転職エージェントとは?転職活動で役立つサポートとメリットをプロが紹介

転職エージェントのことを知らない男女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動は何から始めればいいかわからない…。転職エージェントを使った方が良いの?

転職エージェントとは、登録すると専任のキャリアアドバイザーが付いて、転職活動を無料でサポートしてくれる転職支援サービスのことです。

キャリアアドバイザーが以下のようなサポートをしてくれるため、はじめて転職をする方転職活動の進め方が不安な方におすすめです。

【転職エージェントのおもなサポート内容】

  • 求人の紹介
  • 履歴書、職務経歴書の添削
  • 企業面接の対策
  • 入社条件の交渉、入社日の調整

具体的にはこれらの会社が、転職エージェントです。

主な転職エージェントのロゴ

この記事では、転職エージェントの元キャリアアドバイザーのわたしがメリット利用の流れを詳しく紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

そもそも転職エージェントを使った方がいいのか?

転職活動は求職者自身でも進められますが、転職エージェントを使うと次のようなメリットがあります。

【転職エージェントのメリット】

  • 転職エージェントでしか見られない、非公開求人を紹介してくれる
  • 担当のキャリアアドバイザーから、企業へ推薦してくれる
  • 面接のフォローをしてくれる
  • 職務経歴書の書き方のアドバイスや添削がある
  • 面接日程の調整や選考スケジュールの管理をしてもらえる

このように転職エージェントは、自分だけの転職活動では得られないサポートを受けられます。

無料で利用でき、サービスが合わなければ途中で退会することも可能です。

キャリアアドバイザーは職場の雰囲気企業の有給取得率などの情報をもっています。
事前に知っておきたいけれど、自分で調査するのは難しい情報をもらえるので、転職エージェントを使ってみることをおすすめします。

おすすめの転職エージェントはこちら
※記事下部に移動します

転職エージェントが無料で使える理由

転職エージェントは無料で使うことができます。

求職者が転職活動のさまざまなサポートを受けられるのに、料金が掛からないのは、企業側が転職エージェントに報酬を支払っているからです。

転職エージェントのビジネスモデル

転職エージェントは、求職者の年収の約3割を企業側から成功報酬としてもらっています。

そのため転職活動の手厚いサポートが受けられるにも関わらず、求職者は無料で利用できるわけです。

紹介報酬返金制度で無理な押し付けもなし!

このような仕組みを聞くと「無理やり求人を押し付けられるのでは?」と思われるかもしれません。
しかし、企業にマッチする人材を紹介しなければ、信用を失ってしまいます。さらに、報酬は入社約3〜6ヶ月後といわれています。
そのため無理やり求人を押し付けるのではなく、求職者が納得できるように、ていねいにサポートしてくれます。
転職エージェントの費用は無料!プロが教える仕組みと理由について
転職エージェントの費用は無料!プロが教える仕組みと理由について
「転職エージェントは無料で利用できる!」と公式ページに書かれていても、「本当に無料なの?」「なんで費用がかからないの?」と心配になる人も多い...

転職の流れと転職エージェントで受けられるサポート

まず、およそ3か月かかる転職活動は、次のような流れで進めていきます。

転職の進め方の6step(スマホ表示)
転職の進め方の6step

このような転職活動のstepごとに、キャリアアドバイザーのサポートが得られます。
ここからは転職活動の流れに沿って、サポート内容を詳しく見ていきましょう。

step1:事前準備(登録)

転職エージェントに登録の際には、おもに次のような情報を登録します。

  • 現在の職種
  • 希望の職種
  • 希望の勤務地

そして、登録した情報をもとに転職エージェント内で担当になるキャリアアドバイザーが決められ、面談実施の連絡が来ます。

担当者は事前に指名できません。しかし、登録フォーマットの備考欄に「同性を希望」「〇〇業界の知識が豊富な担当者を希望」などのを記載しておくと、配慮してもらえることもあります。

step2:求人探し、情報収集(面談・求人紹介)

転職エージェントのオフィス以外にも、Web面談電話面談などさまざまな方法で面談が行われます。

働きながら転職活動を行っている方も多くいるため、平日の夜や土日も対応している転職エージェントがほとんどです。

担当者との面談では、これまでの経歴、転職理由、転職先の希望条件を話し合います。

そして、伝えた希望条件をもとに求人を紹介してくれます。

面談時に実際の求人を見ながら話し合ったり、後日メールで送られたりします。

担当者から紹介された求人が「思っているのと違うな…」と感じた時は、別の求人を紹介してもらえます。
その際は、担当者に何が違うのかをはっきり伝えるといいですよ。

step3:書類作成、応募(書類の添削、企業への連絡)

紹介された求人から気になる企業へ、担当者経由で応募をします。

応募には履歴書や職務経歴書が必要です。

職務経歴書は、これまでの実績、仕事を通じて得られた経験・スキル、志望動機、自己PRを記載するものです。

自分自身で作成するのは、手間がかかりますが、面談を通して伝えた内容をもとに、キャリアアドバイザーが作成してくれる場合もあります。

キャリアアドバイザーは過去に内定をもらった求職者の傾向や、採用担当者が求める人物像などの情報をもっているので、完成度の高い応募書類が作れますよ。

step4:面接(面接対策、日程の調整)

書類選考に通ったら、次は面接です。

過去にサポートした求職者の情報から、面接でよく聞かれる質問採用担当者が好む回答例についても教えてもらえるでしょう。

現職を続けながらの転職活動や、複数の企業への応募をしている場合、面接日程の調整はとても難しいですが、担当者に空いている日程を伝えるだけで、企業側との日程調整をしてもらえます。

そして基本的に面接に担当のキャリアアドバイザーは同席せず、指定された日時に求職者自身で面接へ向かいます。

選考スケジュールはとても重要です。例えば第二志望のB社に内定をもらい、第一志望のA社はまだ選考中で、B社の回答期限がきてしまうかもしれません。
このような事態をさけるためにも、各企業への転職支援の経験があるプロに頼ってください。

step5:内定(選考のフォロー、条件交渉)

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求職者が面接を受けた後に、求職者の印象や評価を企業側へ確認します。

その際、企業に対して求職者のフォローを行うものキャリアアドバイザーの仕事です。

面接でうまく受け答えができなかったり、追加で聞きたいことがあれば、この時に対応してもらえます。

そして見事内定が出た場合は、企業側から出されている条件を確認します。その際に気になるものがあれば、担当者へ伝えて企業側へ条件交渉をしてもらいましょう。

面接後には企業から求職者の「評価点」や「懸念点」を伝えてもらえます。
条件交渉と同様に、個人での転職活動では得られないサポートがあるのは転職エージェントならではですね。

step6:退社〜入社(入社日の調整)

内定が決まったら、入社日の調整を行います。

現職での有給消化や、転職先企業の入社準備の調整を行い、入社日が決められます。

キャリアアドバイザーには退社手続きに関しても相談できますので、わからないことがあれば積極的に聞いてみるといいでしょう。

例えば、新しい会社には前職での源泉徴収票が必要です。
転職活動をする際は、そのような必要な手続きなどについてもしておかなければいけませんね。

転職エージェントの選び方とおすすめ

転職エージェント選びには、いくつかポイントがあります。

【転職エージェント選びのポイント】

  • 求人数や求人の種類
  • 目的に合うサポート体制
  • 担当キャリアアドバイザーとの相性

求人数や種類に関しては総合型、サポートに関しては特化型の転職エージェントを選ぶといいでしょう。

総合型や特化型転職エージェントの特徴は次の通りです。

▼総合型転職エージェント

  • 求人数や種類が多い
  • 幅広い職種・業界の求人を扱っているので、キャリアチェンジがしやすい。
  • 転職エージェントの規模で求人数が変わる。

▼特化型転職エージェント

  • 未経験ハイキャリア女性向けなど、転職の目的に合わせたサポートが得られる。
  • 専門的な知識が豊富
  • 特定の業界特化の場合、業界を越えたキャリアチェンジができない。

担当のキャリアアドバイザーとの相性は、残念ながら実際に利用を始めてみないと分かりません

利用してみて「合わないな…」と感じたら、担当者の変更別の転職エージェントを利用してみてください。

利用する転職エージェントは一社だけに決めず、総合型や特化型の両方に登録するのがおすすめです。
HOP!ナビのアンケートでは、一人当たり平均2.52社複数の転職エージェントを利用しています。

ここからは具体的に転職エージェント各社の特徴を特徴とともにご紹介します。

*転職エージェント各社の紹介の星の評価は、HOP!編集部のアンケート調査によるものです。

アンケート概要
対象者:直近3年以内に転職した20~40代(1,000名)
調査元:HOP!ナビ編集部
調査時期:2019年12月

リクルートエージェント

総合満足度
3.49
サイトの使いやすさ
3.59
求人情報の満足度
3.46
サポート満足度
3.63

【リクルートエージェントの特徴】

  • 総合型の転職エージェント
  • 人材業界の中でも、特に求人が多い。(2020年6月時点で20万件以上)
  • 長く人材業界で活躍しているので、企業とのつながりが強い

リクルートエージェントに無料登録する

20〜50代まで幅広い年齢の利用者が多く、経験の有無も関係ありません。
すべての求職者の方におすすめできる転職エージェントです。

マイナビエージェント

総合満足度
3.39
サイトの使いやすさ
3.48
求人情報の満足度
3.46
サポート満足度
3.33

【マイナビエージェントの特徴】

  • 20代向けの総合型の転職エージェント
  • マイナビ(就活サイト)を利用する企業からの、第二新卒や20代の中途採用の求人が集まりやすい
  • 最初から最後まで一人の担当者が対応

マイナビエージェントに無料登録する

転職エージェントの中には、サポートの効率アップのために、事務的な対応を別のアシスタントが行うことがあります。
しかしマイナビエージェントは、すべてを一人の担当者が対応するので、一貫性のあるサポートが受けられます。

JACリクルートメント

総合満足度
3.85
サイトの使いやすさ
3.65
求人情報の満足度
3.81
サポート満足度
3.81

【JACリクルートメントの特徴】

  • 管理職や外資系転職向けの特化型の転職エージェント
  • 求人が出されていなくても、企業へ交渉してもらえる
  • 企業の内情や雰囲気などの情報を直接聞ける

JACリクルートメントに無料登録する

多くの転職エージェントでは、企業担当と求職者担当を分けた支援体制を取っています。
一方でJACリクルートメントは、同じ担当者が企業と求職者の両方の対応をするので、求職者を売り込んだりリアルな最新情報を聞いたりすることができます。

ハタラクティブ

総合満足度
3.75
サイトの使いやすさ
3.88
求人情報の満足度
3.53
サポート満足度
3.88

【ハタラクティブの特徴】

  • 経歴不足の求職者向けの特化型の転職エージェント
  • 既卒、フリーター、ニートなど、正社員転職のサポート実績が豊富
  • 企業に直接足を運んで求人を精査

ハタラクティブに無料登録する

紹介された求人に必ずしも応募する必要はありません
どんな求人があるかを聞いてから、転職を考えたい」という利用もできますよ。

リブズキャリア

総合満足度
3.29
サイトの使いやすさ
3.21
求人情報の満足度
3.18
サポート満足度
3.64

【リブズキャリアの特徴】

  • 女性向けの特化型転職エージェント
  • 女性ならではこだわり条件が豊富で、求人検索が簡単
  • 「積極採用中の求人特集」など、時期によってさまざまな求人特集が組まれている

リブズキャリアに無料登録する

女性転職者のロールモデルの情報が豊富なので、将来を見据えた働き方を考えた、求人紹介をしてくれます。
しかし女性向け転職エージェントは求人が少ない傾向なので、リクルートエージェントなどの求人が多い転職エージェントと併用するのがおすすめです。

転職エージェントのデメリット

ではここで、転職エージェントの利用の注意点としてデメリットを確認しておきましょう。

何事もいいことばかりではありません。しっかりとリスクを理解して賢く使えるといいですね。

【転職エージェントのデメリット】

  • 面談や連絡など、キャリアアドバイザーとのやり取りが必要
  • キャリアアドバイザーの経験値がバラバラで、力量の差がある
  • 相性が合わない担当者になる可能性がある

このように、第三者のサポートが得られるという転職エージェントならではのメリットが、裏目にでてしまうことがあるのです。

しかし、気軽な連絡手段としてLINEを取り入れていたり、担当者の変更をしたりすることもできます。
デメリットを受け入れつつ、うまく活用できるといいですね。

転職エージェントのデメリットは?解消方法と活用のポイント
転職エージェントのデメリットは?解消方法と活用のポイント
「転職エージェントって無料だけどデメリットはあるの?」」「本当に良い企業を紹介してくれるのかな」 転職エージェントを利用したくても、最初は...

【プロが回答】転職エージェントのよくあるQ & A

元キャリアエージェントのQ&A

ここからは、転職エージェントに関してみなさんが抱きがちな疑問を一つひとつ解説していきます。

▼登録

▼担当者

▼面談

▼求人紹介・内定

Q1:本当に無料で使えるの?

はい、無料で利用できます。

転職エージェントは民間の会社ですが、人材を求める企業側から報酬をもらっているので、求職者が利用料金を支払う必要はありません
ただしビズリーチはやや特殊で、有料プランがあります。
転職エージェントの費用は無料!プロが教える仕組みと理由について
転職エージェントの費用は無料!プロが教える仕組みと理由について
「転職エージェントは無料で利用できる!」と公式ページに書かれていても、「本当に無料なの?」「なんで費用がかからないの?」と心配になる人も多い...

Q2:登録が、会社や取引先にばれたら困ります。

転職エージェント経由でばれることはありません。

登録者の情報は、求職者の了解なしでは企業へ伝えられないので、転職エージェント側からばれることはありません。
また転職サイトには、所属する会社や取引先にばれない仕組みがあります。
転職サイトを使うと会社にばれる?うわさの真相とプロが教える登録の注意点
「転職活動、会社にばれたくない...」 「転職サイト使ってみたいけど、登録したら会社にばれる?」 基本的には転職サイトに登録したからといっ...

Q3:転職を決めていません…今の会社を辞めるか迷っていても、登録できますか?

転職検討段階でも、登録可能です。

転職するなら今かな…」と思いつつも、現在の職場を本当に辞めるべきか悩んでいる方はいらっしゃいます。
転職エージェントでは、転職した方がいいかどうかもアドバイスしてくれるので、転職する決心がついていなくても登録できます。

Q4:途中で辞められますか?

サポートの途中でも退会手続きできます。

他の転職エージェントで内定がもらえた」「転職活動自体を辞めた」など、利用している転職エージェントを途中で辞めるシーンはあると思います。
サポートの途中の退会でも、もちろん料金は無料です。

Q5:前の職場を退職後でも登録できますか?

すでに退職していても利用可能です。

退職後でも、問題ありません。
転職活動は、実際に入社するまで約3ヶ月と言われていますが、退職後の転職活動は時間の融通が効くので、もっと早く転職先が見つかるかもしれませんね。

Q6:担当者の指名はできますか?

基本的に指名はできません。

中には担当者を指名できるサービスを展開しているものもありますが、ほとんどの転職エージェントは、求職者の登録内容をもとに担当者が振り分けられています。
登録の際に「〇〇業界に詳しい人」「転職の経験がある担当者」などの希望を出すことは可能です。必ずしも希望通りになるとは限りませんが、試してみるといいですね。

Q7:担当者とはどうやって連絡をとるの?

メールや電話、LINEやアプリがあります。

基本的にはメールや電話での連絡です。
今ではLINEやエージェント独自のアプリを利用しているところもあり、気軽に連絡を取りやすいく評判も良いようですよ。

Q8:担当者と合わない時はどうすればいいの?

担当者の変更ができます。

問い合わせフォームが用意されていることが多いので、気まづさを感じることなく申し込めます。
その際は、変更の理由や次の担当者の希望を伝えると良いですね。

Q9:面談を受けなきゃ求人を紹介してもらえない?

はい。面談での情報をもとに求人紹介する仕組みです。

長く働けるようなマッチ度が高い求人を紹介するためには、求職者の要望をじっくり聞く必要があります。
電話やWebでも面談できるので、担当のキャリアアドバイザーに希望の条件を伝えてください。

Q10:今の仕事が忙しくて、面談の時間が取れません…

平日の夜や休日に対応している転職エージェントがあります。

平日夜や土曜日に面談の対応を行っている転職エージェントが多いです。
日曜日はリクルートエージェントのみ対応可能のようです(2020年6月時点)。

Q11:面談は事前準備が必要ですか?

いいえ、事前準備は必要ありません。

希望条件について、自分の中で決まっていればメモ程度にまとめられているといいかもしれません。
履歴書や職務経歴書はなくて大丈夫です。
もし、すでに別の転職エージェントを利用していて、そのような書類があれば見せたら良いというくらいです。

Q12:面談はスーツで行った方がいいですか?

服装に決まりはありません。

ラフな服装で構いません。
もし面接時の服装などに不安がある場合は、面接を想定した格好で行くとアドバイスがもらえると思います。

Q13:面談のキャンセルはできますか?

キャンセル可能です。

面接日程までに数日ある場合はメールなどで連絡します。しかし前日や直前のキャンセルの場合は、電話で連絡しましょう。

Q14:紹介された求人には、絶対に応募しなくちゃ行けないの?

必ずしも応募する必要はありません。

求人の内容が「希望とズレている」「満足するものではない」などの場合は、別の求人を紹介してもらいましょう。
応募を断っても、問題ありません。

Q15:企業を指定して、求人を紹介してもらえますか?

求人自体があれば、可能です。

行きたい企業がある場合は、担当者に伝えましょう。
求人の取り扱いがあり、企業の募集要件と合致していれば紹介してもらえる可能性があります。

Q16:内定辞退しても問題ないですか?

はい、内定辞退しても大丈夫です。

ただし、もし提示された条件に不満があれば、担当者に伝えてください。条件交渉が可能かどうか、企業側へ問い合わせてもらえます。
また内定承諾した後の入社辞退はあまりよくありませんので注意しましょう。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトと転職エージェントの違い

「転職エージェント」と区別されるもので「転職サイト」があります。

よく似たサービスですが、転職エージェントと転職サイトの大きな違いは、担当者がつくかどうかです。

一般的に転職サイトに分類されるのは、リクナビNEXT、マイナビ転職、indeed、エン転職などです。

転職サイトは、Web上に掲載されている求人情報を検索し、自分で企業を選んで応募します。

担当者がつくものでも「転職サイト」と呼んでいるブログやコラム記事もあるので、必ずしも呼び方だけで判断するのは難しいです。
転職エージェントの登録画面には、サポート内容の説明が紹介されていることが多いので、判断する一つのポイントになりますね。

転職エージェントと転職サイトの比較

では、2つのサービス内容を詳しく比較してみましょう。

【転職エージェントと転職サイトの比較表】

- 転職エージェント 転職サイト
担当者 つく つかない
面談 ある ない
求人 公開・非公開求人 公開求人のみ
採用人数 一人であることが多い 大量採用の求人も多い
書類・面接対策 頼める 自分で行う
日程調整 頼める 自分で行う
条件交渉 頼める 自分で行う

このように転職エージェントに比べて、転職サイトは自由な転職活動ができます。

まだ転職しようか迷っている」「とりあえず求人情報だけ見たい」という場合は、転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトは転職エージェントよりも、企業の採用コストが安いです。
そのため転職エージェントに比べて、転職サイトの方が採用ハードルが低いので、未経験転職経歴に不安がある方も利用しやすいと思います。

プロ直伝!転職サイトとエージェントの違いとよくある質問|おすすめ8社
プロ直伝!転職サイトとエージェントの違いとよくある質問|おすすめ8社
「転職サイトと転職エージェントって何が違うの?」 「自分はどっちを使った方がいいの?」 転職サイトと転職エージェントは仕組みも求人の種類...
転職サイトの求人はブラックばかり?真相とブラック回避の方法を解説
転職サイトの求人はブラックばかり?真相とブラック回避の方法を解説
転職サイトをチェックすると、求人情報がたくさん掲載されています。 これだけあると「転職サイトの求人はブラックばかりなのでは?」と不安に感じ...
元キャリアアドバイザーがんちゃんのイラスト

がんちゃん
元キャリアアドバイザー

教育業界から大手転職エージェントへ転職し、約5年半にわたりキャリアアドバイザーとして勤務。業界や職種を問わず、20代を中心に1,000人以上の求職者を支援した。
自身も就職や転職活動で悩んだ経験から、人生において重要な「仕事選び」のサポートに携わりたいという思いがある。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

転職が初めての人

マイナビエージェント
マイナビエージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

公式サイトはこちら

常時1万件以上の豊富な求人数

リクナビNEXT
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • まずは求人情報を見たい人におすすめ
  • 転職者の8割が登録
    (株式会社マクロミル調査2016年1月)

公式サイトはこちら

全年代を得意

リクルートエージェント
  • 転職支援実績No.1!
    (2018年3月期リクルートエージェント調査)
  • 業界大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人数約20万件
  • 満足度97%の面接力向上セミナーあり
    (2018年リクルートエージェントセミナー満足度調査)

公式サイトはこちら

顧客満足度を重視

doda
DODA
  • 転職者満足度No.1
    (電通バズリサーチ調査)
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者との強い関係性

公式サイトはこちら

フリーターから正社員へ

ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

公式サイトはこちら

ハイキャリア層(年収600万円以上)

JACリクルートメント
JACリクルートメントキャプチャ
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約800名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

公式サイトはこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト