30代転職で年収ダウンは当たり前?それでも年収アップさせる方法

30代の転職
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代で転職を考えている人の中には、「30代で中途採用として転職すると収入は下がるのだろうか?」「転職はしたいけれど、年収は下がるのは嫌だ」などと転職すべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ここではそんな悩みを抱えた30代転職希望者のために、年収アップのための転職について考えてみましょう。

             
★厳選!30代におすすめの転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
マイナビ
エージェント

【30代前半】
信頼度がNo.1!

詳細

リクルート
エージェント

【全年代】
業界最大手の求人数

詳細

doda

【20~30代】
転職者満足度No.1

詳細

30代で転職する前に知っておこう!30代の平均年収・月給の相場

30代はキャリアアップをして給料が上がる年代ですが、一般的な30代はどれくらいの収入を得ているのでしょうか?

転職後の給与水準と比較するために、まずは30代の平均年収について詳しく見てみましょう。

30代前半の年収・月給・ボーナス・手取り額

30代前半(30歳~34歳)の平均年収と、税金や保険料を差し引いた手取り額は以下の通りです。

- 平均年収 平均手取り月給 平均手取りボーナス
(夏冬合算)
全体 約353万円 約17.7万円 約70.6万円
男性 約385万円 約19.3万円 約77.0万円
女性 約322万円 約16.1万円 約64.4万円

参考データ:厚生労働省『平成 29 年賃金構造基本統計調査の概況』

上記の表を見てもわかる通り、30代前半の平均年収は約353万円で、男性の平均年収はそれよりも少し高く、約385万円となっています。

その一方で、多くの女性が30代で結婚や出産を経験することもあって、30代前半の女性の平均年収は約322万円と、男性とは少し差が開いています。

30代後半の年収・月給・ボーナス・手取り額

30代後半(34歳~39歳)の平均年収と手取り額は以下のようになっています。

- 平均年収 平均手取り月給 平均手取りボーナス
(夏冬合算)
全体 約385万円 約19.3万円 約77.0万円
男性 約432万円 約21.6万円 約86.4万円
女性 約339万円 約17.0万円 約67.8万円

参考データ:厚生労働省『平成 29 年賃金構造基本統計調査の概況』

30代後半になると30代前半に比べて年収が上がり、全体平均も400万円近くになります。

男性のみで見ると、平均年収は50万円近くアップしており、企業内で主戦力として活躍している様子が伺えます。

逆に、30代前半から30代後半にかけて、女性の平均年収は20万円程度しか上がっておらず、男女の年収格差は大きくなっています。

転職による30代の年収事情まとめ

30代前半は男女ともに年収がそこまで高いわけではなく、役職に就いたとしても、主任やチームリーダークラスが多いのではないでしょうか。

そのため、転職後に年収が下がっても挽回するチャンスが多くあり、スキルや経験に自信がない方にとっては転職のラストチャンスと言えるでしょう。

30代後半になると、課長や部長など管理職クラスの役職に就く方が多くなり、年収も30代前半と比べると上がっていきます。

しかし、それは一回の転職の重要度が増し、転職が失敗した際に、もとの年収・役職まで挽回するのが大変になるということでもあります。

また、30代後半の転職では、どの程度のスキルや経験を持っているかも重要なので、即戦力として働けない業界に転職する場合は年収が下がる覚悟も必要です。

「35歳転職限界説」とよく言われるのは、このような事情が大きく関係しているのです。

それ以外にも、女性の場合は年収は上がりにくい傾向があるので、もし年収が大きく下がってしまうと、もとの年収まで戻すのは大変時間がかかります。

30代の転職事情についてもっと知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

転職に悩む30代
30代の転職は失敗する?前後半で異なる注意点と転職成功のポイント
「30代の転職って難しい?」「35歳転職限界説って本当なの?」 ニュースやSNSなどで、30代の転職についてさまざまな情報を目にする方も多...

30代の転職は年収ダウンする?年収を決める要因はこれ

プラカードを持っている女性

30代で転職すると年収は必ず下がるかと言うと、そうとも限りません。

年収が上がるか下がるかは、現在の年収や転職先の業界・職種の平均年収、雇用形態、あなたの実力によって大きく変わります。

30代の転職、年収アップ・年収ダウンはどう決まる?

転職する際、特に年収を大きく左右するのが、転職先で役立つスキルや経験の有無です。

これまでに培ったスキルや経験を活かして、同じ業界や似たような職種に転職する場合は、年収が下がることはほぼないでしょう。

例えば、IT業界で得たスキルを活かして他業界のシステム担当に転職する、というような場合です。

しかし、過去の経験職種や業種とはまったく異なる未経験の職種、業種に転職すると、ほとんどの場合で年収は下がります。

仕事の手法だけでなく、業務知識や扱う商品、サービスが変わるので、未経験だと過去の仕事経験や実績、専門的なスキルや取得した資格などを活かせないからです。

年収ダウンは嫁ブロックが出る可能性あり

転職を決断する方の前に立ちはだかる「嫁ブロック」をご存知でしょうか?

転職による年収ダウンなどを理由にして、妻が転職に反対することを「嫁ブロック」と呼びます。

家族の生活と将来を考えるのは夫だけではなく、妻も一緒です

「家を建てて車を購入し、子供を育てつつ老後資金を準備する」のような人生設計は、夫婦が協力して考える必要があります。

特に、30代の夫婦には共働き家庭が多く、夫が家事や育児を分担するケースも多く存在します。

それなのに、夫が転職先で残業が増えたり、有給休暇の取得が難しくなったりすることで、家族のための時間が減ることを心配する方も多いでしょう。

子供の学費はどう工面するか、退職金は減るのか、福利厚生制度は充実しているのかなど、他にも気になることはたくさんあるはずです。

そんな状況で、夫からいきなり

未経験の職種や業種に転職するから年収はダウンするかもしれない、でも将来を見据えた決断だから大丈夫。

などと言われて、すぐに受け入れられる妻はそう多くはないでしょう。

夫婦がともに希望する働き方や年収について、しっかりと話し合いながら転職先を探すことが重要です

転職後すぐの年収だけでなく、長期的な生涯賃金も考えることが大切

転職直後に年収が下がったとしても、勤めていくうちに年収が上がっていき、最終的な生涯年収では転職前を上回るケースもあります。

そのため、転職してすぐの給料だけで転職の成功か失敗かを判断してはいけません。

例えば、他業界で働いていた人がIT系の資格を取得してIT業界に転職したとしても、業務経験が無ければ未経験者扱いなので、転職してすぐは未経験者の給料と大差ないでしょう。

しかし、そこから業務経験を積んで実績や評価を上げることで、徐々に年収を上げていくことは可能です。

特に、専門性の高い技術職や専門職に転職した場合は、転職後に専門技術や実績を獲得できれば、年収アップのペースを早められる可能性も高くなるでしょう。

30代の転職で年収をアップさせる方法2つ

30代で転職して年収をアップするには、主に2つの方法があります。

この2つの方法を実践することで、転職による年収アップの可能性は大きく上がるでしょう。

方法1. 年収が高い求人を探そう!

ただ高年収の求人を探すといっても、普通の求人誌やハローワークを利用するだけだと、なかなか見つけることはできません。

効率よく年収が高い求人を探すなら、高年収層の求人や、年収アップに特化した人材紹介サービスを利用するべきです。

ここでは、以下の2社をご紹介します。

JACリクルートメント
ミドル~ハイクラス向けの高年収求人をメインで扱う転職エージェント

パソナキャリア
丁寧なサポートによるによる年収アップに強みを持つ転職エージェント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、現時点での年収が600万円以上あり、更なる年収のアップを目的とした転職をしたい方におすすめの転職エージェントです。

求人の多くが年収600万~2000万円のものなので、スキルや実績がある方が年収が高い求人を探すなら、まず登録しておくべきと言えるでしょう。

累計60万人以上が登録しており、満足度も93%と非常に高いので、ぜひ一度利用してみてください。

【JACリクルートメント公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、転職経験が少なく、手厚いサポートが欲しい方におすすめの転職エージェントです。

面談を1.5~2時間かけて行い、利用者のスキルや経歴を最大限に活かせる職場を紹介してくれます。そのため、年収アップ率は67.1%にも上ります。

2019年のオリコン顧客満足度調査では、転職エージェントランキングで1位を獲得しているので、安心して利用できるでしょう。

【パソナキャリア公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

方法2. 求人票のまま受け入れるな!年収交渉をしよう!

実は求人票に書かれている年収は、交渉することができることをご存知でしょうか?

多くの方は年収交渉をせず、求人票や求人サイトに書かれた年収額をそのまま受け入れて転職してしまいます。

しかし、転職時に年収アップするためには、年収交渉は不可欠なのです。

では、年収交渉はどのように行えば良いのでしょうか。

年収交渉には、主に以下の3つのステップがあります。

それぞれ詳しく解説していきます。

自己分析・企業分析をする

企業とのやりとりが始まる前に、自分の市場価値やそれに見合う給料の相場を客観的に把握・分析しておきましょう。

いきなり年収交渉に取り掛かる方もいますが、実はとても大切なポイントです。

また、企業側がどのような人材を求めているのかについても調べておきましょう。

事前にしっかりと下調べをしておくことで、適切な希望年収額を、根拠をもって効果的に企業側にアピールをできるようになるので、おすすめです。

年収交渉の話題を出す

事前準備が整ったら、年収交渉に入っていきます。

内定が出る前の段階では、希望年収額を伝える程度にしておき、詳細な条件の交渉などは内定が出た後に行いましょう。

基本的には、プロフィールデータ内に現職の年収を記載した上で、「企業から聞かれるまで待つ」ようにします。

自分から切り出さなくても、年収についての話題は、企業側から早いタイミングで聞かれると考えて問題ありません。

なぜなら、年収の話題は転職者の転職目的を探る物差しになり、その目的によっては面接する側のスタンスや質問内容が変わる可能性があるので、企業は早めに確認しておきたいからです。

もし自分から切り出してしまうと、それは転職目的が「お金」にあることを主張しているも同然であり、企業側の印象を悪くしてしまいます

希望年収額に見合うことをアピールする

内定の通知が来たら、いよいよ年収交渉の本番です。

まずは具体的な年収の希望金額を提示し、その根拠となる能力や仕事の実績、業務経験をアピールします。

企業に「年収を上げる価値があるな」と思ってもらえるよう、転職先で役立ちそうなスキルや実績は、すべて伝えることがポイントです。

ちなみに、転職エージェントを利用すれば、このように周到な準備と高い交渉スキルが必要な年収交渉を、転職のプロが代理で行ってくれます。

おすすめは年収アップを売りにしているパソナキャリアで、細かい労働条件の希望など、企業に直接言いにくいこともしっかりと伝えてくれるので安心です。

利用者の年収アップ率67.1%のパソナキャリアに登録してみる

正社員の年収が高い職種・業界ランキング

jacリクルートメントのコンサルタントは業界と職種別に特化している

ここでは、平均年収が高い業界の実態について、業界全体と男女別で見ていきます。

doda調べの平均年収ランキングによると、業界全体の平均年収が高い職種トップ5は次のようになっています。(士業を除く、20~65歳の36万人から算出)

順位 職種 平均年収(カッコ内は男女別平均)
1位 IT/通信 461万円 (488万円、391万円)
2位 総合商社 461万円 (510万円、375万円)
※小数点差で2位
3位 メーカー 456万円 (489万円、366万円)
4位 メディカル 450万円 (529万円、363万円)
5位 金融 446万円 (535万円、365万円)

参考データ:doda調査データ

男女平均で最も平均年収が高い業種はIT/通信の461万円、次いで総合商社の461万円、メーカーの456万円となりました。

男性のみでみると、最も平均年収が高いのが金融の535万円で、メディカルの529万円、総合商社の510万円がそれに続いています。

女性のみでみると、IT/通信の391万円が最も高く、総合商社の375万円が2位、メーカーの366万円が3位という結果になりました。

逆に、小売り/外食業は全体平均年収が355万円、サービス業は376万円と、全業界平均よりも少なめです。

これらはあくまでデータから算出した年収であり、同じ業界内であっても、職種や企業によって違いは存在します。

気になる求人があった場合は、しっかりと確認しておきましょう。

安定の大手か?チャレンジのベンチャーか?

30代で年収アップを考えて転職先を選ぶ際には、大手企業が良いのか、それともベンチャー企業や中小企業が良いのかを悩む人も多いでしょう。

どちらを選べば良いのでしょうか?

一般的に、大手企業や上場企業は年収水準が高いですが、年功序列制度が根強く残っている企業も多く、40代を過ぎて年収が大幅に上がるケースが多くなっています。

30代で高年収を得られる場合もありますが、40代を過ぎて管理職にならなければ、大幅な年収アップは望めない環境だと考えた方が良いでしょう。

ただし、大手企業は福利厚生や各種手当が充実しており、退職金も高額であるため、30代で転職して定年まで働くことを考えると、大手の方が良いとも言えます。

一方で、能力主義のため、実力次第で若くても高年収を得られる可能性があるのが、ベンチャー企業です。

しかし、経営基盤が整っていない企業もあり、必ずしも高収入を得られるとは限らないため、事前に経営状況を調査する必要もあります。

安定の大手企業かチャレンジのベンチャー企業なのかを決めるのは、転職者自信です。

しっかりと企業の状態や給与規定を把握して転職先を決める必要があるでしょう。

女性や未経験への転職でも年収を下げないためのコツはある?

年収か子育てか迷っている女性

転職市場において、30代は企業から一人前の戦力として見られています。

そのため、ライフイベントが多い30代女性や未経験職種に転職する方にとって、転職によって年収アップすることが難しいのは事実です。

ここでは、女性と未経験職種に挑戦する方それぞれについて、転職事情と年収アップを実現するためのポイントをご紹介します。

30代女性の転職事情と年収アップのコツ

30代の女性は結婚や出産、子育てを経験される方が多く、産休・育休などで仕事から離れる時間も少なくありません。

そのような30代女性を積極的に受け入れてくれる企業は少なく、ましてや年収を維持できる会社を探すとなると、かなり難しいでしょう。

では、どうすれば転職を成功させ、年収を上げることができるのでしょうか。

それは、女性向けの転職エージェントを利用して求人を探すことです。

女性向けの転職エージェントには、育児休暇や出産休暇など、女性のライフイベントに伴う休職に理解がある企業の求人が多くそろっています。

そのため、休職から復帰したときに不当な査定などをされる心配も少なく、長期的な年収アップを目指しやすいのです。

また、女性に親身に寄り添って相談に乗ってくれますし、そもそも女性の採用に積極的な企業の求人が多いので、女性が良い転職ができる可能性も高まります。

キャリア女性 転職サポート
条件検索 スカウト機能

『リブズキャリア』は、仕事もプライベートも大切にしたいキャリア女性のための会員制転職サービス。コンサルタントに手軽に相談でき、求人情報を自分で検索して応募をすることもできる。

リブズキャリアで求人を探す

未経験職種に挑戦する方の転職事情と年収アップのコツ

未経験職種への転職だと、入社してしばらくは学ぶことがメインになります。

そのため、十分に戦力として活躍できるようになるまでは、給与は数年働いていた前職より低くなってしまうことがほとんどです。

しかし、転職してすぐに年収を維持するのは難しいですが、長期的に年収を上げることはそこまで難しくありません。

30代から未経験職種に転職する場合は、スキルや経験を身に着ける機会ができるだけ多い企業を選ぶようにしましょう。

そうすることで、あなた自身の市場価値を早いペースで上げることができ、スムーズな年収アップが見込めるからです。

30代からの未経験転職はかなり難しいので、今回がラストチャンスと考え、情報をしっかりと整理してから転職先を決めるようにしましょう。

全年代 実績
求人エリア 求人件数

全年代対応の人材業界最大の求人数を誇る、大手人材紹介会社です。リクルートエージェントでは、定期的にキャリアアドバイザーに対して研修や勉強会を実施していて、エージェントの質も高いのが特徴です。

リクルートエージェントで求人を探す

高年収の求人が見つからない?年収交渉が難しい?そんな時は!

悩んでいる男性

なかなか高収入の求人と出会えない!」「年収交渉の方法は分かったけど、自分一人だとハードルが高い…」という方は多いのではないでしょうか。

そのような方には、転職エージェントの利用がおすすめです。

特に、30代転職者の支援を得意としている転職エージェントは、年収アップやキャリアアップを意識している、30代向けのサポートが充実しています。

非公開求人には人気企業や大手企業の求人が多く含まれているので、求人誌やハローワークを利用するよりも、高年収の求人と出会う確率が上がります。

また、転職エージェントでは、担当のコンサルタントがあなたに代わって企業と年収交渉をしてくれます。

転職のプロが、情報を余すことなく伝えてあなたのことをアピールしてくれるので、自分で交渉するよりも簡単で安心です。

求人紹介や年収交渉以外にも、履歴書や職務経歴書の添削など、さまざまなサポートが充実しているので、ぜひ利用を検討してみてください。

30代おすすめ転職エージェント!損しない登録方法と選び方のコツ
30代おすすめ転職エージェント!損しない登録方法と選び方のコツ
転職する際には転職エージェントがおすすめと言われても、「どの転職エージェントに登録すればいいのかわからない」「転職エージェントはどれも同じじ...

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクルートエージェント
  • 転職しづらい30代~50代の層に特に強い
  • 業界最大手のリクルートで条件交渉力No.1!
  • 非公開求人が9万件!リクルート独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉も担当コンサルタントが代行

転職成功実績No.1で、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

パソナキャリア
  • 業界トップクラス40,000件以上の求人数
  • 注目企業の求人多数!
  • 専門特化したキャリアアドバイザーに相談したい方
  • 年収アップをサポート

『正しい転職』を目的とした転職エージェント
正しい転職の条件が一人一人違う中で、コンサルティングを通してしっかりとサポートします。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」等のエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

30代女性・子持ちの転職は厳しい?コンサルタントが伝授!成功のコツ

子育てで大忙しなのに、「育児と家事を両立しながら、やりがいのある仕事をしたい」「子持ちだけど、もっと条件の良いところで働きたい」と思ったことは…

  • 🕒
  • 2019.05.20更新

30代前半の転職は厳しい?男女別の転職先の選び方と未経験転職の現実

30代前半の転職というのは、キャリアアップを考える方もいれば、ライフスタイルの変化から転職の必要性に迫られる方もいることでしょう。 この記事では30代前半での転職に対して、「

  • 🕒
  • 2019.05.14更新

30代でも未経験転職はできる?正社員になるために必要な2つのコツ

「やっぱりこの業界向いてないかも」「チャレンジするなら、ラストチャンスなのかな?」と思っていませんか? 30代で未経…

  • 🕒
  • 2019.05.14更新

30代の転職失敗談!経験者から学ぶ失敗しないためのアドバイス

この記事の目次30代の転職失敗談!「失敗した点と成功した点双方あります」32歳男性の転職失敗談「結婚後も考え営業に転職」31歳女性の転職失敗談「ブラックすぎて無理でした」30歳女性の転職失敗談「派遣か ...

  • 🕒
  • 2019.02.15更新

30代転職準備マニュアル完全版!面接の服装から志望理由まで解説

30代になって初めて転職しようという人は、「転職活動ってどうやるの?!」「面接なんて10年以上前に受けただけだから、忘れてしまった!」と転職活動の…

  • 🕒
  • 2019.02.15更新

30代女性のアラサー転職は厳しい?企業が求めるものと失敗回避の心得

30代の女性は、ライフイベントの変化とともに働き方も変わります。 そのため、転職を考える時には「1~2年後には結婚するかも」「そのうち子供が欲しい

  • 🕒
  • 2019.02.14更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト