薬剤師の転職は誰に相談すべき?転職経験者おすすめの理想の相談相手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職って身近な人に相談しにくいな

誰に相談したら良いんだろう?

転職は人生における重要なターニングポイントなので、信頼できる人に相談して決めたいですよね。

この記事で薬剤師である管理人の経験をもとに、薬剤師が転職するとき誰にどうやって相談するべきなのかを解説しています。この記事を参考に信頼できる相談相手を見つけてください!

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人数が多い職場 求人を探す
マイナビ薬剤師 1万件以上 ドラッグストア
企業

無料
登録

薬キャリ 7千件以上 調剤薬局
病院

無料
登録

ファルマスタッフ 7千件以上 調剤薬局
ドラッグストア

無料
登録

1.薬剤師が転職活動を始める前に相談するべき3つの理由

薬剤師転職 相談 理由

薬剤師が転職を成功させ、より良い職場に転職するためには何が必要でしょうか?

いろいろな要素がありますが、ひとりで決めるのではなく、誰かに相談をすることは絶対に必要なことです。ひとりではどんなリスクがあるのでしょうか。3つの理由が考えられます。

1)転職では不満が解決できないケースがある

薬剤師に限らず、転職を考える場合は何かしら職場に不満があるものです。しかしその不満が業界特有のものである場合、転職しても不満が解消されることはありません。

たとえば年収の上がり幅が低いことに不満を抱いて、ほかの調剤薬局へ転職したとしましょう。しかし調剤薬局自体が年収の上がり幅が低い業界であるため、またしても同じ不満を抱えることになります。

このようなことがないように、自分の不満がどのようにすれば解決できるのか、業界に精通している第三者の視点が必要不可欠になるのです。

2)ひとりでは「本当に転職したい理由」が見えづらい

自分が転職に何を求めているのか、ひとりでは気づきにくいものです。

たとえば人間関係に不満があって雰囲気の良い職場に転職したものの、なぜか不満は解消されず「実は一番の不満は業務内容だったんだ…」とあとから気付くケースです。

本当の不満はどこにあるのか、解決すべきポイントは何か」これにひとりで気付くのは意外と難しいものです。これも第三者からのアドバイスが必須といえるでしょう。

3)辞めたい気持ちが先行して冷静な職場選びができなくなる

同じ職場で働いていると、ほかの職場の状況は知ることができません。「隣の芝生は青く見える」といいますが、今の職場に不満がある状態だと客観的な評価ができず「今よりも良いはずだ」と思いがちです。

いざ転職してみたら「前の職場は人間関係が最悪だと思っていたけれど、まだまだ良い方だったんだな…」と後悔するケースも多いのです。

2.薬剤師が転職の相談をするべき相手とは?

薬剤師 転職 相談相手

続いては、薬剤師が転職について相談するベストな相手を考えていきます。自分の周囲にいる人を思い浮かべながら読んでみましょう。

転職をする際の相談相手として代表的な相手は「家族・友人」「同僚・上司」「ハローワーク」「薬剤師専門の転職エージェント」です。

それぞれの相談相手にどのような特徴があるのか「キャリアに関するアドバイスの質」「職場にばれるリスク」「相談のしやすさ」という3つの項目で比較してみましょう。

薬剤師 転職 相談相手比較

家族・友人|相談しやすいが的確なアドバイスは貰いにくい!

家族・友人は身近な存在であるため、もっとも相談しやすい相手といえます。

悩みに対して親身になってもらえますが、実際にあなたの仕事ぶりを見ているわけではありません。薬剤師について詳しいわけでもないので、的確なアドバイスをもらうのは難しいでしょう。

同僚・上司|的確なアドバイスを貰いやすいが職場にバレやすい!

同僚・上司は家族・友人の次に相談しやすい存在です。実際に職場での働きぶりも見ていますし、業界に精通している相手なら的確なアドバイスをもらえるでしょう。

ただし相談した相手が、悪気はないにせよ「◯◯さんが転職するみたいだよ」とほかの人間に漏らしてしまう可能性も大いにあります。そうなると仕事に悪影響が出てしまいます。

ハローワーク|職場にバレる可能性はないが相談しにくい!

ハローワークは個人情報の保護が法律で規定されているため、職場に漏れる危険性はなく安心できるでしょう。

たくさんの求職者に仕事を紹介してきた経験から、転職に関して一定のアドバイスをもらうことができます。

しかし、薬剤師専門ではないので業界に関する知識がなく、専門的なアドバイスはもらえません。また、ハローワークに出向く必要があるので相談しやすい相手とはいえないでしょう。

転職エージェント|相談しやすく的確なアドバイスを貰いやすい!

薬剤師専門の転職エージェントは、その名の通り薬剤師専門でキャリアの相談を請け負っています。

非常に的確なアドバイスがもらえる可能性が高く、またハローワークと同様に個人情報の漏洩についても厳しく規定されていますので、職場に漏れる危険性もありません。

電話での気軽な相談も可能なので、相談もしやすい相手といえます。

もっともおすすめの相談相手は?

4パターンの相談相手を比較してみると、それぞれ特徴は大きく異なり、良し悪しがはっきり分かれています。

そのなかで、転職エージェントはすべての項目で評価が高く、転職の相談相手としてもおすすめできる存在であることがわかります。転職を始める際には、まず転職エージェントに相談することから始めてみましょう。

早速転職エージェントに相談してみる

3.転職エージェントに相談する4つのメリット

薬剤師転職 相談 メリット

続いては、転職エージェントに相談する具体的なメリットをみていきましょう。

転職エージェントに相談する4つのメリット

  • 専門的なアドバイスが受けられる
  • 自身の適切な市場価値がわかる
  • 実際の求人を参考に相談できる
  • 転職活動を始めるときスムーズ

それぞれのメリットについて詳しく解説をします。

1)専門的なアドバイスが受けられる

転職エージェントは薬剤師業界に精通しているので、トレンドなどを含めた専門的なアドバイスが受けられます。

近年、薬剤師業界は移り変わりが激しく、転職市場において評価される経歴やスキルも年々変化しています。また職場環境も変化しやすいため、条件が良い職場も年々変わっていきます。

限られた情報しか見ることができない一般人では、これらを踏まえて転職活動に臨むのは不可能に近いでしょう。

その点、薬剤師専門の転職エージェントは日々業界の情報をインプットしているので、トレンドはもちろん地元の薬剤師事情にも精通しています。求人票だけではわからない情報も踏まえて、専門的なアドバイスを受けることができるのです。

2)自身の適正な市場価値がわかる

薬剤師は狭い環境で働いていますので、外の環境がわからず、今の待遇が適正なのかが把握しづらいものです。

ようは「自分のキャリア・スキルならこれくらいの年収をもらえる」という相場感がつかみにくいのです。

実際に、市場価値よりも低い条件で就労していて、転職によって大きく年収が上がったという薬剤師も数多くいます。

自身の適性年収は、転職市場に精通している人でなければわかりません。多くの薬剤師の転職をサポートしてきたエージェントに相談すれば、適正な価値を見極めてもらうことができます。

3)自分の希望に合った求人を探してくれる

求人は自分でも探せますが、その数は膨大で、想像以上の時間と労力がかかるものです。ここでもエージェントが活躍してくれるでしょう。あらかじめ自分の希望を伝えておけば、希望にマッチした求人を探して紹介してくれます。

それを参考にしながら相談を進めれば、より精度の高い求人にたどり着けるでしょう。

また、普通に検索しただけでは見つからない「非公開求人」というものも多く存在します。エージェントからはその非公開求人も含めて紹介してもらえますので、より条件の良い求人に出会える確率が高くなります。

4)転職活動をスムーズに始められる

仕事しながらの転職活動は想像以上に労力がかかるものです。しかし転職エージェントを活用すれば、求人検索や面接の日程調整などの面倒事をすべて代わってもらえます

あらかじめ相談しておけば、本格的に転職活動を始めるときにも同じエージェントがサポートしてくれるはずです。これほど頼もしい味方はいないでしょう。

4.信頼できる転職エージェントに出会う4つのポイント

薬剤師転職 信頼できるエージェント

ここまで、転職エージェントに相談するメリットについてお伝えしてきました。

しかしエージェントも人間なので相性がありますし、なかには「自分とは少し合わないかな…」と感じてしまうエージェントもいるでしょう。

ここからは、信頼できるエージェントに出会うために意識すべき5つのポイントを紹介していきます。

1)良いエージェントを見極める

転職を成功させるためには、優秀で信頼できるエージェントに出会うことが何より重要です。

しかし転職経験がないと、今のエージェントが良いエージェントなのかわからず「どうやって見極めたらいいの?」と悩んでしまいます。

その人が良いエージェントなのかどうか、次に挙げる「良いエージェントの五箇条」を参考にしてみてください。

いいエージェントの五箇条

  • どこがよかったのか、入社するうえでの懸念点はどこかをフィードバックしてくれる
  • 案件ベースでの「いい、悪い」ではなく、自分のキャリアにとってどういう価値があるかという視点でアドバイスをくれる
  • 企業に、回答期限の延長や年収の交渉をしてくれる
  • 「他にいい求人案件は、ないですか?」という質問に粘り強く付き合ってくれる
  • 社長や役員、人事責任者などとの強いパイプがあり、彼らとの面接を自由にセットできる

引用:北野唯我 著「転職の思考法」(ダイヤモンド社)

これらのことを積極的に行ってくれるエージェントは、良いエージェントといえます。逆にこれに当てはまらず、不満を感じるようであれば担当者を変えてもらうべきです

2)キャリア相談会に行ってみる

信頼できるエージェントに出会う方法として「キャリア相談会」に参加するのもおすすめです。

キャリア相談会とは、転職サイトが定期的に行なっているエージェントとの相談会のことです。転職サイトに登録をしてからエージェントと面談をしようと思うと、時間が限られていたり、転職サイトによっては電話面談のみのところも少なくありません。

一方でキャリア相談会では閉会までエージェントに相談できます。時間をかけて納得のいくまで相談できますので、自分の希望もしっかり伝えることができますし、エージェントとの信頼関係も築きやすくなるのです。

また、事前予約は必要ありませんので気軽に参加できるのもうれしいポイントですね。

3)複数の転職サイトに登録する

転職エージェントとやり取りを始めるには、まず転職サイトに登録する必要があります。

その際、転職サイトはひとつだけではなく、複数登録をおすすめします。その理由は、1社だけだとエージェントの比較ができず、良し悪しが判断できないためです。

また、複数の転職サイトに登録して数人のエージェントとやり取りをすれば、優秀で相性が良いエージェントに出会える可能性が高まるのです。

ただ、あまりに多くの転職サイトに登録してしまうと対応が大変になります。多くても3社程度にとどめておきましょう。

4)自分に合った転職サイトを選ぶ

信頼できるエージェントに出会う第一歩は転職サイト選びです。転職サイトによってエージェントの特徴や対応の仕方、サポート内容などは異なります。

相性の問題もあるので、単純にランキングで上位の転職サイトに登録したとしても、優秀なエージェントに出会えるとは限りません。

ここでは、「職場」「スピード」「サポート」の3つの項目でHOP!薬剤師がおすすめしている転職サイトを比較しているので、参考にしてみてください。

転職サイト 職場 スピード サポート
マイナビ
薬剤師
企業
ドラッグ
スピードは微妙 サポートは充実
毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数保有。全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる。
薬キャリ 調剤薬局
病院
スピードは充実 サポートは微妙
登録者数No.1の最大手。親会社であるエムスリーのパイプを活かして、「条件交渉に強みがある」のが特徴。ママ薬剤師専任のエージェントが在籍していて、ママ薬剤師の転職にも強みがある。
ファルマ
スタッフ
調剤薬局
ドラッグストア
スピードは普通 サポートは普通
薬剤師専任エージェントや充実の教育制度など、日本調剤のグループ力を活かしたサポートが魅力。高時給の派遣求人が多く、都心以外なら時給4,000円以上も!

自分にとってどのサイトに登録するのが最適かを、詳しく知りたい方は薬剤師転職サイトの違いが一目で分かる!経験者推薦の3ステップ比較を参考にしてみてください。

5.まとめ

転職活動は、誰でも不安になるものです。そんな時に大切なのは、信頼できる相談相手、エージェントを見つけることです。

今回お伝えしたように、転職活動を始める際にひと手間かけることで、信頼できるエージェントを見つけることができ、良い結果にもつながります

まずは転職サイトに登録して、相談することから始めてみましょう。

この記事を監修した人
HOP!薬剤師 編集部
カネさん
薬学部卒業後、高知県の調剤薬局に就職。3年間、臨床経験を積む。その後、転職活動の合間に都内で派遣薬剤師として勤務。大手医療系人材紹介会社に入社し転職エージェントとして求職者をサポート。現在はHOP!薬剤師でキャリアに悩む薬剤師さんに向けて記事の企画や監修を行う。
閉じる
もっと見る

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

ファーマキャリアの特徴

調剤薬局 ドラッグストア 正社員 パート
電話・メール ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

薬剤師の転職失敗談8選|悩みや不満を解消し、理想の職場に出会う方法

転職をするとき、「今までより良い会社に違いない」と思っていても、いざ入社してみると思い描いていたように働けなかった・・・ということは転職市場…

  • 🕒
  • 2019.06.20更新

ブランク薬剤師の復職3ステップ|子育てとの両立や勉強方法のコツとは

「ブランクがあって復職するのが不安…」 そろそろ子育ても一段落、自分も働き始めようかな、と思っても、育児との両立や久しぶりの仕事に不安を感じる人も多いのではないで…

  • 🕒
  • 2019.06.13更新

40代薬剤師の転職はまだまだ可能!理想の職場へ転職成功させるには

いくら薬剤師が売り手市場だといっても40代にもなるとなかなか気軽に転職できるものではありません。こんな年齢になっても求人はあるのか、周りからどんな目で見られるか、うまく仕事に馴染…

  • 🕒
  • 2019.06.10更新

1~3月の薬剤師転職は要注意!エージェントがおすすめする時期とは

「転職に有利な時期とか有るのかな?」そんな疑問を持っている薬剤師さんも多いのではないでしょうか? 多くのサイトで「求人数が増える1~3月がおすすめ!」と紹介されてい…

  • 🕒
  • 2019.05.09更新

薬剤師が未経験で転職できる職場は多い?経歴を活かす転職方法とは

「調剤薬局やドラックストア以外への転職は未経験だと厳しいだよね?」   そう考えて未経験職場への転職を諦めている薬剤師さんは多いのではないでしょうか。

  • 🕒
  • 2019.04.07更新