30代女性のアラサー転職は厳しい?企業が求めるものと失敗回避の心得

30代でも転職が成功するのか悩む女性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代の女性は、ライフイベントの変化とともに働き方も変わります。

そのため、転職を考える時には「1~2年後には結婚するかも」「そのうち子供が欲しい」「やっぱり、正社員として働きたい」など、さまざまな不安があるはずです。

20代とは異なる、30代の中途採用者が企業から求められるものとは、何なのでしょうか?

この記事では、30代女性の転職の気を付けておきたいポイントや、面接を成功させるコツまで詳しくご紹介していきます。

転職が不安な30代女性の方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

★30代女性におすすめ転職サイト・エージェント★
転職サイト名 おすすめポイント 求人を探す
リクルートエージェント

大手の豊富な求人数
転職成功実績No.1!

詳細

doda

女性の転職に強い
転職者満足度NO.1!

詳細

リクナビNEXT(リクルート)

未経験歓迎求人あり
転職者の8割が利用!

詳細

目次

30代女性の転職は厳しい?

転職に悩む女性

30代になると、「転職するなら最後のチャンスかも!」と考える方も増えてきます。

しかし、30代の転職はうまくいくのでしょうか?また、30代前半のアラサーや30代後半では、転職が成功する可能性は変わらないのでしょうか?

まず、30代は同業他社への転職は問題なくできます

20代で積んだ実績や経験・スキルは、企業にとってはとても価値があるものです。

特に30代は、持っている知識を若手社員に教えたり、管理職として部下のマネジメント業など、求められる仕事は多岐にわたります。

そのため、業務内容の経験がある人材は、即戦力とみなされるので、30代だから転職がしづらいということは全くありません。

「35歳転職限界説」の噂は本当?

転職限界説に悩む30代女性

では、30代後半になったらどうでしょうか?

30代後半でも、同業他社への転職は問題ありません。

かつては、終身雇用が主流だったこともあり、社風などに染まった30代の求職者を敬遠することもありました。

しかし、現在は『転職』に対しての意識も変わり、30代後半でも経験やスキルをうまくアピールすることで、問題なく転職はできます

ただ、30代後半になると管理職としての採用の場合もあります。

そうなると、年収が上がる可能性もあって良い反面、その分仕事量が増えるので、仕事とプライベートの両立は難しくなってしまうでしょう。

20代とは違い、ライフプランの変化が多い30代の女性にとっては、将来の働き方を考えて転職先を選ぶことがとても重要になってくるのです。

30代前半も後半も未経験の転職は厳しい…

ここで、ポイントなのが『30代になると未経験の転職は厳しくなる』ということです。

不可能ではありませんが、職種が限られたり、年収が低くなったりと条件があまり良くないことがあります。

30代で年収も変わらず転職を成功させたいという場合は、やはり経験職種への転職が無難かもしれません。

30代女性の転職者に企業が求めるものは?|大手とベンチャーの違い

採用に悩む企業の担当者

女性に限らずですが、30代は企業から『即戦力』であることが求められます。

女性の社会進出が進んでいる現在は、男性と女性で企業から求められることに変わりはありません。

また、即戦力であることのほかに、それまでの勤めていた会社の社風にとらわれないような柔軟性も必要とされます。

20代のような熱意は必要ない…?

30代は経験やスキルが重要視されるとはいえ、熱意をアピールすることは大切です。

企業にとっては、求職者が「なぜ、うちの会社を選んだのか?」「採用したら、活躍してくれるのか?」などは重要な採用基準となります。

30代で経験や実績があれば、転職が上手くいくとは限りません。しっかりと熱意も併せてアピールすることが大切です。

大手企業とベンチャー企業で求められることは違う

30代に企業が求めることは主に即戦力であることですが、企業の規模によって少し違いがあります。

ここでは、大手企業とベンチャー企業で求められることの違いをもとに、30代女性にとってどちらのほうが働きやすいのかをご紹介します。

大手企業とベンチャー企業

大手企業は専門性など高いレベルが求められ、人気も高く応募も多いため、しっかりとアピールできる実績が必要です。

また、「フレックスタイム制でもコアタイムは出勤しなければならない」「部署によっては、時短勤務ができない」など、制度取得のルールなどが細かくマニュアル化されていることが多くあります。

そのため、大手企業は、働き方の自由度が低い可能性が高いです。

一方で、ベンチャー企業は、大手ほど福利厚生や制度が整っているとは言えず、ロールモデルも少ないので、取得に関するアドバイスなどがもらいづらいでしょう。

しかし、交渉次第ではリモート勤務や時短勤務などの、自由な働き方ができる可能性はあります。

産休や育休だけではなく、子育て中などの働き方の融通が利きやすいという点では、仕事とプライベートの両立を重視する30代女性は、ベンチャー企業や中小企業への転職がおすすめです。

取り扱い企業数業界最大級!リクルートエージェント

全年代 実績
求人エリア 求人件数

全年代対応の人材業界最大の求人数を誇る、大手人材紹介会社です。リクルートエージェントでは、定期的にキャリアアドバイザーに対して研修や勉強会を実施していて、エージェントの質も高いのが特徴です。

リクルートエージェントで簡単登録

親身なサポートで人気!パソナキャリア

 
取引先数 転職サポート
年収アップ 女性

求人数40,000件以上を誇る業界トップクラスの転職エージェント。年収アップなどの条件交渉も親身にサポートしてもらえます。各専門分野に精通したキャリアアドバイザーと一緒に転職を成功させましょう。

パソナキャリアで簡単登録

30代女性が転職で失敗しないための心得!3か条

30代女性

20代のうちは転職で失敗しても、もう一度転職する余裕はあります。

しかし、30代はそうはいきません。

そんな、30代の女性が転職で失敗しないためにはどのような点に気を付ければいいのでしょうか?

将来の働きのイメージを固める
将来、家庭を持って仕事と家庭を両立させたい」「バリバリ働くキャリアウーマンとして働きたい」など、人によって将来の希望はさまざまです。
最後のチャンスのなる可能性が高い30代の転職なのでしっかりと将来のイメージを固めましょう。
現在の職場の制度を確認する
現在の職場で希望の働き方に変えられる制度がないか?」「異動は可能か?」など、本当に転職が必要かどうかも大切なポイントです。
転職理由によっては転職が最善策でない可能性もあるので、職場の制度等を確認してみることも必要です。
転職先の希望条件を明確にする
勤務地を変えたい」「年収を上げたい」「仕事量を減らしたい」など、転職によって何を一番変えたいのかを明確にしましょう。
30代女性は仕事への条件が多くなりがちですが、30代の求人は20代よりも限られます。条件をすべて満たすような求人はなかなか見つかるものではありません。
譲れない条件を決めて、それをもとに転職先を決めることでより今の不満が解消され、転職も成功するはずです。

このように、30代女性は転職で何を変えたいのかを明確にすることが、あとで「転職しなければよかった」と後悔しないためには必要です。

ただ、転職活動は精神的にも肉体的にも負担があります。

良い求人が見つからないと諦めてしまったり、「何となくここで良いかな?」と安易に転職先を決めてしてしまうかもしれません。

それでは、転職が失敗してしまいます。

自分自身を追い込みすぎず、気持ちに余裕をもって転職活動を進めることも大切かもしれません。

30代女性は「正社員→派遣」転職を選ぶと失敗する?

正社員としての転職先探しが難航したときに、考えるのがとりあえず「派遣」で働くという選択肢。

その他にも
いまの職場は人間関係が悪いから、とにかく転職したい!けど、そのうち結婚するだろうし、とりあえず、派遣か契約社員として働こうかな…」などの思いから、正社員以外の働き方を考える方もいらっしゃることでしょう。

しかし、「とりあえず、派遣で働く」という結論を出してしまう前に少し考えてほしいことがあるのです。

結婚・出産・子育てなど、将来的な予想がつかないライフイベントが多い30代女性の場合、拘束時間が長く責任もある正社員として働き続けることを躊躇してしまいます。

確かに、派遣や契約社員の場合、正社員よりも採用されやすく、数値目標などに責任がないので、働きやすいかもしれません。

しかし、給与の差や契約の満了などによって派遣切りにあう可能性などもあるのも事実です。

【正社員と派遣や契約社員の違い】

正社員と派遣社員の差

このように、正社員と派遣や契約社員には、働き方以外にもさまざまな差があります。

また、派遣や契約社員期間中はキャリアアップはほとんど見込めません

そのため、「派遣として働いていたから、ブランクはない」と思っていても、企業側にはそのように見なされない可能性があります。

やはり、将来的に正社員として復帰したいと考える場合は、一度派遣や契約社員として働くのではなく、正社員としてまずは転職活動をすることをおすすめします。

一人で頑張る必要はなし!プロのサポートのリクルートエージェント

全年代 実績
求人エリア 求人件数

全年代対応の人材業界最大の求人数を誇る、大手人材紹介会社です。リクルートエージェントでは、定期的にキャリアアドバイザーに対して研修や勉強会を実施していて、エージェントの質も高いのが特徴です。

リクルートエージェントで簡単登録

30代女性の転職面接の回答のコツ

30代になって転職活動となると、「面接なんて久しぶり…何を答えれば良いんだっけ?」など、久しぶりに選考を受ける立場になって、正しい面接の受け方が思い出せなくなることもありますよね。

まず、面接では基本的に下記の4つの内容が聞かれます。

  • 自己紹介や長所・短所
  • 前職の退職理由
  • 志望動機
  • キャリアプラン

さらに、30代の転職希望者には「今まで仕事でどのような経験をしてきたか?」「その経験で何を学び、次に生かしたのか?」「自分自身の課題は何か?」など、今までの経験とそれに基づく将来について聞かれます。

面接官は限られた時間の中であなたを採用するかどうかを判断します。

ですから、面接官の質問に対しての回答をしっかりと簡潔に伝える事と、そのための事前準備が大切なのです。

志望動機の上手い伝え方のコツ

面接を受ける30代女性

いろいろな会社がある中で、なぜうちの会社を志望したのか?」などの志望動機に関する質問は、面接の際に必ず聞かれる質問です。

企業側からすれば、自社の志望理由がはっきりしていないと、採用してもまた転職されるのではないか?という懸念点も生まれてしまうので、当然です。

また、女性に限らず30代の転職希望者には、即戦力であることが求められます。

そのためにも、面接官の質問にしっかり答えつつ、相手が入社後の活躍がイメージしやすいような伝え方をするのが大切なのです。

では、志望動機の悪い例をもとに、上手い伝え方について具体的に解説していきましょう。

【悪い例】

「なぜ、弊社を志望されたのですか?」

「私は、以前の職場で○○を行っていました。しかし、□□でなかなか自分の思うようなキャリアを積めないと思いました。

以前、××のようなことがあり、私は●●だったのですがうまくいかず▲▲のような結果となってしまいました。

私は、今後■■となりたいと考えていますので、御社ではそのような××の経験を活かして、■■のような活躍をしたいと思っています。」

いかがでしょう?今までの経験を活かして、活躍したいと答えてはいますが、具体的に、なぜその会社を志望したのかが答えられていません

これでは、面接官も質問に対しての回答が得られず、うまくあなたを評価できなくなってしまうのです。

事前準備ができていない場合、回答している最中に考えながら話すため、自分でも何を言っているのかわからなくなり、質問の回答ができていない状態になってしまいます。

【良い例】

「なぜ、弊社を志望されたのですか?」

「私は、以前の職場で○○を行っていました。御社の□□という事業に興味を持ち、ぜひその一員になりたいと思い志望させていただきました。

また、××のような経験をしたこともあり、御社でその経験を活かし、ぜひ貢献したいと考えています。」

面接時間は限られているので、面接官もたくさんの質問をしてあなたの情報を得たいと思っています。ですから、質問に対して長く多くの情報を盛り込む必要はありません。

簡潔に答え、かつ将来の展望や採用したらどのような活躍をしてくれるのかという事をイメージさせられる回答をするように心がけましょう。

大切なポイント

30代女性の転職理由として、

  • 現在の職場は多忙で休暇が取りづらい
  • 福利厚生が充実しているところへ行きたい

などの労働環境が整っていることが志望動機の一つになる方も多くいます。

しかし、面接は入社して活躍してもらえるか?を判断する場所です。

そのため、面接の段階で「制度に惹かれた」「将来的には時短勤務をしたい

など、働き方に関する希望を伝えてしまうとあまり良い印象を持たれませんので注意が必要です。

30代女性の未経験転職はできる?資格なしでも転職できる職種

経験がないことに悩む30代女性

30代の求職者は企業から、即戦力であることを求められているため、未経験の転職は20代とは異なり、当然厳しくなります

しかし、未経験から資格を取得したりと、職種や業界によっては、転職がうまく行くものもあります。

ここでは、未経験でも転職しやすい職種や業界についてご紹介していきます。

30代の未経験転職は資格の有無もアピールポイントになるので参考にしてみてくださいね。

事務職|残業も少なく女性人気上位の職種

事務作業をする女性

事務職は基本的に、データ入力や契約書などの書類作成から、電話や来客対応などオフィス内のさまざまな事務作業を行います。

さらに、ノルマなどもないため残業も少ないのが事務職の特徴です。

事務職はさまざまな業務や同僚のサポート役的な立場であるために、周囲への気配りや、先回りして考えられる柔軟さが求められます。

特に資格がなくても転職が可能ですが、事務職はその働きやすさから人気が高いため、30代で未経験となると資格がないと転職にはやや不利かもしれません。

【持っていると有利な資格】

  • マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)
  • 秘書技能検定
  • 日商簿記検定資格
  • TOEIC

事務職といっても業界によって必要な資格は変わってくるので、取得のしやすさなども検討しつつ、希望の業界を考えましょう。

営業職|実力主義!お客様に商品を紹介・売り込むスペシャリスト

営業を行う女性

営業職は、業界によって扱う商材が異なり、年収にも差が出るのが特徴です。

特に、医薬品メーカーや医療機器メーカー、金融業界などはかなりの高収入が見込める業界です。

しかし、その分ノルマは存在します

人と話すことが好きで、コミュニケーション能力に自信がある方は、経験がなくても十分活躍できることでしょう。

また、営業職は人材が不足しがちで、特に必要な資格もないので未経験の転職がしやすい職種といえます。

【持っていると有利な資格】

  • ファイナンシャルプランナー(FP)
  • 営業士検定
  • セールスアップ資格
  • 営業力強化検定

このほかにも業界によって、有利に働く資格や必須な資格があります。

ただ、ファイナンシャルプランナーは保険・金融・不動産業界などさまざまな業界で役に立つ資格なので、営業職の場合は取得しておくと有利です。

販売・接客業|転職のしやすさNO.1!

販売スタッフの女性

販売・接客業とはつまり、店舗などの販売スタッフを指します。

営業職と同様に人と関わることが好きな人に向いている職種でが、営業職とは異なり年収はやや低い傾向にあります。

また、連休などは店舗が忙しくなるため休みにくく、残業になることも多くあるかもしれません。

そうなると土日休みの本社勤務を目指す方もいらっしゃいますが、アパレル業界の場合、実務経験がないままの本社へのキャリアチェンジは難しいです。

本社勤務を希望する場合も、まずは店舗で実務経験を積むことが必要でしょう。

【持っていると有利な資格】

  • 接客サービスマナー検定
  •  
  • サービス接遇検定の資格

販売・接客業の場合は、お客様のクレーム対応なども行うこともあるため、丁寧な対応ができるようなスキルが必要とされます。

介護・福祉業界|高齢化が進み、就職には困らない職種!

介護スタッフの女性

高齢化の影響で慢性的な人材不足にあるのが介護・福祉業界です。

基本的には人材不足ですから、就職先には困りませんし、キャリアチェンジの幅も広いので30代からでも十分チャレンジできる業界といえます。

【持っていると有利な資格】

  • 介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)
  • レクリエーション介護士
  • 介護福祉士

介護や福祉業界は、職種の数が多く、資格の種類がさまざまで、受験資格が不要なものもあります。

また、国家資格でもある介護福祉士は、入職後に資格を取得できるケースが多くあるので、将来的にも安定した働きができるでしょう。

30代女性のおすすめ転職エージェント7選!理想の転職先探しの方法
30代女性のおすすめ転職エージェント7選!理想の転職先探しの方法
「もそも30代女性が使いやすい転職エージェントって何があるの?そ」「転職エージェントを使えば転職は本当にうまくいく?」 ストレスがたまる職...
HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

カテゴリー内記事一覧

記事がありません

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト