30代転職で年収ダウンは当たり前?それでも年収アップさせる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代で転職を考えている人の中には、
30代で中途採用として転職すると収入は下がるのだろうか?
転職はしたいけれど、年収が下がるのは嫌だ
などと転職すべきかどうか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ここではそんな悩みを抱えた30代転職希望者のために、年収アップのための転職について考えてみましょう。

             
【厳選】30代におすすめの転職エージェント
転職エージェント名特長とおすすめな人
リクルート
エージェント

業界最多の求人数
さまざまな条件で求人を比較したい30代

マイナビ
エージェント

未経験転職にも手厚いサポート
転職経験が少なくて不安な30代前半

JACリクルートメント

年収600万以上の転職に特化
ワンランク上の転職を狙う30代後半

30代で転職する前に知っておこう!30代の平均年収・月給の相場

30代はキャリアアップをして給料が上がる年代ですが、一般的な30代はどれくらいの収入を得ているのでしょうか?

転職後の給与水準と比較するために、まずは30代正社員の平均年収について詳しくみてみましょう。

30代前半の年収・月給・ボーナスの手取り額

30代前半(30~34歳)の平均年収は以下のとおりです。(参考データを元に年間月2回分を賞与として計算)

- 平均年収 平均手取り月給 平均手取りボーナス
(夏冬合算)
全体 約394.8万円 約28.2万円 約56.4万円
男性 約413万円 約29.5万円 約59.0万円
女性 約355.6万円 約25.4万円 約50.8万円

参考データ:厚生労働省『平成30年賃金構造基本統計調査の概況』

また企業規模別にみると、男女平均で大企業では約407万円中小企業では約348万円

さらに学歴別では、大卒と高卒で男性は約6万5千円、女性は約7万1千円の差がみられました。

そのほかに30代前半になると出産や子育てによって、フルタイムから時短勤務へ働き方を変える女性も多くなるからか、男性とは少し差が開いています。

30代後半の年収・月給・ボーナスの手取り額

30代後半(35~39歳)の平均年収は以下のようになっています。

- 平均年収 平均手取り月給 平均手取りボーナス
(夏冬合算)
全体 約438.2万円 約31.3万円 約62.6万円
男性 約464.8万円 約33.2万円 約66.4万円
女性 約392.0万円 約26.8万円 約53.6万円

参考データ:厚生労働省『平成30年賃金構造基本統計調査の概況』

30代後半になると30代前半に比べて年収が上がり、全体平均も400万円代になります。

男性のみで見ると、平均年収は約50万円アップしており、企業内で主戦力として活躍している様子がうかがえます。

また企業規模別にみると、男女平均で大企業では約450万円、中小企業では約370万円の年収となっています。

さらに学歴別でみると、大卒と高卒で男女ともに約9万2千円の差がみられました。

また30代後半になると男女の年収の差がより広がっているのもわかります。

男性に比べてライフイベントによって働き方が左右されやすい女性の場合、ブランクがあると復職しても男性のようにキャリアアップがうまくできないこともこのような結果につながっているのかもしれません。

30代転職の年収アップや年収ダウンはどう決まる?

残業100時間をして本来もらえる残業代を想像している男性

30代は20代とは異なり、企業からは即戦力であることが求められます。

そのため30代の転職では、転職先で役立つ経験やスキルの有無によって年収額が決まります。

例えば同業界同職種への転職なら年収アップの可能性が高いですが、異業界や異業種への転職では、ほぼ同等または下がる可能性があることは覚悟しましょう。

業務内容や扱う商品、サービスが変わることで、どのような活躍ができるか不明確な転職先での年収は上がらず、同年代に比べると年収が下がってしまうのです。

ただし、転職直後の給料だけで転職が成功か失敗かを判断してはいけません。

定年後65歳まで働き続けるとすればまだ約30年あります。

転職当初は年収が下がったとしても業務経験を積んで実績や評価を上げることで、徐々に年収を上げていくことは可能です。

30代の転職事情についてもっと知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

キャリアアップを目指している男性
30代転職に即戦力・資格が必要は誤解?未経験や年収UPの成功事例
「今の仕事もいいけど将来が不安…」「即戦力じゃない30代は転職できないの?」 仕事でもプライベートでも、経験を十分積んだ30代。キャリアや将...

30代の転職で年収を上げる2つの方法

30代で転職して年収をアップさせるには、おもに2つの方法があります。

方法1. 年収が高い求人を探す

年収アップを目指した転職を目指すのであれば、まずは今よりも年収が高いような求人を探しましょう。

当たり前のように思えますが、転職を考える際には「残業が少ない」「勤務地が近い」などさまざまな希望条件を考えます。

その際に転職によって本当に改善したい条件を見失ってしまうことがあるのです。

だからこそ、なによりも「転職で年収を上げたい」と考えるのであれば年収や給与、賞与などの条件をおもに比較して求人を探すことがおすすめです。

また具体的にどのような業界や職種が高年収なのかや賞与は業績によるという場合の年収額の想定などは、転職エージェントのコンサルタントに聞くと詳しく教えてくれるので、うまく活用してみるといいでしょう。

おすすめ転職エージェント「パソナキャリア」

パソナキャリア ロゴ

パソナキャリアは、転職経験が少なく、手厚いサポートが欲しい方におすすめの転職エージェントです。

面談を1.5~2時間かけて行い、利用者のスキルや経歴を最大限に活かせる職場を紹介してくれます。そのため、年収アップ率は67.1%にものぼります。

2019年のオリコン顧客満足度調査では、転職エージェントランキングで1位を獲得しているので、安心して利用できるでしょう。

パソナキャリアに無料相談をする

おすすめ転職エージェント「BIZREACH(ビズリーチ)」

ビズリーチはこれまでの経験を活かして年収アップを目指す30代におすすめの転職サイトです。

ビズリーチは年収600万円以上じょうのエグゼクティブ向けの会員制で、国内外のヘッドハンターからスカウトが届きます。

一部有料サービスになっているものの、その分求人の質が高く高収入の求人情報が多い転職サイトです。

ビズリーチに無料相談をする

方法2. 求人票のまま受け入れるな!年収交渉をする

実は求人票に書かれている年収を交渉することができることをご存じでしょうか?

多くの方は年収交渉をせず、求人票や求人サイトに書かれた年収額をそのまま受け入れて転職してしまいます。

しかし転職時に企業側へ年収交渉を行うことが可能なので、年収アップを目指すのであれば年収交渉は不可欠です。

年収交渉のおもなステップ

年収交渉には、おもに以下の3つのステップがあります。

□自己分析・企業分析をする

企業とのやりとりが始まる前に、自分の市場価値やそれに見合う給料の相場を客観的に把握・分析しておきましょう。

事前にしっかりと下調べをしておくことで、適切な希望年収額を、根拠をもって効果的に企業側にアピールできるようになるのでおすすめです。

□年収交渉の話題を出す

年収交渉は、内定前の面接や内定後の条件合わせの際など決まりはありません。

内定が出る前の段階では、希望年収額を伝える程度にしておき、詳細は内定が出た後に行いましょう。

年収に関わらずその会社で働きたいという場合は、内定後に年収交渉を行うのがおすすめです。

□希望年収額に見合うことをアピールする

希望年収に対して承認されるかどうかは、その根拠となる能力や仕事の実績、業務経験のアピールが必要です。

企業に「年収を上げる価値があるな」と思ってもらえるよう、転職先で役立ちそうなスキルや実績は数値で表すなど、なるべく定量的にしてすべて伝えることがポイントです。

おすすめ転職エージェント「type転職エージェント」

type転職エージェント

type転職エージェントは条件交渉に定評があり、利用者の71%が年収アップを実現させています。

一都三県(首都圏)の求人取り扱いに限ってしまいますが、IT系や不動産、メーカーなどの求人情報は多く取り扱われているのでそれらの業界への転職を考えている方には特におすすめです。

type転職エージェントに無料相談をする

30代未経験の転職は年収が下がってしまうもの

すでにご紹介した通り、30代は即戦力であることが求められるため、未経験での転職は年収が下がってしまうのは当然といってもいいでしょう。

しかし異業界同職種は業界知識さえ得られれば即戦力になれるので、未経験でも年収の下がり幅が少なかったり、転職後もとの年収額を得られるまで時間がかからないこともあります。

つまり必ずしもこれまでの仕事と同業界の職種に縛られることはないのです。

さらに、もし異業界異職種など業界知識や職種経験をアピールできない場合は、ポータブルスキルをアピールして新しい職場での活躍を採用側へイメージさせるのも効果的です。

*ポータブルスキル・・・業界や職種にとらわれないその人の性格や人柄に焦点をあてたもの。仕事が変わっても活かすことができる、持ち出し可能な能力のこと。

7つのポータブルスキル一覧表(SP版)

【ポータブルスキルの分類】

7つのポータブルスキル一覧表

未経験で挑戦しようと考えている30代の求職者の方は、ぜひ自分がもっているポータブルスキルを見極めて、アピールにつなげてみてください。

30代で未経験転職は厳しい?おすすめ職種・業界10選と失敗しないコツ
30代で未経験転職は厳しい?おすすめ職種・業界10選と失敗しないコツ
キャリアアドバイザーとして1000名以上の相談に乗ってきた岩岡です。 「30代で未経験の業界や職種に転職するなんて無理なのかな」「年収アッ...

30代女性の転職で年収アップを狙うコツ

type女性転職エージェントの利用で年収アップ

転職市場において、男女ともに30代は企業から一人前の戦力として見られています。

現在は女性活躍促進法が施行され女性の働き方改革が進んでいますが、結婚や出産・子育てなどのライフイベントによって30代女性は働きが左右されてしまうことも多くあります。

そのような30代女性求職者でも年収を上げ、仕事とプライベートのバランスを保ったまま働ける職場探しをするなら、女性向けの転職エージェントの活用をおすすめします。

女性向けの転職エージェントには、女性の採用に積極的な企業求人が集まるだけではなく、産休・育休などのライフイベントに伴う休職に理解がある企業を見つけやすいのです。

また時短勤務やリモートワークを取り入れている企業であれば、ブランク期間を短くして早くに復職し、キャリアアップを目指すこともできます。

女性向けの転職エージェントはたくさんの女性求職者の悩みを解決してきた実績もあるので、まずは気軽に相談してみるのもいいでしょう。

仕事もプライベートも大切にしたいキャリア女性はリブズキャリア!

キャリア女性 転職サポート
条件検索 スカウト機能

『リブズキャリア』は、仕事もプライベートも大切にしたいキャリア女性のための会員制転職サービス。コンサルタントに手軽に相談でき、求人情報を自分で検索して応募をすることもできる。

リブズキャリアで求人を探す

【番外編】正社員の年収が高い職種・業種ランキング

jacリクルートメントのコンサルタントは業界と職種別に特化している

ここでは、平均年収が高い業界の実態について、業界全体と男女別で見ていきます。

doda調べの平均年収の調査によると、30代の職種・業種別の平均年収トップ5は次のようになっています。

【職種別】

順位 業種 平均年収
1位 専門職(コンサル) 624万円
2位 企画/管理系 510万円
3位 営業系 507万円
4位 技術系(IT/通信) 500万円
5位 技術系(電気/電子/機械) 498万円

【業種別】

順位 業種 平均年収(カッコ内は男女別平均)
1位 金融 543万円 
2位 総合商社 518万円
3位 IT/通信 505万円
4位 メーカー 478万円
5位 メディカル 468万円

参考データ:doda 平均年収ランキング 最新版(年齢別の平均年収)

ご紹介したようなトップ5の職種や業種の年収は、30代前半の394万円、30代後半438万円のそれぞれの平均年収よりもかなり高い数値となっています。

平均年収に近い職種や業種では、販売/サービス系職種の363万円小売/外食系業種の388万円サービス業の410万円です。

職種や業種の平均年収の差としては150~300万円の開きがみられました。

30代転職で年収はどうなる?

  1. 同業界同職種の転職なら年収UPの可能性が高い
  2. 未経験など経験を活かせない転職は年収が下がるのを覚悟
  3. 女性は女性特化の転職エージェントで求人を探すのが特におすすめ

少しでも年収が上がるような転職を望むのなら、転職のプロへの相談が効果的です。

将来の生活費など、若い時に比べてお金に関してシビアに考えざるを得なくなってしまう30代求職者は、無料で利用できる転職エージェントに一度相談して、自分の市場価値を正しく評価してくれる企業を見つけましょう。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクルートエージェント
  • 転職しづらい30代~50代の層に特に強い
  • 業界最大手のリクルートで条件交渉力No.1!
  • 公開・非公開求人合わせて約20万件!リクルート独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉も担当コンサルタントが代行

転職成功実績No.1で、転職が初めての人でもていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

パソナキャリア
  • 業界トップクラス40,000件以上の求人数
  • 注目企業の求人多数!
  • 専門特化したキャリアアドバイザーに相談したい方
  • 年収アップをサポート

『正しい転職』を目的とした転職エージェント
正しい転職の条件が一人一人違う中で、コンサルティングを通してしっかりとサポートします。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

30代で未経験転職は厳しい?おすすめ職種・業界10選と失敗しないコツ

キャリアアドバイザーとして1000名以上の相談に乗ってきた岩岡です。 「30代で未経験の業界や職種に転職するなんて無理なのかな」「年収アップや正社員…

  • 🕒
  • 2019.10.14更新

30代転職で年収ダウンは当たり前?それでも年収アップさせる方法

30代で転職を考えている人の中には、「30代で中途採用として転職すると収入は下がるのだろうか?」「転職はしたいけれど、年収が下がるのは嫌だ…

  • 🕒
  • 2019.10.10更新

30代未経験から営業の転職はできる?おすすめの業界と転職体験談

私生活や仕事環境などさまざまな理由で、30代から未経験職種へ転職をする方は多くいます。 中でも営業職は転職しやすい職種のひとつですが、同じ営業職でも扱う商材などによって難易度は異なります

  • 🕒
  • 2019.10.04更新

30代前半の転職は厳しい?未経験でもまだ間に合う転職成功のコツ

30代前半の転職というのは、キャリアアップを考える方もいれば、ライフスタイルの変化から転職の必要性に迫られる方もいることでしょう。 この記事では30代前半での転職に対して、「

  • 🕒
  • 2019.10.02更新

30代転職準備マニュアル完全版!面接の服装から志望理由まで解説

30代になって初めて転職しようという人は、「転職活動ってどうやるの?!」「面接なんて10年以上前に受けただけだから、忘れてしまった!」と転職活動の…

  • 🕒
  • 2019.08.28更新

30代おすすめ転職エージェント13選!未経験や女性向けと成功のコツ

30代の転職は、これまでの経験を活かしてキャリアアップを目指す方や未経験で新たな世界に挑戦する方など、さまざまです。 だからこそ、あなたの希望や市場価値を理解して、正しく…

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

30代の転職失敗談!経験者から学ぶ失敗しないためのアドバイス

この記事の目次30代の転職失敗談!「失敗した点と成功した点双方あります」32歳男性の転職失敗談「結婚後も考え営業に転職」31歳女性の転職失敗談「ブラックすぎて無理でした」30歳女性の転職失敗談「派遣か ...

  • 🕒
  • 2019.08.06更新

30代転職は資格がないとムリ?取得難易度と未経験でも成功するコツ

転職する際に資格を取るのが有効と言われていますが、「30代で資格を取るのは大変?」「資格がないと転職できないの?」などと、資格を取ることについて…

  • 🕒
  • 2018.06.04更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト