HOP!薬剤師

転職の相談をしたい薬剤師必見!転職を成功に導いてくれるプロとは?

「転職するかは分からないけど、とりあえず相談したいな」

「転職したいけど誰に相談したら良いんだろう?」

自分のキャリアを決めるうえで、信頼できる人に相談して決めたいですよね。この記事では薬剤師が転職するときに、信頼できる相談相手を見つける方法を紹介します。

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人数が多い職場 求人を探す
マイナビ薬剤師 1万件以上 ドラッグストア
企業

無料
登録

薬キャリ 7千件以上 調剤薬局
病院

無料
登録

ファルマスタッフ 7千件以上 調剤薬局
ドラッグストア

無料
登録

1.薬剤師の転職の相談にのってくれる人とは?

薬剤師転職 相談 理由

薬剤師が転職するときに「誰に相談すればいいのか…」と悩む人は多いです。

「職場の人には知られたくないし、身内だと専門的な話が出来ない…。」

職場にばれずに、転職の相談ができるようなプロと出会う機会もなかなかありません。

身の回りにはなかなかいないプロの相談相手各都道府県の薬剤師会転職エージェントの2つが主にあります。

まずはその2つについてご紹介します。

各都道府県の薬剤師会

主に管轄エリアでの仕事探しのサポートを提供している各都道府県の薬剤師会。

ただし、そのサポート内容は薬剤師会によって様々。親身に相談にのってくれるところもあれば、求人情報の開示のみのところもあります。都市部と地方でもばらつきがあるようです。

多くの場合は企業名や仕事内容、応募資格といった基本的な求人情報のみが開示されており、求職者は自ら企業担当者にコンタクトし、応募する流れになります。

そのため、求人探しから面接対策までの一連の転職活動が1人で出来る人におすすめだと言えるでしょう。

薬剤師専門の転職エージェント

転職について色々と調べていると、「転職サイト」や「転職エージェント」という言葉をよく目にするのでは?

そもそも転職サイトとは、求人を閲覧できるサービス。会員登録しなくても求人検索はできますが、相談はできません相談するためには登録が必要で、そこで初めて転職のプロ(エージェント)に相談できるのです

エージェントに相談すると、的確なアドバイスをもらえる可能性が高く、またハローワークと同様に個人情報の取り扱いについても厳しく規定されているので、転職活動中であることが職場にバレる心配もありません。また、電話でも気軽に相談できます。

このように転職エージェントは、相談や選考対策、企業とのやりとりなど一連の活動をサポートしてくれるので、初めて転職する人やうまく進められるか自信がない人におすすめです。

様々な転職エージェントがありますが、薬剤師の転職なら薬剤師に特化した転職エージェントを選びましょう。たくさんの薬剤師のキャリアを支援してきたことで信頼や実績もあり、業界に精通しており採用企業とのパイプが太いことも心強いです。

転職は人生に大きな影響を与えるものなので自分1人だけで進めるのはなかなか難しいでしょう。

少しでも転職活動に不安があるという人は転職エージェントの利用をおすすめします。

転職は人生に大きな影響を与えるものなので自分1人だけで進めるのはなかなか難しいでしょう。

少しでも転職活動に不安があるという人は転職エージェントの利用をおすすめします。

相談相手 サポート おすすめの人
薬剤師会 自分で転職活動が出来る人
エージェント 転職初心者、転職活動が不安な人

2.薬剤師転職エージェントのおすすめポイント

ここからは、薬剤師転職エージェントを利用する具体的な魅力をご紹介します。

転職活動に必要なサポートは全て無料

転職エージェントが求職者のためにやってくれるサポートは全て無料なので、お金の心配もなく、気軽に相談できます。

キャリア相談

転職支援に長けたプロが、求職者一人ひとりに合った仕事を紹介します。

また、「強みがわからない」「どんなキャリアを築いていけばいいのか」など、キャリア全般の悩みもお任せできます。

履歴書の添削や面接対策のアドバイスの充実

求職者の魅力を最大限に引き出し、伝わる履歴書の添削や面接対策のアドバイスをしてもらえます。

業界や企業の傾向なども把握しているため、応募先に合わせたサポートを得られるでしょう。

代理の条件交渉

自分では難しい給与や入社日などの条件交渉も転職エージェントがしてくれるのも心強いです。

非公開求人の紹介

一般には公開されていない非公開求人を取り扱っているのも、採用企業からの信頼が厚い転職エージェントならでは。好条件の求人に出会える可能性も高いです。

転職エージェントによってもサポート内容は異なりますが、どこもプロによる対応なので、安心かつ信頼できます。

3.薬剤師転職エージェントを利用するまでの流れ

1.登録

自分の欲しい情報やサポートをしてくれそうな薬剤師専門のサイトを選びましょう。

複数のサイトに登録すると、それぞれのサービスの使い勝手や転職エージェントとの相性などを比べることができ、より自分に合ったサポートを受けられます。

2.面談・キャリア相談

登録したら次は面談です。

転職エージェントは、求職者だけでは知りえないキャリアの情報や視野を持っています。話すことで頭の中が整理できたり、新しい発見をしたりするでしょう。自信がなくても、まずは相談することが大切です。

3.求人紹介

面談内容をもとに、求職者に合う具体的な求人を紹介してくれます(面談当日に用意できなければ、後日求人が発生したタイミングで)。

自分だけでは見つけられないような求人に出会えるかもしれません。

4.エントリー

求職者が合意した企業に、転職エージェントが応募をします。その際に提出が必要な履歴書や職務経歴書の添削もサポートしてくれるので、自信がない人でも安心です。

5.選考

面接日程の調整など、選考過程における企業とのやりとりもすべて転職エージェントが対応するので、手間がかかりません。もちろん、応募先企業の傾向に合わせた面接の対策やアドバイスも提供します。

6.内定&退職交渉

晴れて内定をもらった後に、待ち構えているのは気が重い退職手続き。「辞めづらい」「手続きが面倒」などそれぞれ事情があるでしょう。引き留めにあったり、退職日の調整に難航したりした場合は、転職エージェントが責任を持って交渉してくれるので心強いです。

4.本当にオススメできる転職エージェント一覧

転職エージェントを利用するメリットと方法は分かりましたか?

あとはどのエージェントに相談するべきかを考えてきましょう。

先ほども述べたように、転職サイトは無料で利用できるので、1つに絞らずに、複数登録して、色々なエージェントに相談してみるというのもいいかもしれません。

対面で相談するならマイナビ薬剤師

面談方法とオススメ薬剤師

  • 面談方法:対面、電話、メール
  • 大手調剤薬局やドラッグストアに転職したい人向け

総合転職支援のマイナビグループが運営。利用者の満足度No.1

実際、企業・大手ドラッグストア、調剤薬局の求人情報が豊富で求人数は1位です。

面接の同席はしませんが、キャリアアドバイザーと対面での面接練習が可能です。給与交渉や、入社後の相談にも対応してくれます。

マイナビ薬剤師に登録する

転職のノウハウを知りたいのならリクナビ薬剤師

面談方法とオススメ薬剤師

  • 面談方法:電話、メール
  • 早急に転職したい、大手調剤薬局や企業に転職したい人向け

大手人材会社のリクルートが運営しており、その組織力やネットワークで求職者を全力サポート。

マイナビ薬剤師に続いて業界第2位の求人数を誇り、そのうち75%が非公開求人です。面接同行はないものの、企業に精通した担当者が対策を担当してくれます。

リクナビ薬剤師に登録する

早く転職したいなら薬キャリ

面談方法とオススメ薬剤師

  • 面談方法:電話、メール
  • 早急に転職したい、病院に転職したい人向け

医療関連サービスを展開するエムスリーグループが運営。

医療に関する知見やネットワークをもとにチームで薬剤師転職をサポートするので、専門性が高いです。調剤薬局や病院の求人数が多いのも特徴。面接同行はありませんが、エリアごとの専任コンサルタントが有益な情報を提供します。

薬キャリに登録する

手厚いサポートを受けたいのならファルマスタッフ

面談方法とオススメ薬剤師

  • 面談方法:対面、電話
  • 転職初心者、調剤薬局に転職したい人向け

日本調剤と同じグループ会社であるファルマスタッフは、調剤薬局の求人数が業界最大級で高年収の求人が豊富

求職者と丁寧に向き合うことを大切にしており、相談会や対面・電話面談、そして面接同行サービスまであるなど、手厚いサポートをしてくれます。

ファルマスタッフに登録する

5.まとめ

ここまで薬剤師が転職エージェントを活用するメリットやおすすめエージェントをご紹介してきましたが、自分のキャリアと真剣に向き合ってくれそうな転職エージェントは見つかりましたか?

満足のいく転職活動をするには、実はパートナー選びが大切です。

自分1人では気づけないことや、遠回りになってしまうことでも、プロのサポートがあれば安心です。信頼できるパートナーを得ることで、よりよい転職ができるでしょう。

2020年2月の転職情報

2,3月は、1年のうちでも特に求人数が増える時期です。なぜなら4月の年度切り替えを見越して欠員補充のための求人募集が活発になるからです。

とくに病院や企業は中途採用の時期を2,3月に限っているケースも多いため、転職を考えているなら見逃せないタイミングと言えます。

こまめに求人をチェックして、希望の求人があれば即座に動き出すのがポイントです。

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
 
  

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

ファーマキャリアの特徴

調剤薬局 ドラッグストア 正社員 パート
電話・メール ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

薬剤師200人の転職理由ランキング上位5つを解説!転職成功の方法も…

「こんな理由で転職していいのかな?」」「この転職理由で採用担当者にどう思われるか不安」 転職経験が少ない薬剤師の中にはこのような不安を…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師必見!今更聞けない面接のコツを転職エージェントに聞いてみた

「面接で印象が良くなる方法ってどんなテクニックがある?」 「面接で押さえるべきポイントって何だろう?」 自分の希望する職場先を見…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師の転職回数は3回まで?採用者の正直な意見と見ているポイント

転職の際、「これまでの転職回数が多いこと」は一般的に不利とされています。 ボク、転職ハジメテなんですけど・・・おどおど・・・みたいなのの方がちょうどいいということです。 これは薬剤師の場合も…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師の悩み調査(調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業)

「残業多すぎ…」「こんなに働いてるのに給料少ない」 「職場に馴染めない…」 憧れの職種に就職しても、実際に働い…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

「薬剤師で高収入得たい!」年収が高い職場への転職成功アドバイス

「今のお給料って、仕事量に見合ってるのかな?」「本当はみんなもっと貰ってるんじゃない?」 お仕事をしていると、どうしてもこういった疑問…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師が日本を飛び出し、海外で働くことは可能?

薬剤師は、地元密着の働き方をすることが多い仕事。しかし、なかには地元を、そして日本を飛び出して「海外で働きたい!」と考えている薬剤師もいるのではないでしょうか。薬剤師としてのスキルや経験を海外で生…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

地方薬剤師は高給で激務はウソ?必ず好条件求人が見つかる方法とは

「地方の方が高給らしい」 「でも薬剤師が不足しているから激務なんでしょ」   地方は薬剤師が不足しているので高給だが…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師のブランク復帰方法|経験者に学ぶオススメ勉強法と職場の選び方

「休職して結構時間が経っちゃったけど、復職できるかな?」 「復職したいけど勉強って何をやればいいの?」 子育ても一段落して復職し…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

【要注意】薬剤師の年齢|転職は20代までが有利?真実と成功のコツ

薬剤師がスキルアップや年収アップを目指し転職を考えるならば、やはり20代のうちがよいのでしょうか。年齢が上がれば上がるほど転職は難しくなるのでしょうか。「やりがいが欲しい」「もっと自分に合った職場や…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

薬剤師の需要が減る?10年後はどうなってる?気になる薬剤師の未来

薬剤師という仕事は、社会にとって絶対必要な「医療」の仕事です。職がなくて困るというリスクはほとんどありません。 「薬剤師になれば仕事に困ることはなく、一生安泰」と言っても間違いではないでし…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

40代薬剤師の転職はまだまだ可能!理想の職場へ転職成功させるには

いくら薬剤師が売り手市場だといっても40代にもなるとなかなか気軽に転職できるものではありません。こんな年齢になっても求人はあるのか、周りからどんな目で見られるか、うまく仕事に馴染…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新

第二新卒向け薬剤師求人の探し方。失敗しない転職・就職方法とは

「残業が多い…」 「希望していた企業を諦めきれない…」 「とにかく今の職場、辞めたい」 など、現…

  • 🕒
  • 2020.02.27更新