50代におすすめの転職サイト|やはり厳しい?求人の探し方と注意点

転職できるか不安な50代の男性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

50代の男性におすすめなのが「JACリクルートメント」

キャリアアドバイザーと面談する50代男性

50代の男性におすすめの転職サービスがJACリクルートメントです。

おすすめの理由

管理職向け・ハイクラス向けの求人が豊富

JACリクルートメントの大きな特徴として、管理職向け・ハイクラス向けの求人が豊富であるということがあります。

50代まで正社員として着実にキャリアを積んできた男性ならば、プロジェクトマネージャーや課長、部長クラスの管理職である人が多いと思います。

また、エンジニアやIT系などの技術職や専門性の高い職種で多くの経験を積みスキルレベルが高いスペシャリストの人材も多いことでしょう。

JACリクルートメントはこのようなハイクラス層向けの求人が豊富なので、50代の転職者にぴったりなのです。

求人の質が良い非公開求人も豊富

50代で転職する場合、年齢を理由に内定がもらえないかもしれないと焦って転職活動をしている人が多いように思います。

特に、家のローンや子供の学費などまだまだ安定した収入が必要な男性は、早く再就職をしなければと焦りを感じていることでしょう。

そんな「早く再就職をしなければ!」と焦っている中高年の男性の弱みに付け込む、ブラック企業も中にはいるのです。

そのようなブラック企業に転職してしまった結果、仕事内容の割に年収が低い、体力的、精神的にきついという状況に陥ってしまった人もいます。

そして、50代という高齢だともう一度転職をする勇気もなく、辞めるに辞められないという八方ふさがりになってしまうのです。

そんなリスクを回避するためにも、できるだけ質の良い非公開求人が多いサービスを選ぶべきなのです。

ハローワークや「未経験OK」の求人を多く扱う転職サイトには、必ずしもそうとは限りませんが、質の悪い求人が混ざっていることも多いです。

一方で、非公開求人とはその転職サービスにだけ登録されている求人のことで、条件が良い求人に巡り合える可能性が高くなります。

質の良い非公開求人が多く登録されているJACリクルートメントは、50代の男性の転職にかなりおすすめです。

キャリアコンサルタントによるサポートが充実している

JACリクルートメントは、キャリアコンサルタントのサポートがとても充実しています。

JACリクルートメントは転職者一人一人にキャリアコンサルタントが付く転職エージェントですが、数ある転職エージェントの中でもキャリアコンサルタントが最も親身に対応してくれるエージェントと言われているのです。

特に、50代で転職する場合、高い専門性や管理能力を求められることが多く、企業のニーズとのマッチングが難しくなります

そのため、転職希望者のヒアリングを丁寧に行い、企業情報をしっかりと転職希望者に伝えてくれる、転職活動のアドバイスをしてくれるなど手厚いサポートに定評があるJACリクルートメントを利用すれば、50代男性の転職活動をスムーズに進めてくれることでしょう。

50代の女性におすすめなのが「リクナビNEXT」

キャリアアドバイザーと面談する50代の女性

50代におすすめしたい転職サイトが、業界最大手のリクルートの転職サイト「リクナビNEXT」です。

おすすめ理由

ライフスタイルに合った求人が見つけやすい

リクナビNEXTが50代の女性におすすめである一番の理由が、求人数の豊富さです。

50代の女性は正社員としてフルタイムで働くというスタイル以外にも、契約社員や派遣社員として働く、パートやアルバイトで働くなど、働き方は様々です。

50代女性と言えば子供はもう独立している人が多いかもしれませんが、家事や親の介護などで仕事に専念できない人も多いはずです。そのため、それぞれのライフスタイルに合わせて多様な働き方をしている世代です。

そんな時には、求人数が豊富なリクナビNEXTを使えば、50代の女性向けの求人がたくさん見つかるのです。

リクナビNEXTの求人数は業界ナンバーワンであり、地域や職種・業種、仕事内容など幅広い求人を取り揃えています。さらに、「40代、50代からの転職特集」など、中高年向けの求人特集を組むこともあります。

求人数が多いと、どの求人を選べば良いのか迷ってしまうこともありますが、やはり、多くの求人から自分に合った仕事を探すことで転職を成功させる可能性が高くなります

多くの求人の中から自分にぴったりの求人を見つけ出せるということは大きな強みになるでしょう。

スカウト機能で自分に合った求人が探しやすい

リクナビNEXTにはスカウト機能という便利な機能もあります。

スカウト機能とは、転職希望者の経歴や現職での仕事経験、役職、転職後の希望条件などのレジュメを登録しておけば、それを見た企業からスカウトメールが届くという便利な機能のことです。

企業が転職希望者の経歴を見てスカウトメールを送るため、50代の女性にぴったりの求人が見つかる確率が高くなります。

また、企業からのスカウトを待つ形になるので、求人を探す手間を省くこともできます。レジュメを登録しておくだけで、自宅にいながらスカウトメールが届くのです。

リクナビNEXTのスカウトメールの数はとても多く、便利に、そして、有利に転職活動を進めることができるはずです。

転職活動に有利な情報を得ることができる

リクナビNEXTを使えば、転職活動に必要なノウハウを得ることができるというメリットもあります。

履歴書の書き方や面接に着ていく服など、ちょっとしたことで採用か不採用かが決まってしまうこともあります。

そうなると、ほとんど転職活動をしたことがない人は、「どうやって転職活動を進めていけばいいの?」と不安になりやすいものです

リクナビNEXTでは、転職の準備から履歴書・職務経歴書の書き方、求人の探し方、面接対策、さらに詳細なQ&Aまで、転職活動に必要な情報を網羅しています

この情報を一通り確認することで、初めての転職、久しぶりの転職でもスムーズに進めることができるでしょう。

50代は転職で何に気を付けるべきなのか?

転職活動を進めるのに不安な50代の男女

50代の転職希望者が転職活動を進めるにあたって、何に気を付ければ良いのでしょうか?

これから転職を考えている50代の方に考えていただきたい点について、詳しくご説明しましょう。

定年後までのライフプランをしっかり考えておこう

50代で転職するのと20代で転職するのでは、何が一番違うと思いますか?

それは、「残りの勤続年数」です。

今や60歳で定年を迎える人は少なくなってきたとはいえ、50代は残りの勤続年数は確実に少なくなります。

もし、子供や親などの扶養家族を抱えている、家のローンや子供の学費ローンが残っているなどという場合には、定年までではなく定年後も視野に入れたキャッシュフローを考えておかなければなりません

また、50代になると病気やケガなどのリスクも若い頃よりも確実に高くなっています。

このようなことを踏まえ、定年後も含めたライフプランをしっかりと考えた上で、転職先を決める必要があるでしょう。

自分には何ができるのか自己分析はとても重要

転職活動を行う際に最も重要なのは、自分にどのような価値があるのかを知るための自己分析です。

過去にどんなに大きい仕事を手掛けてきたとしても、誰もが知る大手企業に勤めていたとしても、過去の実績だけをアピールしても採用されることは難しいのです。

  • これからどのような仕事ができるの
  • 何%売り上げを上げられるのか
  • 大きな組織を取りまとめる管理能力があるのか

など、自分が持つ価値を知ることが転職活動の出発点になります。

特に、50代になると高い管理能力を求められる傾向があります。ですから、しっかりと自己分析をして、面接に備えましょう。

中高年の人材を求める企業情報を徹底的に調べる

50代で転職をしようと思ったら、まずは中高年の人材を求める企業を探すと思います。

ここで注意したいのが、

「なぜその企業は中高年の人材を募集したのか?」ということです。

高い専門知識や技術力、管理能力を求めて中高年を募集する企業もいれば、リストラされて再就職の当てがない中高年を決して待遇が良いとは言えない条件で安く働かせようともくろむ企業もいます。

転職活動を行う上で企業情報の収集は最も重要なことですが、特に、中高年の求人情報を探す場合は「企業が中高年を求める意図」を正しく知る必要があるのです。

ハイクラス向けの転職サービスを利用する

50代男性におすすめの転職サービスのところでもご説明しましたが、50代を超えて転職するならハイクラス向けの転職サービスを利用するのがおすすめです。

もともと経験豊富な中高年向けの求人をそろえた転職サービスを利用する方が、転職希望者と企業側のニーズが合致しやすいのです。

特に、管理職として転職をしようと考えているなら、ハイクラス向けの転職サービスを利用をおすすめします

アドバイスをもらえる転職エージェントを利用する

50代の転職では、企業と転職希望者のマッチングが成立しづらくなる傾向があります

50代を超えると中高年の転職になると企業が求めるスキルや経験が限られたものになる傾向があるため、転職希望者と企業とのマッチングが難しくなるのです。

例えば、エンジニアの募集でも扱う機材や業務に特化したスペシャリストを募集するとなると、豊富な業務経験が必要になります。

ある分野に特化した能力を持つ人材を採用する場合、エンジニアなら誰でも良いというわけではありません。高度な資格が必要になる場合もあります。

中高年の求人はこのように求められるスキルが細分化される傾向にあるため、転職活動はますます困難になるというわけです。そのため求人探しも難しくなってくることは確かです。

このような中高年の転職活動に欠かせないのが、転職エージェントのキャリアコンサルタントです。キャリアコンサルタントに相談すれば、高い能力と豊富な経験を持つ中高年の転職をしっかりサポートしてくれるのです。

特に、中高年向けの求人が豊富な転職エージェントを選べば、企業のニーズをしっかりと把握したキャリアコンサルタントが50代の転職希望者にぴったりの求人を紹介してくれるのです。

また、50代の転職では、書類審査がなかなか通らないという大きな問題もあります。

年齢欄を見ただけで落としているのではないかと思うほど、書類審査が通らない50代の転職希望者は多いのです。そんな50代の転職活動では、履歴書や職務経歴書の書き方をアドバイスをくれる転職エージェントがおすすめなのです。

自分に合った中高年向けの転職媒体を利用する

50代の転職者の方には、中高年向けの転職サイトの利用をおすすめしてきましたが、中高年向けならどのサイトでも良いというわけではありません。 中高年向けの転職サイトにもいろいろな種類のサイトがあります。

キャリア志向の中高年なら、管理職向け、ハイクラス向けの求人が多い転職エージェントがおすすめです。

一方、未経験の分野に転職する50代の転職希望者はどうすれば良いのでしょうか?

未経験OKの求人が多い転職サイトや、中高年向けの転職サイト、そして、求人数が多い大手の転職サイトを利用しましょう。

これらの転職サイトには中高年向けの求人が豊富に登録されているため、転職先の選択肢が広がります。

転職サイトや転職エージェントを利用しても転職がうまくいかない場合は、ハローワークや地域密着型のフリーペーパーの求人しなどもおすすめです。これらの転職媒体には、地元の中小企業やベンチャー企業の求人が数多く集まります。

大手企業や有名企業に転職することは困難かもしれませんし、年収や条件といった面では若干下がる可能性が高いですが、数多くの求人の中から選ぶことができるようになります。

もし、書類選考が全く通らない、なかなか内定がもらえないと転職活動が長期化している場合は、転職サービスを変えてみるのも一つの方法です。

いろいろな転職サービスを利用してみることで、自分に合ったサービスを探し出すことができるでしょう。

50代後半で転職を余儀なくされたらどうすればいい?

転職をせざるを得なくなった50代男性

リストラや早期退職などで、50代後半の定年目前というところで転職を余儀なくされてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?

ライフプランやキャッシュフローを見直すことが先決

50代後半になってリストラや早期退職を勧告されたなどという場合、早く再就職しなければと焦る人も多いと思います。

焦る気持ちもわかりますが、ここは一度冷静になりましょう。

これからのライフプランやキャッシュフローを、まずは見直してください。そして、

「どれくらいの収入を確保すべきか」

「いつまでに再就職すれば良いのか」

「どれくらいの期間収入を得ることができれば良いのか」

などということを、はっきりさせるのです。

毎月の生活費や光熱費、医療費、保険料、さらに、家や車のローン、子供の学費など、支出をざっと計算してみてください。

この中から減らせる部分は無いかも考えてみましょう。また、急な病気や事故などに備えて保険に入っているのかということも重要です。

そして、貯金や持ち家などの資産も計算しておきます。

また、65歳から年金が支払われる場合、どれくらいもらえるのか試算しておくのも良いでしょう。

これらの情報から、どれくらいの収入が必要なのか、最低いつまでに再就職をすべきかわかってくるはずです。

50代になってから転職活動をする人の中には、「何が何でも正社員として転職しなければ!」という固定観念に縛られている人がいます。

正社員として企業に所属し、年功序列社会で一つの会社に定年まで勤めあげる、という価値観が普通だった最後の世代だからかもしれません。

しかし、上記でお話ししたライフプランやキャッシュフローをしっかり把握しておけば、派遣社員や契約社員で何年か働くことができれば十分暮らしていけるという選択肢も生まれるはずです。

今や、何が何でも正社員!という時代ではないのです。

これからの人生におけるライフプランやキャッシュフローをしっかりと見定めておくことで、「すぐにでも再就職しなければ!」という焦りから解放され、じっくりと転職活動を進めることができます。

焦って転職活動をしてしまうと、条件の悪い職場やひどい時にはブラック企業に転職する羽目になる場合もあります。じっくりと話を聞いてくれる転職エージェントや転職サイトを選べば心に余裕を持って転職活動ができるでしょう。

年収ダウンは覚悟する

あと何年かで定年というところで転職をして年収がアップする人は、ほとんどいないでしょう。よほど高いスキルや豊富な人脈を持っているのでもない限り、年収をアップするどころか維持することも難しいはずです。

50代後半で転職する場合、年収がダウンすることは覚悟するべきです。

契約社員や派遣社員になると極端に年収がダウンする場合もありますが、必ずしもそうとは限りません。

ボーナスや退職金がない分収入が減りますが、早期退職や会社都合のリストラで退職金をすでにもらっていれば、早めにもらえたと考えることもできます。

契約社員や派遣社員でも、仕事によっては月収が正社員と変わらない仕事もあります。

50代後半で転職する場合、年収ダウンすることは覚悟しなければなりませんが、求人情報をしっかりと確認してできるだけ収入や条件の良い仕事を探しましょう。

過去の経験を生かす転職先を選ぶことで新しい環境に適応しやすい

50代後半で初めて転職するという人にとっては、新しい環境に適応できるかどうかということが大きな心配事かもしれません。

まして、今まで技術職などで集中して仕事をするような職種しか経験していなかったのに、いきなり営業職に転職するなどということは若い人でもかなり無謀です。

50代後半で転職をするなら、今までの経験をできるだけ生かすことができる転職先を選ぶことをおすすめします。

特に、エンジニア経験が豊富でIT系が得意ならパソコンスキルを生かして事務の仕事やIT業界で働くことができますし、医療系の分野で仕事経験があるなら介護職で経験を生かすこともできます。

過去に経験した仕事と全く関係のない分野に進むよりは、少しでも関係がある分野に進むことで、早く新しい環境に適応できますし、実力を発揮することもできます。

50代後半で転職しやすい業種・職種とは?

50代が転職しやすい職種

50代後半で転職しやすい業種や職種と言えば、次のようなものがあります。

介護職

高齢化社会が進むにつれて、介護スタッフの人手不足は深刻です。そのため、転職しやすい業界と言えます。体力的に厳しい面もありますが、資格を取得すれば給与アップもできます。

警備員

道路工事の誘導を行うなど、警備員の仕事も中高年が転職しやすい職業です。立ちっぱなしで体力的につらい面もありますが、残業はほとんどなく勤務時間が短い割に日当はしっかりもらえます

小売業や外食業

スーパーの店員や飲食店スタッフなど、小売業、外食業も人手が不足しています。仕事がきつい割に時給が低い場合もありますが、接客業が楽しいという人には向いています

特に、主婦歴が長い50代の女性は家事スキルが高いため、厨房の仕事で活躍することができるでしょう。

タクシー運転手

タクシー運転手も中高年が多く働いています。深夜勤務をすれば高給取りのタクシードライバーになることもできます。

まとめ

50代で中途採用を受け入れる企業は少なく、転職活動は困難になると予想されます。

しかし、豊富な経験や高い能力を必要とする企業も多く、しっかり準備すれば転職成功する人も多いのです。

情報をしっかり収集し、自分に合った求人を探してみてください。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

転職サイトの求人はブラックばかり?失敗しないホワイト求人の探し方

転職サイトをチェックすると求人情報がたくさん掲載されています。これだけ多いと「転職サイトにある求人はブラック企業の求人ばかりなのでは?」「転職サイト…

【年代別】女性におすすめ転職サイト!失敗しない選び方と各社の特徴

「もっと活躍できる会社を探したい!」「プライベートも大切にできる仕事が良い」など、女性が転職先を探す際に求めるものはさまざまです。そんな時に、…

転職サイトのスカウト機能は意味がない?機能の仕組みと上手い使い方

転職サイトに登録すると日々送られてくるスカウトメール。活用できなければ、意味はありません。 しかし、スカウトメールの仕組みを知ることで、転職…

大手転職サイトを使わないと失敗する?大手5社の特徴と使い方を紹介

「転職サイトはどこを利用しても同じなの?」「会員数も多い大手転職サイトは求職者の競争率が高そうに感じるけど、優良求人が多いのかな?」 …

30代女性の転職サイトはどこがいい?転職先選びと転職成功のコツ

「仕事も続けたいけど、家庭も大事にしたい」「子育てしながら無理なく働きたい」など、結婚や出産を機に転職を考える…

第二新卒向けの転職サイト!失敗しない選び方と転職理由別のおすすめ

「第二新卒で転職出来るの?」「転職するなら新卒3年目までにしたい」 転職経験のない第二新卒が、

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事