30代独身女性の転職実話|企業が求める事と会社を見分けるコツ3つ

仕事と家庭の両立で悩んでいる女性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職したいけど、30代でも転職先を見つけられるか不安…」働く30代独身女性にとって、人生の中で30代はもっとも忙しい時期ではないでしょうか?

ワークライフバランス、自分の今持つスキルと今後のキャリア、そして結婚・出産といった予測しづらい大きなライフイベントなど悩みはつきません。後悔のない転職をするためにも、将来をしっかり見据えた会社選びをしましょう。

             
★厳選!30代におすすめの転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
マイナビ
エージェント

【30代前半】
信頼度がNo.1!

詳細

リクルート
エージェント

【全年代】
業界最大手の求人数

詳細

doda

【20~30代】
転職者満足度No.1

詳細

30代独身女性のリアル転職体験談!

社会福祉法人給食から医療事務へ転職(31歳 女性)

Q1 年収の変化

100万減額

Q2 転職理由

転職理由の1番は婚前前の同棲により、通勤県外となり通えなくなったため。しかし通勤以外にも前職では、今後自分が家庭をもった際に家庭との両立も厳しいと感じていたため結婚をしたら退職しようと以前より考えていた。

産休・育休制度はあるもののローテーション勤務だったため家庭との両立は難しいと感じていた。また、前職は年頃の女性が多くみんなが時間短縮勤務だったり、こどもを理由に仕事を休むことなど難しいと思っていた。

自分もよい年頃なので、独身の間に考えておきたいとは思っていた。まだまだ社会は制度があっても女性が働くのに働きにくいと感じる職場はたくさんある。

Q3 転職で重視したこととその理由

1.家庭との両立:今の職場は休憩時間が長く2時間半。その間に自宅に帰り夕食の準備や風呂掃除・洗濯物の取り込みなど。家事との両立ができるのでありがたい。

2.通勤時間:自宅から30分圏内がよいと思っていた

3.雰囲気がよい:人間関係がよさそうなのでここに決めた。

Q4 転職で不安だったこととその理由

1.他府県からなので採用されるかどうか:地元じゃなかったので、どこがよい職場というのが全くわからなかったのが不安があった。

2.前職との仕事と違うので採用させるかどうか:転職前に資格をとり、経験はなかったので雇用してもらえるのか不安があった。

3.転職活動の仕方:転職活動の仕方がわからなくて困った。

Q5 30代独身時に転職して一番大変だったことは?

今後結婚して子供を作るとなるとやはり受け入れてくれる職場が狭いように感じる。企業側は産休・育休制度をたくさん使用されたくない職場が多い雰囲気も感じる。ハラスメントにはならない程度にやんわり聞いてくるところもある。

Q6 転職してどうだったか?

今は時間が作れているのでその点では助かっている。しかし、時間とお金は比例するもので、時間があればお金が少ないのでその面がやはりつらい。

Q7 現在転職を検討している女性へアドバイスをするなら?

その時何が大切なのかをよく考えたほうが良いと思います。今の職場では何が足りないのか?

新しくところにいったときに今より求めていたものはあっても、今あったものがなくなることもあるのでどこなら妥協できるかも視野に考えて転職を行うほうがよいです。

とじる
つづきを読む
医療事務から一般事務へ転職(30歳 女性)

Q1 年収の変化

270万から300万へ

Q2 転職理由

医療事務の時はレセプトやカルテ出しがあり、帰宅が遅くなることが度々ありました。結婚を目前にした時、家庭との両立が難しいことが悩みでした。

おやすみなども取りづらく週末に取れないことや、休日出勤が年に数回発生することなどを考え転職を決意しました。

Q3 転職で重視したこととその理由

1.社風:結婚に対してあまり良く思わない企業が多いので、その点に関して理解があるか、また家庭と両立してる女性がどのくらいいるのかを一番に重視しました。

2.給与:共働きとはいえ、安かったら扶養内に入ることも考えていたので、家庭のやりくりが出来る給与を視野に入れて探しました。

3.休日:妊活もすぐに始める予定でしたので、育児が始まったときのことを考え休日は旦那さんと合うところを重視しました。

Q4 転職で不安だったこととその理由

1.30歳からの転職に対してうまくいくのか:一番不安でした。すぐに結婚や妊娠があると思われてしまう年齢なので、それ以上のやる気をどう見せたら良いのか悩みでした。

2.規定:入社してから色々と知るケースが多いので、マイナスになる点がないかはとても心配になりました。

3.人間関係:人間関係がひどいとストレスになります。どこの会社にも嫌な人はいますが、トラブル等が以前は嫌になるほどあったので、人間関係に対して不安がありました。

Q5 30代独身時に転職して一番大変だったことは?

強みがないことが一番大変でした。経験を積んでも、若い方には負けてしまいます。自分の強みはなんなのか、どう伝えたら良いのかで苦戦しました。

Q6 転職してどうだったか?

プライベートの時間がすごく増え、充実した毎日を送れるようになり転職に対しては良かったと思っています。

自分に余裕がでてくることで、家庭に入ることもできますし、仕事との両立が苦ではありません。

Q7 現在転職を検討している女性へアドバイスをするなら?

短時間で仕事が決まるとは思わず、あればあるだけ当たっていく気持ちで前向きに頑張ってください。今の頑張りは数年後良い結果となっていると思います。

とじる
つづきを読む
医療事務から大学の助教授へ転職(32歳 女性)

Q1 年収の変化

550万円から480万へ

Q2 転職理由

大学卒業後に就職しましたが、専門的に研究したい分野ができ大学院に進学、研究していた時期がありました。その時からいずれ機会があれば、大学で研究及び学生に教える仕事をしたいとは考えていました。

大学院終了後は自身の資格を活かして医療に従事していましたが、ある大学で特定分野を教えることのできる人を探しているという情報が大学院OGを通して私にきたこともあり、チャレンジしてみたいと思ったのが転職理由です。

特に働いていた職場に不満等があったという訳ではなく、自身のキャリアアップを考えての転職でした。

Q3 転職で重視したこととその理由

1.職場環境:大学の助教でしたので直属の上司にあたる教授や准教授、講師が誰で、どのような研究をしているのかを重視しました。また学部を統括する学部長なども重視しました。

2.年収や福利厚生:私立の大学では最初に残業代なども全て込みで年収として設定されることもあるので年収はいくらになるのか、そこに残業代などの手当は含まれているのか否か、含まれていないのであればどのような手当てがプラスされるのかなどを重視しました。

3.勤務地の場所:独身なのである程度は動くことができるのですが、北海道や九州などあまり遠方には行きたくないと考えていたので、勤務地はある程度範囲を決めることにしました

Q4 転職で不安だったこととその理由

1.人間関係:大学は組織があまり大きくない中で人間関係が濃くなるので、人間関係がうまくいかないとなるとかなり厳しい職場環境になると思ったからです。

2.拘束時間:次に不安だったのは、勤務するにおいて拘束時間が長いという点です。基本的に学生に教えながら自身の研究をしないといけないので、勤務時間があるようでないのが実情です。

特に学会などの前になると徹夜が続きますので、心身ともに大変な職場だとも思い不安でした。

3.32歳という年齢:やはり結婚もしたいと思っていたので、果たしてこの年齢での転職自体が良いのか?と考えました。結婚したいなら転職などしない方が良いのかもしれないと思ったからです。

Q5 30代独身時に転職して一番大変だったことは?

転職後、30代独身ということでいろいろな仕事を次々任されることになってしまいました。ある程度は覚悟していましたが、予想以上に都合よく仕事を任されてしまい、暫くは周りの目もあり断れずかなりの業務をこなさないといけなくなってしまいました。

ストレスもたまりますしそれが一番大変でした。

Q6 転職してどうだったか?

予想外に大変なこともたくさんありましたが、以前からやってみたいと思う仕事ができたので、トータル的には転職して良かったと思っています。

転職して初めて経験できたこともあり勉強になりましたし、転職前よりやりがいもありました。年齢的に転職は不安もありましたが、充実感の方が高かったです。

Q7 現在転職を検討している女性へアドバイスをするなら?

30代という年齢での転職は、タイミングとしてはとても良いと思います。仕事を楽しんでみたい、違う世界を経験してみたいと思うのなら、30代独身の時こそ飛び込んでみる良い機会だと思います。

いろいろ不安に思うこともあるかと思いますが、転職を考えているなら積極的にトライしてみるべきだと思います。

とじる
つづきを読む

30代女性の転職は「独身」だと成功率が変わる?

無料の仕組みを疑問に思う女性

転職で同じ30代でも「独身」よりも「既婚」女性のほうが採用されやすいと考える人は多いですが、実際は「独身」という理由が採用を左右するものではありません

書類選考や面接の場で採用担当者が注視しているのは、30代独身女性は結婚や出産の可能性があり予測がつかないと同時に結婚・出産のタイミングで退職のリスクも高いこと。

また家庭と仕事のあり方についての価値観が定まっていない傾向にあるということです。それに対し、既婚女性は子供がいる分、ライフプランの価値観とキャリアプランの形成がより堅固であるとも言えるでしょう。

それでは、どのように将来のライフプランを考えていけばよいのでしょうか?近年における働く30代女性のワークライフバランスの傾向を統計などから詳しく見てみましょう。

近年の30代女性の傾向

日本の女性労働のターニングポイントは1986年に施行された「男女雇用機会均等法(以下、均等法)」まで遡ります。日本は、これを機に女性の働き方が大きく転換し男女の働き方が多様化しました。

さらに2016年に施行された「女性活躍推進法」は企業における女性のキャリアアップを具体的に企業が国に示すことが義務付けられました。

しかし、近年の30代の女性が受け取っている平均年収は、30代前半で382.6万円、30代後半で394.6万円に対して、男性は30代前半で469万円、30代後半では521.4万円です。(2016〜2017年dodaエージェント統計)

女性の活躍が促進されているとはいえ、まだまだ男性に比べると低い年収となっています。

これは、30代の女性の婚姻、出産、育児によるライフスタイルの変化によって、離職してしまったり、その後希望する職業形態が非正規雇用となることも関係しています。

30代前半・後半で異なる!転職で企業が求める事とアピールのコツ

働く30代独身女性の多くは、業績を積み管理職や会社の中核メンバーとしてプロジェクトを運営したりするなど、専門性も責任もある存在として活躍している人が多いでしょう。

同時に30代というと予想できないライフイベントを迎える可能性も高まってきます。

結婚や出産といった理由で一度正社員としての仕事を辞めると、再び正社員として働ける確率は未だに低く、再就職を希望する多くの女性が正社員としてではなく派遣やアルバイトという立場で転職している現状も否めません。

一方でさらなるキャリアアップを求めたり、人間関係や職場環境など会社との折り合いがつかなくなったという理由で、転職を考える30代の独身女性も多いですが、転職市場における30代女性の求人数は20代女性と比べると少なく、厳しい現実が待っています。

しかし、企業側が望む人材と自分の持っているスキルや経験が合致すれば、転職はより有利に成功へと結びつける大きなチャンスにもなります

では企業が30代の独身女性に求める人材とはどのようなものなのでしょうか?

均等法により、性別による採用の可否を決めないことになってはいますが、サービス業や事務職で働く女性は多く、女性の需要が高い職種への転職が有利です。

希望通りの転職を叶えるためにも、企業のニーズを知り、書類選考や面接でどのような対策をすればよいのか30代前半と後半に世代を分けて具体的にアピールポイントをご紹介していきます。

30代前半に企業が求める事

転職を希望する30代前半の独身女性に対して、採用側の企業が心配することは、採用後すぐの結婚退社や育児休暇です。

これは30代前半の多くの女性が結婚・出産をしていることが厚生労働省の統計(「人口動態統計」平成28年度)で分かっているため、企業としても即戦力とならない人材を採用することが懸念されるからです。

そのため、企業や面接官によっては、面接時に結婚や妊娠・出産の予定などを聞かれる可能性もあります。

そこで、ぜひ履歴書や面接でアピールしてほしいのは、まず「長期間働く意欲と熱意」と「結婚後や出産後も仕事を継続できる環境であること」です。

つまり、仕事と家庭のバランスを取ることだけでなく、自分の将来やキャリアプランがしっかりとしていることをうまく伝えることができれば、企業側の心配も十分払拭できるでしょう。

また、前職での「長期勤務」や「業務経験」も十分なアピールポイントとなります。

30代女性の転職のハードルは高いですが、転職ができないということではありません。今の会社を辞職したい理由から、できるだけ具体的な再就職への条件を絞り込むことが転職成功の第一歩です。

そして、希望の仕事を見つけたらまずは履歴書や面接で企業にアピールできることを考えましょう。

30代後半に企業が求める事

30代後半の独身女性に企業が求めることは「即戦力」と「今企業が抱えている課題の解決に貢献してくれそうか」という点です。

そのため、同業種もしくは今までの経験を活かせる職場への転職がポイントです。特に「マネジメント」や「指導経験」のある人は積極的に履歴書や面接時にアピールしていきましょう。

同時に自分ができることを明確にし、どんな企業が自分を欲しがっているのか情報収集することも大切です。

自分の経験をアピールするときは、具体的かつ論理的に数値を使いながら説明することを心がけましょう。前職での経験がより明確に企業側に伝わります。

30代後半独身女性の転職活動は、女性は男性よりも年齢を重ねるごとに転職活動期間が長くなると言われています。そのため、転職活動はできるだけ在職期間中に行いましょう。

30代後半独身女性の転職は、老後のことを含め再就職先でどのようなスキルと経験で働くのか、自分のキャリアプランを長期的な視点で考える必要があります。

さらに今の年収を大きく下げない会社を選ぶことも大切です。

30代独身女性は未経験分野への転職は難しい

前職の仕事にやりがいを感じられず、転職を期に「未経験だけど、好きなことを仕事にしたい」と思っている人もいるでしょう。

しかし、どんなにやる気があっても完全に未経験で入社できるのは20代まで。採用コストや30代独身女性が抱えるリスクに対して企業は30代の未経験者を受け入れる余裕はほとんどないという現状があります。

さらに転職したあと、年収が大きく下がる可能性も経験職への転職と比べて高いことも知っておく必要があるでしょう。

全く未経験であれば、人件費が安くて元気な若い人を企業は採用するからです。また、経験のある職種であれば、今と同等もしくはそれ以上の給与をもらえる求人数の方が圧倒的に多いはずです。

それでも、未経験の仕事にチャレンジしてみたいという人は30代前半のほうが求人数が多く、30代半ばまでなら未経験の求人も少なからずあるようです。

未経験職への転職のポイントは、求人への応募数をできるだけ増やすこと

また、正社員枠だけではなく、契約社員や派遣社員としての転職も考えてみましょう。条件によっては、フリーターとして働くことも可能です。

また、採用される効率をあげるために自分のスキルや経験を棚卸ししてみましょう。業種は異なっても企業が求める技術がある、ビジネスマナーが完璧であるなど共通スキルは必ず何かあるはずです。

それでもアピール材料としてはまだ足りない人やスキルに自身がない人は転職活動中に独学または公共職業訓練などを利用して国家資格や公的資格を中心に取得することを考えてみましょう。

30代独身女性の働きやすい転職先を見分けるコツ

「働きやすさ」として女性が職場に求めるものは、ライフステージやライフスタイル、さらに価値観などによって異なります。

女性が働き安い会社は求人票だけをみても判断できません。30代の独身女性の視点から、どのような会社が働きやすいのかみてみましょう。

30代独身女性が転職時にぜひ意識してチェックしてほしいポイントは次の3点です。

  • 産休・育休の取得実績があるかどうかを調べる
  • 会社全体の離職率を調べる
  • 産休や育休から復帰している社員がいるか聞く

産休・育休の取得実績があるかどうかを調べる

例えば、育休や産休だけでなく育児中の時短勤務など勤務体制にも柔軟な制度があるか

また、会社負担の健康診断に乳がんや子宮がんなど女性特有の疾患の検診が入っているかなど女性社員を配慮した制度や福利厚生があるかどうか、ということに加え、実際にきちんと利用されているかという2点を確認しましょう。

制度はあっても利用されていないとなると、意味がありません。

会社全体の離職率を調べる

希望する会社の社員の継続勤務年数や継続就業率はどうでしょうか?

多くの女性が長く続けている職場は、会社として女性社員の活動に期待を寄せ、女性が働きやすい環境の整備に積極的に取り組んでいる可能性が高いと考えられます。

産休や育休から復帰している社員がいるか聞く

産休や育休は在職中の社員が取得するもので、出産や育児のあとも継続して働く意思のある人がとります。中には出産を期に退職を選ぶ人もいます。

この時に注意したいのが、いわゆる「復職率(復帰率)」です。例えば、会社で30人の女性が妊娠したとします。

うち20人の女性が退職をし、残りの10人は継続就業を選び産休を経て育児休暇に入りました。

この10人のうち9人は育児休暇を経て仕事に復帰しましたが、1人はやむなく退職しました。この場合、育児休業復職率は90%ですが、継続就業率は30%でしかありません。

一見、復職率が高くインパクトはありますが、具体的に女性社員全体に対する育児休業取得者数の実数を聞いてみたり、継続就業率にも注目するようにしましょう

失敗しない!30代独身女性におすすめの転職方法

30代の独身女性が希望の転職を叶えるためには、さまざまなハードルがあることが見えてきました。

転職活動で一番大切なことは、小さな違和感を見逃さず、自分にとって大切な価値観を見つめることではないでしょうか?

そんな時こそ、一人だと情報収集しづらい企業の内部事情や女性にとって働きやすい企業の非公開求人など、お金をかけることなくアドバイスをもらえる「転職エージェント」を利用してみませんか?

最近は、女性に特化した就職をサポートする会社も出ているほどです。

求人数や条件に制限が出始める30代女性にとっては、こういった専門性の高いエージェント利用することは、一つの強みともなるでしょう。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーがあなたの転職活動を準備段階からキャリア相談まで丁寧にアドバイス・サポートしてくれることでしょう。

特におすすめなのは、在職中に転職活動をする人です。限られた期間と都合のなかで、仕事と転職活動の両立をストレスなく進めることもできるのではないでしょうか?

ぜひ、転職を迷っている人は一度転職エージェンとへ相談をしてみることをおすすめします。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクルートエージェント
  • 転職しづらい30代~50代の層に特に強い
  • 業界最大手のリクルートで条件交渉力No.1!
  • 非公開求人が9万件!リクルート独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉も担当コンサルタントが代行

転職成功実績No.1で、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

パソナキャリア
  • 業界トップクラス40,000件以上の求人数
  • 注目企業の求人多数!
  • 専門特化したキャリアアドバイザーに相談したい方
  • 年収アップをサポート

『正しい転職』を目的とした転職エージェント
正しい転職の条件が一人一人違う中で、コンサルティングを通してしっかりとサポートします。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」等のエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

30代おすすめ転職エージェント14選!未経験や女性向けと成功のコツ

30代の転職は、これまでの経験を活かしてキャリアアップを目指す方や未経験で新たな世界に挑戦する方など、さまざまです。 だからこそ、あなたの希望や市場価値を理解して、正しく…

  • 🕒
  • 2019.07.16更新

30代転職で年収ダウンは当たり前?それでも年収アップさせる方法

30代で転職を考えている人の中には、「30代で中途採用として転職すると収入は下がるのだろうか?」「転職はしたいけれど、年収は下がるのは嫌だ」などと…

  • 🕒
  • 2019.07.09更新

30代女性におすすめ転職エージェント8選!希望を叶える活用法とは

「30代の女性向けの転職エージェントはないの?」「30代女性は、どんなキャリアを積んでいくべき?」 着実にキャリアを積んで30代になり、これ…

  • 🕒
  • 2019.06.27更新

30代女性・子持ちの転職は厳しい?コンサルタントが伝授!成功のコツ

子育てで大忙しなのに、「育児と家事を両立しながら、やりがいのある仕事をしたい」「子持ちだけど、もっと条件の良いところで働きたい」と思ったことは…

  • 🕒
  • 2019.06.12更新

30代転職準備マニュアル完全版!面接の服装から志望理由まで解説

30代になって初めて転職しようという人は、「転職活動ってどうやるの?!」「面接なんて10年以上前に受けただけだから、忘れてしまった!」と転職活動の…

  • 🕒
  • 2019.06.12更新

30代前半の転職は厳しい?男女別の転職先の選び方と未経験転職の現実

30代前半の転職というのは、キャリアアップを考える方もいれば、ライフスタイルの変化から転職の必要性に迫られる方もいることでしょう。 この記事では30代前半での転職に対して、「

  • 🕒
  • 2019.05.14更新

30代でも未経験転職はできる?正社員になるために必要な2つのコツ

「やっぱりこの業界向いてないかも」「チャレンジするなら、ラストチャンスなのかな?」と思っていませんか? 30代で未経…

  • 🕒
  • 2019.05.14更新

30代の転職失敗談!経験者から学ぶ失敗しないためのアドバイス

この記事の目次30代の転職失敗談!「失敗した点と成功した点双方あります」32歳男性の転職失敗談「結婚後も考え営業に転職」31歳女性の転職失敗談「ブラックすぎて無理でした」30歳女性の転職失敗談「派遣か ...

  • 🕒
  • 2019.02.15更新

30代女性のアラサー転職は厳しい?企業が求めるものと失敗回避の心得

30代の女性は、ライフイベントの変化とともに働き方も変わります。 そのため、転職を考える時には「1~2年後には結婚するかも」「そのうち子供が欲しい

  • 🕒
  • 2019.02.14更新

30代転職で未経験から営業を始める注意点!絶対に失敗しない方法

待遇や仕事環境、私生活の充実など理由はさまざまですが、30代で転職を決断する人は多くいます。 その中で、営業職には、成果重視型や自分主体で行動できることなど、沢山の魅力があります。 そ…

  • 🕒
  • 2018.12.06更新

30代女性の転職はまだ遅くない?成功のコツは転職サイトの有効活用

「20代の方が転職しやすいのではないか…」「30代だともう転職できないのでは…」と悩む30代女性の方は多いのではないでしょうか?確かに、20代に比べると…

  • 🕒
  • 2018.11.15更新

30代転職は資格がないとムリ?取得難易度と未経験でも成功するコツ

転職する際に資格を取るのが有効と言われていますが、「30代で資格を取るのは大変?」「資格がないと転職できないの?」などと、資格を取ることについて…

  • 🕒
  • 2018.06.04更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト