30代前半の転職は厳しい?男女別の転職先の選び方と未経験転職の現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代前半の転職というのは、キャリアアップを考える方もいれば、ライフスタイルの変化から転職の必要性に迫られる方もいることでしょう。

この記事では30代前半での転職に対して、「転職には、もう遅い過ぎるだろうか?」「これまでの給料を維持できるのか?」などと不安に思う転職希望者のために30代前半で転職を成功させるコツをご紹介します。

             
★厳選!30代におすすめの転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
マイナビ
エージェント

【30代前半】
信頼度がNo.1!

詳細

リクルート
エージェント

【全年代】
業界最大手の求人数

詳細

doda

【20~30代】
転職者満足度No.1

詳細

30代前半の転職事情!経験やスキルを活かした転職で年収アップ

30代前半の転職というのは、即戦力のある中途採用者としてこれまでの経験が評価されることが特徴です。

今まで転職をしたくても踏み切れなかった人、既に転職を重ねてきた人などさまざまでしょうが、キャリアアップを目指すのであれば、両者にとって、30代前半というのは絶好のタイミングといえます。

なぜなら、労働人口の高齢化が社会問題となっている中で、ビジネスの中核を担う30代前半の人材確保が会社の成長のカギとなると考える企業も少なくありません。

さらに、2008年のリーマンショックの煽りを受けて、当時採用数を削減した企業が、30代前半の人材獲得に積極的な風向きがあるのです。

このようなニーズの高さより、30代前半における転職は自分を経験を上手くアピールすることができれば、年収アップも大きく期待できるのです。

30代前半転職の注意点|転職限界説と転職回数

「転職は35歳が限界」という話を聞いたことはありますか?転職活動における「年齢の壁」について「30歳前半での転職は遅すぎるのでは?」「30代前半で未経験分野へ挑戦は可能だろうか?」など、心配に思う方も多いのではないでしょうか?ここでは、30代前半における転職の実態について詳しくみていきましょう。

30代前半は未経験転職の最後のチャンス

35歳を機に転職成功率が下がるという「35歳限界説」。従来、転職市場での定説となっていましたが、現在はこの「転職の常識」に変化の兆しが見えています。

実は少子高齢化や景気回復などに伴い、転職市場は売り手市場となっています。さらに、20代の若い世代をマネジメントできるような即戦力を求めて、中堅層を積極的に採用している企業が多くあるのです。

ただし、未経験者でも問題なく採用する求人は、企業側が他の企業の色に染まっていない、20代の人材を求めていることが多くなっています。

そのため、未経験の職種や業種の場合、30代前半の転職は難しく、35歳限界説が当てはまることもあるでしょう。

30代前半の時期に新しい分野に挑戦したいという場合には、マネジメント力など未経験分野であっても、前職の経験を活かせる部分をアピールする必要があります。

年収が下がる覚悟が必要

30代前半で転職を考えている人の中には、収入の面で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

30代前半での転職においては、それまでに蓄積してきた経験やスキル、転職先でその経験をどう生かすかで年収の上下が決まります。

既に経験を積んできた分野でのキャリアアップ転職であれば年収が上がることも多いですが、過去の経験を活かせない場合は、年収が下がる可能性が十分あるのです。

もちろん、一時的な年収の減少があったとしても、転職先の職種・業界の年収水準、転職後の雇用形態によって、長期的な年収としては元の水準やそれ以上の額を得られることもあります。重要なポイントとは、目先の年収の変化だけで転職するか否かを決めないことです。

自分が後悔しないためにはどうするべきかをしっかり考えるということです。年収が下がる覚悟を持つことも時に必要と心に留めておくとよいでしょう。

30代前半で転職が厳しくなる転職回数は3~4回まで

30代前半は多様なキャリアを持った人が混在する年代であるため、転職回数にはばらつきがあることでしょう。

30代では約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているというデータもあり、経験やスキルが伴うのであれば、30代前半で3~4回程度の転職回数であれば問題なしという企業も多いです。

ただし、過去の転職が同業他社(IT系や営業畑など一貫した職種)という理解を得やすいキャリアがある場合に限ります

採用した会社側は、入社日から即戦力という人材を求めているため、明確な理由もなく、関連のない業種間を転職している場合には転職回数の多さが不利に働くこともあるでしょう。

また、短期間の転職歴があると、書類選考の段階で、採用しても続かないのではとネガティブに評価されることが多いので注意が必要です。

30代前半男性の転職先の選び方|キャリアだけ考えればいい?

30代前半といえば、ある程度の経験を積み、将来的なキャリアのことを考る時期といえます。その中で自分が本当に進みたい方向はどこなのかとキャリアアップ転職や異分野への応募を考えることもあるでしょう。

ただし、独身での転職なのか、家族がいる状況(妻や子ども)での転職なのかによっても、転職先の選び方は影響を受けます。

ここではケース別に30代前半男性の転職のポイントを紹介しますので、自分自身に当てはめて参考にしてみてください。

独身は自分が望む転職をしやすい

即戦力のある人材や管理者として企業からの需要も高い30代前半の転職では、独身男性は特に選択肢が広く、自分の納得できる転職先を見つけやすくなっています。転職活動をする上で、絶好のタイミングだと言えるのです。

このような30代前半の独身男性の場合、やりがいやキャリアアップなどを目的とした転職がおすすめです。

なぜなら、今は独身でも、この先の結婚や子どもの誕生があれば、年収設定や、勤務地、転勤の有無などを考える必要が出てきます。

また、年齢を重ねるほどに、残業や休日出勤、シフト勤務など、労働条件についても検討せざるを得ないようになります。

その点、30代前半の独身男性は、生活環境の変化にも自由度が高く、体力面でも余裕があります。

万が一、収入や勤務時間の条件面で現状よりも厳しい状況になったとしても、「専門スキルを磨きたい、知識を積みたい、市場価値を上げたい」などの長期的な視点から転職することも可能でしょう。

既婚者・子持ちは嫁ブロックに注意

既婚者や子持ちの30代前半の男性が転職をする場合、自分一人の気持ちだけで転職先を選ぶと家族からの反対を受ける恐れがあります。

例えば、自分自身は一時的な収入の減少を覚悟していたとしても、生計を共にする家族からはこれまでの生活水準が維持できなくなるのではといった不安や、将来的な住宅購入や出産などを見据えて反対されるといったことがあるようです。

また、勤務地が変わる場合にも、生活スタイルの変化や配偶者の仕事をどうするかという点で難色を示される場合があります。

このように、せっかく転職先を見つけたのに、妻の不満を解消できず、内定を辞退したという状況を近年「嫁ブロック」と呼んでいます。

嫁ブロックで希望の転職をあきらめざるを得ないという状況にならないために、転職活動を始める段階で家族から了解を取り、条件面のすり合わせをしておくことが大切です。

また、転職先の扶養手当や福利厚生など詳しい情報について、転職者自身がしっかりと理解した上で説明することも有効でしょう。

30代前半女性の転職先の選び方|ライフプランに合わせるのがコツ

30代というのは、結婚や出産、育児などプライベートでもさまざまな変化が起こりえます。そのため。女性が30代前半で転職を行う場合には、現状だけではなく将来的な部分も十分考慮した上で職場探しを行う必要があります

より理想に近い会社へ転職するために、結婚や育児などプライベートのライフイベントとともに、自分自身のキャリアアップについてきちんと押さえておきましょう。ここでは30代前半の女性が転職をする際のコツについてお伝えします。

独身でも将来のことを考えて転職するべき

30代女性の独身者が転職を行う場合は、結婚や出産のライフイベントを見据えた企業選びが重要です。

国を挙げて、出産・育児後も女性が変わらず働き続けられるような環境の整備が推進されてはいるものの、育児休業制度取得率の男女差や、育児休暇後の復職問題、正社員としての働きにくさなど、女性の労働者を取り巻く環境にはまだまだ課題が残されています。

例えば、将来的に子育てをしながらキャリアも継続したいという女性の場合、現在の会社に自分の理想とするキャリアプランやライフプランのロールモデルとなる存在があるかを確認するとよいでしょう。

制度はあるものの前例がない場合には、実際の利用が困難なこともあるため注意が必要です。

現在の会社ではキャリアの継続は難しいと感じる場合には、自由の利きやすい独身の内に、女性の働きやすい環境の整った会社に転職するのも一つの方法です。

既婚者・子持ちは働き方に融通が利くベンチャー企業がおすすめ

結婚後や出産後のキャリア形成に悩む30代前半の女性は多くいます。特に、女性社員が少ない業種や若い女性社員しかいないような中小企業の場合、出産や育児との両立をサポートする環境が整っていないことも多いです。

また、女性の働き方に対して十分な理解がされず、肩身の狭い思いをすることもあるでしょう。

大手企業では女性活躍への取り込みが進んでおり、制度が整っていることも多いですが、その分転職の難易度も上がります

一方、成長期にあるベンチャーは、人材不足に悩んでいることも多く、経験とスキルを持つ人材であれば、一人一人の社員の状況に合わせてフレキシブルな労働環境を用意することにも積極的です。

固定観念に縛られない働き方を実現できる柔軟性はベンチャー企業ならではのメリットだと言えるでしょう。

ライフワークバランスの観点から、30代前半の転職を考えている女性は、ベンチャー企業を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

30代前半で転職するなら転職エージェント

30代前半で現職がある人が転職活動を進めることは簡単ではありません。なぜなら、日々仕事をしているため、企業研究や採用事情の把握、自己分析、日程調整などにかけられる時間が限られています。

また、転職先に求める条件なども多岐にわたるため、自分の希望とマッチした求人を探すのは一苦労でしょう。

そこでおすすめなのが「転職エージェント」の有効活用です。大手エージェントでは特に求人数も多く、その中から担当のキャリアアドバイザーが求職者の希望にぴったりの仕事先を見つけてくれるでしょう。

一般公開されていない、非公開求人にも巡り合うことができます。無料で利用できるところが多いため気軽に登録できるのもポイントです。

中には「ハイキャリア層」に特化した転職エージェントもあり、ヘッドハンターとの連携も強化されています。

30代前半でそれまでのキャリアや専門スキルのアピール、キャリアアップに自信がある方は、そのようなヘッドハンティング制度を活用すると良いでしょう。

30代の転職エージェントランキングをチェック

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクルートエージェント
  • 転職しづらい30代~50代の層に特に強い
  • 業界最大手のリクルートで条件交渉力No.1!
  • 非公開求人が9万件!リクルート独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉も担当コンサルタントが代行

転職成功実績No.1で、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

パソナキャリア
  • 業界トップクラス40,000件以上の求人数
  • 注目企業の求人多数!
  • 専門特化したキャリアアドバイザーに相談したい方
  • 年収アップをサポート

『正しい転職』を目的とした転職エージェント
正しい転職の条件が一人一人違う中で、コンサルティングを通してしっかりとサポートします。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」等のエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

30代女性・子持ちの転職は厳しい?コンサルタントが伝授!成功のコツ

子育てで大忙しなのに、「育児と家事を両立しながら、やりがいのある仕事をしたい」「子持ちだけど、もっと条件の良いところで働きたい」と思ったことは…

  • 🕒
  • 2019.05.20更新

30代でも未経験転職はできる?正社員になるために必要な2つのコツ

「やっぱりこの業界向いてないかも」「チャレンジするなら、ラストチャンスなのかな?」と思っていませんか? 30代で未経…

  • 🕒
  • 2019.05.14更新

30代転職で年収ダウンは当たり前?それでも年収アップさせる方法

30代で転職を考えている人の中には、「30代で中途採用として転職すると収入は下がるのだろうか?」「転職はしたいけれど、年収は下がるのは嫌だ」などと…

  • 🕒
  • 2019.04.27更新

30代の転職失敗談!経験者から学ぶ失敗しないためのアドバイス

この記事の目次30代の転職失敗談!「失敗した点と成功した点双方あります」32歳男性の転職失敗談「結婚後も考え営業に転職」31歳女性の転職失敗談「ブラックすぎて無理でした」30歳女性の転職失敗談「派遣か ...

  • 🕒
  • 2019.02.15更新

30代転職準備マニュアル完全版!面接の服装から志望理由まで解説

30代になって初めて転職しようという人は、「転職活動ってどうやるの?!」「面接なんて10年以上前に受けただけだから、忘れてしまった!」と転職活動の…

  • 🕒
  • 2019.02.15更新

30代女性のアラサー転職は厳しい?企業が求めるものと失敗回避の心得

30代の女性は、ライフイベントの変化とともに働き方も変わります。 そのため、転職を考える時には「1~2年後には結婚するかも」「そのうち子供が欲しい

  • 🕒
  • 2019.02.14更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト