良い求人の探し方がわからない!絶対に失敗しない転職先探しの方法

希望にあう求人を見つけて喜ぶ女性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職したいけど、求人の探し方がわからない」「どうすれば良い求人が見つかるの?」と悩む転職希望者はとても多いと思います。

特に転職活動が初めての方は、転職サイトや転職エージェント、ハローワークなど数あるサービスの中でどれを使えばいいか迷ってしまいますよね。

ここでは転職支援サービスの選び方と、優良求人を探すコツをお話しします。あなたにぴったりの転職方法が見つかるはずです。

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

求人探しの主な方法3つとその特徴

そもそも転職活動が初めてで「求人を探すにはどのような方法があるか知りたい」という方もいるでしょう。

まずは求人探しの主な方法3つと、その特徴についてご紹介します。ごく一部の例外を除き、どれも無料の転職支援サービスなので、気軽に利用できますよ。

方法 特徴
転職サイト サイト内に掲載されている求人を自由に検索できる
転職エージェント 担当のキャリアアドバイザーから求人を紹介してもらえる
ハローワーク 職員に求人を紹介してもらえる、もしくはネットで検索できる

【転職サイト】

膨大な数の求人を自由に閲覧できます。求人探しから企業への応募、面接の日程調整まで、1人で転職活動をすることになります。

サイト上には「職種・業界未経験歓迎」や「学歴不問」など、幅広い求職者を対象にした求人が掲載されています

やりたい仕事・勤務地・給料などの希望条件で検索できるので、自分の理想通りの求人情報を簡単に絞り込めます。

【転職エージェント】

求職者一人ひとりにキャリアアドバイザーがつき、転職活動をサポートしてくれます。

担当アドバイザーがあなたの悩みや希望条件をもとに求人を紹介してくれるので、みずから求人を検索する必要がなく、条件に合った企業をスムーズに探し出せます

【ハローワーク】

公共職業安定所(職安、ハロワ)のことで、国が全国各地に設置している地域の職業紹介機関です。

直接足を運んで職員に相談し、求人を紹介してもらったり、設置されているパソコンで求人を検索したりできます。

転職エージェントのように決まった担当者がつくのではなく、対応してくれる職員は毎回変わります。

アドバイスがばらつきやすいので、異なる意見に左右されやすい方は注意が必要です

求人探しのコツ|希望通りの求人に出会う方法

求人の質がいい

すでにご紹介したように、求人探しの方法には3つの方法がありますが、どれを利用しても希望通りの求人に出会うコツはすべて共通しています。

転職先への希望条件を言語化する

膨大な量の求人情報すべてに目を通すのは、ほぼ不可能です。理想の求人にピンポイントで出会うために、希望条件を整理して、しっかり言語化していきましょう

たとえば「未経験の仕事に挑戦したい」「給料を上げたい」「家庭と両立させたい」など、転職先に求める条件は人によって違いますよね。

転職エージェントやハローワークの場合、希望条件をはっきりと言葉にして伝えられれば、担当者があなたにぴったりの求人を紹介してくれるはずです。

また希望条件の言語化は、転職サイトで求人票に書かれていそうなキーワードを考え、探し当てるのにも役立ちます

キーワードの例として、未経験の仕事をしたければ「未経験歓迎」、給料を上げたいなら「月収35万円以上」、家庭と両立したければ「フレックスタイム制」などが挙げられます。

手を抜かずに希望条件をきちんと言語化しておけば、理想の求人に出会える可能性が高くなるでしょう。

企業の内部情報を詳しく知る

転職活動をする際は、求人票に書かれた情報だけに注目してはいけません。職場環境や雰囲気など、企業の内部情報まで詳しく知ることが大切です

まずは公式HPで企業文化を調べたり、口コミサイトで検索してみたり、個人でできることから始めましょう。

もちろん転職サイトや転職エージェントを活用するのも有効です。

転職サイトは掲載企業の特集を組み、職場の雰囲気や従業員の表情など、求人票からは読み取れない現場の情報を紹介しています

また転職エージェントによっては、実際の転職経験者にアンケートを行い、職場の雰囲気など生の声を収集しています。

詳細な企業情報をたくさん保有しているので、志望する企業の風土や実際の働き方など、気になったらキャリアアドバイザーにヒアリングしてみることが大切です。

転職前に現場の情報までしっかり調べて、転職後のミスマッチを防ぎましょう。

求人を探す際にはあなたに合ったサービスを利用すべき

転職エージェントの選び方

転職サイトと転職エージェント、ハローワークの利用にはそれぞれメリットとデメリットがあります。特徴を把握したうえで、あなたに合いそうなサービスを選びましょう。

転職サイト

転職サイトでは、求人検索から企業への応募、面接の日程調整までを1人で行います。自分のペースで転職活動を進められるのが特徴です。

メリット

  • ・自分のペースで自由に応募できるので選択肢が広がる
  • ・中小企業の求人が豊富に掲載されている

デメリット

  • ・自分に合う求人を見分けるのが困難
  • ・転職活動のサポートを受けられない

転職サイトでは、自由に応募先企業を決められるので、転職先の選択肢が広がります

転職サイトは広く求職者に公開されているため、「多様な人材を募集したい」と考える中小企業の求人がより多く集まっています。

あなたが「裁量が大きい職場で働きたい」「小回りの利く会社でさまざまな経験を積みたい」と考えている場合は、転職サイトを利用すれば希望の転職先が見つかるかもしれません。

一方でたくさんの求人を眺めているうちに「駅からの近さも捨てがたい」「きれいな職場もいいな」と希望条件が増え、求人を絞り込めなくなってしまう可能性があります

だからこそ、あなたが転職に求めていることは何か、あらかじめ決めておく必要があるのです。

転職サイトがおすすめな人

  • 自分のペースで自由に求人を探したい人
  • 中小企業への転職を考えている人

1万件以上の求人を自由に検索できる!|リクナビNEXT

リクナビネクスト
ターゲットとしている年代 全年代
対象地域 全国

公式サイトで簡単登録

リクナビNEXTは、転職者の8割が利用している業界最大手の転職サイトです。

求人数の多さが魅力であり、常時1万件以上の求人を保有しています

下に掲載しているリクナビNEXTの検索画面のように、こだわり条件を追加して絞り込むことで、あなたの希望に合った求人を探せます。

転職エージェント

転職エージェントでは、求職者一人ひとりに担当のキャリアアドバイザーがつき、求人を紹介してもらえるのが特徴です。

メリット

  • ・質の良い非公開求人を閲覧できる
  • ・担当アドバイザーのサポートを受けられる

デメリット

  • ・閲覧できるのは紹介される求人に限られる
  • ・担当アドバイザーとの相性が重要になる

紹介される求人は、あなたの希望条件をもとに担当アドバイザーが厳選したものです。中には非公開求人もあり、公開されている求人より好条件な傾向にあるのが特徴です。

転職エージェントを利用すれば、自分で一から検索するよりもスムーズに理想の求人に出会えます

一方、基本的に紹介された求人にしか応募できないため、転職サイトに比べて転職先選びの自由度は低いといえるでしょう。

さらに転職サイトとは異なる注意点として、担当アドバイザーとの相性が大切になってきます。

担当者と相性が良ければ問題ありませんが、相性が悪かった場合、話がまとまらないなど転職活動がスムーズに進まないかもしれません。その際は問い合わせ窓口などに相談すれば、担当者を変更できます。

転職エージェントがおすすめな人

  • 求人をなかなか絞り込めない人
  • 自分に合う求人を早く正確に知りたい人

【関連記事】

転職エージェントの悪い評判・口コミは本当?サービス内容と10社の特徴
転職エージェントの悪い評判・口コミは本当?サービス内容と10社の特徴
「転職エージェントって良いイメージがない」 「評判の悪いエージェントにあたったらどうしよう…」 転職活動の強い味方である転職エージェント...

【注意・転職エージェントにはそれぞれ得意とする年代、地域がある】

転職エージェントには全国・全年代対応のものもあれば、対象地域や対象年代が限られているものもあります。

それを知らずに登録すると「自分向けの求人が全く見つからなかった」という事態になりかねません。

だからこそ、登録する前に転職エージェントの

  • ターゲットとしている年代
  • 対象地域

を調べることを心がけましょう。

あなたの希望条件を実現する転職を徹底サポート!|doda

doda
ターゲットとしている年代 全年代(主に20代・第二新卒など若手)
対象地域 全国

公式サイトで簡単登録

大手の転職エージェントの一つであるdodaは、担当アドバイザーの手厚いサポートにより、転職者満足度No.1となっています

丁寧なカウンセリングにより、あなたの希望条件を引き出し、それに見合った好条件の求人を紹介してくれるでしょう。

ハローワーク

ハローワークは全国各地にあり、転職サイトや転職エージェントにはない地域密着型の求人を見つけられるのが特徴です。

メリット

  • ・それぞれの地域の求人が豊富に掲載されている
  • ・失業給付や職業訓練を受けるための手続きもできる

デメリット

  • ・条件があまり良くない求人が多い
  • ・積極的なサポートは期待できない

ハローワークは求人探しに役立つだけではなく、国の「失業給付(基本手当)」受給手続きの窓口にもなっています。

失業給付とは、失業中でも生活の心配をしないで仕事を探せるよう、国が求職者に支給する給付金のことです。「とりあえず仕事を辞めてしまった」という方でも、最低限の生活費を得られます

また、専門知識を身に付けられる無料の職業訓練にも応募できるので、スキルや経験が足りず、なかなか仕事が決まらない方におすすめですよ。

しかし求人を探す際は、注意点が2つあります。1つ目は、ハローワークは求人を掲載する側も無料で利用できるため、採用にお金をかけたくないブラック企業の求人がしばしば紛れ込んでいること。

2つ目は、転職エージェントと違って職員はあなたが転職に成功しても報酬を得られないため、対応に熱意が欠けてしまいがちなことです。

あなた自身が求人を吟味し、強い意志を持って活動しないとなかなか転職先が決まらない事態になりかねません。

ハローワークがおすすめな人

  • 地元企業に転職したい人
  • 失業給付や職業訓練などをしっかり受けながら転職活動をしたい人

注意!ブラック企業の求人を見分けるコツ

良い条件に惹かれて入社してみたらブラック企業だった

これは決して他人事ではありません。転職先がブラック企業かホワイト企業かは、誰もが気になることでしょう。

実はブラック企業がどうかは、求人探しの段階で見分けられる場合もあります。

ブラック企業の求人の主な特徴は以下の通りです。

  • 離職率について触れていない
  • 求人の再掲率が高い
  • 勤務条件に関する記載があいまい
  • 産休・育休取得実績の記載がない

ブラック企業は基本的に離職率が高いですが、求人票にそのようなマイナス印象につながる内容を書くわけがありません。

しかし裏を返せば、離職率が高い企業は常に人員を補充しなければならないため、求人の再掲率が高い=人手不足のブラック企業の可能性が高いといえるのです。

またブラック企業の求人票には明確な労働時間や休暇の取得条件・実績の記載がなかったり、「ただし~」と例外を設け、明言を避ける書き方をしているケースが多いです。

求人票にあいまいな表現が多い場合は、注意が必要です。

転職活動でブラック企業を避けるには、求人情報を鵜呑みにせず、あなた自身で会社の情報や文化を調べるように心掛けましょう。

【関連記事】

転職サイトの求人はブラックばかり?失敗しないホワイト求人の探し方
転職サイトの求人はブラックばかり?失敗しないホワイト求人の探し方
転職サイトをチェックすると求人情報がたくさん掲載されています。これだけ多いと「転職サイトにある求人はブラック企業の求人ばかりなのでは?」「転...

転職エージェントを活用すれば求人探しがスムーズに進む!

転職エージェントはサポート充実

求人探しには、転職サイト、転職エージェント、ハローワークの3つの方法があります。

ここまで転職サイト、転職エージェント、ハローワークの3つを紹介してきました。当サイトは第二新卒や中途の方、フリーターから正社員を目指す方に、転職エージェントの利用をおすすめしています。

では、それぞれどのように転職エージェントを活用し、転職活動を進めるべきなのでしょうか。以下の解説を参考にしてください。

第二新卒はカウンセリングで不安を解消

第二新卒は一般的に、新卒で入社した会社を3年程度で辞めた若手求職者を指します。

業界知識や社会人経験が少ない第二新卒は、「自分にどんな仕事が合うかわからない」「転職するには実績が足りないかも…」など、転職活動にさまざまな不安を抱えることが多いです。

しかし転職エージェントなら、徹底的なキャリアカウンセリングや自己分析のサポートにより、あなたにぴったりの仕事を探し出してくれるのです。

またほとんどの企業は第二新卒に対し、即戦力となる実績を求めていません。キャリアアドバイザーがあなた自身の強みや魅力を引き出し、企業に売り込んでくれるので心配無用ですよ。

転職エージェントを利用して、安心の転職活動を行いましょう。

20代・第二新卒の強い味方|マイナビエージェント

ターゲットとしている年代 20代・第二新卒
対象地域 主に首都圏・関西圏

公式サイトで簡単登録

マイナビエージェントは、20代や第二新卒といった若手向けの転職支援に特化した転職エージェントです。

扱っている企業の範囲も広く、それだけ幅広い種類の求人に応募することができます。

履歴書や職務経歴書のなどの応募書類の作成から内定後の条件交渉まで、転職が不安な方に寄り添うサポートをしてくれるでしょう

中途採用では転職エージェントのノウハウを有効活用!

第二新卒の場合を除き、求職者が中途採用される際は即戦力であることが求められます。

そのため選考の際には、入社後の活躍をイメージさせるようなアピールが必要です

転職エージェントは多くの転職希望者のサポートを通じ、採用面接で聞かれる質問や見られるポイントなどのノウハウを蓄積しています。

また企業とのパイプも太く、「こういう人材が欲しい」という要望をしっかりとヒアリングしています。

だからこそ面接対策として、どのような回答をすれば面接官への印象が良くなるか、効果的なアピール方法をアドバイスできるのです

質の高いアドバイザーが多数在籍|リクルートエージェント

リクルートエージェント
ターゲットとしている年代 全年代
対象地域 全国対応

公式サイトで簡単登録

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の大手総合型転職エージェントです。

転職市場の動向を常に追っており、業界情報にも精通しています。

キャリアアドバイザーの質が非常に高いことが強みで、サポートの手厚さは数ある転職エージェントの中でもトップクラスです。

希望の転職を実現したいあなたの強い味方になってくれるでしょう。

正社員で好条件を狙うなら非公開求人をチェック

正社員の好条件な求人は、転職エージェントの非公開求人に集まることが多いです。

非公開求人は、企業が欲しい人材をピンポイントで募集したいときに、転職エージェントにのみ公開している求人です。

一般には非公開なので、企業側には応募者の殺到を避けられるメリットがあります。

そのため多くの場合、大手企業や人気企業、重要プロジェクトに携われる職場、管理職など好条件での採用情報は、非公開求人として発信されます。

だからこそ正社員として転職したい場合は、転職エージェントの利用がおすすめなのです。

【関連記事】

非公開求人は怪しい?企業が非公開にする理由と見つけ方を徹底解説!
非公開求人は怪しい?企業が非公開にする理由と見つけ方を徹底解説!
求人を探していると目にする"非公開求人"の文字。非公開求人は、その名のとおり一般には公開されていない特別な求人を指します。 この記事では、...

フリーターから正社員を目指したいなら|ハタラクティブ

ハタラクティブ
ターゲットとしている年代 主に第二新卒や20代のフリーター
対象地域 1都3県(東京、埼玉、神奈川、千葉)

公式サイトで簡単登録

ハタラクティブは正社員成功率80.4%と、内定率の高さを実績に掲げる転職エージェントです。20代のフリーター・既卒・未経験から正社員への転職を得意としています。

社会人経験がない場合でもあなたの仕事に対する熱意や向上心などを評価して、企業側に適切にアピールしてくれます。

正社員を目指したい人にとって、頼れる転職エージェントといえるでしょう。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」などのエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

「仕事辞めたい」と思う理由TOP5|タイミングの見極め方や辞め方を…

「仕事が辛くて、もう辞めたい。でも、これってただの甘えなのかな?」 「辞めた後に次の仕事を見つけられるか心配...」 仕事を辞めた…

  • 🕒
  • 2019.06.20更新

大使館・領事館の求人探しはどうするの?正社員で働く方法と採用さ…

「大使館や領事館で働いてみたい!」「でも、なかなか求人が見つからない…。」大使館・領事館スタッフの求人は、転職市場にあまり出回らないレア求人で…

  • 🕒
  • 2019.06.11更新

アパレルへ転職したい!知らないと損する人気業界の年収と仕事内容

「アパレルはもう嫌だ!」という一方で、「この業界でもっとキャリアアップしたい!」などファッション業界への人気は根強く、憧れを持っている人も少な…

  • 🕒
  • 2018.11.15更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト