転職エージェントとは?仕組みや裏事情と転職サイトとの違い

転職エージェントのことを知らない男女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは転職エージェントとは何かご存知でしょうか?転職エージェントはキャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーといわれる転職のプロが転職をサポートしてくれるサービスです。

転職エージェントってなに?転職サイトとどこか違うの?」「転職エージェントを使ったら、転職が上手くいくの?」など、転職エージェントについて詳しくご紹介しましょう。

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用*

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1**

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職支援実績No.1***

詳細

*株式会社マクロミル調査 (2016年1月)、**電通バズリサーチ調査、***リクルートエージェント調査

転職サイト比較表を見てみる

転職エージェントとは?転職サイトとの違い

転職活動を始めようとした際、「転職エージェント」という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。

転職エージェントとは、転職希望者と企業を結びつける役割を持った、人材紹介会社のことを指します。

転職エージェントと転職サイトは何が違うの?

転職エージェントと転職サイトの違いを説明する男性

転職エージェントは、転職希望者と企業の仲介役であることはご説明しましたが、転職エージェント以外にも転職活動において、求人を扱うものは多くあります。

例えば、ハローワークや求人誌、転職求人サイトもその中のひとつです。

中でも、転職サイトは転職エージェントとよく似ていますが、明らかな違いがあるのです。

その違いとは、担当のキャリアアドバイザーが付くかどうかです。つまり、転職エージェントは第三者に転職先を紹介してもらえる人材紹介サービスですが、転職サイトは仲介役はなく、求人情報を自分自身で探し直接企業へ応募できるサービスです。

【転職エージェントと転職サイトの主な違い】

- 転職エージェント 転職サイト
担当者 :付く :付かない
書類の添削 :頼める :自分で行う
面接対策 :頼める :自分で行う
(お役立ちコンテンツあり)

このように転職サイトは、転職エージェントのようにキャリアアドバイザーが付いて、転職のサポートを受ける事ができないので、自分自身で転職活動を行わなければいけません

しかし、転職サイトは、求人数も多く、webサイト内には職務経歴書や履歴書などの応募書類の書き方コンテンツなどが揃っていて、求職者自身での転職活動は可能です。

転職初心者は転職エージェントがおすすめ

転職エージェントを利用して喜ぶ男女

転職サイトは自分自身で転職活動を進めたい方にはおすすめですが、「はじめての転職で何から始めればいいのか分からない!」という方には、転職エージェントがおすすめです。

転職のノウハウをもった転職のプロがあなたの転職活動をしっかりサポートしてくれますし、「転職活動って面倒だな・・・」という場合も企業とのやり取りをキャリアアドバイザーが代行してくれます。

【転職エージェントと転職サイトのサポート比較】

- 転職エージェント 転職サイト
日程調整 :頼める :自分で行う
条件交渉 :頼める :自分で行う
内定率・書類通過率 :高い :低い
転職までの期間 :約3ヶ月 :時間がかかる可能性あり
入社後のフォロー :あり :なし

このように、転職エージェントと転職サイトはサポート内容にさまざまな違いがあります。

転職活動は全員が同じというわけにはいかないので、転職エージェントと転職サイトのどちらが自分に合っているのかを見極める必要があるのです。

転職エージェントは無料で使える!その仕組みを解説

転職エージェントはサポートも充実していて、求職者にとって強い味方であることを説明してきました。実は転職エージェントに登録すればこのような手厚いサポートを無料で受けられます

本当に無料なの?」「後で、高額請求されたりしない?」などの不安を持つ方もいらっしゃるでしょう。ここでは、転職エージェントの仕組みとともになぜ無料で利用できるのか?について解説していきます。

求職者が転職エージェントを無料で利用できるのは、転職エージェントは人材を紹介した企業側から報酬をもらっているからです。

転職エージェントと企業の関係

転職エージェントには、人材の紹介報酬として企業側から、転職者の転職先での初年度理論年収の約3割が支払われています
理論年収とは、12ヶ月分の月給に諸手当(交通費除く)、賞与といった一時金を合計し算出された額のことです。

例えば、転職先の年収が350万円の場合、105万円が紹介料となるのです。

このように、転職先を紹介し、企業側から成功報酬を受け取ることで、実際の求職者である皆さんは無料で利用することが出来るのです。

転職エージェントが無料で利用できる仕組みをさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

転職エージェントを無料で使えるカラクリとは?損しないための活用術
転職エージェントを無料で使えるカラクリとは?損しないための活用術
「転職エージェントってどうして無料で使えるの?」「無料って何か裏があるんじゃないの?」と思っていませんか? 確かに、転職エージェントにはデ...

転職エージェントが報酬のために適当な転職先を紹介してくる!?

転職エージェントに求人を紹介される女性

転職エージェントは採用企業からお金をもらっているのであれば、入社できそうな転職先を、適当に紹介されるのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、転職エージェントと企業側で、転職者が入職後、一定の期間を過ぎた後に報酬が支払われる契約になっている場合や、入職後すぐに退職してしまった場合は、報酬を返還することもあります。

このように、転職者が入職後にすぐ辞めてしまうことは転職エージェントにとってもデメリットとなるため、求職者が長く働けるようなミスマッチのない転職先を紹介してくれるのです。

転職エージェントを利用する3つのメリット

転職エージェントを進める男女

利用することでさまざまなサポートを受けられる転職エージェントのメリットについてご紹介をします。

本当に転職すべきか相談に乗ってもらえる

転職自体を検討している状態でも転職エージェントを利用できることをご存知ですか?

「転職した後に後悔したら嫌だ」という思いから、職場への不満を抱えつつも、転職に踏み切れない方は多くいます。

そのような状態でも、現在の職場に留まるべきかどうかを転職エージェントに相談することができるのです。

数多くの求職者の転職を支援してきたキャリアアドバイザーが、あなたの市場価値や希望の転職ができる可能性を客観的に指摘やアドバイスをくれます

また、キャリア面談をする中で、自分では気づかなかった強みを引き出してくれたり、あなたの長所を活かせる業界や職種を紹介してくれたりすることもあります。

一般公開されていない非公開求人を保有している

企業は転職エージェントに一般公開していない求人情報を渡していることがあります。そのような求人情報は非公開求人と呼ばれ、転職サイトには出回っていません。

そして、企業が求人を非公開にしたまま転職エージェントに渡す背景として、次の2つの思惑があります。

社内事情で求人情報を公開できない

新規事業立ち上げに関わる採用の場合、社内の極秘プロジェクトの情報が漏れてしまう、募集している役職を見ると退職者の情報が分かってしまうことがあります。

そういった社内事情もあり、転職エージェントに非公開で求人を渡して、水面下で採用活動を進めることがあります

採用活動を効率化したい

応募書類の確認や面接など、人材獲得にあたり企業の採用担当者もさまざまな対応が必要です。

こうした採用担当者の負担を減らすためにも、非公開求人が活用されることがあります。

転職エージェントには営業担当者がおり、普段から企業の採用課題やどのような人材が欲しいかヒアリングしています。企業が欲する人材か否か、フィルターをかける役割を担っていることもあるのです。

そのため、企業は非公開求人を転職エージェントに預けておくことで自社の採用要件に近い人材を紹介してもらえ、採用担当者の負担を減らし、採用活動を効率化できます。

このような理由から、転職エージェントには一般には出回らない好条件の非公開求人が集まるというわけです。

条件調整など内定後のサポートも充実している

転職の際は、細かな条件を内定後に決めていきます。

特に希望年収や入社日について一方的な希望を伝えてしまうと「入社後の印象が悪くならないかな?」と心配な人も多いでしょう。

そんなとき、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーはあなたの代わりに交渉してくれます。

内定後、前職の退職日が想定とずれたというような場合でも交渉経験や実績が豊富なキャリアアドバイザーなら、どのようにして交渉すれば印象を崩さないかなど、条件交渉に関するノウハウも豊富です。

転職エージェントを利用する2つのデメリット

転職エージェントのデメリット

キャリア面談や条件調整など、非常にサポートの内容の手厚い転職エージェントですが、メリットばかりではありません。ここでは転職エージェントを利用する際のデメリットとして以下の2つについて説明します。

面談や打ち合わせに時間がかかる

転職エージェントに登録するとキャリアカウンセリングと呼ばれるようなキャリアアドバイザーとの面談から転職活動が始まります。

このように、担当のキャリアアドバイザーと相互理解の時間を設ける必要があるため、転職サイトを利用して自ら転職活動をする場合に比べ時間がかかってしまうのです。

打ち合わせの時間がとられてしまうことも、未来の希望ある転職のために多少は仕方ないと判断するのかは本人次第のため、自分ひとりで決めるから手厚いサポートはなくても大丈夫という方にはあまりおすすめできません。

転職エージェントの中には、電話面談やオンライン面談を行っている会社もあるので、確認してみるとよいでしょう。

担当者によってサポート内容に差がある

担当者によってサポート内容が異なる理由の一つに、転職エージェントのビジネスモデルが挙げられます。

転職エージェントは企業から紹介報酬という形でお金をもらっているのです。

そのため、担当者によっては、内定が決まりそうな候補者を優先したり、あまり転職意思が高くない人を必要以上に焦らせたり、希望条件を聞いて機械的に求人を紹介してくることがあるのです。

親身になってキャリアプラン考えてくれる転職エージェントもいますが、一定数そういった人がいることは頭に入れておく必要があります。

また、担当となるキャリアアドバイザーも人ですので、相性があります。そのため、うまく意向が伝わらない、親身にサポートしてくれるがどこか息が合わないこともあるかもしれません。

続いては各社にどのような特徴があるか、転職エージェントの特徴を紹介します。

転職エージェントの評判や口コミを知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。

転職エージェントの悪い評判は担当者が原因?利用者の口コミと対処法
転職エージェントの悪い評判は担当者が原因?利用者の口コミと対処法
「転職エージェントってあまり良くないって聞いた」「評判の悪いエージェントだったらどうしよう…」 転職活動の強い味方である転職エージェントで...

転職エージェント各社の特徴比較

転職エージェントの選び方に悩む男性

転職エージェントに登録しようと思っても、「どれを選んだらいいか分からない」「評判が悪いのは避けたい」など利用する転職エージェント選びに困ってしまう方も多いでしょう。

転職エージェント選びに失敗しないためにも、自分自身の状況や希望と転職エージェントの特徴が一致しているかどうかが重要です。

例えば、20代の若く経験があまりない方が、ハイクラス向けの転職エージェントに登録してもよい対応をしてもらえない可能性もあります。

ここでは、転職エージェントごとの特徴をご紹介します。この中から、あなたに合った転職エージェントを選んでみてはいかがでしょうか。

【担当者を見極めるポイント】

いくら会社の評判や実績が立派でも、すべての担当者が転職支援の経験が豊富だったり、親身に転職支援をしてくれるとは限りません

「担当者が親身に転職支援をしてくれるか」は転職成功の鍵となるため、複数の転職エージェントに登録して担当者に会い、信頼できる担当者にサポートしてもらうことが重要です。

しかし、転職エージェントに会ってみたけど、「どんな人が親身に転職支援をしてくれるの?」と疑問に思う方も多いでしょう。そこで相性のよい担当者を見極める3つのポイントを紹介します。

  • 自分の属性(第二新卒、女性、ミドルなど)の転職支援実績は豊富か
  • 連絡や返信の速さ
  • 希望により沿った求人紹介をしてくれるか

上記3点をチェックして自分に合う担当者を選んでみましょう。

- 特徴
リクルートエージェント 全年代対応の大手人材紹介会社、豊富な実績あり
評判はこちら
マイナビエージェント 20代・第二新卒の転職が得意、サポート期間は無制限
評判はこちら
doda スカウト機能で企業からの直接指名もあり、全職種を網羅
評判はこちら
ビズリーチ 年収600万円以上のエグゼクティブ向け
評判はこちら
JACリクルートメント 海外で設立された会社、外資系の会社に強い
評判はこちら
スタッフサービス 派遣紹介のノウハウから、正社員転職のサポート充実 評判はこちら
リブズキャリア 女性向け、プライベートも充実させたい人に定評あり
評判はこちら
ハタラクティブ 未経験・フリーターから正社員への転職に強い
評判はこちら
パソナキャリア すべての業種・職種に専門のアドバイザーが在籍
評判はこちら
type転職エージェント 利用者の71%が年収アップの転職を実現
評判はこちら

このように、転職エージェントとひとくくりに行っても、特徴や強みはさまざまなのです。

たくさんあって、やっぱりどれが良いか分からない・・」という方には、複数登録もおすすめです。複数登録ならアドバイザーとの相性や転職エージェントごとの強みも両方カバーできることもあります。

転職エージェントの登録から転職までの9ステップ

転職エージェントに登録の流れが分からない男女

実際に登録してから、転職先に入職するまではどのような流れなのでしょうか?最後に転職エージェントを利用する際の利用の流れを簡単にご紹介しましょう。細かい流れを知って、登録後のイメージをつかんでみてくださいね。

転職エージェントの利用内容と上手く使うコツ

転職エージェントへの登録
まずはあなたのスキルや学歴、転職の希望条件などを登録していきます。
コツ(1):面談がスムーズに進み、意向をしっかりと伝えるために、なるべく詳しく経歴や希望条件を記入する
担当者からの電話
登録後、担当から電話連絡があります。ここで面談を行う日程などの打ち合わせを行います。
コツ(2):電話が受け取れなかった場合は、転職意欲が無いと思われないためにもかけなおす。また、電話ではなくメールでのやり取りがいい場合は、事前に伝えておく。
求人紹介を受ける
登録情報をもとにキャリアアドバイザーと面談を行い、キャリアの棚卸と、退職理由や転職の希望条件などを伝え、今後の転職プランや方向性について話し合います。
コツ(3):転職意欲があることをアピールすることで、優先的に求人を紹介してもらえる可能性が上がる
求人紹介を受ける
面談の内容を元にあなたにあった求人を非公開求人を含めて提案してもらえます。もちろん希望に沿わない場合は、応募辞退をし、別の求人を紹介してもらう事も可能です。
コツ(4):希望と違う求人の場合は、しっかりと断る。具体的な希望がある場合は、伝える。どうしても、希望が通らない場合は転職エージェントを変える
職務経歴書の添削
履歴書や職務履歴書を担当者に提出し、より良いものにする為に添削指導を受けます。
コツ(5):自分では、気にしていなかった情報が自己PRの材料になったり、企業によってはほしい情報の可能性もあるので、今までの経歴や些細なことも記載しておく
求人に応募
応募したい求人に転職エージェントの担当者が変わって応募手続きをしてくれます。書類選考後の面接日時の調整なども行ってくれます。
コツ(6):空いている日程を複数伝える。日程調整をスピーディー行うことで、企業側への印象もよくなる
面接対策
実際の面談までに面接を想定して模擬面接をしたり、アドバイスをしてもらい、本番に備えます。
コツ(7):想定される質問やどのようなことを伝えるべきかをあらかじめ聞いておく。
企業と面接をする
応募企業に出向き面接を受けます。
コツ(8):面接は書類だけでは分からない人間性も見ているので、面接のマナーをあらかじめ頭に入れておく。
退職、内定のサポート
自社の退職手続きを進める段階です。同時に内定企業に対して不安な点等があればエージェントが変わって確認及び交渉を行ってくれます。
コツ(9):あとで後悔しないために、気になったことは小さいことでも何でも聞く
この記事を監修した人
キャリアコンサルタント
(国家資格保有)
和泉
米国系多国籍企業のシンガポールオフィスにてアジア・豪州で働く社員の人事関連業務全般を担当。帰国後、求人検索エンジンサービスを提供する企業に転職し、東京オフィスで企業の採用活動支援に従事する。
2018年9月、ライフワークとして7年間続けていた個人へのキャリア支援業務に力を入れるために独立し、現在は個人へのキャリアカウンセリング提供の他、転職フェアでのアドバイザー業務や執筆活動を中心に活動している。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の豊富な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。(株式会社マクロミル調査,2016年1月)
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績No.1!(リクルートエージェント調査)
  • 業界大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人数約20万件
  • 満足度97%の面接力向上セミナーあり(リクルートエージェントセミナー満足度調査,2018年)

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートが受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1(電通バズリサーチ調査)
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者との強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名(2018年1月時点)のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

カテゴリー内記事一覧

ワーケーションとは?メリット・デメリットと導入事例

新しい働き方として、近年注目されているワーケーション。「ワーケーションって何?」「ワーケーションを活用している人っているの?」と思っている方も…

  • 🕒
  • 2019.10.11更新

専任のエージェントが徹底サポート「アイデムスマートエージェント…

今回は、株式会社アイデムが運営している人材紹介サービス「Aidem Smart Agent(アイデムスマートエージェント)」に取材をしてきました。 取材をもとに、一気通貫型ならではの、他…

  • 🕒
  • 2019.11.29更新

企業の評判なら最大級口コミサイト「転職会議」あの企業の本音の評…

企業への転職を考えている時や内定をもらった時に、「実際に働いている人の口コミを知りたい」と思う方は多いのではないでしょうか。 「この企業って働…

  • 🕒
  • 2019.11.28更新

転職ナビなら電話相談で不安を解消できる!利用者の口コミと評判を…

数ある求人の中から自分の希望に合った転職先を見つけたいという方にピッタリなのが、幅広い業界の求人情報を掲載している転職ナビです。 転職検討中の方なら、一度は見たこ…

  • 🕒
  • 2019.11.28更新

転職エージェントが信用できない!3つの特徴と失敗しない対処法

転職活動をしている中で、転職エージェントに不満を抱くこともあるでしょう。 この記事では、信用できな…

  • 🕒
  • 2019.07.09更新

20代未経験でも就職・転職できる!第二新卒エージェントneo

「新卒で入社したのに3年以内に辞めちゃった」「今はフリーターだけど、正社員になれるかな?」 社会人経験が少ないと、就職・転職活動への一歩…

  • 🕒
  • 2019.07.29更新

手厚い面談や豊富な企業情報が強み!第二新卒エージェントneo

「若さを活かして転職したい」「社会人経験が少なくても、就職相談できる場所ってあるのかな?」 20代のうちに就職・転職するなら、何でも相談…

  • 🕒
  • 2019.07.29更新

マイナビを退会したい方必見!注意したい個人情報削除と退会の違い

こちらでは、マイナビを退会したい方、ID/パスワードを忘れたけれど退会したいという方や、公式サイトを見てもよくわからないとい…

  • 🕒
  • 2019.06.21更新

リクルートエージェントの退会|メール停止・個人情報削除方法も解説

リクルートエージェントを退会したいと考えても、「そもそも退会の方法がわからない」という人や、「登録情報はきちんと削除されるの?」といったことが…

  • 🕒
  • 2019.07.09更新

正社員への就職で重視されるポイント、求人とは?DYM就職

「自分の経歴でチャレンジできる正社員の仕事はあるのかな・・・」「正社員への就職はできるのかな・・・」 正社員への就職に興味はあるけれど…

  • 🕒
  • 2019.09.19更新

フリーターや既卒、第二新卒の正社員就職を強力に支援!DYM就職

「アルバイトの経験しかないと、正社員になるのは難しいかも」「正社員としての実務経験が短いから、転職できるかな」 正社員としての実務経験…

  • 🕒
  • 2019.09.19更新

転職エージェントの面談準備!印象UPの持ち物リスト・服装と3つの…

「面談(キャリアカウンセリング)って何を話すの?」「面談次第で紹介される求人が変わるってホント?」 転職エージェント(人材紹介会社)に…

  • 🕒
  • 2019.04.05更新

未経験者も経験者も!IT業界への転職なら マイナビエージェント

「将来のことを考えて、何かスキルを身につけたい!」と考えている方におすすめなのがIT業界。今後も成長を続ける業界ですから、スキルを身につければ将来的にも大活躍ができるはず…

  • 🕒
  • 2019.04.16更新

大手ならではの情報量と手厚いサポートが強み!マイナビエージェント

「どの人材紹介会社に登録すればよいかわからない…」 転職を考えたとき、こんな悩みを持つ方は多いはず。自分に合った会社に登録すること は、理想の転職を果たすための第一…

  • 🕒
  • 2019.11.20更新

思いをカタチに!Web・ゲーム業界の転職ならマイナビエージェント

「実現したい夢があるけれど、現実的には無理だろうな…」 そんなモヤモヤを抱えている方はいませんか?目覚ましい勢いで進化し続けるWebの力を使えば、その夢を実現できるか…

  • 🕒
  • 2019.01.07更新

Geekly様に突撃取材(4)実際の評判や実績は?

はじめまして!HOP!総合転職メディア担当者の栗原です! 今回は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントの「Geekly」様に訪問取材をしました。

  • 🕒
  • 2018.11.29更新

Geekly様に突撃取材(3)転職決定までの流れは?

はじめまして!HOP!総合転職メディア担当者の栗原です! 今回は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントの「Geekly」様に訪問取材をしました。

  • 🕒
  • 2018.11.29更新

Geekly様に突撃取材(2)どんな求人を紹介してくれる?

はじめまして!HOP!総合転職メディア担当者の栗原です! 今回は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントの「Geekly」様に訪問取材をしました。

  • 🕒
  • 2019.04.16更新

Geekly様に突撃取材(1)Geeklyってどんな会社?特徴は?

はじめまして!HOP!総合転職メディア担当者の栗原です! 今回は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントの「Geekly」様に訪問取材をしました。

  • 🕒
  • 2019.04.16更新

40代おすすめ転職エージェントランキング!成功のための2つのコツ

「40代の求人って少ないでしょ?」40代で転職をする方にとって求人が少ないことは死活問題。実際に40代向けの求人は20代や30代に比べて少ないのも事実…

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

30代おすすめ転職エージェントランキング!うまく使うコツを紹介

30代の転職は人生においても重要なターニングポイント。 しかし、仕事をしながら、将来のキャリアプランやライフプランを考え、転職活動を進めていくのは、非常に大変です…

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

20代人気転職エージェントランキング!選ぶポイントと利用の注意点

「転職エージェントって沢山あってどれを選べばいいのか分からない!」など、転職すると決めたものの、どのエージェントを使って転職活動を進めればいいかわからない20代の方も多い…

  • 🕒
  • 2019.09.02更新

JAC Recruitmentさんに突撃取材(4)~それでもやはりハードルが高い…

初めまして!HOP!一般転職のメディア担当者の栗原です! 今回は、あの有名なJAC Recruitmentさんに訪問取材にお伺いして、 実際に転職サポートをしているコンサルタントの春野さん…

  • 🕒
  • 2019.04.16更新

JAC Recruitmentさんに突撃取材(3)~求職者に喜ばれたサポート内容~

初めまして!HOP!一般転職のメディア担当者の栗原です! 今回は、あの有名なJAC Recruitmentさんに訪問取材にお伺いして、 実際に転職サポートをしているコンサルタントの春野さん…

  • 🕒
  • 2019.04.16更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト