薬剤師として留学してスキルアップを目指すには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬剤師としてスキルアップするために、留学を目指す方も増えてきました。薬剤師として働きながら大学院に通ったり研修を行ったりするためには、どの国を選ぶことができるでしょうか。また、留学先で関わることができる職場や仕事内容、留学生活の心得についてもご説明いたします。

1.薬剤師として海外留学する

外国の医療事情を知るために、また薬学を究めるためになどの多くの目的で海外大学の薬学部を志す薬剤師の人たちが増えてきました。薬剤師として海外留学するには、どのような方法があるでしょうか。

薬剤師の資格はその国のみで利用可能

医師や看護師、薬剤師など人命に関わる職種の資格はその国でのみ使用可能ですので、海外免許などは存在しません。ですが、国によっては、自国の薬学部を卒業している人に限り、外国人向けの薬学試験を受けて実習を行うか、薬学の博士コースを終了後にインターンを経験してから、薬剤師試験を受験することが可能です。

アメリカやカナダ、ヨーロッパでも、日本の薬学部を卒業した単位が認められ、大学院からの入学が可能なことが多いです。国によって入学できる学校や受験資格が異なりますので、情報収集をきちんとしておきましょう。

また、米国以外を留学先と選ぶ場合にも、英語力は必要となります。日常生活に関する英語だけでなく、専門的な内容も表現できる語学力が求められます。

海外で薬剤師の免許を取得した場合

海外の大学で薬学に関する教育を6年以上受けた経験がある場合、日本の薬剤師免許の受験資格が与えられます。場合によっては臨床研修の年数も考慮されます。日本で中学校・高等学校を卒業していない場合には、日本語能力試験1級を受験して合格する必要があります。

海外研修制度がある大学や薬局も

1週間程度の短期間の病院研修への派遣や、1年単位の長期の留学などを実施している大学や薬局もあります。海外の薬学に興味がある方は、このような制度を活用して見るのも良いでしょう。

2.留学生活について

どのようなスタイルで留学するにしろ、しっかりとした目標を立てて留学を始めることが大事です。授業についていくだけでなく、研究活動に加わることや、医療や看護学などの知識も吸収できれば、自分のスキルアップ・キャリアアップに大いに貢献します。医療系の大学や施設の場合、寄宿舎や寮が施設内に完備されていることが少なくありません。学びの場と生活の場が近くなることで、より学業に専念することが可能になるでしょう。

薬学留学に必要な費用

留学生活というと費用面も気になるところです。薬学などの理科系大学・大学院は文系の学校と比べて高めですので、欧米諸国なら大学入学の場合は250万円~350万円の学費が、大学院入学の場合には300万円~450万円程度の学費が必要です。それに加えて寮費や食費・雑費などがかかってきます。

また、夏季休暇などの長期休暇を利用して研修に参加する場合は、追加費用が必要となります。期間や内容によっては100万円以上となることも珍しくありません。

3.研修制度がある薬局に就職するには

学力や費用の面で、留学には興味があるけれど諦めざるを得ない人もいるでしょう。そのような人は、海外研修制度がある薬局に就職するという方法で、海外留学の夢を少しは叶えることができます。薬剤師専門の転職サイトなどでは海外研修制度がある薬局なども紹介されていますので、気になる人は是非チェックして見ましょう。

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

薬剤師新卒の就職は求人・転職サイトを活用!?面接対策に履歴書対策

薬学生の就職活動は、一般の学生に比べるとかなりハードなものです。 毎年、沢山の学生が「実習や国家試験対策」に追われている合間を縫って就職活動に励んでいます。中には、「就…

  • 🕒
  • 2019.04.26更新

薬剤師のキャリアチェンジ 転職後に後悔しないために気を付けること

薬剤師は勤務先によって大きく仕事内容が変わります。薬剤師はキャリアチェンジが成功しやすい職業ですが、転職後に後悔することも少なくありません。薬剤師がキャリアチェンジする時はどんなことに気をつければ…

  • 🕒
  • 2018.11.10更新

勤め先・自分・患者のために重要な薬剤師にとっての「保険」の種類

薬剤師はその職業柄、「保険」と切っても切れない関係にあります。医療の現場に関係する保険は誰にでも簡単に理解できるものではありません。患者が提示する保険証から、薬剤師が業…

  • 🕒
  • 2018.11.10更新

外資系製薬会社への薬剤師転職体験談

新卒で調剤薬局に入社し、順調にキャリアアップを積み重ねていた33歳の女性薬剤師。しかし、思い立って外資系製薬メーカーに転職したそうです。彼女に何があったのでしょうか?そして外資系製薬会社への華麗な転…

  • 🕒
  • 2018.11.10更新

職場別の薬剤師の人口比較!薬剤師業界での需要の変化を徹底的に探る

薬剤師は様々な業界で求められています。調剤薬局だけでなく病院や診療所、製薬企業や一般企業など、薬剤師の資格を必要とする業種は増加の一途をたどっています。各業界における薬剤師の人口を比較することで、…

  • 🕒
  • 2018.11.10更新

薬剤師に危機到来!~来たる薬剤師過剰時代を生き残る仕事の種類は?

「今のままでは自分のキャリア形成に不安」 「現在の職場で同じ仕事を、続けていくメリットはあるのか、ないのか」 30代を目前にひかえた薬剤師。ぼんやりとした、そんな不安を感じたことはない…

  • 🕒
  • 2018.11.10更新

希少なデスクワーク薬剤師!仕事のやりがい、働き方と求人を探す方法

この記事の目次1,薬剤師の企業求人の中でもデスクワークは特に希少!2,デスクワークの多くは非公開求人3,薬剤師が非公開求人に出会うには4,薬剤師転職サイトを複数登録する重要性 1,薬剤師の企業求人の中 ...

  • 🕒
  • 2018.11.10更新

薬剤師転職の仕事の選び方と転職失敗しないための口コミ・体験談6選

「転職したい」と考えているけれど、不安があって一歩を踏み出せずにいる…。この記事ではそんなモヤモヤを抱えた薬剤師のために、最低限これを知っておけば転職活動が始められる、という転職の基礎知識を紹介し…

  • 🕒
  • 2018.11.10更新

薬剤師激怒!ハズレのキャリアコンサルタントがしでかした3つのコト

「キャリアコンサルタント」 転職サイトに登録すると、手取り足取り転職サポートをしてくれる人。求人情報の収集、選考書類の作成、面接対策、年収条件の交渉など。別名「転職エージ…

  • 🕒
  • 2018.11.10更新

新人薬剤師必見!新人薬剤師のよくある『職場の悩み・不安』の解消法

どんな職業でも仕事を始めた頃は大変ですが、経験がモノをいう薬剤師の仕事では辛い、辞めたいと思う新人さんが多いように思えます。特に病院薬剤師は給料も低めなのに仕事は厳しく、人間…

  • 🕒
  • 2018.11.10更新

薬剤師の免許申請には代理申請可能なの?

薬剤師は薬剤師国家試験に合格しただけでは薬剤師の業務は行えません。 試験に合格したら薬剤師名簿登録のための申請手付きを行いましょう。 申請には薬剤師免許申請書、医師の診断書や戸籍抄(謄)本などを住所地…

  • 🕒
  • 2018.11.10更新

調剤だけじゃない!薬剤師の「多様な」仕事内容を職種別に徹底紹介

薬剤師が活躍する職場は調剤室だけではありません。薬のプロフェッショナルとして、製薬会社や病棟など、様々な場所で活躍しています。 このページでは薬剤師の仕事内容を職場別に紹介しています。今の…

  • 🕒
  • 2018.11.10更新