元キャリアアドバイザーが教える転職エージェントの裏事情と活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェントの登録やサポートは全て無料です。しかし、無料だと「何か裏があるのでは?」と不安になる方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、気になる転職エージェントの裏事情について、元キャリアアドバイザーの「がんちゃん」が解説します。

裏事情を知ることで、転職エージェントを最大限に活用する方法も見えてくるはずです。「全部やらなきゃ!」と難しく考える必要はありませんが、ぜひ参考にしてみてくださいね。

がんさん
元キャリアアドバイザー

教育業界から大手転職エージェントへ転職し、約5年半にわたりキャリアアドバイザーとして勤務。業界や職種を問わず、20代を中心に1,000人以上の求職者を支援した。
自身も就職や転職活動で悩んだ経験から、人生において重要な「仕事選び」のサポートに携わりたいという思いがある。

転職エージェントの裏事情はその仕組みにある

 

求職者の転職活動を無料でサポートしてくれる転職エージェント。

無料の理由には、転職エージェントが収益を得るための仕組みが大きく関わっています

その「裏事情」を知れば、転職エージェント側のメリット、デメリットも考慮しながら利用できるようになります。

するとエージェント側も求職者に最大限のサポートをしてくれるようになり、結果的に転職活動がスムーズに進みやすくなるでしょう。

まずはその仕組みを説明していきます。

転職エージェントの利用料が無料の理由

転職エージェントは、求人紹介から書類・面接対策、入社時の条件交渉まで、転職活動をトータルでサポートしてくれるサービスです。

ここまで手厚いサポートがあるにも関わらず、求職者側は費用を支払う必要はありません。どんな裏事情があるのでしょうか?

実は転職エージェントは人材を募集している企業に求職者を紹介し、その求職者が入社して初めて、企業側から紹介手数料をもらう仕組みを取っています。

つまり、企業から収益を得ているため、求職者からは得る必要がないのです。

成功報酬として支払われる紹介手数料は、一般的には転職者の年収の30%前後といわれています。転職者の年収が高ければ、エージェントが得る紹介手数料の額も上がります。

転職エージェントのビジネスモデル

すると新たに「年収が高い求職者の方が、サポートが優先されるのでは?」という疑問が浮かびますよね。次の章で、実情を解説します。

年収の高い求職者が優先とは限らない

年収が高い求職者の方が紹介手数料が高いというと「高年収者のサポートが必ず優先される」と誤解されがちですが、実は違います。

キャリアアドバイザーがサポートを優先したいと感じるのは、「仕事がしやすい」と思える人です。「内定が決まりやすい」人ともいえます。

リクルートエージェントなどの大手総合型転職エージェントを例に、裏事情を詳しく見ていきましょう。

大手総合型転職エージェントでは、企業の窓口担当をリクルーティングアドバイザー、求職者の支援担当をキャリアアドバイザーと呼び、それぞれを別の社員が担当しています。

リクルーティングアドバイザーの社内評価は「成功報酬(紹介手数料)総額」、キャリアアドバイザーは内定に導いた「人数」で決まるのが一般的です。

キャリアアドバイザーの評価に転職者の年収は関係ありません。むしろ年収が高い求職者の方が、紹介できる求人の幅が狭いという難しさもあります。

つまり、「高年収者のサポートが必ず優先される」という考えは誤りです。

転職エージェントを利用する際は、キャリアアドバイザーに「この人は仕事がしやすい」「内定が決まりやすそう」と思ってもらえるよう、良い関係を築いていきましょう。

裏事情の活用法1:レスポンスを早くする

では、キャリアアドバイザーに「仕事がしやすい」「内定が決まりやすそう」と思ってもらうには、具体的に何をすれば良いのでしょうか。

一番簡単で有効な方法は「キャリアアドバイザーからの連絡に対し、レスポンスを早めること」です。

レスポンスが早い求職者は求人応募の決断が早く、選考や内定が決まるのも早い傾向にあります。

そのため、キャリアアドバイザーの中で優先順位が上がりやすくなります。

また、裏事情として、急募の求人が出た場合はレスポンスの早い人に優先して打診するケースが多いです。普段からレスポンスの早さに気を付けていれば、応募のチャンスが広がりますよ。

POINT:レスポンスが早いと転職意欲が伝わってきますし、キャリアアドバイザーとして支援しがいもあります。特に、応募する・しないの決断や、面接の日程調整に関わる話には「早めに返信」を心掛けましょう!

裏事情の活用法2:内定が決まりやすい人と思ってもらうには

レスポンスの早さ以外に、以下のようなことを心掛けるのもおすすめです。

  1. 面談の事前準備を入念にする
  2. 服装など最低限のマナーを守る
  3. キャリアアドバイザーに本音を伝える
  4. 他のエージェントから応募しない

キャリアアドバイザーも人間なので、気持ちよく仕事ができる相手を優先してサポートしたいと思うものです。

転職エージェントを利用する際は「仕事の延長」といった心構えで、相手が動きやすいように行動してみれば良い結果につながりやすくなります

POINT:キャリアアドバイサーのために、そこまでしないといけないの?」と思う方もいるかもしれません。
ここで挙げた裏事情は、あくまで転職成功のためのテクニックの一つです。行わなかったからといって、不利になることはありません。心に留め、余裕があれば実践してみるとよいでしょう。

面談の前準備をしっかりとする

転職に関する相談なら、何でも受け付けてくれるキャリアアドバイザー。

しかし、頼りになるからといって任せっきりにしたり、お客様目線の態度を取ったりしてしまっては、あなたの意欲が伝わりません。「サポートの優先順位が低い」と判断されてしまう可能性もあります。

例えば、最初の面談の際に

  • 履歴書や職務経歴書を用意しておく
  • 質問の内容を考えておく

などの準備をしておくと、やる気や熱意が伝わりますし、面談の質も上がりやすくなります

POINT:何から何まで事前準備が必要なわけではありません。
しかし、自分で進められる分は進めておけば、キャリアアドバイザーからみても印象が良いです。

最低限のマナーを守る

キャリアアドバイザーに「内定が決まりやすい」と思ってもらうには、最低限のマナーを守ることも大切です。面談や普段のやり取りなどでマナーを守れれば、良い印象を与えやすくなります。

例えば、

  • 面談中には相づちを打ちながら話を聞く
  • ハキハキと話す
  • メモを取る
  • 挨拶や感謝の言葉を伝える

こうした点に気をつけるだけでも「マナーが良い人」という印象を与えられます。

外面的な印象もアピール要素なので、面談の際にはラフ過ぎない服装をしていくのがおすすめです。オフィスカジュアルの洋服がなければスーツで臨むのもよいでしょう。

POINT:「マナー」というと大げさかもしれませんが、ビジネスの場で当たり前にやっている行動を転職エージェントとの面談に取り入れればいいだけです。難しく考える必要はありません。

キャリアアドバイザーに本音を伝える

転職エージェントに相談する40代

転職エージェントの面談では現職への不満や転職先への希望など、「言ってもいいのかな…」と思うような話も正直にして問題ありません。

むしろ不満や希望は本音で伝えた方が、キャリアアドバイザーもその人に合った情報を適切に提供できるようになり、サポートの精度が上がります

心を開いて本音で話してくれる相手には、キャリアアドバイザーも手厚いサポートで応えたいと考えるものです。

見栄を張ったりうそをつくことなく、本音での相談を意識しましょう。

POINT:キャリアアドバイザーもアドバイスを素直に聞いてもらえたり、本音で頼ってもらえたりするとうれしくなります

言いたいことは、何でも伝えてくださいね。

他のエージェントから応募しない

複数の転職エージェントへの登録は一般的ですし、決して悪いことではありません。むしろ、良い求人情報を収集するためには複数登録がおすすめです。

ただし、キャリアアドバイザーに「内定が決まりやすい」と思ってもらうには、求人に応募する転職エージェントを1カ所に絞るのも一つの方法です

キャリアアドバイザーも人間ですから「この転職エージェントからしか応募しません」と言われたら、「優先してサポートしよう」という気持ちになりますよね。

POINT:転職エージェントは複数登録した方が、良い求人に多く出会える可能性が高まります。

複数登録して求人情報を広く集めておき、実際に応募する際は1社のエージェントに絞るのが良い方法です。

おすすめの転職エージェント3選

転職エージェントの裏事情を理解したうえで転職活動を有利に進めるには、相性のよいキャリアアドバイザーと出会うことも大切です。

キャリアアドバイサーの中には求職者の年収やスペックを最重要視する人も、いないわけではありません。「この人とは合わないな」と感じるようなキャリアアドバイザーと出会う可能性もあります。

複数の転職エージェントに登録して相性を見極めることが、あなたにとって良いキャリアアドバイザーに出会う近道になります。

ここからは、おすすめの転職エージェントを紹介していくので参考にしてみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートキャリアが運営する転職エージェントです。経験豊富なキャリアアドバイザーが多く、サポートの質も高いと評判です。

一般公開されていない非公開求人を含めると求人数は30万件以上と国内最大級でもあります。

リクルートブランドの知名度に加え、人材紹介業の老舗でもあるため、多くの企業とつながりを持っているでしょう。

公式ページで無料登録

リクルートエージェントの悪い評判・口コミは本当か?評判を分析!
リクルートエージェントは転職業界の中でも日本最大級の転職エージェントです。 「リクルートエージェントって名前は知っているけどよくわからない...

doda

DODA

dodaは、パーソルキャリア株式会社が運営する転職エージェントです。

求人数は10万件と国内トップクラスです。多くの求人を比較検討したい方には、リクルートエージェントと同様におすすめのエージェントといえます。

元関係者によると職種・業界ごとに求職者を担当するチームもあり、業界ニュースを部署内で共有する取り組みなど、情報共有もしっかりされているようです。

業界動向も把握したうえで転職先を提案してくれます。

キャリアアドバイザーとの連絡手段として「LINE」も利用できるため、気軽に連絡が取れると好評です。

公式ページで無料登録

dodaの評判
dodaの評判は悪い?利用者の口コミを元転職エージェントが分析
「dodaは他の転職サイトと何が違うの?」 利用者の口コミ・評判を調査し、元エージェントの知見を活かしながらdodaについて解説していきま...

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。20代に信頼されるエージェントNo.1を獲得するなど、若年層から支持されています。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは業界や職種ごとに専任のチームに分かれているため、志望の方向性に合わせた適切なサポートを期待できるでしょう。

求人数は約4万件とリクルートエージェントやdodaと比較して少ないため、合わせて登録して見ることをおすすめします。

公式ページで無料登録

マイナビエージェントの評判を気にしている男女
マイナビエージェントの評判は?20代に支持される理由と特徴をプロが紹介
知名度も高く、20代から支持されているマイナビエージェントですが、本当にマイナビエージェントは良い転職エージェントなのでしょうか? 「就活...

関連記事

上記の3社以外にもおすすめを知りたい」という方は、転職エージェントのおすすめを紹介している以下の記事も参考にしてみてください。

転職サイトのおすすめを紹介しているイラスト
プロが教える転職サイトのおすすめと1000人の利用者ランキング
「転職サイトがいろいろあって選びきれない!」 「自分に合ったおすすめの転職サイトはどれ?」 転職サイトを選ぶ際のポイントは以下の3つです...

まとめ~転職エージェントの裏事情と活用法~

転職エージェントを活用するために重要なのは、求職者であるあなたとキャリアアドバイザーがwin-winの関係になれるよう意識することです。

そのためにも、転職エージェントの裏事情を知り、良い関係性を築いていくとよいでしょう。

キャリアアドバイザーから「サポートしたい」と思ってもらえる人材になることで、最適な転職先を効率よく探せるようになるはずです。あなたの転職が成功すれば、キャリアアドバイザーの評価も上がります。

相性の良いキャリアアドバイザーと出会うことも重要です。複数の転職エージェントに登録し、相性の良い相手を見極めていきましょう。

この記事で紹介した転職エージェントの裏事情を活用し、ぜひとも転職を成功させてくださいね。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

転職が初めての人

マイナビエージェント
マイナビエージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

公式サイトはこちら

転職成功者の8割が登録

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の豊富な求人数
    新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • とりあず求人情報を見たい人におすすめ

公式サイトはこちら

全年代を得意

リクルートエージェント
  • 転職支援実績No.1!
    (2018年リクルートエージェント調査)
  • 業界大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人数約20万件
  • 満足度97%の面接力向上セミナーあり(2018年リクルートエージェント調査)

公式サイトはこちら

顧客満足度を重視

doda
DODA
  • 転職者満足度No.1
    (電通バズリサーチ調査)
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

公式サイトはこちら

フリーターから正社員へ

ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信がもてないという方向け

公式サイトはこちら

ハイキャリア層(年収600万円以上)

JACリクルートメント
JACリクルートメントキャプチャ
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

第二新卒におすすめの転職エージェント10社比較|口コミ評判も紹介

「第二新卒でも転職エージェントを使っていいのかな」 「第二新卒におすすめの転職エージェントはどれなんだろう」 この記事では…

  • 🕒
  • 2020.04.10更新

なぜ非公開求人がいいの?企業の本音と大手3社の取扱数比較

求人を探していると目にする"非公開求人"の文字。非公開求人は、その名のとおり一般には公開されていない特別な求人を指します。 この記事では、「非公…

  • 🕒
  • 2020.04.10更新

転職エージェントの仕組みを徹底解剖! 知らないと損? 企業との関係

「転職エージェントは無料で利用でき、求職者にはありがたいけれど無料にできる理由は?」「ブラック企業を紹介されたりという心配はないの?」これから…

  • 🕒
  • 2020.04.10更新

転職エージェントの費用は無料!プロが教える仕組みと理由について

「転職エージェントは無料で利用できる!」と公式ページに書かれていても、「本当に無料なの?」「なんで費用がかからないの?」と心配になる人も多いのではないでしょうか。

  • 🕒
  • 2020.04.06更新

正社員への就職で重視されるポイント、求人とは?DYM就職

「自分の経歴でチャレンジできる正社員の仕事はあるのかな・・・」「正社員への就職はできるのかな・・・」 正社員への就職に興味はあるけれど…

  • 🕒
  • 2020.03.31更新

フリーターや既卒、第二新卒の正社員就職を強力に支援!DYM就職

「アルバイトの経験しかないと、正社員になるのは難しいかも」「正社員としての実務経験が短いから、転職できるかな」 正社員としての実務経験…

  • 🕒
  • 2020.03.31更新

転職エージェントの選び方!プロが教える求職者タイプ別のおすすめ

プロならではのアドバイスが受けられる転職エージェントは、求職者の頼れる存在です。 しかし、選び方に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 この記事では、元キャリアアドバイザー「がんち…

  • 🕒
  • 2020.03.27更新

転職エージェントの評判!1000人調査の満足度と口コミをプロが解説

転職エージェントに登録する前に、利用者の評判は見ておきたいですよね。 しかし、公式ページを見ても、利用者のリアルな口コミはなかなか載っていません。 この記…

  • 🕒
  • 2020.03.25更新

女性向け転職エージェント!年代別・目的別のおすすめと上手な使い方

「女性におすすめのエージェントを使って転職したい」 「女性向けの転職エージェントって何が違うの?」 転職の悩みや不安は人それぞれ…

  • 🕒
  • 2020.03.19更新

転職エージェントは複数使ってもいいの?掛け持ちのメリットと注意点

「転職エージェントは複数利用してもOK?」「掛け持ちするなら何社まで?」 転職エージェントを利用するに当たり、このような疑問を持つ方も多…

  • 🕒
  • 2020.03.18更新

転職エージェントの面談って何?面談のすべてと印象UPのポイント

「面談(キャリアカウンセリング)って何を話すの?」「面談次第で紹介される求人が変わるってホント?」 転職エージェント(人材紹介会社)に…

  • 🕒
  • 2020.03.17更新

転職エージェントが「使えない」のは当然!現役エージェントが語る…

突然ですが、転職エージェントを利用した際に、「連絡が遅くて全然使えなかった...」 「機械的な対応をされたのでもう使いたくない...」

  • 🕒
  • 2020.03.13更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト