プロ直伝!転職サイトとエージェントの違いとよくある質問|おすすめ5社

転職サイトと転職エージェント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職サイトと転職エージェントって何が違うの?」このような疑問を持っている方は多いのではないでしょうか?

この記事では元キャリアアドバイザーの「がんちゃん」と一緒に、転職サイトと転職エージェントの違いを解説していきます。

おすすめの転職サイトや転職エージェントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

がんちゃん
元キャリアアドバイザー

教育業界から大手転職エージェントへ転職し、約5年半にわたりキャリアアドバイザーとして勤務。業界や職種を問わず、20代を中心に1,000人以上の求職者を支援した。
自身も就職や転職活動で悩んだ経験から、人生において重要な「仕事選び」のサポートに携わりたいという思いがある。

Q1.転職サイトと転職エージェントって何が違うの?

転職サイトと転職エージェントの違いを以下の画像にまとめてみました。

転職サイトとエージェントの違いver2

転職サイトとは、求人検索型のサービスです。サイト上に公開されている求人情報を検索して応募する仕組みで、選考に進んだ際の書類作成や面接対策なども全て自力で行います

サイトによっては情報コンテンツや自己分析ツールも充実していて、転職活動に役立ちますよ!

一方、転職エージェントはキャリアアドバイザー(またはキャリアコンサルタント)があなた専属の担当者となり、転職活動をサポートしてくれるサービスです。

キャリアアドバイザーはあなたの希望条件と、企業が求める人材とのマッチングなども考慮しながら、プロの目線で求人を紹介してくれます。

他にも履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、選考日程の調整など、転職活動から内定までを全般的に支援してくれます

Q2.まだ転職するか決まっていないけど、転職サイトも転職エージェントも使っていいの?

転職するかわからないけど、登録していいの?」「私の経歴でも相手にしてもらえるのかな?

転職サイトと転職エージェントに対し、こういった不安を抱く方もいるかもしれません。実際はどうなのでしょうか?

まず、転職するか迷っていて情報収集だけしたい方には、転職サイトがおすすめです。なぜなら転職サイトは担当者がつかないので、自分のペースで求人を探しながら転職活動ができるからです。

ただし、転職エージェントも転職活動をする人向けのサービスなので、転職することが登録の絶対条件ではありません。「転職活動」と「転職」は別物なのです

転職エージェントでは担当者がつくので、連絡を取り合う手間はありますが、転職のプロに将来のキャリアなどの相談に乗ってもらえます。

転職サイトと転職エージェントのどちらに登録しても拒否されることはないので、敷居が高いと感じている方も安心してください。

現在の転職市場や自身の市場価値を知るためにも、登録してみてはいかがでしょうか。

注意点として、自分の年齢や志望業種にそぐわないサイトやエージェントに登録してしまうと、マッチする求人がなかったり、担当者がつかなかったりする可能性があります。

登録先のおすすめはこの記事の第4章「それでもやっぱりどこに登録すればよいのかわからない!おすすめはどこ?」で紹介するので、参考にしてみてくださいね。

Q3.転職サイトと転職エージェントの求人って何か違うの?

転職サイトと転職エージェントで紹介されている求人にはどんな違いがあるのでしょうか?それぞれの特徴を紹介します。

▽転職サイト

1つの企業で多くの社員が所属するような部署の求人が出やすい。

例:営業、販売、SE(システムエンジニア)など

▽転職エージェント

1つの企業で在籍人数が少ない職種や、募集要件がピンポイントの求人が出やすい。

例:人事総務法務などバックオフィス、マーケや企画スタッフ

このように、転職サイトと転職エージェントでは求人の種類に違いや傾向があるので、希望する職種によって使い分けるのも一つの方法です。

【企業の裏事情】転職サイト・エージェント会社ごとでも見れる求人は違う

転職サイトや転職エージェントで扱われている求人情報は、運営会社によっても異なる場合があります。

転職サイトの料金システム

転職サイトの場合は特に、サイトによって掲載されている求人が異なる場合が多いです。企業は転職サイトに求人を掲載した時点で「掲載料」として料金を支払います。一般的な広告と同じ仕組みです。

そのため企業にとっては求職者から応募がたくさん来ても、全く来なくても、一律同じ掲載料しかかかりません。

採用予算に余裕がある大手企業などは複数の転職サイトに求人を出すこともありますが、中小企業などは応募が全く来ないリスクを考え、1社に絞って求人を掲載する傾向があります。

一方、転職エージェントの場合、複数のエージェントが同じ求人を扱っているケースが多いです。

転職エージェントは求職者の内定が成立し、入社した後に企業が「手数料」を支払うシステムなので、複数のエージェントに求人を出しやすいのです。

ただし「このエージェントからはいつも良い人材が応募してくれる」などの理由から、最初は複数社から募集をかけていても、企業側人事の判断で1社に絞られるパターンもあるので一概には言えません。

人事が企業をセレクトする場合

Q4.それでもやっぱりどこに登録すればよいのかわからない!おすすめはどこ?

転職サイトと転職エージェントの違いを説明してきましたが、自分がどちらを選ぶべきなのか迷っている方も多いと思います。がんちゃんの以下アドバイスを参考にしてみてください。

どちらが良いか決めきれない…」という方には、 転職サイトと転職エージェント両方の機能があるdodaがおすすめです。転職サイト機能で情報収集をして、転職活動の方向性が決まってきたらエージェント機能を使ってみるなど、フレキシブルに使い分けることができます。
転職活動が思ったように進まなかったり、書類作成に悩んだりしたときに、使い慣れたサイト内でエージェント機能が利用できるのは安心ですね。
dodaの公式サイトはこちら

ここからはおすすめの転職サイトや転職エージェントを求職者の属性ごとに紹介していきます。実際の口コミ情報もぜひ参考にしてください。

口コミあり!おすすめ転職サイト2社比較

社名 特徴
リクナビNEXT ・全年代におすすめ!
・転職者の8割が利用している*
女の転職type ・女性特化型転職サイト
・事務、経理などの求人多め

*マクロミル調査

リクナビNEXT

転職者の8割が登録しており登録者実績も豊富なため、まず求人探しから転職を始めたい方におすすめのサイトです。

サイト内で「レジュメ登録」を行うと、企業から直接スカウトが受けられるので、自身の市場価値も知ることができます。

また、応募書類の書き方から退職の準備など、転職にまつわるすべてが解説された「転職ノウハウ」というコンテンツがとても参考になるので、おすすめですよ。

  • 特に職務経歴書をWord形式でダウンロードできるのは助かりました(29歳男性)
  • サイトの見やすさも、求人探しをストレスなく行うのに役立ちました(38歳女性)
  • 求人ページがシンプル過ぎて、各企業のPRポイントが伝わりづらかった(30歳男性)
  • 掲載企業の数も多く、自分の条件もある程度満たせるかたちで絞込みが出来て良かった(29歳女性)

リクナビNEXT公式サイトで簡単登録

女性の転職type

女の転職type

女性に特化した転職サイト自体かなり珍しく、転職サイトの利用を考えている女性には必ず利用してほしいサイトです。

女性の採用を目的として求人を出している会社が主なので、男性と比較されるということもありません。

女性目線のインタビューなどもサイト上に掲載されているので、是非参考にしてみてください。

  • 女性向けの一般職の仕事や中小企業の求人が多く掲載されている点も、キャリアウーマン志向でない私には合っていました(31歳女性)
  • 男性向けの求人は載っていないので、仕事を探す時に目にする求人に無駄がなかったように思います(26歳女性)
  • 地方の求人は少ないように感じた(24歳女性)
  • スカウト機能が充実していて、あまり興味のなかった業種からの依頼も多く、参考になることが多かった(27歳女性)

女性の転職type公式サイトで簡単登録

口コミあり!おすすめ転職エージェント3社比較

社名 特徴
リクルートエージェント ・全年代におすすめ!
・業界最大級の求人数**
マイナビエージェント ・20代に信頼されている転職エージェントno.1***
・書類添削や面接対策に定評あり
ウズキャリ ・第二新卒、既卒、フリーター特化型
・経歴に自信がない人のサポートが得意

**リクルートエージェント調査、***楽天リサーチ

リクルートエージェント

リクルートエージェントは全年代対象の日本最大級の転職エージェントです。

求人数だけでなく、幅広い業界・業種の求人が集まっており、紹介してもらえる求人の幅も広がります。

やりたいことははっきりと決まってないけど、サポートしてもらいながら転職をしたい方におすすめです。

  • 大手の営業職の求人を多数紹介してくださったので満足しています(31歳男性)
  • 面接対策がしっかりとしていたので安心でした(25歳女性)
  • 面接の日取りなども全て仲介してくださるため、直接やり取りするよりかは時間がかかってしまうのも事実(20代男性)
  • この会社は、こういう風に自己PRをしてください、とダイレクトに教えてくれるので面接にも不安が少なく挑めました(30歳女性)

リクルートエージェント公式サイトで簡単登録

マイナビエージェント

マイナビエージェント

初めての転職や、20代の転職におすすめのマイナビエージェント。

未経験でも応募可能な求人が豊富で、特に営業職やIT業界への転職が得意です。

キャリアアドバイザーの転職サポートに期限が設けられていないので、焦らずに転職活動ができます。

  • 履歴書の添削や面接の対策はもちろん、企業への給与交渉などを精力的に行ってくれたのが良かった(24歳男性)
  • エージェントの方がいろいろと提案してくれるため、こちらは受け身でも転職活動ができる面はありますが、少しプレッシャーに感じました(28歳女性)
  • 書籍や雑誌の編集者、というかなり限られた希望条件だったが、他の転職エージェントと比べて求人数が多かった(29歳男性)
  • 求人数があまりに多く、焦点を絞りづらかった(24歳女性)

マイナビエージェント公式サイトで簡単登録

ウズキャリ

フリーター、既卒、第二新卒に特におすすめなのがウズキャリです。

担当アドバイザーのサポートが手厚いのが特徴で、平均20時間もマンツーマンで向き合ってくれます。

アドバイザー自身も既卒もしくは第二新卒なので、話しやすいことにも定評があります。

  • いい意味でとてもフランクで相談事や直接転職に関係ないことなども話しやすかった(25歳男性)
  • 積極的過ぎてこちらから言いたいことを伝えにくいのがデメリットでした(23歳女性)
  • 未経験者でも働ける仕事を紹介してくださったので満足しています(21歳男性)
  • 時間をかけて転職サポートをしてくださったので印象が良かったです(26歳女性)

ウズキャリ公式サイトで簡単登録

【この記事のまとめ】転職サイト・エージェントのメリット・デメリット

転職エージェント、転職サイトにはそれぞれのメリットデメリットがあることを理解して、自分の希望や環境にあった方法を選ぶのが転職成功の近道になります。

【転職サイト】

メリット

  • 多数の求人の中から希望条件に合った求人を自分で選べる
  • 企業からのスカウト機能があるので応募しなくても自分の市場価値を測りやすい
  • 自分のペースで転職活動ができる

デメリット

  • 履歴書や職務経歴書の添削が受けられない
  • 転職エージェントが扱うような非公開求人を閲覧できない
  • 面接日程を全て自分で調整する必要がある
  • 求人選びやキャリア、面接対策について客観的なアドバイスが受けられない

【転職エージェント】

メリット

  • 履歴書や職務経歴書を添削してくれる
  • 転職サイトでは公開されていない非公開求人を見られる
  • 求人選びやキャリア、面接対策について客観的なアドバイスが受けられる
  • 求人への応募、面接の日程調整、給与交渉を代行してもらえる

デメリット

  • 求職者のサポートを担当するキャリアアドバイザーのスキルに差がある
  • 希望する求人を紹介してもらえないことがある
  • 自分のペースで転職活動を進められないと感じる可能性がある

どちらが自分に合っているかわからない、両方試してみたいという人は、転職エージェントと転職サイトの機能を併せ持つ「doda」がおすすめです。

転職エージェントや転職サイトを賢く利用して、転職を成功させましょう。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の豊富な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。(株式会社マクロミル調査,2016年1月)
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績No.1!(リクルートエージェント調査)
  • 業界大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人数約20万件
  • 満足度97%の面接力向上セミナーあり(リクルートエージェントセミナー満足度調査,2018年)

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートが受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1(電通バズリサーチ調査)
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者との強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名(2018年1月時点)のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

おすすめの転職サイトは評判と口コミで選べ!失敗しない2つの選び方

この記事の目次おすすめの転職サイト|特徴やサービス内容の違いとはおすすめの大手転職サイト3選とその評判おすすめ転職サイトの選び方と転職成功のコツ転職サイトは利用者の特徴にあう特化型を選べ!転職サイト・ ...

  • 🕒
  • 2020.01.14更新

IT業界におすすめの転職サイト厳選4つ|失敗しない選び方と注意点

IT業界で転職する際、どの転職サイトを利用するか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 ここでは、IT系職種への転職を考えている方にぜひ使って欲しい転職サイトをご紹…

  • 🕒
  • 2019.12.13更新

【リクナビネクストの評判】口コミから分かる失敗しない使い方

「リクナビネクストの評判っていいの?」「転職するなら登録した方がいいのかな」失敗できない転職活動において、転職サイト選びはとても重要です。この…

  • 🕒
  • 2019.11.15更新

事務職の転職におすすめの転職サイト4選!未経験でも失敗しない秘訣

事務職は働きやすいと言われている職種のため、多くの方に人気です。しかし、「事務職に転職したいけど、どの転職サイトを使えばいいのかわからない…」という方も多いのではないでし…

  • 🕒
  • 2019.08.28更新

転職サイトの年収アップ率ランキング!アンケート結果から見えた真実

転職サイトのランキング、よく分からずに使っていませんか?一言で転職サイトのランキングと言っても、その基準はバラバラだったり、根拠がないランキング表がほとんどです。…

  • 🕒
  • 2019.08.01更新

マイナビ転職の評判はどうなの?使いたいサイトNo.1の理由と口コミ…

「マイナビ転職の評判ってどうなの?」「自分は登録した方がいいのかな」 人生における大きな決断の一つで、失敗できない転職活動においてどこ…

  • 🕒
  • 2019.05.27更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト