50代薬剤師|転職はもう、失敗できない。転職成功のポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「50代の転職って厳しいのかな・・・。」

「この齢で転職に失敗したらどうしよう・・・。」

と悩んでいる50代の薬剤師さんも多いのではないでしょうか?

 

50代で転職を考え始めると、沢山の不安や悩みがつきまとい、どんどん転職が遠く感じてしまいますよね。しかし、50代にも希望通りの転職は可能です。

この記事では実際の求人を参考に、50代で理想の職場に転職する方法を紹介します。

この記事に書かれている事まとめ

  • 「年収が高く採用費用や人件費が他の世代よりかかる」のと「働ける期間が短い」ので50代の転職は基本厳しい。
  • それでも「60代OK」の求人が多数発見!転職方法を工夫すれば50代でも十分転職はできる!
  • 50代の転職では転職サイトの利用が必須!
  • 50前半の薬剤師はマイナビ薬剤師、50代後半の薬剤師は薬キャリがおすすめ。
★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人数が多い職場 求人を探す
マイナビ薬剤師 1万件以上 ドラックストア
企業

無料
登録

薬キャリ 8千件以上 調剤薬局
企業

無料
登録

ファルマスタッフ 8千件以上 病院
調剤薬局

無料
登録

1.50代の転職、失敗はできない…。今後転職が難しくなる理由

 

50歳を過ぎた方が転職をしたいと思っても、ほとんどの人はすぐには行動に移せないですよね。若い人のように取り返しがつくわけではなく、「失敗したら次がない」と考えて、今の職場に不満があっても我慢しているという人は少なくないです。

確かに、転職市場ではどうしても若い人が優先されるため、50代で希望の条件で転職をすることは難しいのが現状です。

50代が他の年代より転職が難しくなる2つの理由

50代になると、それまでと比べて格段に転職が難しくなってしまいます。それは転職しやすいといわれている薬剤師でも例外ではありません。

50代になると転職が難しくなるのには、採用側から考えた時に以下の2つの理由があります。

1)年収が高く採用費用や人件費が他の世代よりかかる

一般的に、年齢とともに平均年収は上がっていきます。50代は、全年代の中で最も年収が高い年代となっています。

企業が転職サイトを通じて転職者を採用する際、採用企業は転職者の年収に応じて転職サイトに報酬を支払わなければなりません。つまり、年収が高い人を採用するほど、採用コストがかかってしまうというわけです。

また、当然採用後の人件費も他の年代より高くなります。年収に見合うだけのスキルや知識がなければ、企業としては採用するメリットは低いということがわかります。

2)働ける期間が短い

新しい職場では覚えなければならないことも多いものですが、若い世代では時間をかけてじっくり育てることができても、50代ともなるとそうはいきません。即戦力として働くことが求められることが大半です

仮に採用となったとしても、50代では定年までの期間が短いため、会社に貢献できる期間も短くなってしまいます。

また、薬剤師では定年後も働き続けることはできますが、体力的にフルタイムで働くのが難しいことが多いです。「安定した雇用の確保」を考えた時に、50代は不利になってしまうのです。

2.50代薬剤師の転職先を発見!実際の求人情報を調査

では、50代、60代が転職できる求人とはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、実際の求人から「60歳以上歓迎」「未経験、ブランクのある方可」といった条件に絞って、見つかった2つの求人についてご紹介していきます。ご自身の今の仕事と比較してみてください。

東京都 60代以上OK 年収600万可

薬キャリ 50代 求人 

東京都 60代以上OK 年収800万可

薬キャリ 50代 求人 

これをみていただくと、どちらも60歳以上可でありながらかなりの好条件であることがわかります。特に2つ目は、年収800万円まで検討してもらえる求人です。

こういった条件の求人は決して珍しいものではありません。要は、それまでの経験をしっかりと評価してもらい、「若い世代にはないメリットがある」「コストをかけてでも雇う価値がある」と認めてもうことができれば、高年収での転職も可能になるのです

ただ、誰でもが容易に転職できるわけではありません。50代以上の転職の難易度は相当高いので、対策もせずやみくもに転職活動をしていても、希望するような条件で転職することはほとんど不可能です。

では好条件で転職するにはどうしたらいいのか、その方法についてこれからお伝えしていきたいと思います。

60代OKの求人を探してみる

3.これで転職は最後にしたい!転職成功の方法

50代の転職では転職サイトの利用が必須

転職する際に転職サイトを利用する人は多いと思いますが、特に50代の転職に関しては転職サイトの利用は必須であるといえます。その理由を考えてみましょう。

初めにお伝えしたように、50代の転職は他の年代と比べて難易度が高いものになっています。また、やり直しのきく年代ではありませんので、失敗はできません。慎重に、そして必ず転職を成功させなければなりません。

そのために、転職先の情報収集や面接における自分の経歴のアピールというのが非常に重要になってくるのです

自分ひとりで活動していても、情報収集には限界がありますし、自己アピールに関しても客観的に見てもらったほうがよりよいものになります。そんな時に必要なのが、転職サイトのサポートです。

エージェントが情報収集を行ってくれるだけでなく、自己アピールに関するアドバイスなども無料で行ってくれますので、転職活動をスムーズに進めることができます

実際に、101人の薬剤師さんに対して「転職サイトは必要か?」という質問をしたところ、97人が必要だと回答しました。それだけ、転職サイトの利用は世間の常識になっているようですね。

50代の転職で転職サイトを利用するメリットとは?

どの年代であっても、転職する上で転職サイトを利用するメリットはあります。ここでは、特に50代の薬剤師が転職サイトを利用するメリットについて、どのようなものがあるか考えてみましょう。主に以下のようなメリットがあるのではないでしょうか。

転職サイトを利用するメリット

  • 今までの経験が活かせる職場やポジションを探して来てくれる。
  • 今までの経験を転職先に伝えるフォローをしてくれる。
  • 今までの経験に見合う条件を交渉で引き出してくれる。
  • 転職先の経営状況や組織状況などを調べてくれる。
  • 前職の引継ぎ期間の確保のため等、入職期間の調整を行ってくれる。

お伝えしている通り、50代は他の年代とは異なる点が多々ありますので、転職活動のやり方も変わってきます。特に考えなければならないのは、「今までの経験をどう活かすか」という点です

今までの経験が活かせる職場にはどのようなものがあるのか、どうやって転職先にアピールすればいいのか、経験に見合う条件を引き出すにはどうしたらいいのかといったことは自分ひとりでやっていても上手くいきません。

求人紹介から面接対策、内定後の条件交渉まで一貫したサポートが受けられるというのは転職サイトの大きなメリットです。

また、自己アピールとともに大事なのは転職先がどういった会社なのかを詳しく知ることです。求人票に書かれている内容だけではその会社の経営状況などを知ることはできません。

50代という失敗できない年代だからこそ、最後まで働くことのできる会社を選ぶ必要があります。転職サイトではエージェントがそういった情報もできる限り調べてくれますので、最大限活用しましょう。

50代の転職で特に大変なのは、前職の引継ぎです。50代ともなると職場で重要なポジションを任されていることが多く、そのため引き継ぎ期間もそれなりに必要になります。

入職までの期間調整など、自分でやると面倒な手続きも転職サイトが担ってくれますので、特に引き継ぎ期間がしばらく必要という方にはありがたいですね

HOP!薬剤師おすすめ転職サイト簡単比較表

転職サイト 高年収
求人数
スピード サポート
マイナビ
薬剤師
10,792 スピードは微妙 サポートは充実
毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数保有。全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる。
薬キャリ 8,558 スピードは充実 サポートは微妙
登録者数No.1の最大手。親会社であるエムスリーのパイプを活かして、「条件交渉に強みがある」のが特徴。ママ薬剤師専任のコンサルタントが在籍していて、ママ薬剤師の転職にも強みがある。
ファルマ
スタッフ
8,325 スピードは普通 サポートは普通
薬剤師専任コンサルタントや充実の教育制度など、日本調剤のグループ力を活かしたサポートが魅力。高時給の派遣求人が多く、都心以外なら時給4,000円以上も!

4.50代薬剤師の転職でおすすめの転職サイトの選び方

50代前半と後半で転職サイトを選ぶべし

世の中には転職サイトは数え切れないほどあります。薬剤師専門の転職サイトに限ってもかなりの数があり、一見同じように見えるものでもそれぞれに特色があります。

その中で、50代の転職者におすすめの転職サイトを紹介していきます。ここでは、50代前半と50代後半で分けてみていきましょう。

50代前半の薬剤師には高年収求人を多数保有している転職サイトがおすすめ

50代前半の人におすすめなのは、高年収求人を多数保有している転職サイトです。50代でもまだ前半の人は、転職した先でも活躍できる期間が長いため、企業からの評価も高くなります。

そのため、転職先では即戦力かつ重要なポジションを任される可能性が高いといえます。転職してこのようなポジションに就くためには、その可能性が高い高年収求人を多く保有している転職サイトを利用することがおすすめです。

高年収求人が多い転職サイトはこちら

50代後半の薬剤師には「60歳以上歓迎」の求人を多く保有している転職サイトがおすすめ

一方、50代後半の人には「60歳以上歓迎」の求人を多く保有している転職サイトがおすすめです

50代も後半になると、定年まで働ける期間はあとわずかです。企業からの目も厳しくなりますし、こちらも60歳になってからも働ける職場なのかどうかというのは非常に重要な問題になります。

そのため、60歳以上でも歓迎される求人案件が多数ある転職サイトがおすすめなのです。具体的にどのような転職サイトがあるのか次の項目で確認していきましょう。

60歳以上歓迎の求人が多い転職サイトはこちら

50代前半の薬剤師はマイナビ薬剤師がおすすめ

マイナビ薬剤師

50代前半の薬剤師におすすめの転職サイトとして、マイナビ薬剤師をご紹介します。おすすめする理由は、高年収求人の多さです。実際に、他の大手転職サイトとの高年収求人数の比較をご覧ください。

大手転職サイトの高年収(600万以上)求人数

  • マイナビ薬剤師:10,534件
  • 薬キャリ:5581件
  • ファルマスタッフ:8,430件

これだけ多くの高年収求人を確保できているのは、様々な企業との結びつきが非常に強く、条件の良い求人を紹介してもらいやすいからといえます。

マイナビ薬剤師は経営母体が毎日新聞社ということもあり、なおかつ転職だけでなく薬剤師の新卒の就職サポートもおこなっているため、企業と関わる機会が多いのです。

そういった理由から重要なポジション、高年収の求人が多くなっています。50代で条件の良い転職はなかなかできるものではありません。少しでも可能性を高めるために、求人数の多い転職サイトを選ぶようにしましょう。

マイナビ薬剤師に登録してみる

もっと詳しくマイナビ薬剤師について見てみる

こんな人はマイナビ薬剤師を使うべき!特徴、口コミ、弱点も解説!

50代後半の薬剤師は薬キャリがおすすめ

薬キャリの評判

50代後半の薬剤師におすすめするのは、薬キャリです。薬キャリは「60歳以上歓迎」の求人数が業界トップとなっています。実際に、他の大手転職サイトと比較してみると以下の通りです。

大手転職サイトの60歳以上歓迎求人数

  • マイナビ薬剤師:検索不可
  • 薬キャリ:324件
  • ファルマスタッフ:73件

薬キャリがこれだけ60歳以上歓迎の求人を持てるのには理由があります。親会社はエムスリーという、医療従事者向けの情報サイトを扱うなど医療業界に強い影響力を持っている会社です。

そのため他社に比べて条件交渉力に優れていて、様々なニーズに対応できる求人を取り揃えているのです。

60歳以上歓迎の求人はそもそも数が少なく、転職が大変です。少しでも選択枝を広げたいのであれば、薬キャリを利用するべきでしょう。

薬キャリに登録してみる

もっと詳しく薬キャリについて見てみる

【2018年最新版】薬キャリの評判は?知らなきゃ損する相性と特徴

5.「未経験」「ブランク有り」で調剤薬局へ転職する際は紹介予定派遣がおすすめ

50代でも、他の業界でキャリアを積んできたために調剤薬局が未経験だったり、ブランクがあるという薬剤師の方もいるかと思います。

転職してもやっていけるのか、そもそも転職することができるのか等、不安に思うこともあるでしょう。

そのようなときに、正社員として転職する以外の方法として紹介予定派遣という働き方をおすすめします。あまり聞きなれない言葉ですが、紹介予定派遣がどのようなものか、解説していきます。

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣は、派遣であることには違いないのですが、普通の派遣薬剤師とは契約内容が異なります。

その名の通り「紹介」してもらうことを「予定」している「派遣」、つまり派遣先に直接雇用されることを前提とした派遣契約なのです。

具体的には、派遣先の職場で一定期間(最長6ヶ月)派遣スタッフとして就業し、派遣期間が終了したときにあなたと派遣先の両者が合意すれば正社員、またはパートに切り替わるというものです。

紹介予定派遣を利用する一番のメリットは、お試しで調剤薬局の業務を経験できるという点です

いきなり正社員として転職すると、調剤業務をやってみたけれど自分には合わなかった、入社した職場の人間関係が合わなかった等の理由で後悔をする人も少なくなく、場合によっては再転職を強いられることもあります。

そのようなことがないように、紹介予定派遣でははじめに派遣社員として勤務していますので、働いてみて「自分に合わないな」と感じたら途中で辞めたり、派遣先を変更することも可能です。

事前に職場環境を確認することができるというのは特に未経験からの転職では大切なことで、働いてみて本当に自分に合っていると思った職場に転職をすればいいので、気負わずに働くことができます

また、派遣会社では調剤未経験の薬剤師向けに基本的な調剤薬局の業務の講習などのサポートを行っています。サポートを利用することで、不安も少なく仕事に取り組むことができます。

地方の好条件派遣求人を探すにはファルマスタッフがおすすめ

ファルマスタッフ派遣

地方のリゾート住居つきや高時給の条件で派遣薬剤師として働きたいという方にはファルマスタッフがオススメです。

ファルマスタッフはあの日本調剤が経営している大手の派遣会社です。もちろん全国に対応しているのでご希望の地域で求人を探せます。

先ほど実際に見てみた時給4,000円超えの求人やリゾート住居つきの求人も、ファルマスタッフに掲載されていた求人です。こんなにすてきな求人があったら嬉しいですよね。

全国に支店があるため憧れのあの土地や、一度は行ってみたかったあの地域で働くことも夢ではありません。

派遣のサポート体制も充実しており、福利厚生や研修制度が濃厚なのもファルマスタッフの大きな強み。

地方で派遣薬剤師としてがっつり働きたい、リゾート気分を味わいながら働いてみたい方はぜひ登録しておきましょう。

ファルマスタッフに登録してみる

もっと詳しくファルマスタッフについて見てみる

【2018年最新版】ファルマスタッフの評判は?口コミと特徴まとめ

6.【薬剤師の転職体験談】60代で未経験の職場に転職!?

最後に実際に転職サイトを利用して60代で未経験の職場への転職を成功させた薬剤師の体験談を紹介します。この体験談を参考に、どの様に転職活動をすればよいかイメージしてみて下さい。

60歳で製薬企業から調剤薬局に再就職したBさん

製薬企業に35年以上勤務して60歳で定年を迎えました。

薬剤師として調剤経験がないことが、心残りだったため「60歳 調剤未経験」でも雇ってもらえる薬局を探しました。しかし、ネットで探したエージェントから紹介される求人はOTC販売のみのドラッグストア求人しかありませんでした。

最初に登録したエージェントは諦め、別のサイトに登録。すると、エージェントの方がなんとか1件探し出してきてくれました

無事に試用期間を抜けることができ、今では正社員として働いています。

この記事を監修した人
HOP!薬剤師 編集部
カネコ
薬学部卒業後、高知県の調剤薬局に就職。3年間、臨床経験を積む。その後、転職活動の合間に都内で派遣薬剤師として勤務。大手医療系人材紹介会社に入社し転職エージェントとして求職者をサポート。現在はHOP!薬剤師でキャリアに悩む薬剤師さんに向けて記事の企画や監修を行う。
閉じる
もっと見る

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

ファーマキャリアの特徴

調剤薬局 ドラッグストア 正社員 パート
電話・メール ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

関連記事

調剤薬局に転職を考えている薬剤師必見!希望別おすすめ転職先まとめ

「調剤薬局とドラッグストア、どちらが自分に合っているか分からない」 「自分の希望が満たせる調剤薬局の探し方が分からない」 自分の…

【転職前必見】企業薬剤師の年収・やりがいを元MR薬剤師に聞いてみた

「そういえば企業に転職するのもありかも!」 「でも、実際やりがいとか年収ってどうなんだろう?」 転職先として「

地方薬剤師は高給で激務はウソ?必ず好条件求人が見つかる方法とは

「地方の方が高給らしい」 「でも薬剤師が不足しているから激務なんでしょ」   地方は薬剤師が不足しているので高給だが…

【2018年版】薬剤師に将来性はあるの?今後の需要と薬剤師の未来

薬剤師という仕事は、今後どうなっていくのでしょうか?何年も「薬剤師不足」の時代と言われてきましたが、人手不足は本当に今も続いているのでしょうか? また、薬剤師として…

ブランク薬剤師の復帰に勉強は必要か!?ママ向け転職サイト3社比較

ママ薬剤師の多くに共通する悩みがしばらく現場から離れていたことによるブランク。調剤に復帰するためにいくらか勉強が必要なのは分かっていても頭と手がついてこない方も多いでしょう。