【無料で十分】ビズリーチの料金表と有料プランの価値を関係者が解説

ビズリーチ料金のアイキャッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビズリーチって利用料金がかかるらしいけど、有料の価値あるの?
無料期間が切れそうなんだけど…課金しないとスカウトされなくなるの?

結論からいうと、ビズリーチは無理に課金せずとも無料で十分利用できます

この記事ではビズリーチを利用中の現役ヘッドハンターへの取材をもとに、料金プランの詳細と無料で十分な理由をお伝えします。

1.ビズリーチの料金表と有料版の機能

ビズリーチの利用プランは、無料(スタンダードプラン)と有料(プレミアムプラン)の2つから選択可能です。

プレミアムプランは、登録者が「タレント会員」か「ハイクラス会員」かによって、利用料金も変わります。会員クラスとプランごとの料金表は次のとおりです。

会員クラス スタンダードプラン 有料プレミアムプラン
タレント会員
(年収750万未満)
無料 30日間 3,278円(税込)
ハイクラス会員
(年収750万以上)
無料 30日間 5,478円(税込)

▼スタンダードプランの場合は一部の機能が制限されますが、面接や面談が確約されている「プラチナスカウト」については無料でも閲覧・返信が可能です。

利用できる機能 スタンダードプラン 有料プレミアムプラン
プラチナスカウト
通常スカウト ×(受信はできるが閲覧できない)
求人検索 △(検索はできるが企業名が非表示)

以下では、なぜハイクラス会員の料金が高いのか、その詳細について見ていきます。

ハイクラス会員の料金が高い理由

ビズリーチに登録した求職者の年収が750万円以上の場合、自動的にハイクラス会員での登録になります。

もしハイクラス会員がプレミアムプランにアップグレードするときは、タレント会員よりも約1.7倍の金額を支払わなければなりません。これはハイクラス会員とタレント会員の年収額の違いが関係しています。

もともとハイクラス会員しかいなかった

ビズリーチは元々、年収1,000万円以上の求職者を対象にしたサービスでした。

リーマン・ショック以降、外資系金融企業などでハイクラス人材のリストラが急増する中、より効率的な転職活動を望む求職者のニーズが高まっています。

そのニーズに応えるべく、年収1000万円以上レベルのビジネスパーソンと年収1000万円以上の人材を探す企業をマッチングする求人サイトをグランドオープンしました。
(引用:プレスリリース|ビズリーチ)

当時のプレミアムプランも、現在のハイクラス会員と同じ5,478円でスタートしています。

あとになってタレント会員を設けた

そんななか、近年はビズリーチも幅広い求職者を対象にするようになり、そこで誕生したのが「タレント会員」です。

ただ、集客するうえで「年収が異なるのに、利用料金が同じなのは自然ではない」ということから、現在のように利用料金をハイクラスとタレントで分けました。

要するにハイクラス会員が高いのではなく、後から安いプランであるタレント会員が追加されたという流れです。

みんなはビズリーチに課金している?利用者にアンケート

当編集部では、ビズリーチ経由で転職を決めた14人にアンケートを実施。その結果、有料プランに課金していたのは3人だけでした。

ビズリーチに課金した割合の円グラフ

アンケート結果からは、ビズリーチに課金する人は少数ということがわかります。

2.ビズリーチは無料プランで十分な2つの理由

ビズリーチは無料プランのままで本当に転職できるの?
当編集部のアンケートでは14人中11人が無料プランのまま転職を決めています。

無料プランで十分な2つの理由をご説明します。

無料で十分な理由1:有料プラン限定のサービスは転職の成功に寄与しづらいから

あらためて、有料プランで利用できる機能を見ていきましょう。

  • ヘッドハンターからの通常スカウトがもらえる
  • ビズリーチの公開求人を検索できる

しかし、上記の有料サービスの対費用効果は、以下の理由で低くなっています。

有料サービスの対費用効果が低い理由

  • ヘッドハンターの通常スカウトは面接確約ではない
  • 企業からのプラチナスカウト(面接確約)は無料プランでもらえる
  • 求人検索は他の転職サイトで無料利用できる(わざわざ有料プランにする必要性が薄い)

もし選択肢を広げたい場合は、有料プランを利用するのもありです。とはいえ、企業からのプラチナスカウト目当てであれば、無料でも十分といえます。

※ビズリーチのスカウトは「プラチナスカウト」と「通常スカウト」に分かれている

無料で十分な理由2:有料版をお試し期間として無料で使えるから

ビズリーチの有料プランには、アップグレードしなくても使える無料のお試し期間が存在します。実はこのお試し期間、なんと最大で97日間(約3ヶ月)です。

お試し期間中は、有料プレミアムプランとまったく同じ扱いで、すべての機能が利用できます。

転職活動において、活動開始から内定までの期間は約1~2ヶ月程度です。つまり、お試し期間中に転職先を見つけられる可能性は十分にあります。

3.無料期間を97日延長する裏技

プレミアムプランの無料期間を最大で97日延長する裏技をご紹介します。

無料期間を延長する4つの裏技

  1. 基本情報の登録で30日無料
  2. スカウトまでの基本ステップ完了で30日延長
  3. ヘッドハンター5人に返信すると30日延長
  4. 無料体験で7日延長

基本情報の登録で30日無料

まず、基本情報13項目の入力が終わると、自動的にプレミアムプランが30日無料で適用されます。

申し込みや更新などの作業は発生しません。

基本情報入力画面の写真本情報の入力後画面の写真

スカウトまでの基本ステップ完了で30日延長

続いて詳細情報14項目の入力を完了させると、「スカウトまでの基本ステップ完了報酬」として、さらに30日分の「プレミアムチケット」が入手可能です。

プレミアムチケットの画像

ヘッドハンター5人に返信すると30日延長

「ヘッドハンター5人への返信」は一見ハードルが高そうに見えますが、あくまで返信だけ大丈夫です。

案内されたスカウトに応募する必要はありません。15分程度の軽い電話面談で話を聞いてみるだけでもOKです。

合計5人への返信を達成すると、さらにお試し期間が30日延長されます。

無料体験で7日延長

ビズリーチにクレジットカード情報を登録すると、プレミアムプランのお試し期間が7日付与されます。

ただしこの7日間分は、6日目までに自動更新を停止しないと、そのまま有料のアップデートへ移行するので注意が必要です。

停止するには、「設定」メニューの「購入状況」にある、「プレミアムステージアップグレード状況の確認・再購入・解約はこちら」から設定を変更します。

【裏事情】プレミアムプランの求職者には「プレミアム」アイコンが表示される

ビズリーチのプレミアムアイコン

プレミアムプランに加入すると、実は採用担当者側しか見えない「プレミアム」のアイコンが付与されます。

これは採用担当者が、求職者を検索する際に注目する5つのアイコンのうちの1つです。

表示があると「有料のプレミアムプランを利用している=積極的に転職活動を進めている」と見なされるため、スカウト数アップにつながります。

「じゃあ、課金したほうがよいのでは?」と思われるかもしれませんが、プレミアムのアイコンはお試し期間の利用でも表示されます。

少なくとも、無料お試し期間が残っているうちは課金する必要はないでしょう。

プロフェッショナルを目指す人向け「ビズリーチ」

ビズリーチの特徴

  • 仕事で一通りの経験を積んだ30~40代
  • 人脈を築いて視野を広げたい20代
  • 自分の市場価値を知りたい方
  • 外資系や高年収の求人を探している方
  • 自分に合う企業をピンポイントで紹介してほしい方

ビズリーチの登録・詳細はこちら

4.ビズリーチと比較したい無料のスカウト型転職サイト

今は仕事が忙しいので返信は難しい…
無料期間を気にせず自分のペースで情報収集したい

スカウト機能をもつ転職サイトはビズリーチ以外にもあります。

しかもビズリーチと違って完全無料。

年代別におすすめが異なりますので、比較してみましょう。

  • 20代:ビズリーチの運営する「キャリトレ(無料)」
  • 30代:リクルートの運営する「キャリアカーバー(無料)」
  • 40代以降:エンジャパンの運営する「ミドルの転職(無料)」

20代:ビズリーチの運営する「キャリトレ(無料)」

キャリトレのキャプチャー画像

キャリトレは株式会社ビズリーチが運営する、ヘッドハンティング型の転職サイトです。ビズリーチと同じくスカウトが中心ですが、登録審査や有料プランはありません。

ターゲットは「挑戦したい20代」。実際に、新規会員の73%が20代であると公式サイトで公表されています。

取り扱い求人も、年収500万円クラスから第二新卒歓迎の求人までと幅広いです。経歴に関係なく、さまざまなニーズを持つ20代の求職者でも利用できます。

ビズリーチ キャリトレ
求人数 113,684件 95,781件
年収600万以上 103,631件 62,411件
第二新卒 638件 14,800件

まずはビズリーチを無料で利用してみて、スカウトが少ないようであればキャリトレにも登録してみましょう。

キャリトレに無料登録してみる

30代:リクルートの運営する「キャリアカーバー(無料)」

キャリアカーバーは、大手人材紹介会社リクルートが運営する、ヘッドハンティング型の転職サイトです。

ビズリーチやキャリトレと同じく、企業の採用担当者やヘッドハンターからのスカウトを受け取れます。

キャリアカーバーも、ビズリーチのような登録審査はありません。しかし、取り扱い案件の質は非常に高く、管理職・外資系・専門職系といった年収800万円以上の求人を閲覧できます。

ただし、登録求人数は55,000件と、ビズリーチの96,000件より少ない点には注意が必要です。

「30代だけど、まだビズリーチは敷居が高い…」と感じたときは、キャリアカーバーへの登録をおすすめします。

キャリアカーバーに無料登録してみる

40代以降:エンジャパンの運営する「ミドルの転職(無料)」

ミドルの転職

*公式ページより引用

ミドルの転職とは、エン・ジャパン株式会社が運営する「30代・40代のハイクラスミドル世代」向けの転職エージェントです。登録者の平均年齢は45歳と、主に40代の求職者に利用されています。

掲載求人は約13万6,000件、管理職や役員クラスなど「年収1,000万円以上の求人」も10,000件を超えるなど、非常に多くの求人を閲覧できます(2020年12月時点)

社会人経験の豊富なミドル層を採用したい企業が集まる転職サイトです。求人情報や掲載求人の傾向などをチェックすれば、ビズリーチ以上に効率よく情報収集ができるかもしれません。

40代以上の転職であれば、ミドルの転職の利用もおすすめです。

ミドルの転職に無料登録してみる

5.そもそもなぜ求職者から料金をとるのか

そもそも転職サイトって無料じゃないの?」 「ビズリーチが求職者から料金をとる理由がわからない

ビズリーチ公式サイトの説明を要約すると、「求職者を有料にする理由は企業やヘッドハンターに偏らない公平なサービスを提供するため」とあります。

それだけではなく、求職者から料金を取ることで「ビズリーチは転職意欲の高い人が集まっている」というブランドイメージにつなげる狙いもあるといえます。

求職者が有料の理由は「ブランドイメージ」戦略のため

ビズリーチが有料サービスを展開している理由は、「ブランドイメージ戦略」のためです。

企業のスカウト担当者は、よい人材を得るために転職意欲の高い求職者を探しています。

なぜなら、まったく転職する気がない求職者にスカウトメールを送っても、時間と労力が無駄になるリスクがあるためです。

一方、ほとんどの転職サービスが無料にもかかわらず、わざわざ有料のビズリーチを利用している求職者は転職意欲が高いと見なされます。

つまり「ビズリーチは転職意欲の高い求職者が集まるサービス」というブランドを期待してさらに企業が集まる、という好循環が生まれやすくなるのです。

6.ビズリーチ料金表(採用担当者向け)

利用期間 プラチナスカウト 基本利用料(税別)
6か月 400通 85万円
12か月 800通 153万円

+入社時の成功報酬:理論年収の15%

中でも6ヶ月85万円で400通送れるプランが企業に人気のようです。

プラチナスカウトって送るのにいくらかかっているの?」「求人をばらまいているのでは…」と思われた方もいるかもしれません。

一見すると大量に送られているように見えますが、採用担当がプラチナスカウトを送れる数には制限があります。

プラチナスカウト1通あたりの料金は?

たとえば85万円のプランを導入したときは、単純計算で1通あたり「85万円÷400通=2,125円」です。決して安い値段とはいえません。

また、1人を採用するのに必要なスカウトメールは100通と言われています。計算式は次のとおりです。

計算に使用するデータ

  • スカウトメールの返信率は10%
  • 企業面接の通過率は20%
  • 内定承諾率は50%

計算式

  • 100通×10%=スカウトに返信する10人
  • 10名×面接通過率20%=面接を通過する2人
  • 2人×内定承諾率50%=内定を承諾する1人=100通のスカウトメール

上記はあくまで目安であり、スカウトメールの返信率はもっと低い可能性があります。

つまり、企業側の労力や期待値から考えて、プラチナスカウトを受け取った時点でチャンスと捉えてOKです。

ちなみに、ヘッドハンターのビズリーチ利用料金によって異なりますが、ヘッドハンターからのプラチナスカウトにも制限があります。

とはいえ登録数はヘッドハンターのほうが多いので、ありがたみに欠ける印象があるかもしれません。

7.記事のまとめ

ビズリーチの料金に関するまとめは以下になります。

  • 有料プランはひと月3,278円または5,478円
  • 約8割のユーザーが無課金で転職している(編集部調べ)
  • 無料お試し期間は最大97日延長できる
  • 有料の理由は「ブランドイメージ」戦略のため
  • 企業側の料金は「6ヶ月85万円で400通送れるプラン」が人気

プロフェッショナルを目指す人向け「ビズリーチ」

ビズリーチの特徴

  • 仕事で一通りの経験を積んだ30~40代
  • 人脈を築いて視野を広げたい20代
  • 自分の市場価値を知りたい方
  • 外資系や高年収の求人を探している方
  • 自分に合う企業をピンポイントで紹介してほしい方

ビズリーチの登録・詳細はこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

同一カテゴリーの記事

おすすめ転職サイト比較|1000人アンケートをもとにプロが厳選

「転職サイトがいろいろあって選びきれない!」 「自分に合ったおすすめの転職サイトはどれ?」 そんな方に…

  • 🕒
  • 2021.06.18更新

40代向け転職サイト満足度ランキングとタイプ別のおすすめ10選

「40代だと転職サイトに登録しても相手にされないのでは?」 「若い人向けの求人ばかり…自分に合った求人をピンポイントで紹介してほしい」…

  • 🕒
  • 2021.05.21更新

30代におすすめの転職サイト!満足度ランキングとプロが教える選び方

「30代におすすめの転職サイトに登録したい!」「この年齢や職歴でも受けられる求人はある?」 当編集部では転職サイトを利用した30代168…

  • 🕒
  • 2020.09.25更新

20代の転職サイトは評判と求人数で選ぶ!1000人が選ぶおすすめ3選

「はじめての転職、何から始めればいいかわからない」「たくさん登録するのは面倒、結局どの転職サイトがいいの…」 転職サイトはそれぞれ…

  • 🕒
  • 2020.11.09更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト