ブランク薬剤師の不安を解消!復職時におさえるポイント3つと勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ仕事に復帰したいけど、ブランクがあるから復職に自信がない・・。

休んでいた間の調剤報酬や新薬の状況をどうやって勉強していいかわからない・・。」と悩むママ薬剤師が多いようです。

今回は、ママ薬剤師がブランクを経て復職する際に気をつけたい3つのポイントを紹介していきます。

→ママ薬剤師におすすめできない転職サイトもあります。まずは大手6社の強みをチェック

この記事に書かれている事まとめ

  • ママ薬剤師のいる職場に復帰すること&良好な人間関係を築くことが復職のポイント!
  • 「ブランク明け専用研修制度」を実施している企業を選ぶ。
  • 「ママ薬剤師の有無」から「管理薬剤師の性格」まで、事前に職場状況把握できる転職サイトは薬キャリ
  • 企業やドラッグストアに転職したいなら、大手企業やドラッグストアとのつながりが強いマイナビ薬剤師
  • 扶養内で働きたい、6ヶ月以上後に転職したい、高時給の派遣求人を探したいなら、厚生労働省が「優良派遣事業者」として認定したファルマスタッフ
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000円~、年収800万円~

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500円~、年収780万円~

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000円~、年収730万円~

詳細を見る

1.ママ薬剤師がブランクを経て復職する際に気をつけるべき【3つのポイント】

長いブランク期間の影響で、薬剤の専門知識も忘れてしまったり、新薬の動向についていけていないために、復職への一歩を踏み出せない方は大勢います。

しかし、今までにも多くのママ薬剤師が出産、子育て後に、もう一度働きたいと思い職場復帰してきました。今回は、薬剤師の転職時のポイントの中から、特に、復職をする時に気をつけるポイントを3つに絞ってご紹介致します。

【ポイント1】ママ薬剤師のいる職場に復職する

復職先を選ぶ時のひとつめのポイントは、『ママ薬剤師のいる職場に復職する』ことです。

ママ薬剤師のいる職場といない職場では、子どもの事情への配慮が大きく変わってきます。

例えば、子どもを託児所に預けているママ薬剤師は、子どもが急に熱を出した時、仕事を休んですぐに病院に連れていきたいと思いますが、実際には、人数不足や他の薬剤師のシフトの関係があり、休むことは許されません。

しかし、ママ薬剤師のいる職場の場合、周囲のスタッフも子育ての経験があるので、皆で「ママ薬剤師をサポートしよう!」という雰囲気があり、気兼ねなく休みとることができます。

また、「ママ薬剤師」という共通点で、職場のママ薬剤師と気軽に物事を頼める仲になれば、業務で忘れていたことがあっても臆することなく相談できます。最近の転職サイトでは、ママ薬剤師向けの求人情報も公開されていたり、子持ちママに理解のある職場を探してくれます。

現場のママ薬剤師情報に強い薬キャリに相談

【ポイント2】復帰のカギは「研修」にあり!

ブランクのある薬剤師が職場復帰するにあたって、最大の心配ごとは「現場に立てる知識・自信がない」ことでしょう。それをカバーするために猛勉強しなければならない、でも、何から手をつけていいかわからない、効率的な勉強方法もわからない、と悩んでいるママ薬剤師も多いはず。手当たり次第にテキストを買って勉強しようとしても効率が良いはずありません。

医薬品の知識はもちろん、診療報酬改定や医療を取り巻く情勢の変化など、勉強しなければならないことは山ほどあるのです。独学では限界があります。そこで研修制度が整っている薬局、病院の求人を探しましょう

薬局にとって薬剤師の確保は重要課題。研修制度をしっかり整えることで、ママ薬剤師の復職を手助けしているのです。新卒とは異なる、ブランクのある薬剤師向けのカリキュラムが用意されている場合もあり、長いブランクのある薬剤師も安心です。

また、転職サイトが主催で研修やe-learningを用意している場合もあります。転職サイトの研修なら、就業前に受講することができるので、より安心して復職することができます。

研修制度の実態に詳しいファルマスタッフに相談

【ポイント3】人間関係が良好である職場を選ぶ

職場の環境は、人間関係そのものと言っても過言ではありません。ママ薬剤師がいても、研修制度があっても、やはり人間関係が良好な職場でなければ復職に成功することは難しいです。特に、ブランクがある新入社員はどうしても不利な立場ですから、気持ちよく働ける環境を構築することは困難でしょう。

また、ママ薬剤師は子どものことで周囲のサポートを受ける場面が必ず出てきます。わからないことをすぐ質問できる良好な人間関係は、ブランク薬剤師には必須の環境です。人間関係に問題がある環境での復職はうまくいくはずがありません。人間関係の良し悪しはしっかり見極める必要があります。

職場の内部情報に詳しい薬キャリに相談

3つのポイントまとめ

つまり、ブランク薬剤師が復職する際の3つのポイントは以下の通りとなります。

  1. 子育てと両立しているママ薬剤師がいる
  2. 様々な研修制度がある
  3. 職場の人間関係良好

実際に、復職の失敗例として「子供の急な発熱などで欠勤、早退することに理解が得られず、人間関係が悪化してしまった」というパターンが多く見受けられます。

しかし、これらを押さえた職場を一人で探せるでしょうか。研修制度に関しては、なんとか調べることができるかもしれませんが、「ママ薬剤師がいる」「人間関係が良好」に関しては職場の実態を把握していなければ知ることはできません。

2.ブランクがあっても大丈夫!希望を叶えたいならプロに任せよう

結論から言うと、3つのポイントをしっかり押さえた求人を一人で見つけるのは不可能と言えます。なぜなら、個人の情報収集には限界があるからです。そこでオススメの方法は、薬剤師専門の転職サイトに登録し、転職エージェントに探してもらうことです。

こちらの転職エージェント薬キャリは薬剤師の仕事探しのプロです。ブランクがある薬剤師の復職も数多く手がけています。子育て中である、パート希望など、ブランク薬剤師の状況や条件にぴったりの求人を探してくれるでしょう。「子供と一緒に面接が受けられるよう調整してくれた」「家から徒歩圏内の薬局を探してくれた」という喜びの声もあります。

また、研修がしっかりしている求人も紹介してくれるのはもちろんのこと、心配事である「人間関係」についても把握しています。なぜなら、エージェントは求人を出している職場に足を運んでいるので、職場の雰囲気・空気を肌で実感しているからです。当然、ママ薬剤師の存在についても知っています。もし知らなかったとしても、エージェントから職場に確認してもらえばいいのです。

ブランクに強い職場を見つけたいなら、迷わず転職サイトに登録することをオススメします。転職エージェントに相談して、復職を成功させましょう!

子供を第一に考える周囲のママ薬剤師がサポートしてくれる職場で働けたら、とても心強いことだと思いませんか?さらに、先輩ママ薬剤師は働く女性の気持ちをわかってくれますから、これ以上頼もしい味方はいません。

薬剤師にオススメの大手転職サイト6社比較

  • 転職サイト
  • 職場
  • 雇用形態
  • 転職緊急度
転職サイト 職場 雇用形態 転職緊急度
薬キャリ
病院
調剤薬局
ドラッグストア
企業
正社員
派遣
パート
今すぐ
半年以内
1年以内
マイナビ
薬剤師
病院
調剤薬局
ドラッグストア
企業
正社員
派遣
パート
今すぐ
半年以内
1年以内
ファルマ
スタッフ
病院
調剤薬局
ドラッグストア
企業
正社員
派遣
パート
今すぐ
半年以内
1年以内
リクナビ
薬剤師
病院
調剤薬局
ドラッグストア
企業
正社員
派遣
パート
今すぐ
半年以内
1年以内
クラシスの
ヤクジョブ
病院
調剤薬局
ドラッグストア
企業
正社員
派遣
パート
今すぐ
半年以内
1年以内
ファーマ
キャリア
病院
調剤薬局
ドラッグストア
企業
正社員
派遣
パート
今すぐ
半年以内
1年以内

関連記事

50代薬剤師|転職はもう、失敗できない。希少な求人の見つけ方2選

50代になり、転職を考え始める薬剤師さんで、「50代じゃどこも雇ってくれないだろうなあ・・・。」「仕事辞める勇気もないし・・・。」と悩んでいる方は…

薬剤師が1年目で転職するのは早すぎる?メリットとデメリットまとめ

薬剤師として働き始めてみると、現実と理想のギャップに転職を考えてしまう瞬間が何度も訪れることもあるでしょう。例え新卒で薬剤師歴一年目の場合でも、「自分は他の業種が向いているので…

40代薬剤師の転職、厳しすぎ!実際の求人と内定獲得のための秘訣

「40代の薬剤師向けの求人ってホント少ない!」「40代が転職するのは無理かなあ…」20代・30代に比べると、一気に求人数が減ってしまう40代。しかし

薬剤師の転職は年齢によって選択肢が変わる?年代別の注意点

「今の年齢って転職して採用してもらえるかな…。」「どの年齢で転職するといいんだろう…。」 薬剤師は転職が多い職業ですが、年齢が転職に不利…