転職エージェントの複数登録は3社まで!掛け持ちのメリット・デメリットと重複応募の注意点

転職エージェントの複数利用を考えている女性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職を成功させるための強い味方である転職エージェントですが、

一度に何社も登録しても大丈夫なの?」とエージェント会社の併用によって応募資格や選考結果を左右しないか心配な方もいらっしゃるでしょう。

そもそも、転職エージェントに何社も登録することは許されるのでしょうか?

そして、複数登録によって内定率は変わるのか?

この記事では、転職エージェントに複数登録することのメリットやデメリット、注意点を詳しくご紹介します。

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用*

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1**

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職支援実績No.1***

詳細

*株式会社マクロミル調査 (2016年1月)、**電通バズリサーチ調査、***リクルートエージェント調査

転職サイト比較表を見てみる

1.転職エージェントを複数登録してもよいのか?

無料の仕組みを疑問に思う女性

転職エージェントは、担当者がついて転職の不安を解消してくれるので頼りにしたい求職者も多いでしょう。

そもそも、転職エージェントに複数登録することはよいのでしょうか?

掛け持ちはまったく問題なし!

答えは、複数登録は可能です!まったく問題ありません!

むしろ転職を成功させるためには、転職エージェントの複数利用がノウハウの一つともいえます。

また転職エージェント各社も他社への登録を禁止しておらず、公式に複数利用を認めています。

世の中にはたくさんの転職エージェントがあり、すべてが無料(ビズリーチは一部有料サービスあり)で利用できるので、どれを選べばいいか決められず迷ってしまいます。

しかし複数利用を認められていれば、転職者側も安心してエージェントどうしを比較して利用できますよね。

併用するなら3社まで

そして、登録するなら3社までにしておきましょう。なぜなら、担当者とのやり取りが増えてしまうからです。

つまり、あまり多くのエージェントに登録するとそれだけ面談の数が増え、煩わしい連絡も増えてしまいます

特に働きながら転職活動を進めるとなると、担当者とのやり取りが面倒になってしまうので、多くても3社程度にとどめておくことが妥当です。

利用を途中で断る場合はメールでOK!

転職エージェントを利用している途中で「他で内定をもらった」「担当者との相性が合わない」などの理由で、利用をやめる場合は、メールなどでその意志を伝えましょう

担当者からの連絡に対して応答せずに無視してやめるのではなく、しっかりと伝えることが大切です。

2.転職エージェントの複数登録のメリット

複数登録のメリット

転職エージェントに複数登録するメリットはおもにこの2つが挙げられます。それぞれについて詳しくご紹介しましょう。

多くの求人を知ることで、選択肢の幅が広がる

非公開求人を選ぶキャリアアドバイザー

転職エージェントは、各社で異なる求人情報を保有していることがあります。

例えば、他のエージェントで取り扱っていない求人をリクルートエージェントでは取り扱っている場合などです。

このようにそれぞれの転職エージェントでしか扱われていない求人は、限定求人や独占求人と呼ばれます。

限定求人や独占求人は、転職エージェント各社と企業とのつながりによって異なるので、いくつかの転職エージェントに登録しておかなければ、たくさんの求人情報を集めることができません。

このようなことから、転職エージェントに複数登録をすれば選択の幅が広がり、あなたの希望に合う求人が見つかる可能性が高くなるのです。

書類や面接対策のさまざまなアドバイスがもらえる

面接対策

転職エージェントに登録すると履歴書や職務経歴書、志望動機や長所・短所の書き方、面接対策など、転職活動のさまざまなことに対してアドバイスをもらうことができます。

各社のキャリアアドバイザーは転職のプロとはいえ、各社で培ってきたノウハウや個人の経験や実績はバラバラです。

そのため、エージェント1社に登録し、1人の担当者の視点からのアドバイスだけでは偏ったものになってしまいます。

複数登録によるさまざまな視点のアドバイスをもとに、より精度の高い書類や効果的な面接の受け答えができるようになるはずです。

複数登録なら人気求人を紹介してもらいやすくなる

転職エージェントは、より内定をもらえる可能性が高い求職者を企業とつなげたいと思っています。

そのため、転職エージェント内で登録者の選考を行い、求人を紹介する仕組みになっている会社がほとんどです。

もし、転職エージェントに登録したタイミングであなたの競争相手となる求職者が複数いたらどうでしょう?

希望する企業の求人を取り扱っていても、紹介してもらえない」という事態にもなりかねません。

だからこそ、複数の転職エージェントに登録しておくことで、人気求人を紹介してもらえる可能性を上げることができるのです。

3.転職エージェントの複数登録のデメリット

複数登録のデメリット

転職エージェントに複数登録するデメリットはおもにこの2つです。

しっかりと確認しておきましょう。

担当者とのやり取りが面倒

転職エージェントを利用する際は、基本的に担当アドバイザーとの面談で転職先の希望条件を話し合い、求人を紹介してもらいます。

つまり、3社に登録すれば3回面談を行い、3度同じような話をすることになるのです。

さらに、選考の進捗連絡なども各社の担当者と行わなければなりません。

このように、登録する数が増えれば担当者との連絡頻度も増え、面倒になってしまうのです。

そのため転職エージェントを併用して利用する際には3社とお伝えしましたが、『現在の仕事がとにかく忙しくなかなか時間を割けない』という方は、登録を2社にとどめておくことを検討してもいいかもしれません。

各担当者のアドバイス内容がバラバラで翻弄される

複数登録するメリットは、さまざまなアドバイスによって書類作成や面接対策の精度が上がり内定率も上がることですが、これには少し心配な点があります。

それは、各担当者のアドバイス内容がバラバラだと『結局、何を信じればいいのかわからなくなってしまう』ということです。

転職エージェント各社では扱う求人も違いますが、所属するエージェントの研修制度もバラバラです。

担当者の質を所属するエージェント会社だけで測ることはできませんが、担当者からのアドバイスの内容がまったく違っては、企業に対して効果的なアピールができなくなってしまう可能性がありますよね。

いろいろな意見をそのままうのみにするのではなく、自分自身でアドバイスの内容を判断することも大切です。

4.転職エージェントの複数登録の注意点

転職の注意点

転職エージェントの複数登録には、いくつかの注意点があります。

この注意点を押さえておかないと、エージェント側にも応募する企業側にも悪い印象を与えかねないので、しっかりと確認しておきましょう。

掛け持ちしていることを伝える

まずは登録した転職エージェント各社の担当者に、別のエージェントと掛け持ちしていることを伝えることです。

別のエージェントを使っていると言ったら印象が悪くなりそう」などと心配する必要はありません。

エージェント会社としては最終的に自社経由で転職してほしいと考えているので、むしろ他にどの会社を利用しているのかを把握しておきたいと思っています。

そしてその競争意識から、積極的に求人を紹介したり、選考のスケジュールの調整を早く設定したりするなど、転職者側のメリットにもつながるのです。

重複応募は印象が悪い…

重複応募とは、同じ求人に別の転職エージェント経由で応募を出すことをいいます。

もし、選考を進めている中で同一人物から複数応募があったら企業はどう思うでしょうか?

この人は、すでに応募したことも覚えていない。管理能力がない人なのか」と思われてしまうかもしれません。

またエージェント側も、求職者と連携が取れていない会社であると企業に判断され、信用を失いかねないので重複応募はなるべく避けたいと考えています。

そのため、掛け持ちしているということだけではなく『どのような求人に応募を出したのか』まで担当者に伝えられるといいでしょう。

5.転職エージェントの分類と複数登録するエージェントの選び方

まず、転職エージェントは下記のように分類できます。

転職エージェントの分類(看護rooなし)
  • 総合型・・・幅広い職種・業界の求人を扱う
  • 特化型・・・特定の職種・業界の求人を扱う

特化型は、ITやweb、ゲーム業界のエンジニアやクリエイター、医師、看護師、薬剤師などの技術職や専門職といわれる職種の求人を扱っている転職エージェントを指します。

一方で総合型は、さまざまな職種や業界の求人を扱っています。

希望する職種によって総合型か特化型を選んで登録し、また、大規模エージェントと小規模エージェントをバランスよく登録することがおすすめです。

なぜなら、大規模エージェントは登録者が多く、担当者一人一人が求職者にかける時間が少なくなってしまうため、サポートが物足りないと感じることがあります。

そのため、大規模エージェントの豊富な求人情報を得つつ、小規模エージェントでは充実したサポートを受けることが、転職エージェントに複数登録して転職を成功させるコツといえます。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人数約20万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートが受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者との強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

大手ならではの情報量と手厚いサポートが強み!マイナビエージェント

「どの人材紹介会社に登録すればよいかわからない…」 転職を考えたとき、こんな悩みを持つ方は多いはず。自分に合った会社に登録すること は、理想の転職を果たすための第一…

  • 🕒
  • 2019.11.20更新

なぜ非公開求人がいいの?企業の本音と大手3社の取扱数比較

求人を探していると目にする"非公開求人"の文字。非公開求人は、その名のとおり一般には公開されていない特別な求人を指します。 この記事では、「非公…

  • 🕒
  • 2019.11.08更新

転職エージェントの悪い評判は担当者が原因?利用者の口コミと対処法

「転職エージェントってあまり良くないって聞いた」「評判の悪いエージェントだったらどうしよう…」 転職活動の強い味方である転職エージ…

  • 🕒
  • 2019.11.05更新

事務職で働きたい女性におすすめの転職エージェント5選|転職成功の…

事務職はとても人気が高く、競争率が高い職種です。本当は事務職に転職したいのに「事務職で内定をもらうことは難しいだろうな…」とあきらめていませんか? 実は、転職エー…

  • 🕒
  • 2019.10.31更新

スタッフサービスの評判は悪い?強み・弱みの特徴と口コミまとめ【2…

「派遣社員の経験しかなくても、スタッフサービスなら正社員になれるって本当?」「スタッフサービスって評判悪いの?」など、スタッフサービスについて…

  • 🕒
  • 2019.10.31更新

ワーケーションとは?メリット・デメリットと導入事例

新しい働き方として、近年注目されているワーケーション。「ワーケーションって何?」「ワーケーションを活用している人っているの?」と思っている方も…

  • 🕒
  • 2019.10.11更新

専任のエージェントが徹底サポート「アイデムスマートエージェント…

今回は、株式会社アイデムが運営している人材紹介サービス「Aidem Smart Agent(アイデムスマートエージェント)」に取材をしてきました。 一気通貫型ならではの、他社との違いや、…

  • 🕒
  • 2019.10.11更新

パソナキャリアの評判は本当に悪い?実際の口コミと満足度NO.1の真実

パソナキャリアの評判について、HPや公式サイトの情報だけでは判断が難しいですよね。 この記事では、「パソナキャリアの評判って実際どうなの?」「利…

  • 🕒
  • 2019.10.03更新

正社員への就職で重視されるポイント、求人とは?DYM就職

「自分の経歴でチャレンジできる正社員の仕事はあるのかな・・・」「正社員への就職はできるのかな・・・」 正社員への就職に興味はあるけれど…

  • 🕒
  • 2019.09.19更新

フリーターや既卒、第二新卒の正社員就職を強力に支援!DYM就職

「アルバイトの経験しかないと、正社員になるのは難しいかも」「正社員としての実務経験が短いから、転職できるかな」 正社員としての実務経験…

  • 🕒
  • 2019.09.19更新

大手企業は転職エージェントでないと失敗する?求人が集まる理由と…

「大手企業で働きたい」「大手企業の選考で面接まで行ったことがない」など、大手企業への転職を目指す人におすすめなのが転職エージェントです。

  • 🕒
  • 2019.09.17更新

20代人気転職エージェントランキング!選ぶポイントと利用の注意点

「転職エージェントって沢山あってどれを選べばいいのか分からない!」など、転職すると決めたものの、どのエージェントを使って転職活動を進めればいいかわからない20代の方も多い…

  • 🕒
  • 2019.09.02更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト