薬剤師の転職理由|転職成功・円満退職を叶える転職理由の伝え方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職をしたい!

けど、自分の転職理由「面接でどう言おう、印象悪くしたくないな」「上司に本当のこと言うべきかな、円満退職したいな」「皆はどんな理由で転職してるの?」と転職理由に頭を悩ませてはいませんか?

薬剤師の転職は一般転職に比べるとやりやすい!とは言っても、、やはり不安は付きまといますよね。

そこで、今回は薬剤師の一般的な転職理由や面接・退職時にどのように転職理由を伝えたらいいのかをまとめてみました。ご自身の転職の参考にして頂けたら幸いです。

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人数が多い職場 求人を探す
マイナビ薬剤師 1万件以上 ドラッグストア
企業

無料
登録

薬キャリ 7千件以上 調剤薬局
病院

無料
登録

ファルマスタッフ 7千件以上 調剤薬局
ドラッグストア

無料
登録

1.みんなはどんな理由で転職しているの?|薬剤師のよくある転職理由

みんなの転職理由、気になりますよね。「こんな理由で転職するのは自分だけ?」と、どうしても不安になってしまうものです。でも安心してください。周りの薬剤師も、きっとあなたと同じ理由で転職していますよ。ここでは薬剤師の転職理由としてとくに多く挙げられるものについてリストアップし、紹介していきます。

薬剤師のよくある転職理由-5選-

1)職場環境に不満

  • 人間関係がよくない
  • 残業があって大変
  • 仕事量が多すぎる
  • 勤務地が家から遠い

働いている職場環境に不満があって転職する方は非常に多いです。お局化した調剤事務さんが嫌がらせをしてくる、上司に仕事を教えてもらえない、無視されるというのは定番ですね。 薬剤師の人数の割に仕事量が多く、勤務時間内に仕事を捌ききれなく残業させられるなども転職理由の1つとして挙げられます。 自宅から勤務地までの距離があまりに遠い場所に配属されてしまい、転職を決意する人も少なくありません。

2)労働条件に不満 

  • 給与に不満がある
  • 休暇が取れない/取りづらい

忙しい割に給料が少ない、周りの薬剤師と比べると年収が低い、給料が上がらないといった、給与の低さも大きな転職の理由の一つです。 とくに病院で働いている薬剤師は、年収の低さを理由に転職する傾向が強いです。 久しぶりに会った同級生と年収に大きな差があることを知ってショックを受けてしまう方もいるでしょう。 また希望の日に休暇を取れずプライベートとの両立が難しいという理由で転職を決める方もいます。

3)キャリアアップ・スキルアップしたい

  • もっと仕事の裁量を広げたい
  • より多くの知識・技術をつけたい
  • 今より高いポジションに移りたい

在宅医療をしたい、かかりつけ薬剤師の資格を取りたいといった願いを叶えるために転職するパターンもあります。管理薬剤師になりたいのに、ポストが空かなくて何年も平社員のままで働いている方は多いでしょう。毎日扱っている処方せんの内容がほとんど同じため薬剤師として成長できないことに悩み転職を決意する方もいます

4)やりがいを感じたい

  • 仕事が単調でつまらない
  • 他の職種に挑戦してみたい

職場によっては毎日の仕事内容がルーチン化し単調になってしまう場合もあります。こじんまりとした調剤薬局や病院で働いていると、仕事に波がないためどうしても仕事に面白みが薄れてしまうのです。こういった理由から、他の職種に挑戦してみたいと考える薬剤師も多いですね。特にドラッグストアでOTC専門として働いている薬剤師が、調剤をしたくて病院や調剤薬局に転職することが多いです。

5)ライフステージの変化・ライフスタイルの変化

  • 結婚した
  • 子供が生まれた
  • 親の介護が必要

薬剤師の中でも特に女性薬剤師は、ライフスタイルの変化のために転職することが多くあります。結婚や妊娠、出産などが代表例でしょう。育休や産休を取る方もいますが、そのまま退職してしまうケースも少なくありません。他に親の介護をするために、正社員からパートになったり、時間の融通が利きやすい職場に転職したりされる方もいます。

2.転職理由の伝え方|面接時ver.

転職する理由は人それぞれ。中にはちょっと面接では話しづらい転職理由もありますよね。しかし転職する際に面接では必ずといっていいほど転職の理由を聞かれます。転職理由はどこまで正直に伝えてよいのでしょうか。面接官に悪い印象を与えてしまわないように、どうやって転職した理由を伝えるべきなのかをご紹介していきます。

転職理由を伝える際の3つの注意点

転職理由を伝える際、決して嘘を言ってはいけません。かといって正直に伝えすぎるのもNG。ここのさじ加減がとても大切です。ここでは転職理由を伝える際に注意したい3つの注意点を説明していきます。

1)退職理由が他責にならないように注意!

転職理由を説明する際は、周りの人に責任があると思わせる発言は控えましょう。周りの環境が悪かったように伝えてしまうと、面接官から「うちに入社してもまた周りのせいにして辞めてしまうのだろう」「自ら成長していこうとする気持ちがないのでは?」と思われてしまうのです。

2)自己中心的な欲求だけにならないように注意!

「あれをしたい、これをしたい」と夢を持つことは大切ですが、自己中心的にはならないように気をつけます。あまりに欲を伝えすぎると「欲求が叶わない職場とわかったら、また転職してしまう」と思われてしまうでしょう。

3)「ポジティブな転職理由+志望動機」で一貫性を持たせる

どのような理由でもポジティブな側面はあるはず。ネガティブな理由は、相手にマイナスの印象を持たせてしまうものです。転職理由をポジティブに言い換え、志望動機と合わせて伝えると、一貫性が出て面接官にとても良い印象を与えることができるでしょう。

例えば「人間関係の悪さ」が転職理由の場合、「周りとコミュニケーションを取りチームワークを重視して働きたい」とポジティブに内容を言い換えます。これを「御社の一つの目標に向かってチームで取り組む姿勢に共感し、ここで働きたいと思った。」というように志望動機にして伝えると、面接官に納得感を与えることができます。

転職理由別、面接でうまく伝える方法は? 

では具体的にはどのように言い換えて転職理由を面接官に伝えたらよいのでしょうか。伝え方次第で面接官に与える印象が大きく変わるため、とても重要なポイントです。今回は理想的な転職理由の伝え方を、転職エージェントに直接聞いてみました。転職理由別にどのように気をつけて伝えたらよいのかをご紹介していきます。

人間関係が良くない

人間関係をこじらせると精神的にきついものがあります。しかし、人間関係は捉え方次第でプラスにもマイナスにもなるものです。転職理由として人間関係を使う場合は、面接官に今までの職場で人間関係から気づいたこと・学んだことを伝えてみましょう。さらにそこから、転職後は新しい人間関係を築きたいと伝えるのがベストです。年上の薬剤師と馬が合わなくて転職したいのなら、「今までの職場の薬剤師が全員40代~50代とベテラン薬剤師だったため、大変勉強になりました。しかしベテラン薬剤師がいることによって甘えていた部分もあるため、次は20代の薬剤師もいる職場で自分を高めていきたい」と伝えるとよいですね。

残業があって大変

残業が多くて体力的にきつい思いをしている場合はどう伝えるのがよいのでしょうか。「前の職場は残業が多くて…」と言っても面接官はなかなかその現場をリアルに思い浮かべられません。「1日に2時間、月にして40時間ほど残業していた」と伝え、さらに「疲れが取れずに体調を崩して仕事を何日か休んでしまった」と具体例を伝えます。そこからなぜここまで残業が増えてしまったのか原因を自分なりに分析しどういう対策を打ったのかを伝えましょう。こうすることで残業の話も伝えながら、自分が起こした行動を面接官にアピールすることができます。

給与に不満がある

誰もが年収アップを望んでいることでしょう。しかしそれをそのまま正直に「給与が低かったので」と伝えると、面接官は「年収だけでうちを選んだ」「お金絡みで揉めそう」という印象を持ってしまいます。給与を理由に転職する場合は、なぜ年収を上げたいのかを面接官に伝えるようにしましょう。例えば「奨学金を早めに返したいから」「余裕を持って子育てをしたいから」などです。年収を上げる理由がはっきりしていれば、お金関係で揉めそうな人と見られてしまうことはありません。

休暇が取れない/取りづらい

休みたい日に休めないことが原因で転職することもありますよね。プライベートの時間が取れないと毎日が仕事ばかりで嫌になってしまいます。しかし「休暇が取れなかったので転職しました」と面接官に伝えたらどうなるでしょうか。きっと「この人はわがままだ」「自分の考えを押し通す人だ」と思われてしまうでしょう。休暇が取れないことでどのような害が起きてしまうのか理由を伝えた上で「周りの状況に合わせて希望休を取りたい」と伝えます。

キャリアップ・スキルアップしたい

「管理薬剤師になりたい」「もっと多くの知識を学びたい」と高みを目指すことはとてもよいことです。ぜひ面接でも自分の目標や今後のビジョンをしっかりと伝えましょう。ただ、ここでも注意すべき点があります。それは一方的に自分のやりたいことを伝えないようにすることです。ただただ自分のやりたいことを伝えてしまうと、「思い通りにいかないと辞めてしまう人」と面接官に思われてしまいます。職場で働いている方がどのようなキャリア形成をしているのか、転職先の状況を聞きながら自分が挑戦したいことを伝えましょう。そうすることで、どのような環境にも対応できる人だと思ってもらえます。

結婚した・子供が生まれた

結婚や妊娠、出産は人生において誰にでも訪れる可能性のあるイベントです。そのため、これらの転職理由そのものが面接官にマイナスの印象を与えるとは考えにくいでしょう。しかし転職してからどのような働き方をしたいのか、今後どういったキャリアを考えているのかをしっかりと伝えておきます。そうすることで、仕事に対する自分の考え方を再確認することもできますし、面接官にやる気を伝えることも可能です。独身のときと結婚後や出産後とではキャリアに対する考えが大きく変わりますので、転職の機会に今一度これからのキャリアについて考えておきましょう。

親の介護が必要

親の介護はプライベートなことなので面接官に言いにくいこともあるかもしれません。しかし伝えられる範囲で状況を詳しく伝えておきましょう。曖昧に伝えてしまうと急に仕事を休む必要が出た時に職場に迷惑をかけてしまう恐れがあります。「状況によっては長期休暇を貰わないといけないかもしれない」「突然お休みをいただくかもしれない」など、今後起こりうる状況はできるだけ伝えておきます。

3.転職理由の伝え方|退職時ver.

転職するとなると、必ず上司に退職したい旨を伝えなければいけない日がやってきます。でもなんとなく退職することって言いにくいですよね。「できるなら職場を円満にやめたい!」誰もがそう思うはずです。ではどうすれば退職する旨を円滑に伝えることができるのでしょうか。ここでは転職理由を上司に伝える方法をご紹介していきます。

円満退職するには?

円満に退職するためには、退職理由の伝え方に注意しなければなりません。前向きな理由、やむを得ない理由を伝えると、上司も退職に納得してくれるでしょう。円満退職をするためには、いかに上司を納得させられるかが重要なのです。

1)職場の不平不満を言わない

募る話もあるでしょうが、退職の旨を伝えるときに職場に対する不平不満は触れない方がよいです。自分の職場に対する不満を言われていい気持ちになる上司はきっといないでしょう。ここで言いたいことを言ってしまったばかりに「退職は半年後まで待ってくれ」「別に今退職しなくてもいいでしょ」と言われすぐに退職できなかった薬剤師もいるので要注意です。

2)意思表示をはっきりする

退職したい旨を伝えるときはいつまでに退職したいのか、はっきりと意思表示することが重要となります。「2~3ヶ月後に退職しようと考えている」ではなく「◯月◯日までに退職したい」とはっきり伝えます。そうでないとまだ退職を決断していないと上司に思われ、退職を引き止められてしまうハメになってしまうでしょう。

3)前向きな退職理由を伝える

退職理由は前向きな理由を伝えることが基本です。もっと〇〇の分野で活躍したい、今とは違う職種で働いてみたいなど、これからのキャリアを踏まえて伝えます。このような前向きな理由を伝えることで上司も「新しい職場でもっと頑張れよ」と背中を押してくれるかもしれません。不平不満を言うよりもあなたを応援したいと思う気持ちが生まれるはずです。

4)やむを得ない事情を伝える

確実に上司を納得させたい場合は「結婚により引っ越すことになった」「配偶者が転勤になった」「家族の介護が必要になった」といったやむを得ない事情を伝えるといいでしょう。退職を止めるにも止められないので、上司も納得せざるを得ません。しかし、次の職場と上司が繋がっている可能性もあります。やむを得ない事情で、事実と違うことを述べるのは避けた方が良いでしょう。

4.「転職理由」の原因は把握できている?|転職に後悔しないために

転職先の面接官に転職理由をどう伝えるか、今の職場の上司にどう退職の旨を伝えるのかをここまでは詳しく説明をしてきました。ところであなたは、なぜ自分が転職をしたいのか本当の理由を把握していますか?

人間関係が悪いから? では、もしも今の職場の苦手な人が違う職場へ転職したら、あなたは転職を止めますか? 転職エージェントによると、多くの方は「それでも転職したい」と答えます。これは結局、本当の転職理由がわかっていないと言えるでしょう。「転職をするなら成功させたい」あなたのその願いを叶えるためには、転職理由となる原因をしっかりと把握している必要があるのです。

転職の「本当の理由」見つけかた|3STEP

ステップ1自分が「嫌だと思ったこと」を書き出してみる

なぜ転職したいのか聞かれてすぐに出る答えは、自分の中に数ある転職理由の中でもパッと思いつきやすいものだけである可能性があります。じっくり転職理由を考えるためにも、まずはこれまで職場で体験した「嫌だと思ったこと」を一つひとつ書き出してみましょう。そうすることで、「これが嫌だったんだ」と改めて確認することができます。自分でも、そういえばこんなことがあったなとハッとするかもしれません。自分にとっての仕事における価値基準を明確にするためにも、一度全部を書き出してみることが大切です。小さな嫌なことに気づけず、同じような転職先を選んでしまっては何回も転職をしなくてはいけなくなってしまう恐れがあります。

ステップ2転職したい不満に「なぜか」の問いを繰り返す

「なぜなぜ分析」ってご存知ですか?ある1つの問題に対して「なぜか」と繰り返し問い続けることで、問題の根本的な原因を探る分析方法です。なぜ転職したいのかに対して「なぜか」を深掘りしてみましょう

なぜ転職したい?→今の仕事にやりがいを感じないから

なぜ仕事にやりがいを感じない?→仕事を頑張っても評価されないから

なぜ評価されない?→評価されるほど自分のスキルがなかったから

なぜスキルがない?…というように深掘りしていきます。

「なぜか」を繰り返すことで、根本的な原因がわかることもあれば、問いが無限ループしてしまうこともあるでしょう。深掘りしていった結果、転職しても解決できない問題が浮き彫りになることもあります。

ステップ3自分で考えるだけでなく、人に「なぜか」を問いてもらう

ステップ②でお話した「なぜなぜ分析」をすると、人によっては問題が無限ループして堂々巡りになってしまうこともあります。これでは転職をしたいと考える根本的な原因にいつまでもたどり着かず、結局は原因が曖昧なままで終わってしまう可能性もあるのです。そのようなときは、自分1人で考え込まずに第三者に「なぜか」を問いてもらいましょう。 第三者と会話をすることで、自分の考えを一旦整理することもできますし、客観的な意見が入ってくることで、これまでになかった新しい考え方が生まれます。堂々巡りしていた問題ももしかしたら答えが見つかるかもしれません。頭の中で考えるだけでなく、言語化してみることが大切なのです。

「本当の転職理由」が見つからない..そんな時は転職サイトを活用!

転職したい理由を書き出してみても、「なぜか」を深掘りしてみても本当の転職理由が見つからないこともあるでしょう。「なんで自分は転職したいの?」と悩み続けているのなら、転職サイトを使ってみましょう。転職サイトを使うことで、面接や退職時に伝えるべき転職理由の伝え方など、さまざまなサポートを受けることができますよ。では、転職サイトを使うべき理由や具体的なサポート内容を詳しく見ていきましょう。

転職サイトってなに?

転職サイトは、その名の通り薬剤師の転職をサポートするためのサイトです。希望条件にマッチする求人を紹介してくれるだけでなく、薬剤師の転職をあらゆる角度から総合的にサポートしてくれます。転職サイトに登録すると必ず担当のエージェントが担当としてつき、そのエージェントが全力で転職のサポートをしてくれるのです。もちろん、転職の本当の理由を見つける手助けもしてくれますよ。他にどうすれば上司にうまく退職理由を伝えられるのか、面接ではどのように転職理由を伝えたらよいのかのアドバイスも受けることが可能です。まさに薬剤師の転職に必須のサービスといえるでしょう。実際、101人中96%の薬剤師が「転職活動をする上で転職サイトが必要」と回答しました。

おすすめ転職サイト2選 「マイナビ」と「薬キャリ」

転職サイトはいくつも種類がありますが、「マイナビ薬剤師」と「薬キャリ」がオススメです。どちらも大手の転職サイトであるため、転職エージェントの教育体制がしっかりと整っているのが非常に大きなポイントです。転職活動がうまくいくかどうかは、転職エージェントの腕にかかっていると言っても過言ではありません。しっかり教育を受けたエージェントが在籍しているため、満足のいく転職ができるでしょう。

「マイナビ」と「薬キャリ」簡単比較表

「マイナビ薬剤師」と「薬キャリ」とでは、それぞれどのような薬剤師がオススメかが変わってきますので、自分に合う転職サイトを利用することが転職成功への秘訣です。

転職サイト 高年収
求人数
スピード サポート
マイナビ
薬剤師
10,792 スピードは微妙 サポートは充実
毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数保有。全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる。
薬キャリ 8,558 スピードは充実 サポートは微妙
登録者数No.1の最大手。親会社であるエムスリーのパイプを活かして、「条件交渉に強みがある」のが特徴。ママ薬剤師専任のコンサルタントが在籍していて、ママ薬剤師の転職にも強みがある。

「じっくり相談にのってほしい」薬剤師はマイナビ薬剤師がおススメ

マイナビ薬剤師

エージェントが転職希望の薬剤師と直接会って面談をしてくれることが、マイナビ薬剤師の大きなポイントです。ほとんどの転職サイトは、電話で面談をするのですが、マイナビ薬剤師はあえて対面面談という方法を取っています。そうすることで、電話では伝わらない薬剤師の細かい反応や表情などをエージェントがしっかり押さえてくれるのです。より希望にあった細かなサービスを受けられるということですね。マイナビ薬剤師は全国に支店があるので、基本どこにお住まいの方でも対面でサービスを受けられます。薬剤師以外の転職サポートも行っていることから、転職希望者へのキャリアアドバイスのノウハウはどこにも負けません。ゆっくりと転職先を決めたい薬剤師にも、エージェントがペースを合わせて対応してくれるので、転職を急いでいない方にもオススメです。

マイナビ薬剤師に登録してみる

「時間がない、早く転職をしたい」薬剤師は薬キャリがオススメ

薬キャリの評判

時間がない、早く転職をしたい薬剤師にオススメ

エージェントと直接会う時間はない、けどしっかり相談には乗って欲しいという方は薬キャリの方が向いているでしょう。転職に必要なすべてのサポートが電話で受けられるため、スピーディーに転職を進められます。働きながら転職活動をする薬剤師は、なかなかエージェントと面談する時間を取れないので、電話で済ませられる方が便利かもしれませんね。ちなみに薬キャリは、医療に特化したサービスを数々提供しているエムスリーが親会社です。医療業界のノウハウがとても豊富なため、薬剤師の転職においてもその力を発揮してくれます。エージェントの対応スピードがとても速いことでも評判で、転職を急いでいる薬剤師にピッタリです。

薬キャリに登録してみる

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

ファーマキャリアの特徴

調剤薬局 ドラッグストア 正社員 パート
電話・メール ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

ブランク薬剤師の復職3ステップ|子育てとの両立や勉強方法のコツとは

「ブランクがあって復職するのが不安…」「スムーズに復職できる自信がない…」 子育ても一段落して復職したいけれど、仕事と育児の両立や、久し…

  • 🕒
  • 2019.08.16更新

50代薬剤師|転職はもう、失敗できない。転職成功のポイントとは

「50代の転職って厳しいのかな・・・。」 「この歳で転職に失敗したらどうしよう・・・。」 と悩んでいる50代の薬剤師さんも多いのでは…

  • 🕒
  • 2019.08.06更新

7~10月は薬剤師転職に最適な時期!自分にあった時期選びの3視点

「転職に有利な時期とか有るのかな?」そんな疑問を持っている薬剤師さんも多いのではないでしょうか? 多くのサイトで「求人数が増える1~3月がおすすめ!」と紹介されてい…

  • 🕒
  • 2019.08.02更新

薬剤師の転職は誰に相談すべき?転職経験者おすすめの理想の相談相手

「転職って身近な人に相談しにくいな」 「誰に相談したら良いんだろう?」 転職は人生における重要なターニングポイントなので、信頼で…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

薬剤師必見!今更聞けない面接のコツを転職エージェントに聞いてみた

「面接で印象が良くなる方法ってどんなテクニックがある?」 「面接で押さえるべきポイントって何だろう?」 自分の希望する職場先を見つ…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

薬剤師の転職回数は3回まで?採用者の正直な意見と見ているポイント

転職の際、「これまでの転職回数が多いこと」は一般的に不利とされています。ボク、転職ハジメテなんですけど・・・おどおど・・・みたいなのの方がちょうどいいということです。 これは薬剤師の場合も同様。ひとり…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

薬剤師の悩み調査(調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業)

「残業多すぎ…」「こんなに働いてるのに給料少ない」 「職場に馴染めない…」 憧れの職種に就職しても、実際に働い…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

「薬剤師で高収入得たい!」年収が高い職場への転職成功アドバイス

「今のお給料って、仕事量に見合ってるのかな?」「本当はみんなもっと貰ってるんじゃない?」 お仕事をしていると、どうしてもこういった疑問…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

薬剤師が日本を飛び出し、海外で働くことは可能?

薬剤師は、地元密着の働き方をすることが多い仕事。しかし、なかには地元を、そして日本を飛び出して「海外で働きたい!」と考えている薬剤師もいるのではないでしょうか。薬剤師としてのスキルや経験を海外で生…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

地方薬剤師は高給で激務はウソ?必ず好条件求人が見つかる方法とは

「地方の方が高給らしい」 「でも薬剤師が不足しているから激務なんでしょ」   地方は薬剤師が不足しているので高給だが…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

【2019年版】薬剤師に将来性はあるの?今後の需要と薬剤師の未来

「このまま薬剤師が増えていったら仕事がなくなりそう…」 「AIに仕事を奪われるのでは…」 薬剤師には本当に将来性があるのか、不安になることも…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

【要注意】薬剤師の年齢|転職は20代までが有利?真実と成功のコツ

薬剤師がスキルアップや年収アップを目指し転職を考えるならば、やはり20代のうちがよいのでしょうか。年齢が上がれば上がるほど転職は難しくなるのでしょうか。「やりがいが欲しい」「もっと自分に合った職場や働…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新