、転職してみると、職場の人間関係にまいってしまい自分のイメージしていた仕事と違っていてました。

転職理由で上位にあがる「人間関係」について悩み転職を失敗してしました。転職時、求人サイトで転職先の詳細な情報を得られるものの、職場の人間関係の情報は一切得ることができません。もし、人間関係意外の理由で転職する方は以前の職場と人間関係が変わることに注意する必要があります。反対に人間関係に困って転職を考えている方は、いくつか候補を上げて派遣薬剤師として職場の人間関係を観察する時間を設けることで解消することもできます。

求人情報のみでなく正確な情報収集が必要

調剤薬局 女性 29歳

24歳で結婚し一度退職して専業主婦になりました。しばらくして子供が生まれ育児を3年程した後、元いた調剤薬局の仕事に戻りました。そして、もともと転勤が多かった夫の転職先が実家近くになったため、土日休みでパートで働ける条件でドラックストアにキャリアチェンジすることを決めました。しかし、実際転職してみると地方であったため他の薬剤師の方が少なく、残業が多い職場でした。私が就職すると同時に薬剤師が2人程辞めてしまったらしく、ドラックストアの経営を維持するためにも出勤時間が長くなっています。育児に時間をかけたいのですが、この地域にドラックストア店舗は1つしかなく辞めることもできず我慢しています。

転職時、転職サイトに掲載されている情報としばしば異なる職場に就かされることがあります。表(求人情報)には掲載されていない動向が起きていることもあるので、求人先に転職した自分へかかるリスクを考えておく必要があります。転職コンサルタントや実際の仕事の現状を知る人に会ってリスク管理をしておくことが重要です。

薬剤師のキャリアチェンジ体験談 ケース別の注意点

総合病院から調剤薬局へのキャリアチェンジ

薬剤師に人気の病院勤務ですが、給料や勤務時間に不満が募りキャリアチェンジを考える薬剤師も多いのが事実です。病院の調剤業務や病棟業務の経験を生かすことができる、調剤薬局にキャリアチェンジするケースが多いと思います。

求人を選ぶ時には、総合病院の門前薬局など、幅広い処方箋を扱う薬局に応募する方がよいでしょう。近隣にどんな医療機関があるかしっかり確認しておくべきです。周囲に整形外科や皮膚科しかない場合は、詳報する薬が限られてしまうので業務内容が単調になりあまりやりがいを感じられないことがあります。在宅業務に力を入れている薬局では、服薬管理や指導など病院での経験がより生かせると思います。

詳しい体験談はこちら→リクナビ薬剤師体験談【31歳女性】30分圏内でママ仲間の多い調剤薬局

企業薬剤師から総合病院へのキャリアチェンジ

調剤薬局や企業に勤務している人でやっぱり病院で勤務したい、とキャリアチェンジを考える人も多いです。チーム医療の一員として、患者さんの健康に貢献する魅力的な仕事ですが、いきなり大きな総合病院にキャリアチェンジをすると、レベルについていけず、大きなストレスを抱えることになるかもしれません。

詳しい体験談はこちら→リクナビ薬剤師体験談【33歳男性】病院で医師・看護師とチーム医療に関わりたい

調剤薬局からドラックストアへのキャリアチェンジ

調剤業務より待遇の良い仕事に就きたいと考えキャリアチェンジする人もいます。調剤薬局で習得した知識も生かせる職場なら、転職後もスムーズに仕事ができるでしょう。一般的にドラッグストアは給料がよいので、年収アップの道は難しくありません。

詳しい体験談はこちら→リクナビ薬剤師体験談【27歳独身女性】ドラッグストアへ転職、年収50万円アップ

大規模病院から調剤薬局へのキャリアチェンジ

せっかく薬剤師免許を取得したので、もっと調剤をたくさんできる仕事をしたいとキャリアチェンジをする薬剤師もいます。大規模病院で働いていた人が、こじんまりとした小さな調剤薬局に勤務すると、人間関係でストレスを抱く可能性もあります。

転職をする時は、前職のどういう経験からキャリアチェンジに至ったのか、新しい職種でどのようなキャリアビジョンを描いているのかを、具体的に話せるようにし転職成功させましょう。

詳しい体験談はこちら→リクナビ薬剤師体験談【31歳女性】30分圏内でママ仲間の多い調剤薬局

関連記事

勤め先・自分・患者のために重要な薬剤師にとっての「保険」の種類

薬剤師はその職業柄、「保険」と切っても切れない関係にあります。医療の現場に関係する保険は誰にでも簡単に理解できるものではありません。患者が提示する保険証から、薬剤師が業…

外資系製薬会社への薬剤師転職体験談

新卒で調剤薬局に入社し、順調にキャリアアップを積み重ねていた33歳の女性薬剤師。しかし、思い立って外資系製薬メーカーに転職したそうです。彼女に何があったのでしょうか?そして外資系製薬会社への華麗な転…

職場別の薬剤師の人口比較!薬剤師業界での需要の変化を徹底的に探る

薬剤師は様々な業界で求められています。調剤薬局だけでなく病院や診療所、製薬企業や一般企業など、薬剤師の資格を必要とする業種は増加の一途をたどっています。各業界における薬剤師の人口を比較することで、…

薬剤師に危機到来!~来たる薬剤師過剰時代を生き残る仕事の種類は?

「今のままでは自分のキャリア形成に不安」 「現在の職場で同じ仕事を、続けていくメリットはあるのか、ないのか」 30代を目前にひかえた薬剤師。ぼんやりとした、そんな不安を感じたことはない…

希少なデスクワーク薬剤師!仕事のやりがい、働き方と求人を探す方法

この記事の目次1,薬剤師の企業求人の中でもデスクワークは特に希少!2,デスクワークの多くは非公開求人3,薬剤師が非公開求人に出会うには4,薬剤師転職サイトを複数登録する重要性 1,薬剤師の企業求人の中 ...