転職サイトのスカウト機能とは?機能の仕組みとおすすめの活用方法

転職サイトのスカウト機能
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職サイトのスカウト機能の使い方がわからない
全部に返信しなきゃいけないのかな?

転職サイトに登録後、毎日のように送られてくるスカウトメールにどう対応して良いかわからない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、転職サイトのスカウト機能は、上手に活用できれば転職成功への近道になるのはご存知でしたか?

この記事では、希望求人に出会うためのスカウト機能の使い方やスカウトをもらった際の対応方法をご紹介します。

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

スカウト機能をうまく活用すれば転職活動が楽になる

転職サイトのスカウト機能とは

転職サイトのスカウト機能は、あなたの経歴に興味を持った採用担当者や転職エージェントから面談や面接のお誘いが届く機能のことです。

転職サイトによっては、オファー機能と呼ばれることもあります。

企業の何をどう分析すればよいか分からない女性

転職サイトのスカウト機能を活用することで求人を探す手間が省けます

転職サイトにはたくさんの求人が掲載されており、興味を持てる求人を見つけだすのは大変です。

スカウト機能を使うと自ら応募せずとも企業から声がかかることがあり、求人探しの手間が省けるのです。

さらに、どのような企業からアプローチされるかを知ることで、自分の市場価値も把握できます。

また、スカウト経由で選考に進むと、選考通過率も高い傾向にあります

スカウトしてきた企業は登録者の経歴にすでに興味を持っている状態のため、選考がスムーズに進むことが多いのです。

書類選考免除での面接確約をしてもらえたり、通常よりも少ない面接回数で経営者や役員との最終面接に進めたりすることもあり、忙しい求職者の強い味方と言えます。

スカウト機能が充実した転職サイト比較をみる

転職サイトでスカウトをもらうためにプロフィールを充実させよう

30代未経験の転職でおすすめの職種は?

企業は利用者の登録プロフィールを見てスカウトするかを判断します。

そのため、スカウトメール(転職サイトによってはオファーメール)をもらうにはプロフィールの情報を充実させることが非常に重要です

スカウトをもらうにあたり、登録するべき情報としては以下が挙げられます。

  • プロフィール(生年月日、学歴など)
  • 職務内容(過去の在籍企業も含む)
  • 自己PR
  • 転職理由
  • 希望条件

転職サイトによっては、これらの情報を登録しなくてもスカウトをもらうことはできますが、どの情報も転職活動を進める上で整理するものです。

〇ヵ月後には転職したい」など、転職意欲が高いのであれば、早めに入力しておくことをおすすめします。

すべて入力することで、内定につながるスカウトをもらえる可能性が高くなります。

プロフィールを記入する際のポイント

ポイントを伝える女性

ここでは、プロフィールを記入時のポイントとして

職務内容

自己PR

転職理由

をどのように記載すればよいか解説します。

職務内容

職務内容には、以下の項目を記載します。

  • 会社名、業種、従業員数、勤務地
  • 雇用形態
  • 所属、役職、職種
  • 担当業務
  • 実績

職務内容はあなたがこれまでどこで何をやっていたのかを説明します。

伝え方に注意する必要があるのは実績の部分です。

実績には「結果」と「理由」を含めて記入する必要があります

結果の影響力や達成率など数値を用いて具体的に記載するとよいでしょう。

達成できた場合は、「前期とアプローチをこのように変えた」「スキルアップのために独学で資格をとった」など理由もあわせて記載することが大切です。

また、達成できなかった場合も「なぜ未達におわったか」の理由を記載します。

このように理由を記載することで、自分を客観的にとらえ努力し続けられる人材と採用担当者から前向きな評価をしてもらえるでしょう。

自己PR

面接で上手く回答が出来る様子

自己PRには、自分のキャリアを簡潔にまとめたものを記載します。

具体的には、「職歴のまとめ」「スキルや経験」「今後の希望」の3点に絞ってまとめましょう

たとえば、「人材業界での営業を○年経験し、〜〜という結果を出しました。ここで培ったスキルや経験を活かして、同業界のベンチャー企業で新たなチャレンジをしたい」などが該当します。

経歴の説明は職務経歴の項目をそのまま使うのではなく、要点を押さえてまとめることがポイントです。

スカウトする側の企業が、一人の応募者のプロフィールをチェックする時間は限られているため、短い文章で自分のキャリアを伝えましょう。

転職理由

転職後すぐに退職しないかなど、入社後のミスマッチをなくすうえで重要です

しかし、伝え方によっては不平、不満として受け取られることもあるため、入力する際は注意が必要する必要があります。

例えば、職場の人間関係の悪化や希望の仕事ができなかったことなどは、伝え方によっては、わがままな人ととらえられることもあるでしょう。

  • 現状がどう変われば、満足して働けるか
  • 次の職場に求めること
  • 今の職場で現状を変えるために行った努力

を自分の中で整理したうえで記入しましょう。

プロフィールの記入例

印象がよくなる伝え方

「職務内容」「転職の希望条件」については人によりさまざまです。あなた自身のこれまでを振り返ったうえで、今後どうしたいか一度考えた上で記載することをおすすめします。

職務経歴を記入する際の例

前職では、〇〇業界の企業様へ✕✕サービスの提案型営業をしておりました。職務に就く中で、お客様の課題に基づいた提案を意識して営業活動をしていました。

営業職は、お客様の課題を聞き出す機会が多くあります。聞き出した課題を次回の提案に反映させることで、より多くの悩みを打ち明けてくれるようになります。

そこで知ったお客様の課題を次回の提案に活かすことで、また次の面会につながります。悩みのヒアリング ⇒ 提案を繰り返す中で、お客様のことを誰よりも知ることができました。結果は数字にも表れ、営業成績は目標に対して120%の売上を達成しました。

また目標以外にも、このサイクルを回して取れた商談の事例を部署内に展開することで部署全体の売上目標向上にも携わることができました。

希望条件を記入する際の例

部署内に事例を展開するなど、より広い視野で自部署を見る機会をもらえ、非常に大きな裁量を与えられて仕事ができました。

しかし、部署全体の売上に関わる取り組みをしたことで、より高い視点で売上を追っていきたいという気持ちが強くなりました。

チームの数字を管理をする上で、チームメンバーと上長の間に入ってやり取りをすることは、負担が増え、現場が見えにくくなることであると感じています。これまで意識していたお客様の課題に基づいた提案を大切にして、会社全体の売上の最大化を中心業務として実施したいと考えております。

スカウト機能が充実!おすすめの転職サイト

ここではスカウト機能が充実したおすすめの転職サイトをご紹介します。

希望の求人を探すのに苦戦している
自分の市場価値を測ってみたい
という方は登録してみることをおすすめします。

リクナビネクスト

リクナビネクストは日本最大級の掲載求人数を誇る転職サイトです。

企業や転職エージェントが設定した条件に、利用者の登録情報や匿名レジュメの内容が一致すると、 オファーのメッセージが届きます。中にはオファーでしか紹介されない求人が登録者限定で届くこともあるため、思わぬ企業からのお誘いで、転職の選択肢が広がるかもしれません

公式ページはこちら

こんな人におすすめ

とにかくたくさんの求人と出会いたい方

希望職種を絞っていない方

ビズリーチ

ビズリーチは経営幹部やプロフェッショナル人材など高年収を目指す求職者向けの転職サイトです。

職務経歴書を登録すれば、経歴に興味を持った優良企業の人事担当者やヘッドハンター(転職エージェント)からスカウトが届くことがあります。

優秀なヘッドハンターとたくさんつながりを持ちたい場合にもおすすめしたいサービスです。

大手企業から外資系企業までさまざまな企業のハイクラス求人が掲載されており自ら求人検索することも可能です。

公式ページはこちら

こんな人におすすめ

いろいろな転職エージェントに会ってみたい方

年収600万以上で転職検討段階の方

転職サイトのスカウトは誰が送ってきたのかが重要!

転職サイトのスカウト機能には2種類のスカウトが存在します。

  1. 企業の担当者
  2. 転職エージェント

実は、転職エージェントからのスカウトと、採用担当者からのスカウトでは、その後の選考フローが異なるのです。

転職エージェントとは、人材紹介会社と呼ばれることもあり、企業に対して求職者を紹介している企業のことです。

企業の採用担当者と求職者をつなげる役割を持っており、求職者へ求人を紹介して、人材を必要としている企業への転職の手助けをしている転職支援のプロです

転職エージェント(人材紹介会社)は規模の大小はありますが全国に19,000社近くあり、採用担当者に紹介する求職者を見つけるために、転職エージェントも転職サイト上で求職者を探しています。

転職エージェントのスカウトはキャリア面談から

面談している様子

この場合、スカウトに返信するとエージェントとの面談から転職活動がスタートします。

この面談では、あなたのこれまでの経歴や今後の希望を聞かれ、希望に応じて求人紹介を受けるといった流れで転職活動が進んでいくこととなります。面談後の全体の流れは、以下のように進んでいきます。

転職エージェントのサポート内容

転職エージェントから紹介された求人については、求人紹介後に応募して書類選考という流れとなります。

必ずしも紹介先企業との採用面接が確約されているわけではないという点を覚えておきましょう。

採用担当者からのスカウトは書類免除の可能性あり

選考通過し喜ぶ男性

採用担当者は、あなたの経歴や実績などの登録情報を見て、スカウトを送っています。

採用担当者からのメールには、書類選考免除でいきなり面接からスタートといった形で送られてくる場合もあります。

その理由として、転職サイト上の登録情報には書類選考で確認する情報が多く含まれていることが考えられます。

そのため、いきなり面接から選考を受けませんか?といった内容のスカウトが送られてくることがあるのです。

しかし、採用担当者からのメールが届いているからと言って安心してはいけません。

【スカウト機能の注意点】経歴を確認せずにスカウトが送られてくることもある?

転職サイトには登録情報をもとに転職希望者を絞り込む機能がついており、一括でスカウトを送ることができます。

一括送信で送られたスカウトの場合、名前や企業名以外はテンプレートのまま送られているケースが多いです。

入力した経歴について、文章内で評価してくれているか確認しましょう。怪しいスカウトがあるが、見分け方がわからないという方は以下に例を記載しておりますので参考にしてみましょう。

一括送信のスカウトメールでよくある例

名前、会社名などの情報しか触れられていない

〇〇様の△△株式会社での経歴を拝見して、ご連絡させていただきました。 ~~~~~~~~

このように、あなたの名前、会社名、職種などの基本的な登録情報にしか触れられていない場合は、一括送信で送られていることが多いです。

一方で下記のように職務内容など、あなたの経験や実績について興味を持っている場合、採用担当者が実際に目を通してスカウトメールを送信している可能性が高いです。

経歴を確認して個別にスカウトしている場合

経歴の具体的な情報に触れられている

〇〇様の、ご経歴に記載のある✖✖サービスの提案型営業や□□業界に営業経験を持たれている点に興味を持ち、ご連絡させていただきました。 ~~~~~~~~

このように全てのスカウトメールが採用につながりやすいという訳ではないので、スカウトメールの内容を吟味して、返信するスカウトを選びましょう。

転職サイトでスカウトをもらった際は返信するべき?

リクナビネクストからスカウトメールが届いた様子

実際にスカウトをもらってみて、「どうやって返信すればいいの?」と迷ってる方も多いでしょう。

ここでは返信の仕方を例文を用いて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

選考に進みたい場合の返信

スカウトに応じて選考に進みたい場合は、遅くとも3営業日以内には返信することをおすすめします。

メール本文には以下の項目を記載しましょう。

  • 返信先の会社名(担当者名がある場合、担当者名も)
  • 自分の名前
  • 選考へ進みたい意思表示
  • 志望理由
  • 自己PRや質問

自分のスキルや経験、そして希望条件とのミスマッチを防ぐためにも、スカウトメールの返信の際には簡潔な自己PRを記載しましょう。

また、求人内容や企業情報についての質問をすることで、「スカウトされたから選考を受ける」といった受け身の姿勢ではなく、主体的に仕事や企業への理解を深めようとしていると、採用担当者に好印象を与えることができます。

スカウトに応じる場合の返信メール例

○○株式会社
人事ご担当○○様

初めまして、××と申します。
この度はお忙しい中、ご連絡いただき誠にありがとうございます。

ご案内いただいた求人について、ぜひ採用選考に参加させていただきたく存じます。

今回ご紹介いただいた求人の~~(求人内容)という部分に・・・・と感じ、私の✕✕の経験を活かして貢献したいと考えております。(志望動機と自己PR)

また、差し支えなければ、~~に関してもお聞かせいただけましたら幸いです。(質問があれば記載)

お忙しいところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
××(自分の名前)
メールアドレス

選考には進まず、スカウトを辞退する場合の返信

仕事内容が希望と異なっていたり、転職のタイミングが合わなかったりしてスカウトを辞退することもあるでしょう。

辞退する場合でもきちんと返信することをおすすめします。

  • 返信先の会社名(担当者名の記載もある場合、担当者名も)
  • 自分の名前
  • スカウトへのお礼
  • 返信先の会社名(担当者名の記載もある場合、担当者名も)
  • 辞退する理由(任意)

辞退するからといってメッセージを放置するのではなく、丁寧に対応することをおすすめします。

スカウトを辞退する場合の返信メール例

○○株式会社
人事ご担当○○様

初めまして、××と申します。
この度はお忙しい中、スカウトいただき誠にありがとうございます。

大変申し訳ございませんが、今回は応募を見送らせていただきたく存じます。

現職の都合上、転職できるのが〜月以降になってしまったためです。(任意)

もし〜月以降に入社可能な求人がございましたら、
その際はまたご連絡いただけましたら幸いです。(任意)

勝手を申しまして恐縮ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

××(自分の名前)

転職サイトのスカウトについてのQ&A集

Q.スカウト機能を使って、今の職場に転職活動がばれる?

転職サイトに情報を登録して転職活動をしていることがばれることは基本的にはありません

自身で設定をする必要がありますが、現在所属している企業に通知が届かないよう設定すれば、特定の企業にはあなたの情報がみれない様にできます。

不安な方は設定から、特定の企業をブロックする項目を探し確認してみましょう。

Q.希望職種に登録している職種と異なる求人内容のスカウトがくるの?

異なる求人内容からのスカウトについてはスカウト機能の一斉送信機能による可能性が高いです。

  • 応募者が集まらず困っている企業
  • 離職率が高いブラック企業

が一斉送信でとにかく多くの人に案内をしているという場合が該当します。

しかし、希望条件以外であるが、優良企業があなたの経歴に魅力を感じてスカウトを送ってきていることも考えられます。

スカウトメッセージに記載されている内容をしっかり確認し、あなたの経歴をちゃんと読んでいるかを確認しましょう。テンプレートのような形式で送られている際は、応募者の確保に困っているケースがほとんどです。

もちろん熱意あるスカウトメッセージを送っている企業が全て優良企業というわけではないので、知らない企業であれば口コミサイトや企業HPを確認しましょう。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人数約20万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートが受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者との強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

もう遅いの?30代女性の転職事情|おすすめ転職サイトと成功の秘訣

「長く働いてきたけど、違う会社でも働いてみたい」「仕事を続けたいけど、私生活も大事にしたい」と思っていませんか? 働く30代…

  • 🕒
  • 2019.09.04更新

第二新卒向け転職サイトを比較!おすすめの選び方と注意する落とし穴

同じ第二新卒向けの転職サイトでも、人によって利用するべきサイトが違うことを知っていますか? ここ数年で、第二新卒の需要はどんどん高まっています。しかし、転職しやす…

  • 🕒
  • 2019.08.28更新

20代向け転職サイトを比較!サービス内容の違いと失敗しない選び方

最近は20代で転職を経験する方も増え、その際に多くの方が転職サイトを利用しています。 しかし、一口に20代向けの転職サイトと言っても、それぞれには細かい違いがあります…

  • 🕒
  • 2019.08.28更新

30代におすすめの転職サイトを比較!各社の特徴と失敗しない選び方

効率的に求人を探すことができる転職サイトは、「希望条件に合った転職先を見つけたい」と考える30代の強い味方です。 この記事では、30代が使うべき転職サイトを、

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

大手転職サイト選びで失敗したくない!おすすめ7社の特徴と違い

大手転職サイトに対して「大手なら優良求人が多そう」 「知名度があるので何となく安心」といったイメージを持っている方は多いかもしれません。 …

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

50代におすすめの転職サイト比較ランキング決定版|失敗しない利用法

「50代の求人って少ないな」「ハローワークに行っても良い求人がなかった」など、50代で転職しようと思っても、良い求人が少なくて困ったということはな…

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

40代女性&男性におすすめの転職サイトはここ!転職成功2つの鍵とは

「40代で転職に失敗しないためにはどうしたらいいのか?」「40代向けの転職サイトでおすすめはある?」 会社における評価に対する不満、給与に…

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

30代おすすめ転職サイト4社の特徴比較!転職活動する上での心構え

「30代でスキルを活かして転職したい」「35歳で転職限界なの…?」30代は今後のキャリアを見つめ直し、自由に転職が検討できる最後のチャンスです。 …

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

女性の転職サイトおすすめは?目的別9選、年代別…失敗しない選び方

「もっと活躍できる会社を探したい!」「プライベートも大切にできる仕事が良い」など、女性が転職先を探す際に求めるものはさまざまです。そんな時に、…

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

転職サイトの求人はブラックばかり?失敗しないホワイト求人の探し方

転職サイトをチェックすると求人情報がたくさん掲載されています。これだけ多いと「転職サイトにある求人はブラック企業の求人ばかりなのでは?」「転職サイト…

  • 🕒
  • 2019.08.06更新

第二新卒におすすめの転職サイト!失敗しない活用方法と転職の注意点

多くの第二新卒は「給与が低い」「やりがいがない」など、何かしらの不満や物足りなさから、転職を考え始めることでしょう…

  • 🕒
  • 2019.03.08更新

40代に強い転職サイトを徹底比較!転職を成功に導く3つの軸とは

40代以上の転職は厳しいといわれますが、最近では40代の転職が上向いてきていることを知っていますか? 景気の回復に合わせて、より実力のある40代を採用する動きが増え始め…

  • 🕒
  • 2019.03.07更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト