40代薬剤師の転職はまだまだ可能!理想の職場へ転職成功させるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いくら薬剤師が売り手市場だといっても40代にもなるとなかなか気軽に転職できるものではありません。こんな年齢になっても求人はあるのか、周りからどんな目で見られるか、うまく仕事に馴染めるかなど不安が次々と湧き上がってきます。

実際に40代での転職は難しいのでしょうか?ここでは皆が今の職場にどのような悩みや不安を持っているのか、それらを解決するためにどうやって転職活動を進めたら良いのかなどの情報をご紹介しています。

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人数が多い職場 求人を探す
マイナビ薬剤師 1万件以上 ドラックストア
企業

無料
登録

薬キャリ 8千件以上 調剤薬局
企業

無料
登録

ファルマスタッフ 8千件以上 病院
調剤薬局

無料
登録

40代薬剤師の悩みや不満あるある|みんなはどう思ってるの?

何歳になっても「転職したい」と思い悩んでしまうのは仕方のないことです。20代でも40代でも、年齢は違えども仕事や日々の生活の中でいろいろな悩みを抱えています。

むしろ何も悩みがない方のほうが少ないでしょう。では一体、40代の薬剤師はどのような悩みを抱えて転職したいと考え始めるようになるのでしょうか。40代の薬剤師だからこそ抱えている悩みについて見ていきましょう。

同世代の年収より低いのが辛い(同窓会で年収を聞かれて恥ずかしい)

40代ともなると気になってくるのが周りの年収と自分の年収との差。同窓会で久々に会った友人の年収を聞いて開いた口が塞がらないなんてことも時たま起こります。

薬剤師の年収だ

ついつい自分に嘘をついて多めに見積もった年収を口走ってしまうハメに。恥をかくか嘘をつくか、本音はどちらも避けたいところですが現実には逆らえません。

製薬企業や病院、調剤薬局など勤務先によって年収が異なるのは分かりますが、この年齢になると同じ職種だったとしても年収に大きな開きが出てきます。

それはなぜでしょうか。簡単に言ってしまえば出世している人としていない人との差が出てきてしまうからです。

もちろん出世するかどうかは本人の能力によるところもあります。でも、一概にそうは言えないんですよね。何年も何年も管理薬剤師になれなかった人もいれば入社して数年後にはすんなりなってしまった人もいます。

何十年働いても年収があまり上がらなかった人もいればあっという間に年収アップしてしまう人もいます。薬剤師の出世って意外とタイミングが大事なのです。

年収の背景にどんな事情があったとしても結局は数字がすべて。このまま同年代の薬剤師よりも低い年収のままでいくか、転職して年収アップを目指すかが非常に悩みどころです。

50代を過ぎると平均年収は下がっていく傾向があります。そのため40代の薬剤師は、自分の年収を恥じらいなく言えるようになるためにここで一発、転職して年収を上げようと考えます。

いつも同じ業務、環境でスキルアップができない

1つの職場にこだわって長年勤め上げることは思っているよりも難しいことです。働き始めてすぐのころは覚えることが山のようにあり、毎日がきっと勉強に追われていたことでしょう。

どんなに学んでも学びきれないほどの情報や知識を吸収するのに精一杯。何年もがむしゃらに薬剤師の資格に磨きをかけていきます。

ところが、そんな新鮮な毎日も同じ職場で何年も働き続けていると少しずつなくなっていきます。これ以上勉強することがないなんて思うわけではないのですが、どうも今の状況では自分のスキルアップに限界を感じてしまうのです。

それに毎日同じ業務をしていてはやはり飽きてしまいます。何と言うか、毎日の仕事に刺激がなくなってしまうんですね。

定年まであと20年近くもこのまま同じ仕事を続けられるか?そう考えたときに「うん、まだまだ頑張れる。」と思えるでしょうか。

なかなか厳しいですよね。マンネリ化した仕事を続けて刺激のない生活を送るよりは、転職して新しい知識を吸収していきたいと思う薬剤師の方が多いです。

もっと他の科目の処方箋も扱いたい、まだ持っていない認定薬剤師や専門薬剤師の資格を取得するために今よりももっと勉強できる環境で働きたい。

こんな風に40代の薬剤師はこれからどうすればスキルアップできるのかということを悩んでいる方が多いです。

夜勤多すぎて辛い

仕事内容で1番体力を削がれるのは間違いなく夜勤です。夜勤と聞くと病院の当直をイメージしますね。ほとんどの病院で当直はたったの1人でこなさないといけません。

どんなにイレギュラーなことがあっても誰にも聞けない状況はかなりの不安を伴います。新人のころは当直の当番がやってくるたびにドキドキしていたのが良い思い出ではないでしょうか。今ではそんなドキドキよりも当直による疲れの方が身に染みる年齢となってしまいました。

当直が終わって半日後には遅番として出勤しなきゃいけない、なんてところもあります。多くの場合は当直の次の日は休みです。でも名目上は休みになっているものの実際は寝るだけで何もできずに休みは終わってしまうんですよね。

あまりにも当直が多いと何だか休みが減っているようで損している気持ちになります。寝て起きたら次の日は仕事ですからね。休んだ気にもなりませんし、疲れも取れません。

当直後のスタッフは口には出さないものの顔を見れば一発で分かるほど疲れが出ています。若い子でも疲れを隠しきれていないのに40代の自分が隠せるわけもありません。ひたすら疲れを誤魔化しながら働かないといけません。

ドラッグストアでも夜勤があることがあります。24時間店舗のように営業時間が長い店舗だと時おり夜勤が回ってくるんですよね。

病院のように仮眠室があるわけでもなく、昼時と同じように働きます。ドラッグストアは力仕事も多くただでさえ疲労がたまるのに夜勤が混ざってくるとあっという間に疲労MAX。残業代とか深夜手当とかはいらないから夜勤をなくしてくれと心の中で思うものです。

6年制の新人薬剤師がどんなことを学んできたか気になる

4年制大学を何十年も前に卒業した薬剤師にとって、6年制薬学部卒の新人薬剤師は非常に興味のある存在です。2006年から薬学部は6年制へと変わりました。

日本の薬剤師の質は先進国の中では遅れていると言われています。その遅れを取り戻し、薬剤師の質を高めるために従来の4年制から6年制へと変更したのです。

2年プラスになったことで4年生から5年生に上がるときのCBT試験、約半年に及ぶ調剤実習と病院実習が必須となりました。一人前の薬剤師として社会に出る前に、半年もの期間現場に出て実習を経験しています。

6年制の薬学部を卒業した当の本人たちは何も気にしていないのですが、何十年も前に4年制大学を卒業したこちらとしては6年制薬剤師の実態が非常に気になります。

薬剤師6年制違い

自分たちが知らないことを当たり前のように知っているのではないか、もういい年なの6年制卒の新人と比べ物にならないほど知識に差があるのではないか。いらない心配と言われればそうですが気になるものは気になります。

そんな6年制卒の薬剤師に仕事で触れたことがない方もいるでしょう。自分が4年制というだけで何だか今の薬剤師よりも劣っているような気になることも。

実際に現場では「僕、4年制卒なんであんまりアテにしないでください。」とかなり低姿勢になっている薬剤師がたくさんいます。

4年制の薬剤師しか知らないまま仕事を続けていることへの不安、6年制薬剤師への興味。40代の薬剤師はこんなことを気にしているのです。

今更だけどやっぱり調剤をしてみたい

今の今まで製薬会社やOTC専門のドラッグストアで働いていた薬剤師に良くある悩み。それが「調剤をやっておいた方が良いのかな?」というものです。

調剤経験がゼロのまま40代まで働き続ける方って意外と多いんですね。いつかは調剤をしてみようと思いながらも気づけば何年も経っていたなんてこと、ないでしょうか。

調剤をするなら今が最後のチャンスかもしれない、これ以上先延ばしにすると本当にもうダメかもしれない。いや、今でも十分に遅いんじゃないだろうか。調剤経験がない薬剤師はこのような葛藤を心の中で繰り広げていることが多々あります。

40代薬剤師の目標とは|今後どうなりたい?何をしたい?

40代薬剤師の目標とは

同年代の友人と比べて年収が低い、体力的にきつい仕事は避けたいなどのさまざまな悩みを抱える40代薬剤師。自分が思い描いている理想と、実際の自分とにギャップがあるため悩みや不満というのが生まれてしまいます。

本当はもっとこうなりたい、こんな環境で働きたいという理想がなければ転職しようなんて思わないですよね。本当はこうありたいという40代の薬剤師ならではの目標や理想をここで少し見てみましょう。

1.年収アップ

結婚して子どもが生まれ、この時期になると子どもはもう高校生や大学生くらいの年頃です。この時期って本当にお金がかかります。県外の大学を受験したいとなれば受験料の他に宿泊費なども必要です。

予備校に通わせればそれだけで何百万円もかかってしまいます。私立の薬学部や医学部に子どもを通わせようとすればもう目が飛び出そうなくらいお金が必要です。そんな子どもたちのお金を十分に賄うためにもっと稼ぎたいと考えるものです。

逆に子育てが落ち着いたからマイホームを建てようと計画を立て始める方もいますね。人生で最も高い買い物と言われている家を建てるための資金作りをしないといけません。

この年になるといつの間にか同年代の友人に年収を思いっきり越されていることもあります。「薬剤師って高級取りなんじゃないの?」と薬剤師以外の友人から言われてしまうこともあるでしょう。

本当に悔しいですよね。それに恥ずかしさもあります。「あれ?出だしはこちらが勝っていたはずなのにいつの間に越されたんだろう?」と焦りを覚えます。自信を持っていつでも年収を教えられるくらい本当は稼ぎたいんです。

2.働きがいや労働環境の向上

40代というと業務内容もほとんど覚えたし、門前の科目の処方箋にもかなり詳しくなったころです。後輩も多く入ってきて薬剤師の先輩として指導をしながら日々の業務をこなしています。

でも、どことなく物足りなさを感じることも多いんですよね。自分がかつて先輩薬剤師に教えてもらっていた時のように後輩に知識を教えられているだろうか。自分の教え方でしっかりと育ってくれているのだろうか。本当は後輩に教えながらもっともっとたくさんのことを学んでいきたい自分がいるのです。

体力の衰えと共にもっと労働環境の良いところで働きたいなと考え始める年でもあります。満員電車にはできれば乗りたくありません。通勤時間も長いのは勘弁です。

通勤だけでかなりの体力を持っていかれてしまうためです。通勤時間がもしも今の半分になったら朝はもっと遅くまで寝られるし、夜は早めに帰ってゆっくり休めます。ちょっとしたゆとりを作って体を休めたいと思うことが多いものです。

3.やりたい仕事したい

今の今まで調剤をしてこなかったけど、やっぱり薬剤師なら調剤の経験をしておきたいなとぼんやり考えることがありますね。

「まだ間に合うかな?やめた方がいいかな?でもやっぱりしておきたいな。」と心の中で葛藤が繰り広げられます。

いつかは調剤をしてみたいと40代になっても考えちゃいますよね。この年で転職は不安だなと思う反面、やりたいことはやりたいという気持ちが結局は勝ってしまうのです。

憧れの病院で働いてみたいと思うこともあります。どの世代にも人気の病院は薬剤師の職種の中で最もリアルな医療に触れられる場所です。

実際に患者さんに触れてカテを参考にしながら調剤ができるのは病院だけです。倍率が高くて諦めていたけど働いてみたいという気持ちはいつになってもなくなりません。

40代薬剤師|目標別達成までのプロセスと共通の最重要項目

  • 年収アップ
  • 働きがいや労働環境の向上
  • やりたい仕事したい

あなたはどの目標や理想を現実にしたいと考えていますか?生活のために年収を上げたい方もいれば働きがいを重視してもっとたくさんのことを学びたいと思っている方もいるでしょう。これらのあなたが本当になりたいと思っている自分を現実にするためにはどうしたら良いと思いますか?

答えは転職です。年収アップは今の職場でもできないことはないですが長い道のりとなりますし、成功するかどうかも確実ではないですよね。

働きやすい環境や自分がやりたい仕事をするには転職して新しい職場で働き始めるしかありません。理想とする職場を見つけ出して転職することでこれらの目標や理想は叶えることができるのです。

しかし、40代にもなって転職するというのは少々勇気がいるものです。この年でも転職がうまくいくのだろうか、自分を受け入れてくれる求人先があるのだろうか。転職が成功するのかと不安に思わずにはいられません。

でも、40代にもなって転職を成功させるなんて無理だよなんて思っている方は考えを改めてください。転職サイトを使えば理想の職場を見つけることができるんですよ。

  • 自分の条件に合う求人を探し出してくれる
  • 職場の労働環境をあらかじめ詳しく知ることができる
  • 今までの経験を活かして管理薬剤師や薬局長にすぐなれる

登録するだけでざっとこれだけのメリットがあります。とても1人で転職活動をしていては叶えられないものばかりですね。

自分はどんな職場が向いているのか、面接で気をつけたいことは何なのかなど内定を獲得するためのアドバイスもしっかり貰えます。

さらに自分の悩みを転職サイトのコンサルタントに相談すれば、その悩みを解決できる職場を紹介してもらえます。

40代という年齢を武器に変えて求人先にあなたのことをしっかりアピールしてくれるのは転職サイトだけです。

コンサルタントの交渉によって求人に提示されている年収よりもさらに上がることが多々あります。むしろ転職サイトを使わずに転職しようとすれば、あなたの希望する職場を見つけることは少々難しいかもしれません。転職サイトを味方につけるだけで理想の職場に転職できる確率がぐっと上がります。

自分にあった転職サイトを選ぶ基準と方法とは?

ここまで、転職サイトに登録する重要性についてお話させていただきました。しかし、「転職サイトってどうやって選べばいいの?」「転職サイトたくさんあるし…。」といった疑問が湧いてきますよね。ここでは、その疑問を解決していきたいと思います。

1.自分に合った転職サイトを選ぶ大切さ

今から登録しようと考えている方の中には「どの転職サイトでも一緒でしょ」と感じている方もいると思います。しかし、その考えで転職サイトに登録してしまうと、求職者(薬剤師)と転職サイト側が「すれ違い」を起こしてしまいます。

その「すれ違い」が転職を失敗へと導いてしまい、理想とはかけ離れた職場への転職、そして今までと同様に不満が溜まり…と悪循環が発生してしまいます。理想の転職や自分の目標を達成するためには、自分に合った転職サイトを正しく選ぶ事がとても大切です。

2.薬剤師の正しい転職サイト選びは3ステップで解決!

ネット上の評判や口コミで「なんとなく」転職サイト選んでしまうと、求職者(薬剤師)と転職サイト側が「すれ違い」を起こし、理想的な職場は見つかりません

そんな状態を避けるために、3つのステップを踏んで薬剤師転職サイトを選んでいく方法をおすすめします。

必ずしもすべてのステップを踏まなければならないわけではなく、途中で「これだ!」と思える転職サイトが決まればそれで問題ありません。

自分に合った転職サイトを選ぶまでのステップ!

  • ステップ1:職場雇用形態から選ぶ
  • ステップ2:希望年収から選ぶ
  • ステップ3:サポート体制から選ぶ

このステップを通じて、自分の希望条件と各サイトの強みがマッチしているかを確認していきます。

-ステップ1「職場と雇用形態」から選ぶ

まずは「働きたい職場」と「雇用形態」を決め、それにマッチした転職サイトを選んでいきます。

職場の種類

薬剤師の働く職場は主に以下の4つです。あなたはどれを希望していますか?

  • 病院
  • 調剤薬局
  • ドラッグストア
  • 企業

希望職場が決まっていないと、適切な転職選びはできません。

なぜなら、薬剤師の転職サイトにはそれぞれ「転職サイトAは病院求人に強い」「転職サイトBはドラッグストアの求人が豊富」といった強みがあるからです。

どの職場を希望するかによって、転職サイト選びが変わってくるのです

雇用形態

薬剤師の雇用形態は以下の3パターンに分けられます。あなたはどの働き方を選びますか?

  • 正社員
  • 派遣
  • パート

こちらも自分の希望をしっかり決めておきましょう。転職サイトによって正社員、パート、派遣それぞれの求人数に大きな差があるからです。

特に派遣を希望する場合は、派遣薬剤師を扱っていない転職サイトもあるので、なんとなく登録してしまうと「紹介できる求人情報がない」といったことも起こってしまいます。

 

以下の表は、薬剤師の転職サイト別に「職場の種類別」「雇用形態別」の保有求人数を調べたものです。あなたの希望する職場と雇用形態にマッチしている転職サイトを見つけてください。

「職場」と「雇用形態」で選ぶ転職サイト早見表

緑色の表示が、求人の多さを表します。

転職サイト 職場 雇用形態
ドラッグストア 企業 正社員
調剤薬局 病院 正社員 パート
病院 調剤薬局 派遣 パート
ファーマキャリアの評判 ドラッグストア 調剤薬局 正社員 パート
リクナビの評判 調剤薬局 企業 正社員 パート

-ステップ2「希望年収」から選ぶ

転職で気になるのが年収です。あなたは、新しい職場でどれくらいの年収を求めますか?

実は希望年収額も、薬剤師が転職サイトを選ぶうえで大事なポイントです。なぜなら、転職サイトによって高年収求人の数に明確な差があるからです

以下に転職サイト別の高年収求人数をまとめました。

「転職して絶対に年収をアップさせたい!」と考えるなら上位にランクインしている薬剤師転職サイトを選ぶべきです。

「高年収求人数」で選ぶ転職サイト早見表(年収600万円以上)

  • 調剤薬局
  • ドラッグストア
  • 企業
  • 病院

調剤薬局×高収入求人数

(年収600万円以上)

6,147

4,174

3,510

2,429

  • ※ 2018年10月現在 HOP!薬剤師による独自調査
  • ※ リクナビ薬剤師は年収600万円以上の求人数を計算することが
    できなかったためこの表には掲載していません

ドラッグストア×高収入求人数

(年収600万円以上)

13,817

1,213

1,088

444

  • ※ 2018年10月現在 HOP!薬剤師による独自調査
  • ※ リクナビ薬剤師は年収600万円以上の求人数を計算することが
    できなかったためこの表には掲載していません

企業×高収入求人数

(年収600万円以上)

246

25

8

4

  • ※ 2018年10月現在 HOP!薬剤師による独自調査
  • ※ リクナビ薬剤師は年収600万円以上の求人数を計算することが
    できなかったためこの表には掲載していません

病院×高収入求人数

(年収600万円以上)

2401

187

119

288

  • ※ 2018年10月現在 HOP!薬剤師による独自調査
  • ※ リクナビ薬剤師は年収600万円以上の求人数を計算することが
    できなかったためこの表には掲載していません

-ステップ3「サポート体制」から選ぶ

続いては「転職サイトにどんなフォローを望むか」によって転職サイトを選んでいくステップです。

転職サイトのサポート内容は、転職サイトによって異なります。だからこそ「どこまで手厚いサポートを希望するか」で転職サイト選びが変わってくるのです

転職未経験の若い薬剤師ならサポート体制が万全の転職サイトを選ぶべきです。なかには面接に同行してもらえる転職サイトもあります。

逆にやり取りを最小限にしたい薬剤師なら、フルサポート体制のエージェントは「おせっかい」「しつこい」と感じてしまうかもしれません。

その際はサポートが最小限の転職サイトを選ぶべきです。

 「サポート体制」で選ぶ転職サイト早見表

緑色の表示が、サイトの特徴を表します。

  • 転職サイト
  • サポート体制
             
転職サイト サポート体制
無料登録はこちら
電話・メール
対面面談
面接同行
今すぐ問い合わせる
電話・メール
対面面談
面接同行
無料登録はこちら
電話・メール
対面面談
面接同行
無料登録はこちら
電話・メール
対面面談
面接同行
無料登録はこちら
電話・メール
対面面談
面接同行

もっと詳しく転職サイトを比較したいという方は、下記の記事をご覧ください。転職サイト一つ一つの強みや口コミ等について、詳しく解説しています!

また、ちょっとした転職に関する知識として、「転職知恵袋」も載せています。ぜひ参考にしてみてください!

薬剤師の転職【転職サイトの違いが一目で分かる!】3ステップ比較

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

ファーマキャリアの特徴

調剤薬局 ドラッグストア 正社員 パート
電話・メール ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

関連記事

薬剤師が未経験で転職できる職場は多い?経歴を活かす転職方法とは

「調剤薬局やドラックストア以外への転職は未経験だと厳しいだよね?」   そう考えて未経験職場への転職を諦めている薬剤師さんは多いのではないでしょうか。

薬剤師の転職理由|転職成功・円満退職を叶える転職理由の伝え方とは

転職をしたい! けど、自分の転職理由「面接でどう言おう、印象悪くしたくないな」「上司に本当のこと言うべきかな、円満退職したいな」「

地方薬剤師は高給で激務はウソ?必ず好条件求人が見つかる方法とは

「地方の方が高給らしい」 「でも薬剤師が不足しているから激務なんでしょ」   地方は薬剤師が不足しているので高給だが…

調剤薬局に転職を考えている薬剤師必見!希望別おすすめ転職先まとめ

「調剤薬局とドラッグストア、どちらが自分に合っているか分からない」 「自分の希望が満たせる調剤薬局の探し方が分からない」 自分の…

【転職前必見】企業薬剤師の年収・やりがいを元MR薬剤師に聞いてみた

「そういえば企業に転職するのもありかも!」 「でも、実際やりがいとか年収ってどうなんだろう?」 転職先として「