ブランク薬剤師の復職3ステップ|子育てとの両立や勉強方法のコツとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランクがあって復職するのが不安…

そろそろ子育ても一段落、自分も働き始めようかな、と思っても、育児との両立や久しぶりの仕事に不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、ブランクを抱える薬剤師の不安を体験談から分析、その解決法を3ステップで解説しています。

また、ブランクから見事職場に復帰した薬剤師さん直伝の勉強法も紹介。順調に復職するための方法を紹介します。

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人数が多い職場 求人を探す
マイナビ薬剤師 1万件以上 ドラッグストア
企業

無料
登録

薬キャリ 7千件以上 調剤薬局
病院

無料
登録

ファルマスタッフ 7千件以上 調剤薬局
ドラッグストア

無料
登録

1. 薬剤師のブランクって何年から?エージェントに聞いた業務への影響

ブランク明けの薬剤師は不安

ブランクがあるから復帰が不安

そう感じる方も多いようですが、実際のところ、調剤から離れてどれくらい経つとブランクが目立ってくるのでしょうか。

薬剤師専門の大手人材会社で多くの現場をみてきたエージェントさんによると、一般的にブランク1年半くらいから分からないことが増えてくるといわれており、3~5年以上ブランクが開いてしまうと不安が大きくなる人が多いそうです。

ブランク年数ごとの業務への影響を、詳しく見ていきましょう。

1年半以内|心配不要!ブランクの影響はほぼゼロ

ブランクが短ければ、それまでの知識やスキルも残っているため、業務への影響はほとんどありません。概ね1年半以内のブランクであれば問題なく働くことができると見られ、即戦力を必要としている派遣であっても敬遠されることは少ないでしょう。

ただ、2年に1度の診療報酬改定がブランクの間にあると、現場での対応は変わることがあります。新薬についてなど新しい情報については勉強しておく必要がありそうです。

1年半~3年未満|ブランク前と違う職場の場合は、勉強が必要になることも。

ブランクが1年半~3年未満となると、それまでの知識はかなり忘れてしまうため、苦労することが増えます。特に、2年ごとに行われる診療報酬や薬価の改定もこのブランクの間に行われるため、分からないことも増えてきます。

例えば、以前は患者さんがお薬手帳を持参した方が点数が高く、つまり患者さんの負担金が高くなっていました。しかし、2016年度の診療報酬の改定で、薬局によっては逆にお薬手帳を持参した方が点数が低くなることになりました。

ブランクが長いと、こういった変化への対応が必要になります。

復帰する職場がブランク前と同じ職場であったり、同じ診療科であるような場合は、1ヶ月程度で慣れてくるので大きな問題はないでしょう。

しかし、別の職場や全く未経験の職場に就職する場合は、そうはいきません。慣れるまでに長くかかってしまうため、戦力としては新入社員同様に見られることもあります。入社後は1からしっかりと勉強しなおす覚悟が必要です。

3年~5年以上|忘れている知識も多く、勉強する覚悟が必要

3年以上のブランクがあると、知識の大半が抜けてしまうのと、ブランク前と変わってしまっている薬も多くなるため、一人前の戦力となるには相応の時間が必要になります

特に、近年の傾向としてGE医薬品の処方が拡大しています。それまでは先発品のみを覚えておけばよかった医薬品も、特許が切れてGE医薬品が使われているケースも多々ありますので、先発品との紐付けをしておかなければなりません。

新しい職場に入る際には、そこで取り扱っている薬の一覧を一通り覚えて、併用禁忌、併用注意の薬はないか、服用の際注意する点はあるかといった服薬指導のポイントをある程度把握しておく必要があります。

また、以前からあった薬でも、ブランクの間に適用範囲が変わっていることもありますので、ピックアップしておくと良いでしょう。

2.体験談からわかるブランク薬剤師の不安

ママ薬剤師はプライベートとの両立が不安

復帰に向けた薬剤師が抱く不安には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは実際の薬剤師さんの体験談をもとに、ブランクを抱える薬剤師の不安を分析していきます。

薬や診療報酬の知識が不安

ブランクから復職する際に最も気になるポイントと言っても過言ではないのが薬の知識に関する不安です。

目まぐるしく変わる医療の世界からしばらく離れてしまうことで、知識のインプットが間に合わなくなってしまう方が多くいます。

また、ブランクによりせっかく身につけた薬の知識を忘れてしまったなんて方も珍しくありません。何年も現場から離れてしまっては知識が抜けてしまうのは無理もないでしょう。

さらに不安が大きいのは、診療報酬の改定です。

診療報酬は2年に1度改定されるので、調剤の現場から2~3年離れているだけでガラリと診療報酬の内容が変わることもあります。「患者さんに聞くべき項目が増えていたのに聞き忘れた!」など、ルールの違いに対応できなかったらどうしよう…と不安を感じる人が多いようです。

32歳・女性

私は1年間仕事をしていなかったので、職場の仲間の邪魔にならないか不安でした。 調剤薬局に復職しましたが、ちょうど後発品が普及してきたタイミングで、見慣れない名前も沢山ありましたし、保険の情報も随分と変わっていました。

プライベートとの両立ができるか不安

以前は週5で出勤していたけど、子どもの面倒を見ながらは大変そう」「勉強もしなきゃいけないのに…」そう不安に思う方も多いでしょう。

子どもが小さい場合、保育園や幼稚園の送り迎えをしなければなりません。家に帰ってからも、晩ごはんの支度をしたり洗濯物を畳んだり子どもの面倒を見たりと忙しくなります。

また、仕事と違って育児に休みはありません。体力はしっかり持ってくれるのかと、育児と仕事・勉強を両立できるのかとても不安に思っているママ薬剤師も多くいます

他にも、「遅番に入れないけど、周りに迷惑をかけないかな?」「子どもの送り迎えがあるから、 忙しくても残業は入れない…」といった心配もあるようです。

32歳・女性

私は産休・育休でブランクがありました。間が空いてしまったので、皆さんの流れにのれるように「手が動くか」「体力がつづくか」という点が一番不安でした。

人間関係に不安

数年ぶりに元いた職場に戻るときにどうしても気になってしまうのが、周りの人と馴染めるかです。慣れ親しんだはずの職場も月日が経つと、人員配置が大きく変わっていることがあります。またチェーン展開しているような大企業では異動が次々とあるため、知っている人が1人もいないこともあります。

職場に復帰したときに周りの人が快く迎えてくれるか、数年期間が空いた後に短時間勤務で復帰することで何か文句を言われないか。復帰前に人間関係について悩むことも多いでしょう。

37歳・女性

ブランク期間が10年もありその間一度も仕事をしていなかった為、社会生活にしっかり順応できるのかといった不安が大きかったです。 薬の知識を忘れていないかといった不安だけでなく、そこで働いている人たちとの人間関係をうまくやっていけるのかといった不安がありました。

3.復職への3ステップ|復帰に向けて準備すべきポイントとは

復帰に失敗しない薬剤師とは

Step1| 自分にあった働き方を考えよう

まず、最初に考えるべきなのは、「自分がどのような働き方をしたいのか」ということです。

具体的には、「子育てと仕事を無理なく両立させたい」のか、「多少忙しくてもいいから高い時給で働きたい」のか、等です。どのような働き方をしたいのかがはっきりすれば、仕事に対して何を重視すればいいのかも見えてきます。

給料や福利厚生を一番に重視する人もいれば、人間関係、シフトの融通が利くか、業務の忙しさなどを重視する人もいるでしょう。

もちろん全てが自分に合った勤務先があればいいのですが、一般的には「給料は高いけれど業務が忙しい」「シフトの融通は利かせてもらえるけれどその分給料は安い」といった具合に、それぞれの職場に良し悪しがあります。

職場環境によって働きやすさは大きく異なりますので、自分が何を重視しているのかを考えずに職場を探してしまうと、入社してから「こんなはずではなかった…」と後悔することもあります。

自分の重視する条件に合わせて、最適な働き方を選びましょう。

Step2| 職場探しをしよう

ブランクがあると、どの職場も雇ってくれないのでは…」とネガティブになっていませんか?

でも、諦める必要はありません!薬剤師は女性が実に7割を占める職場です。当然、出産、育児などでブランクを経験している人も多くいます。そのため、ブランクがあったとしても事情を理解して、気を使ってくれる薬局も多いです。

そうブランクが合っても職場は選べます。

実際に大手転職サイトのファルマスタッフには全55,933件の求人が掲載されていますが、そのうち半分以上にあたる29,008件の求人が「ブランク可」の求人になっています(2019年5月現在)。

ファルマスタッフ「ブランク可」の求人

ファルマスタッフでのブランクOK求人

ここからは、子育てとの両立をしやすい職場を見つけるために、確認するべきポイントについて紹介していきます。

ブランク薬剤師が職場選びで注意すべきこと

ブランク薬剤師の職場選びの注意点
職場の雰囲気

ブランク明けの薬剤師は仕事に慣れるまで、周りに迷惑をかけないか不安に感じてしまうものです。そのため、職場の雰囲気は非常に大切になってきます。

子育てに理解のある職場では、急に休まなければならないことがあっても対応してくれます。また、周囲との人間関係が良ければ、わからないことがあっても優しく教えてもらうことができるため、ストレスを感じずに仕事をすることができます。

実際、薬局の中にはブランク明けの薬剤師を多く受け入れていたり、同年代のママ薬剤師が多い職場があります。そのような職場だと安心して働くことができますよね。

しかし、そういった情報は求人票だけ見ていてもわかりません。実際に職場を見に行くか、転職エージェントに内情を聞いてみるといいでしょう。

職場の忙しさ

ブランク明けの最初の職場に、忙しい職場を選ぶことはおすすめしません。 その理由は、忙しすぎると、分からないことがあっても周りに聞きにくくなってしまうからです。

また、いきなり忙しい職場に行くと、慣れていないので疲れてへとへとになってしまいます。そうすると、家事や育児にも支障が出て両立が難しくなってしまいます。余裕をもって仕事ができる職場がいいでしょう。

忙しさは、薬剤師数や処方箋数、診療科目などを確認すればイメージできます。

特に、診療科は大きな目安になります。内科は一包化などもあり忙しい一方で、皮膚科や眼科、整形外科などでは外用剤が出ることが多く、それほど忙しくありません。

また、総合病院前も忙しいですが、患者さんは午前に集中するため、午後はそれほど混まないところがほとんどです。それぞれの特徴をしっかり押さえておきましょう。

勤務条件をしっかり確認する

勤務条件を事前に確認しておくことも大切です。

時給など、書面で確認できる条件に関してはしっかり目を通しておくのは最低限ですが、確認が必要なのはそれだけではありません。子供が体調を崩したときに急な早退、休みはとれるのか、残業させられることはないのかといった情報は、家庭と両立させる上で重要なポイントですよね。

実際に働いてから「休みはとりやすいって聞いていたのに!」「残業させられて育児との両立ができない…」ということにならないように、家庭との両立がしやすいかどうか、勤務条件は口頭でも直接上司に確認するようにしましょう。

Step3 | 新薬や診療報酬を調べよう

ブランク薬剤師は新薬や診療報酬を確認すべき!

日本では年間で約50個近くの新薬が発売されています。注目されているもの、真新しいものだけでも事前に確認しておきましょう。

新薬というのは少し厄介で、大学でも習っていないような全く新しい作用機序のものも多く発売されます。その上、メーカー側は薬局で取り扱ってもらおうと営業をかけてくるので意外と新薬が職場で採用されているものです。

知識がないまま、新薬の服薬指導をするのは不安ですよね。

「前に貰っていたお薬と今回のお薬は何が違うの?」と聞かれてもきちんと答えられるよううに、新薬や診療報酬の知識はピックアップして頭に入れておきましょう

4.復職経験者に聞いた、おすすめ勉強法5選

ブランクに負けない薬剤師の勉強法

復帰してから失敗しないように、事前に勉強してから職場に戻りたい、という人も多いのではないでしょうか。

しかし頭では「勉強は大事!」と分かっていても、なかなか時間がとれなかったり、良い勉強法が見つからなかったりと、難しいものですよね。

ここではブランクを経験した先輩薬剤師が「利用してよかった!」勉強法を紹介します。

1.くすりのしおり

くすりのしおりとは、くすりの適正使用協議会がネット上で公開しているサイトです。

処方薬の説明が書かれていて、その特徴はなんといっても簡潔でわかりやすいということです。

患者さんが読んでもわかる表現で、薬の効果や用法・用量、注意事項などが書かれています。添付文書やインタビューフォームよりもボリュームは少ないですが、服薬指導の内容としては大抵の場合これで十分だと感じます。

服薬指導の前に、どのような説明をしたらいいか、くすりしおりを見ながら考えるようにしておくと、指導力が身に付きます。

くすりのしおりでブランクを乗り越えました
34歳・男性

私は採用薬の添付文書と、『くすりのしおり』を読み込んで勉強をしました。はじめは処方箋がきても用法用量が正しいかわからず、疑義照会すらできない状況でした。

そこで、添付文書を採用薬から読み切ったところ、ある程度院内の業務は滞りなくこなせるようになりました。また患者さんへの説明でも役に立ちました。専門用語を並べない、スマートな説明に適しています 。

⇒くすりのしおりをみる

2.日経DI

薬局薬剤師向けの情報誌です。オンラインでも読むことができますが、薬局送付版もあり、毎月送られてくる薬局も多いかと思います。

薬局関連の最新情報が掲載されていますので、今の業界の流れを知るのに最適なツールです。診療報酬改定や新薬、最新の治療法など、「今知りたいこと」が分かりやすく解説されています。

調剤の現場で起きた出来事を基にしたクイズやコラムも載っていますので、楽しみながら読むことができますよ。

⇒日経DIの公式HPをみる

3.MPラーニング

MPラーニングは研修認定薬剤師にも対応しているeラーニングです。Web上で様々なジャンルの講義を受けることができます。受講には料金がかかりますが、認定薬剤師取得のために会社が費用を負担してくれるケースもあります。

ジャンルは各種疾患、治療について、在宅医療について、実務マネジメントなどがあり、内容はそこまで難しいものではなく、薬剤師として基本的な内容が大半です。ブランク明けの人にとっては、聞き流すだけでも「ああ、そうだった!」と大学で学んだ内容を思い出せるので、役に立ちます。

日経DIとMPラーニングで勉強しました
33歳・女性

6年ほどのブランクがあったために、世の中の流れがよくわからなくなっていました。今はどういった治療法が主流になりつつあるのか、例えば透析患者の処方箋ならどこがポイントなのか、といったことを理解するために日経DIとMPラーニングを利用しました。

母親が勉強する姿は子供にも良い影響を与えると思うので、勉強する姿は子供の前で、同じ食卓テーブルに座って子供の宿題をしている横で行っていました。

⇒MPラーニングの公式HPをみる

4.『薬の相互作用としくみ』

薬の相互作用については、薬剤師としての実力が求められるものです。

もし併用禁忌の薬を渡してしまったら患者さんの健康被害になる可能性がありますし、場合によって疑義照会も必要になります。しかし、なかなか全ての相互作用を把握するのは難しいものです。

この本では、相互作用を起こす薬の組み合わせが一覧になっているだけでなく、その仕組みや、患者さんへの対応の仕方まで書かれています。表現がわかりやすいので、患者さんへも説明がしやすい1冊です。

『薬の相互作用としくみ』でブランクを乗り越えました
29歳・男性

薬の相互作用のしくみという書籍ではいわゆる薬の飲み合わせの理由が網羅でき、調剤のみならず服薬指導時にもなぜダメなのかという理由を患者さんに説明することができるため重宝します。

⇒『薬の相互作用としくみ』を購入する

5.『治療薬ハンドブック2019』&『今日の治療薬2019』

薬局で働いたことがある人なら、必ず目にしたことがある『治療薬ハンドブック』『今日の治療薬』。疾患別に治療方法や治療薬が最新のものまで載っていますので、自分が就職する先の深慮科目に合わせて勉強することができます。

大体どこの薬局にも置いてありますので、仕事をしながらでも、わからないことは都度調べることで知識を深めることができます

5.ブランク薬剤師のための転職エージェントの選び方

ブランクが有る薬剤師は転職サイトを利用

ここまで職場復帰のための勉強法や職場選びのポイントを説明してきましたが、

勉強はしたけど、やっぱり不安…」 「人間関係や勤務条件など、チェックポイントが多すぎて確認しきれない!

と感じた人もいるでしょう。 そんな人におすすめなのが、転職エージェントに相談して職場探しをすることです。 ブランクのある薬剤師にも優しい職場を知っているエージェントに相談することで、プライベートと両立させやすい職場がみつかる可能性が高まります。

ここでは、ブランク明けのママ薬剤師に優しい転職サイトを紹介します

薬キャリ|ママ薬剤師にオススメ!

薬キャリの評判

ママ向けの求人を紹介してもらえる転職サイトがいい!」という方におすすめのサイトは、薬キャリです。薬キャリをママ薬剤師さんにおすすめする理由は、以下の2つです。

  • 「ママ薬剤師向け」で求人検索できる唯一の転職サイト
  • ママ薬剤師が多く在籍している職場をコンサルタントが教えてくれる

「ママ薬剤師向け」で求人検索できる唯一の転職サイト

ママ薬剤師さんが転職後に感じる悩みとして、「子育てなどの私生活との両立が難しかった」という事があります。子どもの急な体調不良による早退も取れない雰囲気だったり、土日出勤もザラ、なんていう職場には転職してしまう事がないように、準備しましょう!

薬キャリでは「未経験・ブランク明け」「ママ薬剤師におすすめ」「土日休み」など家庭も重視したいママ薬剤師にうれしい求人検索が可能です。

本当にママ薬剤師が働きやすい職場なのかどうか、有給はどの程度取得できているのか、ママ薬剤師専任のエージェントが代わりに調べてくれます。

ママ薬剤師が多く在籍している職場をコンサルタントが教えてくれる

薬キャリのエージェントは各職場の内部情報によく精通しているため、ママ薬剤師がどのくらい在籍している職場なのかを知っています。

だからこそ、転職先を決める際はコンサルタントが動き、同世代の子供を持つママ薬剤師が多く在籍している店舗を紹介してくれます。

さらに、女性向け・主婦向けの薬剤師求人も豊富で、 女性向けの求人例を挙げてみますと「1日3時間からOK」「週2日OK」「でも時給は2,000円以上欲しい」というママ薬剤師さんにとって魅力的な求人が数多く揃っています。

薬キャリでブランクOK求人を探してみる

マイナビ薬剤師|業界トップクラスの手厚い転職サポート!!

マイナビ薬剤師

とにかく丁寧で、しっかりと相談ができる転職サイトがいい!」という方におすすめの転職サイトは、マイナビ薬剤師です。マイナビ薬剤師をおすすめする理由は以下の2つです。

  • 薬剤師一人一人と面談をしてくれる、親切で丁寧なサポート
  • 職場環境と人間関係を事前に把握できる!

薬剤師一人一人と面談をしてくれる、親切で丁寧なサポート

マイナビ薬剤師は日本全国に13の拠点があり、基本的に薬剤師一人一人と対面で面談をしてくれます。迷うことや相談したいことがあれば、すぐそばでサポートしてくれるのがマイナビ薬剤師なのです。

面倒な書類提出や日程調整、さらに給与金額の交渉もエージェントが行なってくれます。こうした手厚いサポートが人気がマイナビ薬剤師の強みです。

職場環境と人間関係を事前に把握できる!

職場復帰はしたものの、「転職先があまりにも忙しすぎる」「子持ち薬剤師が休みを取りづらい雰囲気がある」といった問題も発生する事があります。

マイナビ薬剤師では、すべてのドラッグストアや調剤薬局、病院などの求人情報をチェックし、その会社1軒1軒を訪問しています。職場のヒアリングやインタビューを通じて「その職場が安心して働けるか」を確認しています。

子育てしながら働く女性薬剤師さんに、職場の雰囲気や働きやすさもインタビューしているので、ママ薬剤師さんが安心して働ける職場先を選ぶ事ができます。


マイナビ薬剤師でブランクOK求人を探してみる

このように、ブランク明けのママ薬剤師に優しい職場が見つかる転職サイトがあります。 自分に合った転職サイトを利用して、安心して転職活動を始めましょう!

この記事を監修した人
HOP!薬剤師 編集部
カネさん
薬学部卒業後、高知県の調剤薬局に就職。3年間、臨床経験を積む。その後、転職活動の合間に都内で派遣薬剤師として勤務。大手医療系人材紹介会社に入社し転職エージェントとして求職者をサポート。現在はHOP!薬剤師でキャリアに悩む薬剤師さんに向けて記事の企画や監修を行う。
閉じる
もっと見る

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

ファーマキャリアの特徴

調剤薬局 ドラッグストア 正社員 パート
電話・メール ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

薬剤師の転職は誰に相談すべき?転職経験者おすすめの理想の相談相手

「転職って身近な人に相談しにくいな」 「誰に相談したら良いんだろう?」 転職は人生における重要なターニングポイントなので、信頼で…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

薬剤師必見!今更聞けない面接のコツを転職エージェントに聞いてみた

「面接で印象が良くなる方法ってどんなテクニックがある?」 「面接で押さえるべきポイントって何だろう?」 自分の希望する職場先を見つ…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

薬剤師の転職回数は3回まで?採用者の正直な意見と見ているポイント

転職の際、「これまでの転職回数が多いこと」は一般的に不利とされています。ボク、転職ハジメテなんですけど・・・おどおど・・・みたいなのの方がちょうどいいということです。 これは薬剤師の場合も同様。ひとり…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

薬剤師の悩み調査(調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業)

「残業多すぎ…」「こんなに働いてるのに給料少ない」 「職場に馴染めない…」 憧れの職種に就職しても、実際に働い…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

「薬剤師で高収入得たい!」年収が高い職場への転職成功アドバイス

「今のお給料って、仕事量に見合ってるのかな?」「本当はみんなもっと貰ってるんじゃない?」 お仕事をしていると、どうしてもこういった疑問…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

薬剤師が日本を飛び出し、海外で働くことは可能?

薬剤師は、地元密着の働き方をすることが多い仕事。しかし、なかには地元を、そして日本を飛び出して「海外で働きたい!」と考えている薬剤師もいるのではないでしょうか。薬剤師としてのスキルや経験を海外で生…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

地方薬剤師は高給で激務はウソ?必ず好条件求人が見つかる方法とは

「地方の方が高給らしい」 「でも薬剤師が不足しているから激務なんでしょ」   地方は薬剤師が不足しているので高給だが…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

【2019年版】薬剤師に将来性はあるの?今後の需要と薬剤師の未来

「このまま薬剤師が増えていったら仕事がなくなりそう…」 「AIに仕事を奪われるのでは…」 薬剤師には本当に将来性があるのか、不安になることも…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

【要注意】薬剤師の年齢|転職は20代までが有利?真実と成功のコツ

薬剤師がスキルアップや年収アップを目指し転職を考えるならば、やはり20代のうちがよいのでしょうか。年齢が上がれば上がるほど転職は難しくなるのでしょうか。「やりがいが欲しい」「もっと自分に合った職場や働…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

薬剤師の転職理由|転職成功・円満退職を叶える転職理由の伝え方とは

転職をしたい! けど、自分の転職理由「面接でどう言おう、印象悪くしたくないな」「上司に本当のこと言うべきかな、円満退職したいな」「

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

薬剤師の需要が減る?10年後はどうなってる?気になる薬剤師の未来

薬剤師という仕事は、社会にとって絶対必要な「医療」の仕事です。職がなくて困るというリスクはほとんどありません。 「薬剤師になれば仕事に困ることはなく、一生安泰」と言っても間違いではないでし…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

40代薬剤師の転職はまだまだ可能!理想の職場へ転職成功させるには

いくら薬剤師が売り手市場だといっても40代にもなるとなかなか気軽に転職できるものではありません。こんな年齢になっても求人はあるのか、周りからどんな目で見られるか、うまく仕事に馴染…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新