第二新卒におすすめの転職エージェント!転職に成功する人の2か条

転職に不安な就職3年以内の男女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第二新卒って本当に採用してもらえるの?」「そもそも第二新卒って誰をさすの?」と悩んでいませんか?

第二新卒とは、一般的に学校を卒業後に就職し、その後1年から3年以内に再び転職活動をする若手求職者と定義され、採用実績もここ数年増加傾向です。

そして第二新卒の転職を成功させるために、適切な転職エージェントの利用をおすすめします。

             
★厳選!20代におすすめの転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
マイナビ
エージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルート
エージェント

【全年代】
成功実績No.1!

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

第二新卒の転職は毎年増えている!?

第二新卒者 転職数

引用:【厚生労働省】新規大卒就職者の事業所規模別離職状況

 

2016年より、厚生労働省から企業へ第二新卒者を採用することに対しての奨励金が支給されるようになりました。

その影響もあり、第二新卒採用を積極的に行なっている企業も少なくありません。

また最近は、売り手市場と言われ、各業界で人材不足が続いています。

そのため企業側も新卒採用で満たせなかった採用計画の定員数を確保するため、第二新卒の採用に取り組んでいます。

マイナビ転職によると、2016年の調査で、大手企業から中小企業の約50%以上が第二新卒の採用に積極的であると回答しています。

第二新卒は社会人経験が1〜3年程度と比較的短いため、企業側は即戦力として採用したいとは決して考えていません。

しかし前職で新入社員研修を受けていることから、新卒採用者に比べて必要最小限のビジネスマナーが身についており、自社での教育コストがあまりかからない点からも第二新卒採用を積極的に進める傾向にあるようです。

第二新卒で転職に成功する人の二か条

 

ここ数年は深刻な人材不足が続き、売り手市場で第二新卒採用が増えていると前述しましたが、それでも全ての第二新卒の求職者が、転職に成功するとは限りません。

第二新卒で転職が成功する人には二か条があります。

  • 退職の理由を明確に説明すること
  • 転職に向けた熱意をアピールすること

以下により詳しくご説明させて頂きます。

退職の理由を明確に説明する

  

第二新卒を面接する際に採用側が必ず確認することは、前職の退職理由です。

第二新卒にとって早期退職が、唯一そして最大のデメリットになる可能性があります。

企業担当者は、第二新卒の応募者を「採用しても自社もすぐに辞めてしまうのではないか」と懸念し、退職理由あるいは転職理由からその真偽を見極めようとします。

退職理由を聞かれた際、慎重に返答するようにしましょう。

ネガティブな退職理由を面接でそのまま伝えてしまっては、印象が悪くなります。

ポジティブ変換できるように事前準備をしましょう。

その際、転職エージェントを利用し面接対策をしてもらえば、客観的なアドバイスをもらうことが可能です。

加えて、退職理由から企業に応じた自己アピールに繋げる方法も伝授してもらえるはずです。

なによりも熱意をアピールする

 

厚生労働省の調べによると、企業は第二新卒者に対して実務経験や即戦力はあまり求めていない傾向があるようです。

では、何を重視して第二新卒の採用を行なっているのでしょうか。

  1. 熱意・意欲
  2. コミュニケーション能力
  3. 協調性

厚生労働省の「若年者雇用を取り巻く現状」の資料によるとこのような結果になっています。

新卒に期待する内容と同じであることから、新卒入社して3年以内で転職活動をする第二新卒は、経験を気にせずに熱意や意欲を伝えるだけで転職ができる時期だと言えます。

しかし、社会人経験が3年以上になると、転職では中途採用となり、何よりも実務経験が問われるようになり、即戦力と判断されなければ採用には繋がりません。

中途採用と比べて、第二新卒では異業種や憧れの企業へ転職できる可能性がより高く、転職のタイミングとしては大変良いのではないでしょうか。

しかし初めての転職で様々な不安がある場合や、自分のスキルで転職できるか悩んでいる方には、転職エージェントの利用をお勧めします。

面接対策をしてもらい、熱意や意欲のより効果的なアピール方法を教えてもらいましょう。

第二新卒におすすめの転職エージェント

退職理由と熱意を上手に面接で伝えるには、転職のプロであるエージェントからの客観的なアドバイスや面接対策が必要になります。

転職エージェントに登録する際は、全ての人におすすめできるエージェントを少なくとも1つ、そして自分のステータスや志望を考慮し選択するエージェントを追加することがより良い利用方法になります。

下記に各項目でおすすめできる転職エージェントを紹介させて頂きます。

すべての人におすすめ

転職活動をしている全ての方におすすめできる転職エージェントとして、マイナビエージェント、doda、リクルートエージェントがあります。

これら3つは大手転職エージェントと呼ばれるもので、取り扱い求人数が多く全国に拠点があります。

多種多様な職種の求人情報を保持しており、第二新卒向けの案件も大変豊富です。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、マイナビグループが運営する転職エージェントです。

求人数が非常に多く、サービスも良いと評判です。

第二新卒者のサポートにも力を入れており、マイナビジョブ20’sと呼ばれる第二新卒向けのエージェントを設置しています。

そのコンテンツも大変充実しており、今後のキャリアアップを考えて的確なアドバイスをしてくれると大変人気です。

これからのキャリアや仕事選びで迷っていることがある場合は、担当アドバイザーからキャリアカウンセリングを受けることを考慮してみては如何でしょうか。

また、転職サポート期間に制限を設定していないので、焦らずじっくり転職先を探していくことが可能です。

第二新卒特化サービスでサポート! マイナビエージェント

doda

業界最大手のパーソルキャリアグループが運営する転職エージェント、dodaはメインターゲットを第二新卒者としているため、おすすめの一つになります。

全国対応の転職エージェントで、第二新卒向けの求人案件も大変多く取り扱っています。

利用者からの口コミも大変良く、また自己分析を行うための診断系コンテツが充実しており、非公開求人も多く保有しているとされています。

登録後、キャリアカウンセラーに担当をしてもらい転職に向けた様々なサポートを受けることも、逆にサポートなしでの利用も可能となっています。

自分に合った転職活動方法が選べるので、自分のペースで転職活動を考えている方にはちょうど良いエージェントかもしれません。

第二新卒案件が豊富 doda

リクルートエージェント

 

リクルートエージェントも業界大手の転職エージェントで、転職者の8割が利用するほど大変人気の高いところです。

求人数は国内有数を誇っていますが、第二新卒向けの求人数は上記ご紹介の2つのエージェントよりもやや少ないかもしれません。

ただし、そのサポート内容は総合的に良く、面談や求人紹介はもちろんセミナーも多く実施しています。

人気機能の一つに「スカウト機能」というものも提供されています。

求人検索機能も自分の希望を細かく入力することができ、使い勝手が良いものとなっています。

業界一位の求人量! リクルートエージェント

女性におすすめ

近年、女性も男性と同じように多くの分野で活躍が見られるようになりました。

そんな背景もあり、今では女性に特化した転職エージェントも数多く存在します。

第二新卒で尚且つ女性という方に最もおすすめする転職エージェントは、パソナキャリアです。

その理由、また他におすすめのエージェントを下記に記載しました。

パソナキャリア

人材派遣業界で業界トップクラスのパソナが運営する、パソナキャリアは実は女性に特化している訳ではありません。

しかし、女性の転職事情に詳しいエージェントが多く、女性の利用者からも大変好評です。

求職者の年収などに関わらず、サポートが手厚く、担当者の対応がとても親切かつ迅速であったとの声が口コミサイトで多いところも特徴です。

取り扱い求人数は、前述した大手転職エージェントよりは劣るかもしれませんが、優良企業の求人が多く、その質は高いと言われています。

間違ってブラック企業の求人を勧められるということもないため安心です。

女性から高評価 パソナキャリア

リブズキャリア

株式会社LiBが運営する女性のための転職エージェント、リブズキャリアも第二新卒の女性におすすめできるエージェントです。

その求人情報をみてみると、女性に特に人気のある事務職だけでなく、営業職や人気企業、ベンチャー企業など、色々な職種、業界を扱っています。

比較的にキャリア志向の高い女性をターゲットとしており、エグゼクティブ求人も取り扱っています。

また多くの企業と提携し、女性が社会で活躍できるように応援するプロジェクトを推進していることもおすすめの一つです。

ワークライフバランスに重点をおいた働き方を、女性の為に提案することにこだわりを持っているエージェントです。

女性特化型転職エージェント リブズキャリア

女の転職@type

株式会社キャリアデザインセンターが運営する、女の転職@typeも女性担当者が相談に乗ってくれるなどのサービスがあり第二新卒の女性におすすめです。

女の転職@typeへ求人募集を出している企業も、女性の採用を意識しており、女性ならではの仕事や女性らしさを活かせる求人情報が集まっているのが特徴です。

正社員の募集はもちろん、派遣社員、契約社員、アルバイト、パートなど様々な雇用形態での検索もできる求人サイトで、自分が求める条件で転職先を探す機能が充実しています。

異業種に転職したい人におすすめ

次に異業種へ転職を考えている第二新卒の方へおすすめしたい転職エージェントを紹介させていただきます。

新卒入社でとりあえず今の会社に勤めてみたものの、どうも自分の考えていた仕事内容ではなかった、または別の業界でチャレンジしてみたくなった方は参考にしてみてください。

typeエージェント

IT業界への転職を望むのであれば、type転職エージェントを確認してみてください。

第二新卒に限らず、20代全般がターゲットの転職エージェントで、業界別に専門のキャリアアドバイザーがついてカウンセリングを行ってくれます。

転職エージェントとしては、規模が比較的まだ小さく、特に若年層の転職に力を入れている背景から、サポートがとても丁寧で一人一人に対応する時間も長いことが特徴です。

これまでの実績で多いのが、IT業界への転職のサポートです。

大手IT企業の求人案件が多く、転職セミナーなどでもエンジニア向けやWeb系のものが多いと言われています。

また、年収アップの交渉も積極的に行ってくれているところも魅力的なポイントです。

IT業界志望なら type転職エージェント

Adecco(スプリング)

外資系、営業職への転職に興味がある場合は、Adeccoが運営するスプリング転職エージェントがおすすめです。

職種や業界に精通した資格を持つコンサルタントが全力で異業種への転職をサポートしてくれるスプリング転職エージェントは、第二新卒や若手転職希望者をターゲットにしています。

通常の履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削はもちろんですが、英語でのレジュメ作成もサポートしてくれ、外資系への転職にも強いと言われています。

また、中長期的なキャリアを考えたキャリアカウンセリングを行ってくれるところも第二新卒の転職希望者には利用する価値があるエージェントではないでしょうか。

外資系営業系なら スプリング

自分の経歴に自信のない人におすすめ

ここは転職活動が初めてで本当に自分が第二新卒として採用されるのか不安に思っている方や、これまでの経歴に自信があまりない方向けです。

次に紹介する転職エージェントであなたの強みを理解してもらい、その強みを活かしたアピール方法を伝授してもらいましょう。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、第二新卒を含めた若い求職者をターゲットとしている転職エージェントです。

転職活動で直面するあらゆる不安を解消して、第二新卒の転職成功に向けた応援をしっかりしてくれます。

自分の経歴に自信がないとしても、今後のキャリアプランや希望を相談し客観的なアドバイスをもらって、面接時にしっかりと自己アピールできるように特訓してもらうことも可能です。

また、ハタラクティブでは、実際に採用企業の職場を調査してるため、社内の雰囲気や社風などを入社前に確認することが可能です。

経歴に自信がない人向け ハタラクティブ

キュージェント

登録者が担当者を逆指名することができる転職エージェント、キュージェントも自己アピールが難しいと考えている方にはおすすめです。

転職活動で最も重要な部分は、キャリアコンサルタントの質です。

特に第二新卒の場合、今後のキャリアについて多く悩みがあるのではないでしょうか。

その悩みを一緒に解決していってくれるような、自分と相性の良いコンサルタントと出会えれば、転職活動も大変楽になります。

自分のことをきちんと理解して、真剣に相談にのってくれる担当者であれば、自分の強みやアピール方法も説得力のあるものになるはずです。

なかなか相性の良いエージェントと巡り会えないと思っている方は、逆指名可能なキュージェントを一度利用してみましょう。

転職エージェントを自分で選べる! キュージェント

就職ショップ

リクルートキャリアが運営する就職shopも第二新卒就活サポートを行っており、第二新卒の方におすすめです。

また、第二新卒以外にも既卒向けサポートやフリーター就活サポートも行っている為、職歴がなくても就職活動の支援を受けることが出来ます。

職務経験がなく、通常の転職サイトやエージェントでは書類選考がなかなか通過出来ない、既卒求職者やフリーターのサポートをしていることから、書類選考のない就職を可能にしています。

ただし、大手企業の求人は少なく、中小企業の求人が多いところは理解しておりましょう。

第二新卒での転職なら経験とスキルは重視されない!

石の上にも三年と言われ、継続することが美徳であり、仕事も終身雇用が一般的だった日本も、近年その制度はほとんど存在しません。

また「少なくとも3年は勤めて」と言われる3年に何の根拠も有りません。

逆にズルズルと自分の希望しない仕事を3年以上した場合、転職時には第二新卒ではなく、中途採用枠となり実務経験やスキルを面接で重視されるようになり、即戦力と認められなければ転職は成功しません

紹介してきた転職エージェントは全て無料でそのサービスが受けられます。

第二新卒としての採用を希望される場合は、できる限り早い段階でエージェントに相談することが得策です。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

新卒1年目の転職は失敗する?転職が不利なポイントと成功の秘訣

「1年目だけどやっぱり転職したい」「転職しても次の会社でまた失敗したらどうしよう...」そんな悩みを抱えながら、新卒1年目にして転職を考える毎日。…

20代の転職|後半や女性は要注意!失敗する人の特徴と成功のコツ

社会人として働き始めて落ち着いてきた今、「転職しようかなぁ・・・」「なんか今の仕事違う気がする」「次こそ失敗したくない

20代の転職理由は何が多い?体験談と失敗しないためのポイントまとめ

新卒で入社した会社に不満があっても、簡単な理由で転職をしてしまっていいのか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 「転職する人が会社をやめる理由って何?」「

20代向けおすすめ転職サイト&転職エージェント7選!違いと特徴

「20代が利用すべき転職サイトってどこ?」「みんなはどの転職サイトを使ってるの?」 転職活動に慣れていない20代は、20…

20代|転職の進め方が分からない!準備~面接までの失敗しない6ステップ

20代で転職することを決めはしたものの「転職活動の進め方がわからない」「転職を成功させるためにしっかり準備して臨みたい」と転職活動の進め方につい…

20代での転職は年収下がる?60人に調査してわかった年収UPのコツ

20代で転職する人の転職理由として多いのが「年収アップしたい」という理由です。 しかし、「転職すると年収が下がるのでは?」「

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事