転職エージェントの選び方!プロが教える求職者タイプ別のおすすめ

転職エージェントの選び方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロならではのアドバイスが受けられる転職エージェントは、求職者の頼れる存在です。
しかし、選び方に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、元キャリアアドバイザー「がんちゃん」監修のもと、転職エージェントの選び方や、おすすめの登録先を具体的に紹介します。

元キャリアアドバイザーがんちゃんのイラスト

この記事を書いた人:がんちゃん@元キャリアアドバイザー

教育業界から大手転職エージェントへ転職し、約5年半にわたりキャリアアドバイザーとして勤務。業界や職種を問わず1,000人以上の求職者を支援した。

転職エージェントの選び方!複数登録して選ぼう

転職エージェントには「リクルートエージェント」「doda」など、大手だけでも多くの種類があります

たくさんのサービスが存在する転職エージェントですが、おすすめしたい選び方は「複数使ってみて選ぶ」です。

担当者との相性によって合う/合わないが変わってしまうこともあるため、使ってみて「これだ!」と思えるサービスを利用しましょう。

とはいえ、求人数やサポート内容などに違いがあるので、どんな基準で選ベば良いか分からないという方もいるかもしれません。

続いては転職エージェントを選ぶ際に押さえておくべきポイントを紹介します。

転職エージェントを選ぶ際の3つのポイント

転職エージェントの選び方

転職エージェントを選ぶ際は以下の3つのポイントを意識して選びましょう。

転職エージェント選びの3つのポイント

  1. 求人数と保有している求人の種類
  2. サポート実績の豊富さ
  3. 担当キャリアアドバイザーとの相性
求人数と保有している求人の種類
登録前に、その転職エージェントが志望業界や職種の求人情報を扱っているか確認しましょう。
中には特定の業界に特化した転職エージェントもあります。
サポート実績の豊富さ
特に長い歴史のある大手の転職エージェントは、多くの求職者を転職成功に導いている傾向にあり、転職支援実績も豊富です。
サポートの質向上への取り組みが進んでいたり、転職支援ノウハウが豊富だったりするため、満足のいくサポートを受けられるでしょう。
担当キャリアアドバイザーとの相性
転職エージェントでは、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者がサポートしてくれます。
転職活動スタートから入社までを二人三脚で進めるため、相性は非常に大切です。

相性の良い担当者に経験やスキル、人柄を深く理解してもらえると求人紹介のミスマッチが少なくなることもあります。

とはいえ、担当者との相性は実際に会ってみないとわかりませんよね。

そのため、複数の転職エージェントに登録して担当者との相性や紹介された求人を見ながらどこを使うか意思決定するのがおすすめ

転職エージェントのさまざまな種類

転職エージェントの中でも、幅広い業種や職種を扱い、全ての求職者を対象にしているエージェントを「総合型」と呼んでいます。

一方、一部の業界や職種の求人紹介に特化した「特化型」もあります。主要な転職エージェントの種類を次の図で紹介するので、選び方の参考にしてください。

転職エージェント各社のポジショニングマップ

図の通り、年収の高い方を対象にしたハイクラス向けや、女性向け、フリーター向けなどにも分けられます

総合型と特化型という言葉は、聞きなれない方も多いかもしれませんね。それぞれどんな転職エージェントがあるのか見てみましょう。

総合型
多種多様な業界、職種の企業の求人情報を扱っており、求人数も豊富です。
具体的には大手の「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」「type転職エージェント」「パソナキャリア」などが総合型に該当します。
特化型
IT業界やWeb系職種、医療関連など、特定の分野の求人を扱っています。各業界内の職種や転職事情、事例に詳しいという強みがあります
具体的には、IT・Web・ゲーム業界特化の「Geekly(ギークリー)」などがあります。今は総合型になった「ワークポート」も昔はIT・Web業界特化型でした。

転職先の希望を整理し、自分に合った転職エージェントを選びましょう

ここからは、転職エージェントの選び方を求職者のタイプ別に詳しく紹介していきます。

タイプ別の選び方

転職エージェントの選び方(1):希望の業界や職種が決まっていない場合

志望業界や職種が決まっておらず、「何がしたいかわからない」という求職者は、総合型の転職エージェントを選ぶとよいでしょう

総合型は幅広い業界や職種の求人を保有しており、選択肢が豊富だからです。進む先に迷っている段階なら、さまざまな企業を比較できた方がいいですよね。

そのうえで、経験やスキル、転職でかなえたい希望をキャリアアドバイザーと一緒に整理し、企業や仕事の選び方の相談に乗ってもらいましょう

未経験でもチャレンジしやすい職種や、経験を活かして年収アップを目指せる企業など、さまざまな選択肢を提案してもらえるはずです。

総合型人気転職エージェント ベスト3

順位 転職エージェント名 満足度 /
公開求人数
満足度 公開求人数
1 doda
3.52
79,039
3.52 79,039
2 リクルートエージェント
3.49
169,165
3.49 169,165
3 マイナビエージェント
3.39
20,553
3.39 20,553

*利用者数50人未満のサービスは除く
*公開求人数は2020年3月4日時点

▼プロが進めるおすすめ転職エージェントについて詳しく知りたい方はこちら

転職エージェントのおすすめを紹介しているイラスト
転職エージェントのおすすめ11選!1000人調査結果をプロが解説
「おすすめの転職エージェントはどこ?」 リクルートエージェント、doda、マイナビエージェントなど、「サービス名は聞いたことあるけど、違いが...

転職エージェントの選び方(2):同業種・同業界でキャリアアップしたい場合

同じ業界内や職種でキャリアアップを目指したい方は、自分の希望する業界・職種の特化型と総合型の併用をおすすめします。

特化型の場合、業界特有の知識や転職ノウハウが蓄積されているので、専門的なアドバイスをもらえます。

企業とも太いパイプを築いている傾向にあり、対策を立てやすいといわれています。

もちろん総合型を利用した場合も志望する業界や職種の求人を紹介してもらえます。

総合型の場合、提案の選択肢が豊富なため希望を理解した担当者が思わぬ求人を紹介してもらえることもあるかもしれません。

併用して上手に転職活動を進めましょう。

同業種同業界への転職で人気の転職エージェント ベスト3

順位 転職エージェント名 満足度 /
総合/特化型
満足度 総合/特化型
1 JACリクルートメント
3.89
特化型
3.89 特化型
2 パソナキャリア
3.67
総合型
3.67 総合型
3 ワークポート
3.60
総合型
3.60 総合型

*利用者数20人未満のサービスは除く

転職エージェントの選び方(3):年収600万円以上の方

経験やスキルに自信があり、年収600万円以上を希望する方には、ハイクラス・ハイキャリア向け転職エージェントの利用がおすすめです。

ハイクラス向けエージェントは、マネジメント経験など、求職者の豊富な実績を活かした転職のサポートを得意としています

経営幹部や管理職、専門職などの人材を募集する求人を扱っているので、年収が高い求人が集まる傾向にあります。

役職を上げたい」「年収アップを目指したい」方が登録しておきたい転職エージェントといえるでしょう。

ハイクラス求職者の人気転職エージェント ベスト3

順位 転職エージェント名 満足度 /
総合型/特化型
満足度 総合型/特化型
1 リクルートエージェント
3.04
総合型
3.04 総合型
2 JACリクルートメント
3.03
特化型
3.03 特化型
3 パソナキャリア
2.95
総合型
2.95 総合型

*利用者数20人未満のサービスは除く
*年収600~2,000万円の利用者の満足度平均で算出

転職エージェントの選び方(4):女性特有の事情を考慮してほしい場合

女性に人気の転職エージェントランキングでは、求人数が多い総合型の転職エージェントが上位にランクインしました。

出産や子育てなどのライフイベントと仕事の両立など、女性の働きやすさを基準に転職先を選びたい方は女性に特化した転職エージェントを利用する選択肢もあります。

女性向け転職エージェントは、女性の悩みに寄り添った転職サポートを得意としています

ランキングの上位に女性特化の転職エージェントはありませんでした。 総合型転職エージェントは求人数が多いので、選択肢の幅も広がるので全体的に満足度が高かったようですね。

女性向け人気転職エージェント ベスト3

順位 転職エージェント名 満足度 /
総合型/特化型
満足度 総合型/特化型
1 リクルートエージェント
3.47
総合型
3.47 総合型
2 マイナビエージェント
3.44
総合型
3.44 総合型
3 パソナキャリア
3.31
総合型
3.31 総合型

*利用者数20人未満のサービスは除く

▼女性向けの転職エージェントについてもっと詳しく知りたい方はこちら

女性向け転職エージェント!年代別・目的別のおすすめと上手な使い方
女性向け転職エージェント!年代別・目的別のおすすめと上手な使い方
「転職エージェントを使いたいけど、どれがいいのかわからない」「女性ならではの悩みを理解してくれる担当者に相談したい」など、転職エージェント選...

転職エージェントの選び方(5):これから正社員を目指したい場合

正社員を目指したい派遣社員やフリーターの方は、社会人経験が少ない方の正社員転職に力を入れている転職エージェントを選ぶとよいでしょう。

自己分析の方法やビジネスマナーの基本から教えてくれるので、経験に自信がない方も気後れすることなく利用できます。

中には、派遣社員やアルバイトしか経験がないため「どんな仕事を選べばいいの?」「自分に何ができるかわからない」と悩む方も多いです。

正社員転職に強い転職エージェントなら求職者の資質を見極め、的確にアドバイスしてくれます。新たな強みを発見するなど、思った以上の成果が得られるかもしれませんよ。

保有している求人が多いという点に関しては、総合型の転職エージェントもおすすめです。
幅広い選択肢から選べるので、利用者満足度も高いですよ!

求人の満足度が高い転職エージェント ベスト3

順位 転職エージェント名 満足度 /
総合型/特化型
満足度 総合型/特化型
1 リクルートエージェント
4.09
総合型
4.09 総合型
2 リクナビNEXT
3.99
総合型
3.99 総合型
3 マイナビエージェント
3.80
総合型
3.80 総合型

自分に合う担当者を選ぶポイント

転職エージェントの担当者の選び方

転職エージェントを利用する際は、サポートを担当してくれるキャリアアドバイザーとの相性によって、転職活動をストレスなく進められるかどうかが変わってきます。

転職結果を左右する可能性もあるため、キャリアアドバイザーとの相性も踏まえて転職エージェントを選ぶことが大切なのです。

この章では、担当キャリアアドバイザーが自分に合っているかどうかを見極めるポイントを紹介します。

避けた方がいい担当者かどうか判断するポイント

まずは、転職エージェントを利用する際に、避けたほうがいいキャリアアドバイザーかどうかを判断するためのポイントを3つ紹介します。

連絡が遅い
連絡への返信がないせいで、スムーズな転職活動ができなくなったら問題ですよね。最初のうちはよくても、最終面接などで連絡が途絶えたら困ってしまうかもしれません
キャリアアドバイザーの都合で返事を急かす
応募の判断や内定承諾などの返事を急かされるケースもあります。求職者の事情や気持ちを考えていない対応をされてしまうと、信頼関係をなかなか築きづらいでしょう。
求人紹介やキャリアの提案が希望に合っていない
転職活動はあなたの希望に沿って進められるのが一般的です。それにもかかわらず提案を一方的に押し付けられると、転職意欲が段々と薄れてしまうかもしれません。

どうしても担当者に不安や不満がある場合は変更依頼もできるため、無理にがんばろうとせず、サポートセンターに相談してくださいね。

▼転職エージェントのうまい断り方はこちら

【プロ作成】転職エージェントを断る例文!面談や求人、内定の断り方
【プロ作成】転職エージェントを断る例文!面談や求人、内定の断り方
「転職エージェントとの面談に行けなくなった」「他のエージェントで転職先を決めた」など、転職エージェントに断りを入れるシーンはありますよね。 ...

理想的な担当者かどうか判断するポイント

転職エージェントで理想的なキャリアアドバイザーを見つけるには、下記の4つのポイントを満たしているかチェックしてみましょう。

専門知識を持っている
業界や職種に詳しいキャリアアドバイザーは、豊富な専門知識をもとに転職先やキャリアプランについてアドバイスしてくれます
求職者への提案力がある
キャリアアドバイザーがあなたの希望や条件を細かく聞き取り、納得できる求人を提案してくれるかどうかが大切です。
転職サポートが手厚い
特に自信がない方は、履歴書や職務経歴書の添削、模擬面接などの対策を行ってくれるか聞いてみましょう
サポートが自分の感覚に合っている
転職活動を進めるペースやスタイルが合うキャリアアドバイザーの方が、行動しやすいですよね。

連絡の頻度や手段、「転職を積極的に後押ししてほしい」「寄り添ったサポートをしてほしい」などの希望は、あらかじめ伝えておく必要があるでしょう。

以上、4つのポイントを挙げましたが、求職者の性格や希望によってもどんな担当者が理想的かは異なります。

転職活動でどのようなサポートをしてほしいのかを考えながら、自分に合ったキャリアアドバイザーがいる転職エージェントを選びましょう。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

転職が初めての人

マイナビエージェント
マイナビエージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

公式サイトはこちら

常時1万件以上の豊富な求人数

リクナビNEXT
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
  • まずは求人情報を見たい人におすすめ
  • 転職成功者の8割が登録
    (2013年2月マクロミル調査)

公式サイトはこちら

全年代を得意

リクルートエージェント
  • 転職支援実績No.1!
    (2018年3月期リクルートエージェント調査)
  • 業界大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人数約20万件
  • 満足度97%の面接力向上セミナーあり
    (2018年リクルートエージェントセミナー満足度調査)

公式サイトはこちら

顧客満足度を重視

doda
DODA
  • 転職者満足度No.1
    (電通バズリサーチ調査)
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者との強い関係性

公式サイトはこちら

フリーターから正社員へ

ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

公式サイトはこちら

ハイキャリア層(年収600万円以上)

JACリクルートメント
JACリクルートメントキャプチャ
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約800名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト