薬剤師の悩み調査(調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業)

憧れの職種に就職しても、実際に働いてみると悩みがでてくることは少なくありません。ここでは勤務先別に薬剤師のよくある悩みをまとめてみました。 転職を考えている薬剤師は、これらの悩みを参考にして、自分に合う勤務先かどうか、応募前によく検討してみてください。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000~円、年収800万円以上

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500~円、年収780万円以上

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000~円、年収730万円以上

詳細を見る

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,薬剤師の悩みまとめ

薬剤師さんの実際の就職先の割合は、調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業・製薬会社と大きく分けられます。

細かく見るとそれぞれの勤務先によって薬剤師さんは異なる悩みもお持ちですが、各勤務先問わず聞かれる悩みとして

  1. 人間関係
  2. 仕事のやりがい
  3. 休暇

についてが多いです。

それぞれの勤務先の薬剤師さんはどんな悩みを抱えているのでしょうか。

2,調剤薬局の薬剤師の悩み

調剤薬局薬剤師が抱える悩みランキング

  1. 一日中調剤に追われて仕事がハード
  2. 勤務時間の割に給料が少ない
  3. 女性ばかりの人間関係がつらい
  4. 仕事が単調

調剤薬局で実際に働いている薬剤師さんに勤務先での悩みを伺ったところ上のような結果となりました。

一日中調剤に追われて仕事がハード

悩みとして最も多く挙がったのは「一日中調剤に追われて仕事がハード」ということです。一つの調剤薬局で働く薬剤師さんの数はあまり多くありません。

1人の薬剤師さんが一日で裁ける処方箋枚数1日平均40枚までと言われていますが、薬剤師さんの数が足りず一日に1人で平均70枚裁いているという薬剤師さんもおられました。

調剤薬局に転職する際には事前に薬剤師免許を持っている人がどれくらいいるのか知っておく必要がありそうですね。

勤務時間の割に給料が少ない

次に「勤務時間の割に給料が少ない」という声が多く聞かれました。

地域や規模により平均年収は350万円から600万円とかなり差がありますが、特に昨今では調剤報酬のマイナス改定に伴い、調剤薬局で働く薬剤師さんの年収もダウンということも増えているようです。

勤務時間でみると残業になることも多いようですが、土日は確実に休みという調剤薬局が多いです。

女性ばかりの人間関係がつらい

「女性ばかりの人間関係がつらい」という声も男性女性共にから多く聞こえました。

調剤薬局は基本的に小規模ですので職場も数人で回すこととなります。

そのため人間関係で何かしらのトラブルが起こりやすいようです。自分と合わないお局薬剤師さんのせいで転職を余儀なくされた…というエピソードも聞かれます。

仕事が単調

「仕事が単調」という声も少なくありません。処方箋に従って薬を調剤するという作業は単調でありながらもミスは許されません。

苦労して薬剤師免許を取得したのに、実際に働いてみると仕事は単純作業という負のギャップによりモチベーションが低下してしまうという薬剤師さんが、特に新卒の薬剤師さんで多く見られます。

調剤薬局には様々な形態がありますので、同じ業種でも、別の調剤薬局に転職すると全く違った環境で働くこともできるでしょう。

一日の処方せん数、残業の有無、職場の人数や男女比、主に取り扱う処方せん元の医療機関は要チェックです。

実際に応募する前に、勤務先を見学に行くことも必須です。

3,ドラッグストアの薬剤師の悩み

ドラッグストア薬剤師の仕事内容は多岐に渡るため、薬剤師さんが抱える悩みも様々です。

ドラッグストア薬剤師が抱える悩みランキング

  1. 調剤に関わる時間を多くしたい
  2. お客さんとコミュニケーションをするのが苦手
  3. 土日が休みでないので、プライベートが充実できない
  4. 売り上げにノルマがかかるようになった

ドラッグストアで働く薬剤師さんからはこのような悩みが挙げられました。

調剤に関わる時間を多くしたい

1位が「調剤に関わる時間を多くしたい」でした。

ドラッグストアは医薬品だけでなく日用品も数多く販売しています。

店舗全体の売上を考えなければいけないため、本来の薬剤師の業務とはかけ離れた業務(レジ打ち、品出し等)に戸惑ってしまう薬剤師さんが多いようです。

お客さんとコミュニケーションをするのが苦手

「お客さんとコミュニケーションをするのが苦手」という声が次に多く挙げられました。

ドラッグストアは薬のことについて質問したい患者さんにとっては最も敷居の低い場所です。そのため患者さんから、自分にはどの薬が最適か質問されるような機会が多く訪れます。

日用品以外についての質問や患者さんの何気ない悩み相談を受けることも多いでしょう。

基本的なコミュニケーションが苦手な人にとってはやりずらい環境と言えますね。

土日が休みでないので、プライベートが充実できない

3位は「土日が休みでないので、プライベートが充実できない」という悩みでした。

ドラッグストア薬剤師の勤務形態はシフト制が基本ですが、年中無休のドラッグストアが多く、薬剤師さんの数が極端に少ない店舗では土日に確実に休みをとることは難しいようです。

調剤薬局への転職と同じく、薬剤師免許を持っている人がどれくらいいるのか知っておく必要がありそうですね。

売り上げにノルマがかかるようになった

1位の悩みに関連して「売り上げにノルマがかかるようになった」という声も多く挙げられました。

1人の薬剤師としてではなく、お店の経営に携わる従業員の一人としてみなされてしまいます。

薬剤師免許を取得しているとしても、特に店長になった場合には売り上げを伸ばすための施策立案や店舗内のレイアウトまで考えなければなりません。

年収もよく、お客さんの健康に貢献するドラッグストアですが、不規則なシフト勤務が多いのがデメリットです。

調剤業務にもっと時間をかけたい人、家族や友人と休みが合わないなどの理由で、転職を考える薬剤師は少なくありません。

頻繁に系列内の他店舗への異動が行われるチェーン店もあり、不満を感じる原因にもなるようです。

⇒【関連記事】高年収のドラッグストア情報

4,病院の薬剤師の悩み

人気の職業である病院薬剤師も、以下のような不満を抱えています。

病院薬剤師が抱える悩みランキング

  1. 当直や夜勤が多くて体力的に限界
  2. 医者、看護師との人間関係が難しい
  3. やりがいがある仕事だが、給料が安すぎる
  4. 休みが少なく連休もとれない

当直や夜勤が多くて体力的に限界

病院には当然入院をしている患者さんがいるため当直や夜勤をすることとなります。気力体力が持たず、転職を考える薬剤師さんが多いです。

医者、看護師との人間関係が難しい

病院では医師、看護師との「チーム医療」ですが、まだ医療分業が完全には浸透していない日本ではやはり医師の決定権が強いです。

医師と薬剤師の間の相性が合わず、転職を考える病院薬剤師さんが特に一年目の病院薬剤師さんに多いです。

やりがいがある仕事だが、給料が安すぎる

病院薬剤師とは高度でプロフェッショナルな知識が必要とされるとてもやりがいがある仕事です。

しかしその反面給料面では年収が 約400~650万円くらいとドラッグストアや調剤薬局には劣ります。

現実的な思考で、もっと給料の良い職種へ転職を考える人が多いということですね。

休みが少なく連休もとれない

そもそも休みとして指定できる日が少なく、土日に勤務して代休というかたちが多いです。

シフト確定後の急な変更が難しいというデメリットもあります。

病院薬剤師はやりがいはあるが、専門的スキルが要求される厳しい仕事です。

一人前の病院薬剤師になるには多くの経験や知識が必要です。専門性が問われる仕事内容の割に年収が低く、休みがとりにくいのが転職を考える主な理由となっています。

病院の中には環境が悪く、人の入れ替わりが激しいところもあるので、注意も必要です。

5,企業、製薬会社勤務の薬剤師の悩み

高給といわれる製薬会社ですが、企業で働く薬剤師も転職を考えています

企業、製薬会社勤務の薬剤師薬剤師が抱える悩みランキング

  1. MRが自分に向いていない
  2. 薬剤師免許を生かす仕事をしたい
  3. 全国転勤が多い
  4. 残業が比較的多い

MRが自分に向いていない、薬剤師免許を生かす仕事をしたい

1位と2位はそれぞれ「MRをしているが、自分に向いていなかった」というものでした。

医師に自社の製品を提供するMRですが、全体で薬剤師免許を取得している割合は約一割です。

そのため薬剤師としての特性を生かし切れない、とMR職を否定的に見てしまう薬剤師さんが多いようです。

全国転勤が多い

企業である以上転勤が多く、地元で落ち着いて仕事がしたいという薬剤師さんには難しい職種のようです。

残業が比較的多い

いくら求人要項で「残業なし」とあっても、やはり企業ですから残業はあります。

残業手当等が付く企業が一般的ですが、暗黙の了解でサービス残業を行う企業も少なからずあります。

製薬会社は給料もよく、福利厚生なども整った働きやすい環境です。土日休みで大型連休などもあり、プライベートも充実させやすそうですが、実際の仕事はハード。

薬剤師として臨床の現場にも関わりたいと悩む人が多いです。逆に製薬会社は中途採用の可能性が低いので、よく考えてから転職しましょう。

6,事前に不安を解消しよう

それぞれの職種によって挙げられる代表的な悩みはありますが、実際に勤務する場所によって実態は異なります。

転職をしなければ良かった、転職前の想像と違った、ということがないように転職する際には薬剤師専門の転職エージェントを利用しましょう。

事前に勤務場所の環境を知っておくで不安を解消でき、勤務する際にとても精神的に楽になります。HOPでは、薬剤師の職場別におすすめ転職エージェントをランキングしているので、併せてチェックしてみてください。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

40代薬剤師でも転職したい!未経験の悩みを解決する4つのポイント

どのような業種業界であっても、転職のリミットは40代というのが一般的です。薬剤師であっても同じこと。40代の薬剤師であるあなたもその点で不安を抱いている事でしょう。 このページでは、40代の薬剤師が転職でき…

薬剤師の有給ってどれくらい?気になる有給消化率を見る上での注意点

有給休暇を使用したいのだけれども、なかなか休みが取れずに消化できていない薬剤師も少なくありません。一般的に薬剤師の有休消化率とはどの程度なのでしょうか。勤務する職場別に探っていきましょう。

「薬剤師は休みなし」は嘘?しっかり休める職場に確実に転職する方法

病院勤務で休みが全くとれない、ドラッグストア勤務で土日出勤が当たり前… こんな毎日に嫌気が差してはいませんか? 実は薬剤師の中には希望通りに休みをとったり、連休で旅行に行…

40代薬剤師でも転職したい!未経験の悩みを解決するポイント3つ

どのような業種業界であっても、転職のリミットは40代というのが一般的です。薬剤師であっても同じこと。40代の薬剤師であるあなたもその点で不安を抱いている事でしょう。 このページでは、40代の薬剤師が転職でき…

「薬剤師辞めたい。調剤ミス辛い」まだ我慢する?人生変わった体験談

「仕事でミスばかり・・」「人間関係がうまくいかない・・」「もう辞めたい・・」職場でのトラブルがあると、仕事を辞めた…