ブランク薬剤師の復帰に勉強は必要か!?ママ向け転職サイト3社比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ママ薬剤師の多くに共通する悩みがしばらく現場から離れていたことによるブランク。調剤に復帰するためにいくらか勉強が必要なのは分かっていても頭と手がついてこない方も多いでしょう。

そもそも事前の勉強は必ずしないとまずいのでしょうか。ここではブランクを気にする薬剤師がうまく調剤に復帰するのに必要なポイントをご紹介しています。

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 転職希望時期 求人を探す
薬キャリ 2万件以上 3ヵ月
以内限定

無料
登録

マイナビ薬剤師 1万件以上 制限
なし

無料
登録

ファルマスタッフ 8千件以上 制限
なし

無料
登録

1)ブランク有りの薬剤師さんはみんな不安!?

ブランクがあるから仕事に復帰してうまくやれるか不安。復帰直線は無駄にドキドキして落ち着かないこともあるでしょう。こんなに不安に思っているのは自分だけ?ここではブランク持ちの薬剤師が抱える不安についていくつかご紹介していきます。

1.【薬の知識について】

ブランクから復職する際に最も気になるポイントと言っても過言ではないのが薬の知識に関する不安です。

目まぐるしく変わる医療の世界からしばらく離れてしまうことで、知識のインプットが間に合わなくなってしまう方が多くいます。

また、ブランクによりせっかく身につけた薬の知識を忘れてしまったなんて方も珍しくありません。何年も現場から離れてしまっては知識が抜けてしまうのも無理はありません。

育児中に少しでも薬の勉強をしていたら、と後悔することもあるでしょう。しかし、子育てをしながら勉強の時間を確保するのは不可能に近いことです。

製薬企業やドラッグストアのように調剤を必要としない職場から調剤薬局や病院へ転職する方も、ママ薬剤師と同様に薬の知識について悩んでいる方がいます。

仕事で調剤の薬について触れる機会が少ないために知識がほとんどありません。仕事をしながら勉強する体力もなく、結局は転職する直前まで処方箋薬に馴染めないことが多いです。

ママ薬剤師にしろ製薬企業やドラッグストアの薬剤師にしろ、調剤にしばらく触れていない状態で病院や調剤薬局で働き始めることはちょっとした恐怖すら覚えます。

2.【体力・勤務時間】

仕事から離れる前は週5で出勤していたけど、子どもの面倒を見ながら以前と同じようにフルタイムで出勤するのはとても難しいです。

子どもが小さい場合、保育園や幼稚園の送り迎えをしなければなりません。家に帰ってから晩ごはんの支度をしたり洗濯物を畳んだり子どもの面倒を見たりと休まる暇もないことでしょう。

やることが以前よりも格段に増えているのにフルタイムで働くなんて考える前から無理だと分かります。例え育児短時間勤務制度を利用したとしてもママ薬剤師の負担は変わらず大きいままです。

果たして自分の体力はしっかり持ってくれるのか?仕事と違って育児に休みはありません。丸1日くつろぐ時間もなく育児と仕事を両立できるのかとても不安に思っているママ薬剤師が多くいます。

他にも、子どもの送り迎えの都合上、遅番に入れなくなるけど、周りに迷惑をかけないかな? 忙しくても残業はできるだけ避けたい、子どものお迎えの時間に間に合うかな?といった心配事も尽きません。

3.【恥をかきたくない】

調剤を初めてやるような新卒の薬剤師やまだまだ経験の浅い薬剤師が「分からない」と、薬剤師歴が長い方が言う「分からない」は言葉の重みが全然違います。

「何年も薬剤師をやっていて何でそんなことも分からないの?」と思われたくないという気持ち、あなたにもありませんか?

後輩に示す顔がないという理由でそう思う方もいるでしょう。また、知識が浅いことを晒して恥をかきたくないという方もいます。

薬剤師歴が長い=いろいろな知識を持っているという先入観が多くの薬剤師にあります。調剤をしてきた年数に関わらずそう思ってしまう方が多いため、ブランク持ちの薬剤師は恥をかきたくないと心配してしまうのです。

知らないことを正直に知らないと言いづらい環境、自分よりも薬剤師歴が短い人に聞かれる質問に答えられるか不安、ブランクを持つ薬剤師はそんな悩みを抱えています。

4.【診療報酬改定などの知識】

「これって加算は取れるんだっけ?」ブランクから復帰した薬剤師が直面する課題の1つが診療報酬の改定です。

診療報酬は2年に1度改定されます。調剤の現場から2~3年離れているだけでガラリと診療報酬の内容が変わることも。薬価差益がほとんど取れなくなっている今、点数の取り漏れは薬局にとって大きな機会損失となります。

運良く周りの方が「その加算は間違っているよ。」と教えてくれれば良いです。でも仕事中に指摘してくれることはほとんどありません。

間違った加算で薬局に不利益を与えたり、患者さんに迷惑をかけたりする場合があります。調剤報酬に関しても「知らないことがバレて恥をかきたくない」という気持ちが働いて周りになかなか聞きにくい状況が起こり得ます。

5.【周りと馴染めない】

数年ぶりに元いた職場に戻るときにどうしても気になってしまうのが周りの人と馴染めるかです。慣れ親しんだはずの職場も月日が経つと人員配置が大きく変わっていることがあります。

チェーン展開しているような企業だと異動が次々あるので知っている人が一人もいないことだってあります。職場に復帰したときに周りの人が快く迎えてくれるのか、はたまた知っている人が全くいなくて丸っきり違う職場と化しているのか。

数年期間が空いた挙げ句に育児短時間勤務制度で復帰することで何か文句を言われないか。復帰前に人間関係について悩むことが多々あります。

チェーン展開している企業で働いている場合はそもそも、今まで働いていた店舗とは全く異なる店舗で働かされることも珍しくありません。人数の調整で別の店舗に異動させられてしまうのです。しばらくぶりの仕事に加えて新しい環境で仕事をスタートすることは思っている以上にストレスです。

2)ブランク薬剤師が復帰前に確認しておくべきポイント

ブランクを持つ薬剤師が職場に復帰する前にやっておきたいことって何でしょうか。数年、職場から離れていたので何かしら勉強しないといけないのは分かっています。

離れすぎると自分が何の知識を補うべきなのかすら分からなくなるものです。ここではブランク薬剤師が復職する前に確認しておくべき4つの項目についてご紹介します。何を勉強したら良いのか分からないという方はぜひ参考にしてみてください。

▼診療報酬・薬価改定ついて調べておく

薬局で患者さんにこんなことを聞かれたことがありませんか?「いつもと同じお薬なのに値段が違う。」と。何度か聞かれたことがあるという方が多いかと思います。

診療報酬薬価の改定が行われることによっていつもと変わらないはずのお薬の値段が変わってしまうことがあるのです。患者さんの「何で?」にその場ですぐに答えられなかった場合、「この薬局はズルして売上を上げているのではないか。」と患者さんに思われてしまうことも。

診療報酬、薬価ともに今現在は2年に1度改定されています。仕事を休んでいる間に改定が行われることがほとんどです。改定内容を知らないことによって患者さんとの信頼関係をある日突然崩す危険性があります。

診療報酬や薬価についての新しい情報は本屋で手に入れることができます。お金をかけてまで勉強したくないと思う方も中にはいるでしょう。

しかし、診療報酬や薬価についての知識は思っている以上に大事なものですので、大きく変わったところだけでもピックアップして頭に入れておくべきです。

▼新薬についての情報

日本では年間で約50個近くの新薬が発売されています。注目されているもの、真新しいものだけでも事前に確認しておきましょう。

新薬というのは少し厄介で、大学でも習っていないような全く新しい作用機序のものが普通に発売されます。その上、メーカー側は薬局で取り扱ってもらおうと必死に営業をかけてくるので意外と新薬が職場で採用されているものです。

知識がないまま新薬の処方が出ている患者さんに投薬しようとすると服薬指導がぎこちない感じになってしまいます。患者さんから新薬について質問されたときもおそらくドキドキしてしまうでしょう。

正しい情報を患者さんに分かりやすく説明するという最低限の薬剤師の役割が果たせなくなります。「前に貰っていたお薬と今回のお薬は何が違うの?」と聞かれてモジモジしていては患者さんが不安な気持ちになってしまいますよね。

常に新しい情報を取り入れて知識をアップデートしていく必要のある薬剤師。古いままの知識では仕事についていけなくなります。

▼復帰した後の職場先で何を重視するかを確認する

  • 福利厚生
  • 給料
  • 職場環境や人間関係
  • ママ薬剤師がたくさんいるところ

出産のために退職して、別の職場で復帰するママ薬剤師。一時的に休職してまた同じ職場で働き始めるママ薬剤師。どちらの場合も必ず復帰前に明確にしておかなければならないことがあります。

それは自分が何を重視しているかです。たくさんのお給料が欲しいのか、それとも職場の環境や人間関係の良い働きやすい環境を求めているのか。

ブランクを気にして職場や人間関係を重視する方もいるでしょう。生活費のためにとにかく給料が良いところで働きたいと思う方もいるでしょう。

また、福利厚生や自分と同じママ薬剤師が在籍している職場を重視する方もいるかもしれません。自分が最も譲れない条件は何なのかを必ず明確化してください。

あれもこれもと欲張りたい気持ちは分かります。できるだけ条件の良い職場で働きたいと思うのは当たり前のことです。ブランクがあるという時点ですでに大きなストレスを抱えている状態です。

そこにさらに給料が悪い、雰囲気が悪い、福利厚生が充実していないと不満が加わるとストレスはあっという間にあなたの心をむしばんでしまいます。

人間は考え方によっては大きくストレスを減らせる生き物です。「ママ薬剤師は自分1人しかいないけど、残業もないし人間関係も良い。ここなら続けられる。」「福利厚生はそこまで良くないけど給料は貰えているからこれで良いか。」このように絶対に譲れない条件をクリアしていればストレスも減らせますし、より自分に合った職場を探しやすくなります。

▼転職先の企業の研修制度の情報

ブランクを持った薬剤師はどうしても新しい知識に疎くなってしまいます。現場から離れた生活を送っていれば仕方のないことです。そんなブランク持ちの薬剤師に人気なのが研修制度のある職場です。

もしも、ブランクを埋めるために勉強しなきゃと焦っているのでしたら、ぜひ研修制度のある職場を選んでみてください。

職場によってはブランクを埋めるため、常に新しい情報を仕入れて患者さんに最適の治療を提供するために定期的に勉強会や研修を開いている職場があります。

インターネットを使って勉強できるeラーニングを取り入れているところもあります。もちろん、ママ薬剤師でも参加できるように勤務時間内での研修です。

仕事が終わってから勉強の時間を自分で作り出すのは意外と難しいもの。職場でそんな勉強の機会を設けてくれるところなら、働きながら勉強ができるのです。

ブランクを持った薬剤師でも働きやすいように勉強できる環境を整えてくれている職場ほどありがたいものはありません。勉強しないといけないのは分かっているけどなかなか実行できない方にも嬉しいポイントです。

3)原因はブランクか|薬剤師さんならではの転職失敗例

ブランクから復帰して働き始めたのは良いものの仕事がうまくいかない、周りの人と馴染めない。そんな悩みを抱えてしまう方が実際にいます。

せっかく職場に復帰してもお金と引き換えにストレスを正面から受けているようでは身も心も持ちません。でもそのストレス、本当にブランクが原因なのでしょうか?

▼知識不足で転職先で恥をかいた

仕事を休んでいる間に変わった保険点数や薬価たち。また、新しく登場した新薬もあなたを悩ませる原因です。久しぶりの仕事で要領を掴めない上に知識が追いついていない。

そのために思うように仕事ができず、ときには恥をかいてしまうこともあります。周りの人がやっている仕事を任せてもらえないこともあるかもしれません。

もしも復帰前にきちんと保険点数や薬価の確認をしていたら、もしも新薬の勉強をしていたらこんなことにはならなったでしょう。

休んでいる間に変わったこと、増えたこと、すべてを網羅するのは難しいですが必要最低限のことを抑えるだけでも復帰後の仕事のしやすさは格段に変わります。

ご自分で計画を立てて勉強できる方は少しずつ勉強を初めておきましょう。なかなか勉強に手をつけられない方や、1人で勉強するのが不安な方は転職サイトにお任せするのもありです。

転職サイトによってはブランクがある方でも安心して働けるように研修を行ってくれるところもあります。転職サイトが実施する研修なので働く上で覚えておくべき要点をしっかり事前に学べます。事前に復帰に向けてきちんと下調べをしておくだけで転職後の働きやすさが大きく変わるのです。

▼転職先の下調べの怠りが原因

転職してすぐにベテランの薬剤師と同じような仕事を任されると困りますよね。新人薬剤師じゃないから分かるでしょ?と言わんばかりの圧力に耐えられなくなることも。

かと言って「分かりません」とも言いにくい環境のせいでひたすら仕事をこなしていくしか方法がないこともあります。

子育てをしながら仕事をすると伝えているのに子どもの急な体調不良のための休みを取れる雰囲気もなく、休日出勤もザラ。

あれ?こんなはずじゃなかったと後悔している薬剤師が少なからずいるのが現実です。これはブランクのせいではなく、あなたのリサーチ不足が原因かもしれません。

このような失敗を防ぐためにはやはり転職サイトの力を借りるのが1番です。いきなり仕事を任せずに研修をしながら仕事ができる職場を転職サイトが教えてくれるからです。

また、ママ薬剤師でも働きやすい環境が整っているのかどうか、実際に求人先まで足を運んで確認をしてくれます。ママ薬剤師に特化した特化したサイトを使えばさらにママに優しい職場を見つけやすくなります。

▼仕事が忙しすぎて疲労が極度に溜まる

給料も良い、急な休みも取れる、だけど仕事が忙しすぎてものすごい勢いで体力を持っていかれる職場に転職してしまったママ薬剤師がいます。

育児短時間勤務制度を使って勤務時間を短縮しても目が回るほどの忙しさの中で仕事をしていたら育児も相まって疲れがどっと溜まってしまいます。

子育てをしやすい職場を選んだつもりなのになぜ?仕事を休んでいる間に体力が落ちてしまったのかな?実はそうではなく、これもあなたの事前のリサーチ不足が原因かもしれません。

実際に働き始める前に職場の労働環境がしっかり分かっていればこの職場には転職しなかったでしょう。自分で実際に職場に足を運ぶのも1つの解決方法です。

ただ、やはり転職サイトに職場の労働環境について教えてもらうのが最も早い方法です。子育てと仕事の両立で疲れ切っている体にさらに鞭打つ職場で働くことは予想以上に大変なことです。しっかりと前もって職場の環境を把握しておくことでこのような失敗を防げます。

4)あなたに合った転職サイトはどこ?ブランク薬剤師向けサイト3社で比較

このように、ブランク薬剤師さんが職場復帰を失敗してしまう可能性は低くはないのです。また、失敗要因も多くあります。

転職サイトを利用し、自分に合ったサポートを活用することで、職場復帰を成功させる事ができます!自分に合った転職サイトを見つけてみましょう!ブランク向けが強みの転職サイト3社を比較してみました!

▼薬キャリ

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

「ママ向けの求人を紹介してもらえる転職サイトがいい!」という方におすすめのサイトは、薬キャリです。薬キャリをママ薬剤師さんにおすすめする理由は、以下の2つです。

  • 「ママ薬剤師向け」で求人検索できる唯一の転職サイト
  • ママ薬剤師が多く在籍している職場をコンサルタントが教えてくれる

「ママ薬剤師向け」で求人検索できる唯一の転職サイト

ママ薬剤師さんが転職後に感じる悩みとして、子育てなどの私生活との両立が難しかったという事があります。子どもの急な体調不良による早退も取れない雰囲気だったり、土日出勤もザラ、なんていう職場には転職してしまう事がないように、準備しましょう!

薬キャリでは「未経験・ブランク明け」「ママ薬剤師におすすめ」「土日休み」など家庭も重視したいママ薬剤師にうれしい求人検索が可能です。

本当にママ薬剤師が働きやすい職場なのかどうか、有給はどの程度取得できているのか、専任のエージェントが代わりに調べてくれます。

ママ薬剤師が多く在籍している職場をコンサルタントが教えてくれる

薬キャリのコンサルタントは、各職場の内部情報によく精通しているため、ママ薬剤師がどのくらい在籍している職場なのかを知っています。

だからこそ、転職先を決める際はコンサルタントが動き、同世代の子供を持つママ薬剤師が多く在籍している店舗を紹介してくれます。

さらに、女性向け・主婦向けの薬剤師求人も豊富で、 女性向けの求人例を挙げてみますと「1日3時間からOK」「週2日OK」「でも時給は2,000円以上欲しい」というママ薬剤師さんにとって魅力的な求人が数多く揃っています。「派遣やパートで働きたい」という薬剤師さんにぴったりの転職サイトなのです。

▼ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

「復帰に向けて事前に勉強をしたいけど、忙しくて時間がない!」「ブランクで勉強をしたいけど、何をすればいいのかわからない!」という方には、研修制度が充実している、ファルマスタッフがおすすめです。ファルマスタッフをおすすめする理由は、以下の2つです。

  • 『教育制度充実』で絞り込み検索ができる
  • ファルマスタッフの教育サポートが充実

『教育制度充実』で絞り込み検索ができる

ファルマスタッフでは、『教育制度充実』の絞り込み検索が可能です。加えて、『復帰したい』の条件で絞り込み検索ができるため、ブランク薬剤師の教育に注力している求人を見つけやすい仕組みとなっています。

また、『復帰したい』『教育制度充実』の条件で絞り込める転職サイトは、ファルマスタッフだけです。大手転職サイトの中でも、特にブランク薬剤師さん向けにつくられていますね。

ファルマスタッフの教育サポートが充実

転職先の教育制度も勿論大切ですが、ファルマスタッフは、ファルマスタッフ独自の教育サポート制度を用意しています。具体的なサポート内容は以下の通りです。

  • テキストやe-learningによる研修
  • 給与明細に同封されるスキルアップ講座
  • ファルマスタッフDI室に、24時間質問・相談できる
  • ファーマシーセミナーに無料参加できる

さらに、ファルマスタッフは、業界最大級の調剤薬局求人を有しています。ファルマスタッフは調剤薬局チェーン日本調剤のグループ企業が運営する、薬剤師専門のサイトです。そのため調剤薬局に強いパイプを持っており、調剤薬局の求人が豊富という特徴があります。

調剤薬局の公開求人数は常時9000件以上(パート、派遣含む)、非公開求人数を含めるとさらに多くの薬剤師求人を掲載しています。間違いなく、調剤業界トップクラスです。

▼マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

「とにかく丁寧で、しっかりと相談ができる転職サイトがいい!」遠いう方におすすめの転職サイトは、マイナビ薬剤師です。マイナビ薬剤師をおすすめする理由は以下の2つです。

  • 薬剤師一人一人と面談をしてくれる、親切で丁寧なサポート
  • 職場環境と人間関係を事前に把握できる!

薬剤師一人一人と面談をしてくれる、親切で丁寧なサポート

ブランクのある薬剤師さんはたくさんの不安があり、自分一人では判断できず、迷ってしまうこともたくさんあるでしょう。

マイナビ薬剤師は日本全国に13の拠点があり、基本的に薬剤師一人一人と面談をしてくれます。迷うことや相談したいことがあれば、すぐそばでサポートしてくれるのがマイナビ薬剤師なのです。

面倒な書類提出や日程調整、さらに給与金額の交渉もエージェントが行なってくれます。こうした手厚いサポートが人気がマイナビ薬剤師の強みです。

職場環境と人間関係を事前に把握できる!

職場復帰はしたものの、「転職先があまりにも忙しすぎる」「子持ち薬剤師が休みを取りづらい雰囲気がある」といった問題も発生する事があります。

マイナビ薬剤師では、すべてのドラッグストアや調剤薬局、病院などの求人情報をチェックし、その会社1軒1軒を訪問しています。職場のヒアリングやインタビューを通じて「その職場が安心して働けるか」を確認しています。

子育てしながら働く女性薬剤師さんに、職場の雰囲気や働きやすさもインタビューしているので、ママ薬剤師さんが安心して働ける職場先を選ぶ事ができます。

ブランク復帰前に対策できることはたくさんあります。ぜひ、自分に合った強みをもつ転職サイトを利用して、転職成功を実現させてください!!

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

ファーマキャリアの特徴

調剤薬局 ドラッグストア 正社員 パート
電話・メール ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

関連記事

薬剤師の転職は年齢によって選択肢が変わる?年代別の注意点

「今の年齢って転職して採用してもらえるかな…。」「どの年齢で転職するといいんだろう…。」 薬剤師は転職が多い職業ですが、年齢が転職に不利…

薬剤師1年目の転職は絶対無理?職場選びで失敗した新卒のリアル体験談

「新卒1年目だけど、正直もう転職したい。」心の中でこんなことを考えている方に伝えたいことがあります。1年目で転職したいと悩んでいるのはあなただけではありません。そして実際…

薬剤師が日本を飛び出し、海外で働くことは可能?

薬剤師は、地元密着の働き方をすることが多い仕事。しかし、なかには地元を、そして日本を飛び出して「海外で働きたい!」と考えている薬剤師もいるのではないでしょうか。薬剤師としてのスキルや経験を海外で生…

40代薬剤師転職|悩み不満を解消し理想の職場と出会い転職する方法

いくら薬剤師が売り手市場だといっても40代にもなるとなかなか気軽に転職できるものではありません。こんな年齢になっても求人はあるのか、周りからどんな目で見られるか、うまく仕事に馴染…

薬剤師の転職失敗談8選|悩みや不満を解消し、理想の職場に出会う方法

転職をするとき、「今までより良い会社に違いない」と思っていても、いざ入社してみると思い描いていたように働けなかった・・・ということは転職市場…