服薬指導を健康サポートの足がかりに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。


調剤報酬改定が間近にせまり、次第に今回の改定の内容が明らかになりつつあります。


今回の調剤報酬改定で特に注目されているのは、「基準調剤加算の廃止」です。1月24日の中央社会保険医療協議会(中医協)では、これまでの基本調剤加算に代わり「地域支援体制加算」が新設され、地域医療に貢献する薬局を評価する方向性が示されました。


2015年に厚生労働省(厚労省)から「患者のための薬局ビジョン」が示され、2016年には「健康サポート薬局」制度が制定されており、こうしたこの数年の厚労省が推進する地域包括ケアシステムへの薬局への積極的な参加が期待されてきましたが、当然ながら今回の改定もその流れを汲んで、更に前進させるものになりました。


これら調剤報酬改定や患者のための薬局ビジョンついてはまた別の機会で書かせていただきたいと思いますが、今回はその中の1つ、薬局の「健康サポート機能」について考えてみたいと思います。

「健康サポート」という言葉の定義について

「健康サポート」という言葉の定義はいろいろとあるかと思いますが、日本薬剤師会の「健康サポート薬局Q&A」によれば、国民の病気の予防や健康サポートへの貢献として、

  • 要指導医薬品等の供給機能や助言体制
  • 健康相談受付、受診勧奨・関係機関紹介 等

があげられています。

ただ、調剤を主体とする薬局やその薬剤師にとって、いきなり「地域医療に貢献する」といわれても、普段の業務からどのように発展させていくのか、実感を持てない方も少なくないのではないでしょうか。特に「病気の予防」や「健康相談」などについて、取り組みたくてもうまく取り組めない、と感じる薬剤師の皆さんも多くいらっしゃると思います。

でも実は、調剤を主とする薬局であっても、そうした取り組みはそれほどハードルが高いものではありません。むしろ、調剤を主とする薬局だからこそのアプローチの仕方があるではないでしょうか。

「患者さん」はいつから「患者さん」なのか

少し話は変わりますが、皆さんのところに処方箋を持っていらっしゃる「患者さん」は、いつから「患者さん」だったのか、考えられたことはありますか?

高血圧や脂質異常症、糖尿病などの患者が受診する場合、その患者さんは健康診断や、別の病気の治療で異常値を指摘され、受診を促される、というケースが多いと思いのではないでしょうか。ということは、受診する1〜2年前からその傾向にあった、といえる場合が多いと思います。つまり、高血圧、糖尿病、脂質異常性など、いわゆる「境界値」と呼ばれる範囲にある方が、徐々に治療が必要な状態となり、「患者さん」となっていく訳です。

皆さんのところにいらっしゃる患者さんを見ても、高血圧を治療中の方であれば、コレステロールの値や血糖値が境界値となっている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

これまでは、ある日突然、血圧の薬にコレステロールの薬が追加になり、「あ、この患者さんはコレステロールが高くなっていたんだ」と気づく場合が多かったのではないか、と思います。

薬局薬剤師だからできること

しかし振り返ってみれば、毎月の血圧の薬をお渡しする時に「健康診断は受けていますか?」「高血圧以外で何か気になることはありませんか?」と声をかけていれば、事前にその情報を得ることができたかもしれないのです。これは、服薬指導の時間が持てる、処方箋を調剤している薬剤師だからこそできるチェック、ということができるのではないでしょうか。

その情報を得られれば、コレステロールや血糖の値が、境界値になっている場合に、特定保健用食品(トクホ)などの健康食品や生活指導を患者さんに紹介することで、生活習慣病の発症を少しでも遅らせることができる、という取り組みができると思います。

そして、そのことで患者さんとの信頼関係ができあがれば、次は患者さん本人だけでなく、ご家族のことも相談してくれるようになり、ひいては地域の住民の皆さんの健康をサポートできる活動への足がかりになってくると思います。これは、冒頭の調剤報酬の動きを見るまでもなく、薬剤師の将来の重要な役割になってくると思われます。

薬局薬剤師への風当たりが強い現状ですが、地域包括ケアシステムの中で、地域の健康サポートができるよう、まずは目の前の患者さんとしっかり向き合い、治療中の疾病だけでなく、その方の“健康状態”について、しっかりと聞き取りをしてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

ファーマキャリアの特徴

調剤薬局 ドラッグストア 正社員 パート
電話・メール ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

関連記事

現臨床薬剤師兼元MRが語る|MRの現在と未来とは⁉

こんにちは。現在、HOP!薬剤師の記事を執筆させていただいているけちゃおと申します。私は、薬学部を卒業後証券会社で営業職をしていました。 その後、製薬会社のMRへと転職をして、現在は調剤薬…

証券会社から調剤薬局へ転職⁉|ココが特殊だ薬剤師業界

現在、HOP!薬剤師の記事を執筆させていただいているけちゃおと申します。私は薬学部卒業後、証券会社、製薬会社でそれぞれ営業を経験して、現在は調剤薬局にて薬剤師をしています。 業種が変われば仕事…

仰天!新卒薬剤師がマツキヨで体験した今だから語れるエピソード3選

こんにちは。薬剤師なのに調剤が苦手という理由で新卒でマツモトキヨシに入った「まりも」です。現在はHOP!薬剤師をはじめ、複数の医療関係メディアでライターとして活動しています。 さて今回は、私が…

災害医療における薬剤師の役割|求められる臨床力

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。   1995年1月の阪神・淡路大震災、2011年3月の東日本大震災を教訓に、各自治体では、広域災害時の医療体制や対…

薬剤師が最新ニュースに物申す!5分で読める7月前半のニュース

こんにちは、薬学部を卒業後証券会社に就職した「けちゃお」です。私は現在調剤薬局で薬剤師として働くかたわら、WEBライターとして薬剤師に関する記事の執筆をしています。 今回は、7月の前半に起きた…