30代転職に即戦力・資格が必要は誤解?未経験や年収UPの成功事例

キャリアアップを目指している男性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の仕事もいいけど将来が不安…」「即戦力じゃない30代は転職できないの?」 仕事でもプライベートでも、経験を十分積んだ30代。キャリアや将来に悩み始め、人生の岐路に立っている方も多いでしょう。

この記事ではよくある「即戦力」の誤解や30代転職のコツ、未経験転職・年収アップの成功事例を中心に解説します。大切な時期の転職を成功させるヒントがきっと得られるはずです。

             
【厳選】30代におすすめの転職エージェント
転職エージェント名特長とおすすめな人
リクルート
エージェント

業界最多の求人数
さまざまな条件で求人を比較したい30代

マイナビ
エージェント

未経験転職にも手厚いサポート
転職経験が少なくて不安な30代前半

JACリクルートメント

年収600万以上の転職に特化
ワンランク上の転職を狙う30代後半

目次

30代は即戦力じゃないと転職できない?

転職市場価値が高い男性

20代よりも社会人経験が豊富な30代は特に「即戦力であること」が重要だといわれています。

そもそも即戦力とは、経験を活かして働ける人材のこと。

即戦力と聞くと「転職してすぐに活躍できないとだめ?」と焦る方もいるかもしれません。

しかしそれはよくある誤解です。

企業にとっては同じ業界の同じ職種から、経験値の高い人材を採用するのが理想ですが、条件に当てはまる方はなかなか応募してこないのが実情です。

そのため企業は、対象を別の業界・職種の経験者などにも広げて採用活動をしています。

▼違う職種または業種への転職例

1.飲食業界内で販売職から広報へ転職する場合

職種に関わるスキルはないが、業界の豊富な知識が役立つ

2.営業職の方が製造業界から建設業界へ転職する場合

業界知識はなくても、新規顧客を開拓した経験や、商品を売り込むノウハウを活かせる

このように、同じ業界・職種への転職に比べれば難易度は高いかもしれませんが、即戦力という言葉にとらわれすぎなくてもいいのです。

一方、業界も職種もまったくの未経験の場合は厳しい転職活動になるかもしれませんが、実際に成功する方もいるので諦める必要はないでしょう。

この記事の下部で実際に未経験に転職した事例を紹介しています。

そして30代の転職希望者にありがちなもう一つの誤解、「転職は資格がある方が有利」について次の章で紹介します。

30代の転職では資格を取得したほうがいい?

スキルも知識もない…資格を取った方がいいの?」と悩んでいる方もいるかもしれませんが、安心してください。

結論からいえば、必ずしも資格を取る必要はありません。社会人経験を重ねた30代は資格がなくても、転職するのに十分なアピールポイントを持っているからです。

確かに不動産業界なら宅地建物取引士(宅建)、経理系職種なら簿記など、業務に合った資格を持っていれば企業にとって魅力的な人材に映るでしょう。

しかし資格はあくまで、スキルや知識を証明する手段の一つ。

資格は必ずしも転職に有利に働くわけではないのです。

そもそも社会人経験の長い30代は困難に負けずに仕事に取り組む「やりきり力」や、協力を大切にする「協調性」など、あらゆる職場で活かせるスキルを持っています。

資格よりもずっと、企業へのアピールに役立つはずです。

やりきり力や協調性など、自己PRに役立つ7つのスキルについては、こちらの記事の第2章で詳しく紹介しています。

30代で未経験転職は厳しい?おすすめ職種・業界10選と失敗しないコツ
30代で未経験転職は厳しい?おすすめ職種・業界10選と失敗しないコツ
キャリアアドバイザーとして1000名以上の相談に乗ってきた岩岡です。 「30代で未経験の業界や職種に転職するなんて無理なのかな」「年収アッ...

転職活動の流れと30代で失敗しないコツ

ガッツポーズをしているビズリーチの転職エージェント

では、転職に失敗しないためには一体何が必要なのでしょうか?

ここからは転職活動前から面接までの4段階に分け、30代の転職で失敗しないコツを紹介していきますね。

1.転職活動前|キャリアプランを考えよう

転職しようと決めた人も、まだ迷っている人も、まずは面接の定番質問でもある「5~10年後のキャリアプラン」を考えるところから始めましょう。

20代でホップ・ステップまでをこなした30代は、経験と体力を兼ね備え、次に向かって大きくジャンプできる年代です。

一方で、自分の将来に悩み始める年代でもあります。キャリアの方針を整理しておけば、40代できれいに“着地”できる可能性が高まりますよ。

特に女性の場合、結婚や出産・子育てで働き方が変化しがちです。プライベートの理想も含めてイメージしてみましょう。

「10年も先のことなんて考えられない」という方は、応募先企業のビジョンを調べてみてください。そこで自身が働く姿を思い描けば、キャリアプランを立てやすくなるはずです。

2.転職先選び|求人の探し方を押さえよう

せっかく転職するなら、自分にぴったりの会社を見つけたいですよね。転職先探しのポイントは以下の通りです。

転職で実現したい希望を整理
転職後に業務内容や待遇、社風が「予想と違った」と後悔しても、時間は戻せません。まずは待遇などの譲れない条件を一つひとつ挙げ、理想の企業像を思い描いてみましょう
希望に合う転職先を探す
希望に合った企業を探すには、さまざな求人票を検索できる転職サイトが便利です。企業の評判が集まる「OpenWork」「カイシャの評判」などの口コミサイトも、職場の実情を知るのに役立ちます。
転職エージェントで情報収集
それでも「まだ情報が足りない」「匿名の口コミは信用できない」という方には、転職エージェントの利用をおすすめします。知識豊富なキャリアアドバイザーが利用者一人ひとりの転職活動をサポートしてくれるサービスです。ごく一部を除いて、無料で利用できます。

※転職サイトと転職エージェントについては第6章で解説しています。

30代の転職でおすすめはここ!求人数が人材業界最多のリクルートエージェント

全年代 実績
求人エリア 求人件数

全年代対応であり人材業界最大の求人数を誇る、大手人材紹介会社です。30代が希望の条件にぴったり合う職場を探すには、選択肢の幅広さも重要です。リクルートエージェントでは、定期的に研修を実施していて、エージェントの質も高いのが特徴です。とりあえず登録しておいて損はないエージェントといえるでしょう。

リクルートエージェント公式サイトはこちら

3.書類の作成|自己アピールしよう

転職活動では就職活動でもおなじみの「履歴書」に加え、仕事の経験やアピールポイントを記載した「職務経歴書」が必要になります。

職務経歴書は、自分を採用するメリットを企業にプレゼンテーションするための書類です。職歴を羅列するだけにならないようにしましょう。

30代は社会人経験が豊富なため、マネジメント力が求められます。何らかのマネジメントに関わった経験を書けると好印象です。

マネジメント経験がない方は、チームを引っ張った実績などをアピールしましょう。評価してもらえる可能性が上がります。

A4サイズの用紙1~2枚、多くても3枚に収めるのがポイントです。長すぎると「結論から話せない人」と悪い評価につながるおそれがあるからです。

4.面接|企業の質問意図を理解しよう

書類審査に通過したら、いよいよ面接です。

職務経歴書の情報をもとに質問されることもあります。あらかじめ話す内容を準備しておくと、慌てずに済むでしょう。

面接で特に重要なのは、質問に対して結論からしっかり回答することです。当たり前のように感じるかもしれませんが、緊張していると、聞かれていないことまで喋って失敗するパターンはよくあります。

30代にもなると、自分の経験や仕事への想いをとにかくアピールしたいもの。しかし、大切なのは伝え方です。

謙虚な気持ちで質問の意図を汲み取り、的確に回答していきましょう。

未経験の業界・職種に転職できる?30代の体験談と注意点

未経験に悩む求職者

冒頭では「即戦力という言葉にとらわれすぎなくていい」と説明しましたが、未経験業界・職種への転職難易度は実際どれぐらいなのでしょうか。気になる方も多いと思います。

未経験と一口に言っても、実態はさまざまです。「職種」未経験か、「業界」未経験か、いずれも未経験かで難易度は変わります。

30代転職の難易度

業界・職種とも未経験の場合は、既にお伝えした通り、厳しい転職活動になる可能性が高いでしょう。

やや難易度が高いのは、経験した業界内で未経験職種に転職するパターンです。業界知識はあっても職種の経験がないため、採用側に「仕事に慣れるまで時間がかかる」と判断されるからです。

反対に、職種はそのまま、未経験業界へ転職するパターンでは難易度が下がります。職種の経験さえあれば、業界知識は後からでも身に付けられるからです。

ここからは『HOP!』編集部が行った独自調査から、30代で未経験業界・職種への転職に成功した2人のインタビューを紹介します。

志す業界・職種は違っても、転職活動のヒントが得られるはずです。参考にしてみてくださいね。

1.キャリアアドバイザーからWebマーケターへ転職したTさん

大手転職エージェントでキャリアアドバイザーとして働いていたTさん(当時32歳、男性)。

サイバーエージェントのプロデューサーの年収は?

スキルの幅を広げるためにキャリアチェンジを目指し、Web業界のマーケティング職へ転職しました。業界、職種ともに未経験ですが、納得のいく転職ができたそうです。

――30代での未経験転職。不安はありましたか?

前職ではキャリアアドバイザーとして30代で転職に成功している方々を見てきたので、がんばり次第だと思っていました。ただし未経験なので「一から学ぶのが大変そう」「年下の上司にやりづらいと思われないか」という転職後の不安はありましたね。

――どんな転職活動をしましたか?

転職エージェントに登録しました。全部で14社応募し、面接まで進んだ会社は半分の7社です。とにかく時間をかけたのが、職務経歴書の作成。自分で作ったWebサイトの画像を貼り付けるなど、思わず会ってみたくなるような内容にしたのがポイントです。未経験ながら、業界への強い関心はアピールできたと思います。

――未経験業界・職種へ転職した感想は?

勉強はしないといけませんし、仕事に慣れるために積極的なコミュニケーションも必要になりますが、入社して早々に希望の仕事に取り組めているので満足です。30代で「やりたいこと」の軸が見えてきて、転職先選びに迷いがなかったのがよかったんだと思います。

2.営業アシスタントから未経験でエンジニアへ転職したKさん

食品メーカーで営業アシスタントなどとして働いていたKさん(当時31歳、女性)。

SE・プログラマー職の女性

手に職をつけたい」と、もともと興味のあったエンジニアの世界に未経験で飛び込みました。

――転職活動前、不安はありましたか?

自分なりに勉強していましたが、未経験でもエンジニアとして仕事を続けられるかどうかの不安はありました。30代になって「将来のために長く働ける会社に勤めたい」と思うようになったからです。もし仕事が自分に向いていなかったら、また転職になる可能性もありますから。

――どんな転職活動をしましたか?

転職エージェントに1社だけ登録しましたが、応募から面接までほとんど自分で進めました。後々聞いてみたら、実は未経験転職に強くない転職エージェントだったみたいです。

――実際に転職してどうでしたか?

未経験で通用するか不安でしたが、教育体制がしっかりした会社だったので、転職してよかったと思っています。 ただ実際の業務内容がイメージと違ったので、もっと聞いておけばよかったと思いました。

私のように「未経験だから何でも来い」と思えるなら問題ありませんが、やりたいことが決まっている場合は要注意ですね。

ここで紹介した2人の共通点は、転職の目的をしっかり持っていたことです。「未経験転職に成功するコツの一つ」と言えそうですね。

ただし、Kさんは自分の状況に合わない転職エージェントを利用したため、サービスを有効活用できませんでした。

世の中には多くの転職エージェントがあり、特長や強みもさまざまです。転職エージェントについては第6章「転職サイト・転職エージェントを30代が活用する方法」で詳しく解説します。

年収アップのコツ|30代の転職体験談からポイントを解説

転職で年収を上げる方法はないか、知りたい方もいるでしょう。まずは30代転職者の年収の変動状況を見てみましょう。

- 増加 変化なし 減少
30~34歳 41.9% 26.9% 29.8%
35~39歳 48.2% 24.1% 26.2%

引用:【厚生労働省】平成29年雇用動向調査結果の概況

ここからは30代の転職で年収がアップした方へのインタビューをもとにポイントを解説します。

今の会社では大幅な昇給が見込めない」「経験やスキルに応じた給料がほしい」と感じている方は、転職活動のヒントにしてみてくださいね。

年収アップを実現した営業職のMさん

営業経験が豊富なMさん(当時33歳、男性)はキャリアアップを目指し、30代で3回目となる転職を決意しました。

転職の前後で年収が上がった男性

妻と子ども2人に囲まれ、私生活は順風満帆。しかし生活やマイホームのローン返済を考えると、「年収は落とせない」という責任感があったといいます。

――30代での転職理由を詳しく教えてください

給料アップと、キャリアアップが目的でした。前の会社では昇進しようにも上が詰まっていて先が見えなかったので、転職を決めました。 子どもが生まれて家も購入済みだったので、ローンを返しながら生活を支えないといけない責任感もありました。

――どういった転職活動をしましたか?

仕事しながら1人で転職活動をするのは難しいので、転職エージェント2社に登録しました。ハイクラス向けのクライス&カンパニーと、大手のリクルートエージェントです。キャリアアドバイザーに要望を細かく伝えて、求人の提案をいただくスタイルで進めました。

――転職で年収を上げるコツは?

重要なのは魅せ方と伝え方だけだと思っています。自分の場合は仕事の実績を確実に伝えたいので、転職するしないにかかわらず、職務経歴書を半年に1度は更新し続けています。

企業との年収交渉は自分でしましたが、転職エージェントも協力してくれますよ。他に選考が進んでいる企業があれば、2社を比較しての交渉もできます。

仕事の実績が年収交渉の材料に

Mさんが成功した理由の一つは、年収アップの根拠を企業側にしっかり伝えられたことです。

100万円超の年収アップを求める場合、確かな根拠がなければ企業に「非常識だ」という印象を与えるおそれがあります。

同年代の平均年収を踏まえ、内定獲得前に常識の範囲内で交渉するのが成功のコツです。譲れない最低ラインと、希望の年収を整理しておきましょう。

年収を上げたい場合、転職エージェントの利用もおすすめです。

エージェントは各企業の給与相場を知っているので、役立つアドバイスをしてくれます。自信がない方は、キャリアアドバイザーに代わりに交渉もしてもらえますよ。

無事に年収アップに成功すると、企業側の期待値も上がります。上がった年収分の働きを見せる覚悟はしておいた方がよいでしょう。

転職サイト・転職エージェントを30代が活用する方法

転職サイトや転職エージェントの選び方はとても大切です。運営会社によって特徴や得意分野が異なるからです。

仕事にもプライベートにも忙しい30代だからこそ、自分に合った転職支援サービスを見つけて、転職活動をスムーズに進めましょう。

▼転職サイト

条件を指定して求人を検索できます。面接の日程調整や内定後の交渉、入社まですべて求職者一人で行うため、自分のペースで転職活動を進められます。

▼転職エージェント

キャリアアドバイザーが一人ひとりの転職活動をサポートしてくれます。キャリアプランなどを相談でき、比較的好条件な非公開求人の紹介を受けられます。

いずれも基本的には無料で、利用する際のポイントは以下の3点です。

転職サイトと転職エージェント両方に登録する
転職サイトで求人検索や情報収集を行いつつ、転職エージェントに相談しながら転職活動を進められます。
転職エージェントは30代ならではの観点で選ぶ
まずは「求人数」に注目しましょう。希望の条件にぴったり合う職場を探すには、「選択肢の幅広さ」が重要です。仕事が忙しく選考の日程調整が難しい方は「サポートの手厚さ」、30代の転職で失敗したくない方は内定率などの「実績」も選ぶ基準になります。
転職エージェントは2~3社に登録する
複数登録するとより多くの求人を検討できます。複数のキャリアアドバイザーから助言を受けられるので、職務経歴書の作成や面接の受け答えを考える際にきっと役立つでしょう。

30代におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント
  • 30代~50代の層に特に強い
  • 業界最大手の求人数!
  • 公開・非公開求人合わせて約20万件!リクルート独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉も担当コンサルタントが代行

転職成功実績No.1で、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。迷ったら登録して損はないエージェントです。
公式サイトはこちら

マイナビエージェント
  • 未経験転職にも手厚いサポート
  • 転職経験が少なくて不安な20代~30代前半向け
  • IT技術職、メーカー技術職、金融系、営業職に強い

国内最大級の転職支援実績を持っているので、初めての転職で35歳以下の方には特におすすめ!
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

転職Q&A|30代のよくある質問・相談

転職したい30代の「よくある質問・相談」と回答をまとめました。一緒に見ていきましょう。

Q.家族に転職を反対されそうです。どうすればよいですか?

賛成してもらうためにも、事前に家族に相談しておきましょう

家族の転職は、自分の生活にも影響するかもしれない大きなトピックスです。決まってから報告されるより、前もって聞いておいた方が心の準備ができますよね。

問題になりがちなのが待遇面、勤務地、労働時間の3点です。ポイントを押さえて説得すれば意外と簡単にOKが出るかもしれませんよ。

生活をよりよくするための転職を家庭の不和の種にしないために、家族への相談を怠らないようにしましょう。

Q.今の仕事にそこまで不満はないので、転職すべきか迷っています。

転職活動のいいところは、これまでの自分をあらためて振り返り、仕事や将来の可能性を見つめ直せることです。自分の市場価値を知る機会にもなります。

そして転職活動をしたからといって、必ずしも転職する必要はありません。内定を得ても条件が折り合わなければ、辞退しても構わないのです。

足踏みするよりも気楽に転職活動を始めてみれば、迷いが晴れて進むべき道が見えてくるかもしれませんよ。

Q.30代のワーキングマザーです。転職成功のポイントが知りたいです。

子育て中の女性が求人を探すとき、業務内容よりも勤務時間や条件を重視しがちです。

ですが、大切なのは転職先で生き生きと働けるかどうかです。条件だけで決めてしまうと、働き始めてからミスマッチに気付くかもしれません。

子育てや仕事で忙しい合間を縫っての転職活動です。転職の目的をあらかじめ整理したうえで臨みましょう

30代女性・子持ちの転職は厳しい?コンサルタントが伝授!成功のコツ
30代女性・子持ちの転職は厳しい?コンサルタントが伝授!成功のコツ
「転職を考え始めているけど、子どもがいるとなかなか採用されないかも…」「育児と仕事を両立できる職場はどう見つけたらいいだろう」 そんな悩み...

Q.次の会社で定年まで働くつもりでいます。失敗したくありません。

失敗したくない方こそ、転職エージェントを通じて情報収集してみましょう。

転職エージェントは、企業の情報を豊富に持っています。応募先企業で30代の転職者が活躍しているかどうかなど、自分と似た経歴をもつ社員の事例を聞けるかもしれません。

転職先で長く働けるかどうかを判断する基準が強化され、失敗しない転職に一歩近づくはずです。

Q.企業に面接日程を提示されましたが、変更をお願いすると印象が悪いですか?

現職に在籍中の求職者が忙しいことは企業側も承知しているので、印象は悪くなりません。

面接日程はあくまで「最短がよければこの日が空いています」というニュアンスで提示されるケースがほとんどです。都合が悪ければ、理由を添えてできるだけ早く別の日程を提案してください

ただし提案する日程が1ヶ月以上先だと、意欲を疑われるおそれがあります。長くても2~3週間先で検討しましょう。

Q.転職回数が多い、またはブランクがある場合は印象が悪いですか?

企業が転職回数の多さやブランクを理由に採用を見送りたいときは、書類不採用にします。

そのため書類が通過した場合は、企業側もそこまで気にしていないと考えられます。あとは面接で採用担当者を納得させる回答をするだけです。

面接で転職回数やブランクについて質問されたら、取り繕わずにまず受け止めましょう。そのうえで「今回の転職では頑張りたい」と伝える誠実な姿勢が大切です。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクルートエージェント
  • 転職しづらい30代~50代の層に特に強い
  • 業界最大手のリクルートで条件交渉力No.1!
  • 公開・非公開求人合わせて約20万件!リクルート独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉も担当コンサルタントが代行

転職成功実績No.1で、転職が初めての人でもていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

パソナキャリア
  • 業界トップクラス40,000件以上の求人数
  • 注目企業の求人多数!
  • 専門特化したキャリアアドバイザーに相談したい方
  • 年収アップをサポート

『正しい転職』を目的とした転職エージェント
正しい転職の条件が一人一人違う中で、コンサルティングを通してしっかりとサポートします。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

カテゴリー内記事一覧

30代未経験から営業の転職はできる?おすすめの業界と転職体験談

私生活や仕事環境などさまざまな理由で、30代から未経験職種へ転職をする方は多くいます。 中でも営業職は転職しやすい職種のひとつですが、同じ営業職でも扱う商材などによって難易度は異なります

  • 🕒
  • 2019.10.04更新

30代前半の転職は厳しい?未経験でもまだ間に合う転職成功のコツ

30代前半の転職というのは、キャリアアップを考える方もいれば、ライフスタイルの変化から転職の必要性に迫られる方もいることでしょう。 この記事では30代前半での転職に対して、「

  • 🕒
  • 2019.10.02更新

30代おすすめ転職エージェント13選!未経験や女性向けと成功のコツ

30代の転職は、これまでの経験を活かしてキャリアアップを目指す方や未経験で新たな世界に挑戦する方など、さまざまです。 だからこそ、あなたの希望や市場価値を理解して、正しく…

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

30代の転職失敗談!経験者から学ぶ失敗しないためのアドバイス

30代の転職失敗談! 今回、30代の転職失敗の実態を調査するにあたり、某日本最大級のクラウドソーシングサイトにて、アンケート調査をしました。 転職理由だけでなく、「当時どうしていれば失敗にならなかった ...

  • 🕒
  • 2019.08.06更新

30代転職準備マニュアル完全版!面接の服装から志望理由まで解説

30代になって初めて転職しようという人は、「転職活動ってどうやるの?!」「面接なんて10年以上前に受けただけだから、忘れてしまった!」と転職活動の…

  • 🕒
  • 2019.08.28更新

30代転職は資格がないとムリ?取得難易度と未経験でも成功するコツ

転職する際に資格を取るのが有効と言われていますが、「30代で資格を取るのは大変?」「資格がないと転職できないの?」などと、資格を取ることについて…

  • 🕒
  • 2018.06.04更新

30代転職で年収ダウンは当たり前?それでも年収アップさせる方法

30代で転職を考えている人の中には、「30代で中途採用として転職すると収入は下がるのだろうか?」「転職はしたいけれど、年収が下がるのは嫌だ…

  • 🕒
  • 2019.10.10更新

30代で未経験転職は厳しい?おすすめ職種・業界10選と失敗しないコツ

キャリアアドバイザーとして1000名以上の相談に乗ってきた岩岡です。 「30代で未経験の業界や職種に転職するなんて無理なのかな」「年収アップや正社員…

  • 🕒
  • 2019.10.14更新
  • 30代
  • 東京都大田区
  • 出版
  • 勤続年数4年
  • 中途入社

結果として現在の会社で、同じバイヤー(資材購入担当)の仕事をすることができました。給料は少々安くて…

  • 30代
  • 東京都狛江市
  • 通信
  • 勤続年数8年
  • 中途入社

復職は成功しました。私はこの職場では総合主任の役職に就いていたのですが、役職まで元に戻してくださり…

  • 30代
  • 青森県弘前市
  • 医療・福祉
  • 勤続年数7年
  • 中途入社

基本的には成功したと思います。それまでのようなノルマ達成のために神経をすり減らす環境から、患者さん…

  • 30代
  • 長野県茅野市
  • 小売業
  • 勤続年数3年
  • 中途入社

転職は失敗したと考えます。理由としては、まず給料が安かったことでした。前職よりも年収で140万円くらい…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト