薬剤師のブランク復帰方法|経験者に学ぶオススメ勉強法と職場の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう休職してしばらく経つけど、どうやって勉強しよう…

そもそも、ブランクがあっても復職できるのかな?

子育ても一段落して復職したいけれど、仕事と育児の両立や、久しぶりの仕事に不安を感じますよね。

この記事ではブランクを持つ薬剤師の復職をサポートするべく、ブランクを経験した薬剤師オススメの勉強方法や、転職エージェント直伝の復職方法をお伝えします。

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人数が多い職場 求人を探す
マイナビ薬剤師 1万件以上 ドラッグストア
企業

無料
登録

薬キャリ 7千件以上 調剤薬局
病院

無料
登録

ファルマスタッフ 7千件以上 調剤薬局
ドラッグストア

無料
登録

1. 薬剤師のブランクって何年から?不安や採用への影響を調査してみた

ブランク明けの薬剤師は不安

様々な事情で一時的に薬剤師の仕事から離れている人は少なくありませんが、実際に採用や働いてからの業務に影響が出るのは何年くらいブランクがあった場合なのでしょうか。

まず、薬剤師のブランクの、年数ごとの割合を見てみましょう。

現役転職エージェントによると、実際にブランクを経験したユーザーの割合は、1年間が10%、2年間が20%、3年以上が70%となっています。

2~3年のブランクを経験する薬剤師の傾向として多いのは、女性が出産や子育てを理由に休職・退職をして、子供が2~3歳になって少し余裕が出たため復帰するというケースです。

見ていただくと、割合としては3年以上のブランクがあるケースが最も多くなっていることがわかります。

この「ブランク年数」というのは復職を考えるうえで非常に大事で、年数によって復職する際に発生する業務への影響も変わってくるので注意が必要です。

では、実際にどのように変わるのか、ここからはその影響について細かく紹介していきます。

1~2年のブランクの場合

a.現役時代の知識

1~2年程度のブランクであれば、まだ現役時代の知識が残っていることも多く、復職したとしても知識面でそれほど問題に感じることはないでしょう。

細かなところは忘れてしまったとしても、仕事をしながら調べ直して、思い出していくことも多いので、「全てを覚え直してからじゃないと働けない!」などと思う必要はありません。

ただ、復職によって職場が変わる場合、特に門前の病院の診療科が変わると扱っている薬もがらりと変わります

特に内科や総合病院前の薬局では扱う薬の数も多くなりますので、ブランク前にそういった診療科の薬を扱っていなかった場合は、改めて覚え直す必要があるでしょう。

3年以上のブランクの場合

a.現役時代の知識

3年以上ブランクがあると、現役時代に覚えていた知識はかなり忘れてしまいます

薬の名前に聞き覚えはあっても、その薬にはどのような副作用があって、どんな点に注意が必要かなど、細かな点までは抜けてしまっているということが多くあります。

特に就職してすぐに結婚などで仕事から離れてしまった人や、新卒で薬剤師以外の仕事に就いていた人など、ブランク前の薬剤師の経験が少ない人にとっては、3年以上のブランク=また1から覚え直さなければならないと考えた方がよさそうです。

知識に自信が無いからといって仕事が全くできないということではありませんが、分からないことがある度に調べたり周りに聞いているようでは、業務に支障が出ますし周りの負担も増えます。ある程度は復職前から勉強し直した方が良いでしょう。

b.新薬

日本では、毎年100前後の医薬品が新薬として承認されています。

ブランクが1~2年では新薬として覚えなければならない薬も少ないですが、ブランクの期間が延びるにつれ新薬の数も増えていきますので、大変になります。

新薬の全てを覚えなければならない、というわけではありませんが、自分が働く職場で採用されている薬については把握しておかなければなりません。

特に、これまでとは作用機序の異なる薬が新薬として発売された場合は、その違いもしっかり勉強しておく必要があります。

一例ですが、2018年に発売されたゾフルーザという抗インフルエンザ薬は、これまでのタミフルやイナビルとは異なる作用機序で、尚且つ1回飲むだけで良い薬ということで話題を集め、初年度から多くの患者さんに使われました。

作用機序がどう違うのか、タミフルと比べたメリット、デメリットなどの知識は、現役の薬剤師であれば発売当初に覚えることではありますが、ブランクがあるとブランクが明けてから覚えていかなければならないので、初めのうちは苦労すると思います。

c.法改定

法改定で、必ず押さえておかなければならないのは調剤報酬です。調剤報酬は2年に1回、偶数年に改定されていますが、改定内容によっては薬剤師の業務内容もがらりと変わることがありますので、注意が必要です。

その極端な例としては、お薬手帳持参による患者負担の増減があります。2016年までは、患者さんはお薬手帳を持参すると負担金が高くなるため、お薬手帳を持参しない人が多く、薬剤師からも声掛けしづらい状況でした。

しかし、2016年の調剤報酬改定で、お薬手帳を持参した患者は負担金が安くなるという、これまでとは真逆の改定となったのです(安くならない店舗もありますが)。そのため、薬剤師も対応に苦労しました。

他にも、加算が取れる要件が変わることも多いため、ブランクがある人は、働いていた時と今の調剤報酬がどのように違うのかを、しっかり把握しておく必要があるのです。

d.薬の用法用量

薬の用法用量が改訂となることはあまりありませんが、ブランクが空くとどうしても忘れがちになってしまう項目です。

特に、疾患によって用法用量の異なる薬は間違えやすく、ブランクが長いと余計に注意しなければなりません。

基本は病院からの処方せんに記載されていますので、それを基に考えればよいのですが、まれに医師の勘違いなどで処方せんに記載ミスがあるケースがあります。

その際は、医師に疑義照会しなければなりませんし、もし見落としてしまえば患者さんの健康被害につながる危険性もあります。

e.併用薬の改定

併用禁忌や、併用注意の項目についても薬剤師としては覚えておかなければなりません。医薬品の中には併用禁忌・注意の項目が改訂によって追加されたり、削除されることもあります。

患者さんに併用薬を聞いたときに、今回の薬との併用に問題があったら、これも医師への疑義照会の対象になります。

知識がないと併用薬にまで意識が回らず、スルーしてしまう薬剤師もたまにいますが、特に併用禁忌の薬を見落としてしまうと大きな問題となります

ブランク明けだとしても、自分が働く職場で使われる薬の併用禁忌、併用注意の項目については最低限知識として身に着けておく必要があります。

このように、1~2年のブランクではあまり影響はなくても、3年以上ブランクが空いてしまうと元々持っていた知識を復習しなければならないだけでなく、新しい知識も広く身につけることも必要になります。

働き始めのうちは負担も大きくなりますので、注意が必要です。

2.ブランクを経験した薬剤師直伝の勉強法6選

ママ薬剤師はプライベートとの両立が不安

スムーズに復職するためには事前学習が何より大事です。

ここでは、ブランクから見事復職を果たした薬剤師がおすすめする勉強方法を紹介します。効率的に学べる方法を厳選しているので、「時間が取れない…」「良い勉強法が見つからない…」と悩んでいる薬剤師に特におすすめです。

1.くすりのしおり

『くすりのしおり』は、くすりの適正使用協議会が公開している薬の情報サイトです。

処方薬の説明が詳しく解説されているだけでなく、特徴はなんといっても簡潔でわかりやすいという点です。

薬の効果や用法・用量、注意事項などが患者でもわかる表現で紹介されています。添付文書やインタビューフォームよりも内容は少ないですが、基本的な服薬指導の内容としては十分といえそうです。

『くすりのしおり』を読みながら服薬指導のイメージトレーニングをしておくという使い方もおすすめです。


くすりのしおりでブランクを乗り越えました
34歳・男性

私は採用薬の添付文書と、『くすりのしおり』を読み込んで勉強をしました。はじめは処方箋がきても用法用量が正しいかわからず、疑義照会すらできない状況でした。

そこで、添付文書を採用薬から読み切ったところ、ある程度院内の業務は滞りなくこなせるようになりました。また患者さんへの説明でも役に立ちました。専門用語を並べない、スマートな説明に適しています 。

⇒くすりのしおりをみる

2.日経DI(ドラッグインフォメーション)

『日経DI』は薬局薬剤師向けの情報誌です。定期購読をしている薬局も多く、薬剤師にとってはおなじみの雑誌といえるでしょう。

医療業界・薬剤関連の最新情報が掲載されているので、業界の流れを知るのに最適です。診療報酬改定や新薬、最新の治療法など「薬剤師が今知っておきたいこと」が分かりやすく解説されています。オンラインでの購読も可能です。

クイズやコラムも載っていますので、楽しみながら読めるでしょう。

⇒日経DIの公式HPをみる

3.『薬の相互作用としくみ』

相互作用についての深い知識は、まさに薬剤師ならではの大きな価値ともいえます。

もし併用禁忌の薬を渡してしまったら、患者の健康に多大な悪影響を及ぼしてしまいます。薬剤師は、それを防ぐ最後の砦(とりで)といえるでしょう。

この本は、相互作用を起こす薬の組み合わせが一覧になっているだけでなく、その仕組みや、患者への対応の仕方まで書かれています。表現がわかりやすいので、患者に説明する際のヒントもたくさん得られる一冊です。

相互作用については、これ一冊で十分といえるでしょう。


『薬の相互作用としくみ』でブランクを乗り越えました
29歳・男性

薬の相互作用のしくみという書籍ではいわゆる薬の飲み合わせの理由が網羅でき、調剤のみならず服薬指導時にもなぜダメなのかという理由を患者さんに説明することができるため重宝します。

⇒『薬の相互作用としくみ』を購入する

4.MPラーニング

『MPラーニング』は研修認定薬剤師の取得にも対応しているeラーニングで、Web上でさまざまな講義を受けられます。料金がかかりますが、認定薬剤師取得のために会社が費用を負担してくれるケースもあるようです。

ジャンルは各種疾患、治療、在宅医療、実務マネジメントなどがあり、薬剤師として基本的な内容が大半です。聞き流すだけでも「ああ、そうだった!」と大学で学んだ内容を思い出すのに役立つでしょう。


日経DIとMPラーニングで勉強しました
33歳・女性

6年ほどのブランクがあったために、世の中の流れがよくわからなくなっていました。今はどういった治療法が主流になりつつあるのか、例えば透析患者の処方箋ならどこがポイントなのか、といったことを理解するために日経DIとMPラーニングを利用しました。

母親が勉強する姿は子供にも良い影響を与えると思うので、勉強する姿は子供の前で、同じ食卓テーブルに座って子供の宿題をしている横で行っていました。

⇒MPラーニングの公式HPをみる

メディカルナレッジ

『メディカルナレッジ』は、特定非営利活動法人医療教育研究所が提供するeラーニングシステムです。

こちらもMPラーニング同様、研修認定薬剤師の必要単位を取得でき、企業でも導入されていることがあるようです。


コスパは抜群だと思います!
32歳・女性

有料ではあるものの、情報の網羅性が高く適宜情報のアップデートもされていくので、書籍を揃えて勉強するよりも格段にコスパは良いと感じました。

3.ブランク薬剤師が働きやすい職場とは?現役転職エージェントに学ぶ特徴まとめ

復帰に失敗しない薬剤師とは

ここまではブランクを解消する勉強法について見てきました。

しかし、せっかくブランクを埋める努力をしても働く職場選びを失敗してしまったら、努力が水の泡になってしまいますよね。

ここからは、実際にブランクを経験した薬剤師に調査した、ブランク薬剤師が働きやすい職場の特徴をまとめます。

3-1.ブランク薬剤師が働きやすい職場の特徴

a.以前勤めていた職場と同じ分野、業種

まずは、復職する職場の分野、業種について考えてみましょう。

異なる業種で働くとなると知識面でも新しく覚えることが増え、またこれまでの経験も活かすことができなくなります。そのため、ブランク明けの薬剤師は調剤薬局で働いていたのなら調剤薬局にと、同じ業種に復職するケースが大半です。

同じ業種であれば前職の経験や知識を最大限活かすことができるため、復職もスムーズにできます。

中でも、以前働いていた職場が内科の門前薬局であれば復職先も内科を選ぶなど、診療科も同じ職場を選べば前職での知識が活きる幅も広がります

b.パートから正社員にキャリアチェンジできる

子供が小さいうちはパートで働きたい」「知識に不安があるうちは正社員よりパートの方がいい」といった理由で、復職のスタートにパートを選ぶ人は少なくありません。

そのような人が、「時期が来れば正社員として働きたい」と思ったとき、同じ職場で正社員にキャリアチェンジできたら良いですよね。

中には正社員へのキャリアチェンジが出来ず、正社員になるために再度転職活動をしなければならないというところもあります。

将来的に正社員を目指すのであれば、ライフスタイルが変化しても転職せずに働き方を変えられる職場を選ぶようにしましょう。

c.大手調剤薬局、大病院など規模が大きい

大手がおススメな理由は、「人が足りていること」、そして「教育体制がしっかりしていること」です。

ブランク明けでは知識面でどうしても不安を感じてしまうものです。そのため、最初に働く職場では時間をかけてわからないところを教えてもらえる方が安心できますよね。

しかし、人が足りていない中小の薬局などでは、日々の業務で手一杯でゆっくり教えてもらう時間がなかったり、マニュアルがないためしっかり教えてもらうことができなかったりということが起きてしまいます。

その点、大手調剤薬局や大病院では人手が足りている所が多く、ブランク明けの薬剤師を受け入れた経験もあるため、ブランク明けや未経験者にも対応した教育を受けることができます。

d.処方内容が簡単

処方内容が簡単な薬局なら、覚える薬の種類も少なくて済みますし、患者さんから突っ込んだ質問をされることも多くありません。

基本的な業務が多いため、ブランク明けの薬剤師のウォーミングアップとしても働きやすい職場といえるでしょう。

調剤薬局の処方内容は、門前の病院の診療科によって変わります。処方が簡単なのは、眼科や皮膚科、整形外科などの門前薬局です。

これらの薬局では決まった処方が出ることが多いため薬の種類が少なく、外用薬が大半で錠剤や粉薬などの内服薬がほとんどないため、負担も少なくて済みます。

逆に、内科や総合病院前の薬局では薬の種類も多く、一方化など手間のかかる業務が多いため、ブランク明けで知識に自信のない人にはあまりお勧めしません。

e.ママ薬剤師が実際に働いている

子育てが一段落して復職したいと考えている人にとっては、ママ薬剤師が実際に働いているかどうかも、働きやすさを測るバロメーターになります。

ママ薬剤師を積極的に受け入れている職場では、職場全体としてママ薬剤師に理解が深いという特徴があります。そのため、例えば子供が熱を出した、などの急な早退や休みに対しても、対応してもらいやすくなるのです。

また、ママ同士それぞれの事情を理解してもらえることが多いため、あまりストレスを感じずに職場復帰をすることができるというのも良いですよね。

ブランク薬剤師が働きやすい職場を探してみる

3-2.ブランク持ちでも希望の職場に採用してもらうためには?

先ほどのパートではブランク薬剤師が働きやすい職場について確認をしましたが、「そもそもブランクが長かったら採用してもらえないんじゃ…?」という疑問をお持ちの方もいるかと思います。

ここからは、ブランクがあっても採用されるためのポイントをご紹介します。

転職先を探し始める前におさえておくべきことが中心なので、是非ご確認ください。

a.一時的に人手不足の職場に応募する

求人情報を探していると、「ブランクOK」と記載されている求人をよく見かけますが、だからといって「ブランク明けの人を積極的に採用します」という職場ばかりではありませんので注意が必要です。

ブランク明けで働ける好条件の職場を探すには、いくつかのコツがありますのでそれをしっかり押さえておきましょう。

その一つが、人手不足の職場に応募することです。

薬剤師は転職、復職しやすいという側面があるため、急な退職や休職をする人も多く、その結果一時的に人手不足が発生している職場があります。

調剤薬局では、処方せんの枚数に応じて決まった人数の薬剤師がいなければならないという決まりがありますので、人手不足の薬局ではパートなどの短時間であっても勤務できる人を採用しようとしています。

そのような職場であればブランク明けでも採用してもらいやすいですし、入社の段階で交渉すれば他よりも良い条件で働くことも可能になります。

b.復職後、長く働けることをアピールする

復職するからには、同じ職場で長く働きたいものですよね。しかし、ブランクが長くなってしまっていると、企業からの目はどうしても厳しくなりがちです。

採用側が特に気にするのは、「また何かの事情で辞めてしまうんじゃないか」ということです。

せっかく採用したのに半年足らずで辞められてしまった、では企業も割に合いませんので、採用する以上は長期で働いてくれる薬剤師を希望しています。

ブランク明けの薬剤師は、ずっと休職せずに働いてきた薬剤師と比べるとその点の信頼度は劣ってしまいます

そのため、面接のときには「採用していただけたら長期で働きます」ということをしっかりアピールしておくことが何よりも大切なのです。これまでは子育てに専念していたが、子供が幼稚園に通うようになったので昼間に余裕ができた、など現状を具体的に伝えるのも良いかもしれませんね。

 3-3.転職サイトの活用はブランク薬剤師におすすめ

ブランク明けからの復職を成功させるために、おそらく一番大切なのは「転職サイトの活用」です。転職サイトは、現在働いている人の転職活動だけでなく、退職してブランクのある薬剤師もサポートしてくれる大切な存在です。

数多くある求人の中には、「ブランクがあっても採用してもらいやすい職場」というものがあります。

しかし、こういった職場は求人票だけを頼りに自分で探しているだけではなかなか見つけられません

過去に多くの転職者をサポートしてきた転職サイトを利用することで、その経験から採用されやすい職場を探し出して紹介してもらうことができるのです。

他にも、履歴書や面接対策を行ってくれたり、エージェントから求人先へ推薦してもらえたりするので、アピールポイントに乏しくて不安だと感じている人にとっては、大きな助けとなってくれるのです。

次のパートでは、ブランク薬剤師におすすめの転職サイトを3つの特徴別に紹介します。

転職サイトへの登録を検討している方は、参考にしてみてください。

4.理想の職場はブランク有でも見つけられる!薬剤師転職サイト活用のススメ

ここからは、以下の3つの特徴別におすすめの転職サイトを紹介します。

どれもブランクをお持ちの方におすすめの転職サイトですので、利用を検討している方は是非参考にしてみてください。

また、転職サイトに登録する際は2社以上に登録することをおすすめします。

理由は、ハズレのエージェントが担当になってしまう可能性があるためです。

ご紹介する転職サイトはどれもブランクをお持ちの方におすすめなのですが、そこに所属するエージェントの中には、対応が事務的であったり、連絡が極端に多すぎるエージェントなどがいるのも実情です。

ですので、複数の転職サイトに登録することで、アタリのエージェントに担当してもらえる確率を少しでも上げることをオススメします。

登録はどれも無料ですし、合わないと感じた転職サイトは利用を停止することも可能です。

気になる転職サイトがあれば、気軽に登録してみてください。

1.エージェントの丁寧なサポート

マイナビ薬剤師
おすすめする理由
  • マイナビ薬剤師は対面の面談面接の同行履歴書の添削など、丁寧なサポートを実施しています。
  • 求人数も15,000件以上と業界トップレベル(他社平均:約6,700件)。条件交渉も実施しれくれるので、希望通りの転職を実現できる可能性が高まります。

公式HPはこちら

マイナビ薬剤師の評判は?ひと目でわかる特徴とオススメ薬剤師を解説
マイナビ薬剤師の評判は?ひと目でわかる特徴とオススメ薬剤師を解説
「マイナビ薬剤師って有名だけど、評判はどうなんだろう?」 マイナビ薬剤師は大手の転職サイトですが、その実態はなかなか見えにくいですよね。 ...

2.ママ薬剤師対応実績が豊富な最大手

薬キャリ
おすすめする理由
  • 薬キャリは、薬剤師登録者数が業界No.1の最大手です。「m3.com」を運営するエムスリーの子会社、エムスリーキャリアが運営しているため、医師や薬剤師から厚い信頼を集めています。
  • ママ薬剤師の対応実績も豊富で、転職サイトの中で唯一「ママ薬剤師におすすめ」の求人検索が可能です。

公式HPはこちら

薬キャリの評判は?ひと目でわかる特徴とオススメな薬剤師を解説
薬キャリの評判は?ひと目でわかる特徴とオススメな薬剤師を解説
「薬キャリってよく名前聞くけど、実際どうなのかな?」と疑問を持っている薬剤師も多いのではないでしょうか。 ネットで口コミを見ても、人によっ...

3.パート求人数がトップクラス

ファーマキャリア
おすすめする理由
  • 「託児所あり」「産休育休取得実績あり」のパート求人数は2,000件以上!ママ薬剤師に嬉しい条件が揃っています。(他社平均:1,089件)
  • 求職者の希望に合わせて条件交渉をしてくれる「オーダーメイド求人」を強みをするファーマキャリアだからこそ、熱意のあるエージェントが多く在籍。

公式HPはこちら

ファーマキャリアの評判!元エージェントが語る特徴とオススメ薬剤師
ファーマキャリアの評判!元エージェントが語る特徴とオススメ薬剤師
「ファーマキャリアって実際どうなのかな?」「オーダーメイド求人って何なの?」 この記事ではそんな疑問を解消すべく、をもとに、ファーマキャリ...

この記事では、ブランク薬剤師が復職に成功するためのポイントをまとめました。

ブランクがあったとしても、必要事項の復習や自分に合った転職サイトの活用をすることで、希望通りの復職を実現できるということをご理解いただけたと思います。

転職サイトの利用を検討する場合、転職サイト選びも大変重要です。この記事でおすすめしている転職サイトはすべて安心して登録できる有名サイトばかりです。自分の希望条件に合った転職サイトに登録し、理想の転職をつかみ取りましょう。

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

1分で無料登録する

薬キャリ

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

1分で無料登録する

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

1分で無料登録する

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

1分で無料登録する

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

1分で無料登録する

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

7~10月は薬剤師転職に最適な時期!自分にあった時期選びの3視点

「転職に有利な時期とか有るのかな?」そんな疑問を持っている薬剤師さんも多いのではないでしょうか? 多くのサイトで「求人数が増える1~3月がおすすめ!」と紹介されてい…

  • 🕒
  • 2019.11.15更新

薬剤師200人の転職理由ランキング上位5つを解説!転職成功の方法も…

「こんな理由で転職していいのかな?」」「この転職理由で採用担当者にどう思われるか不安」 転職経験が少ない薬剤師の中にはこのような不安を…

  • 🕒
  • 2019.11.12更新

薬剤師が未経験で転職できる職場は多い?経歴を活かす転職方法とは

「調剤薬局やドラックストア以外への転職は未経験だと厳しいだよね?」   そう考えて未経験職場への転職を諦めている薬剤師さんは多いのではないでしょうか。

  • 🕒
  • 2019.11.08更新

地方薬剤師は高給で激務はウソ?必ず好条件求人が見つかる方法とは

「地方の方が高給らしい」 「でも薬剤師が不足しているから激務なんでしょ」   地方は薬剤師が不足しているので高給だが…

  • 🕒
  • 2019.11.08更新

薬剤師転職エージェント条件別おすすめ5社|転職成功を導く賢い選び方

「私を担当している転職エージェント、ハズレなのかも…」 転職エージェントは、薬剤師の転職に欠かせない存在になりました。その一方で「ハズレの転職…

  • 🕒
  • 2019.11.01更新

50代薬剤師の転職は難しい?成功のポイントは求人選びと面接にあり

「50代の転職って他の年代よりも厳しそう」 「50代が転職に成功するためにはどうしたらいいの?」 そう考える50代の薬剤師も多い…

  • 🕒
  • 2019.10.29更新

未経験で調剤薬局に転職って実際どうなの?現役薬剤師に聞いてみた

「調剤未経験で調剤薬局に転職しても大丈夫かな?」 「調剤薬局で働くって実際どうなんだろう?」 未経験で転職の場合なかなか実際に働…

  • 🕒
  • 2019.10.23更新

【2019年版】薬剤師に将来性はあるの?今後の需要と薬剤師の未来

「このまま薬剤師が増えていったら仕事がなくなりそう…」 「AIに仕事を奪われるのでは…」 薬剤師には本当に将来性があるのか、不安になることも…

  • 🕒
  • 2019.09.18更新

薬剤師1年目の転職は絶対無理?職場選びで失敗した新卒のリアル体験談

「新卒1年目だけど、正直もう転職したい。」心の中でこんなことを考えている方に伝えたいことがあります。1年目で転職したいと悩んでいるのはあなただけではありません。そして実際…

  • 🕒
  • 2019.09.18更新

企業薬剤師に転職するには?年収・やりがいを元MRに聞いてみた

「企業薬剤師になりたいけど、未経験で転職できるのかな…」「企業薬剤師はどんな職種があるんだろう?」 企業薬剤師は馴染みのない仕事なので、…

  • 🕒
  • 2019.09.12更新

薬剤師の転職は誰に相談すべき?転職経験者おすすめの理想の相談相手

「転職って身近な人に相談しにくいな」 「誰に相談したら良いんだろう?」 転職は人生における重要なターニングポイントなので、信頼で…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

薬剤師必見!今更聞けない面接のコツを転職エージェントに聞いてみた

「面接で印象が良くなる方法ってどんなテクニックがある?」 「面接で押さえるべきポイントって何だろう?」 自分の希望する職場先を見つ…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新