女性が転職で失敗しない髪型は?面接や写真の印象を良くするポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いざ、転職活動を始めると気になるのが髪型です。「この髪色は染めるべき?」「就活に相応しい髪型って何?」と不安になる人も少なくありません。大切な面接に備え失敗しない髪型についても事前に知りましょう。

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

転職活動にベストな女性の髪型って?

ロング編

髪の長い女性は髪を束ねた方が好印象となりやすくなります。なぜなら、ダウンスタイルはおじぎやあいさつをして髪が落ち、髪を触る癖がある人は髪を触る回数が増えやすいからです。

低めの位置のポニーテールかハーフアップやシニヨンは顔周りをすっきりとさせるため、おススメです。

この時ヘアゴムやヘアピン以外にも控え目なデザインであればバレッタを使っても問題ありません。ただ、一つに束ねるといっても華やかすぎる印象になるような一工夫(編み込み、夜会巻き等)やカジュアル目なお団子はNGです。

また、パーマもゆるふわレベルであればそこまで気にされませんが、ソバージュのようなキツ目のパーマや明るい髪色は面接官の目を悪い意味で引くため避けましょう。

また、髪が長いと毛先のダメージが目立ち色も明るくなりやすくなるため、普段よりも暗めの色でカラーリングをし、トリートメントをすることをお勧めします。

ミディアム編

ボブやワンカール、ストレートスタイル等ヘアアレンジをしやすいミディアムスタイルは一つに束ねるか、束ねずにフェイスラインを明るく清潔感を保つことがポイントとなります。

束ねる場合は、髪の長さが足りず耳や顔周りにも髪が落ち、触覚前髪になってしまいやすいため見えないようヘアピンやワックスでまとめましょう

寝癖が直らなかったり、湿気で髪がまとまらない場合は束ねてしまうと楽チンです。

束ねない場合は、耳や目が髪に隠れないようセットをします。おでこを出した方が印象が明るくなるためポンパドールもお勧めです。

オフィスワーク希望者は前髪を分け目で横に流すと女らしさを演出できます。ボブはパッツン前髪や真っ黒な髪色にすると幼く見えたり、面接受けが悪くなりやすいため、注意が必要です。

また、ミディアムヘアはパサパサ感や髪の傷みが目立ちやすいため、カラーリングの回数を減らし、トリートメントでケアしましょう。

ショート編

アクティブなイメージを作りやすいショートヘア。後ろで束ねることができないため、メモや一礼をした時に髪が顔にかかりやすくなります

そういった時にボサボサにならず、セットできていれば問題ないでしょう。

見えないようヘアピンでサイドを止めたり、湿気で髪が広がらないようドライヤー、ワックスやスプレーを駆使しセットしましょう。

前髪は目にかからず、眉が少し見える位の方が顔の表情が明るくなります。ボブスタイルやワンレン、襟足がすっきりするベリーショートが人気の高い髪型です。

ショートヘアは寝ぐせが付くと直すことに時間を取られるため、ゆるめのパーマでセットしやすくしておいたり、前日からトリートメントやカーラーで寝ぐせ対策をしておくと面接の朝に焦らずにすみます

過度な短髪やパッツン前髪やアシンメトリー、ツーブロックといった個性的な髪型は面接担当者の年代や相手によっては評価が悪いため、避けた方がいいでしょう。

髪型自由なのは知っているけど…転職活動の女性の髪型で守りたい2つの心得

ヘアカラーはどの位の明るさまでOKなの?」「髪飾りは派手でなければ、って具体的にどんなアイテムならいいの?」こんな転職活動中の気になるを解消していきます。

ヘアカラーはどの明るさまでなら大丈夫なの?

髪色だけで不合格になるということはないのですが、髪色を気にできる人=周囲の目を気にかけられる社会人のマナーを考えられる人、という自己アピールができるため、採用担当者へのイメージアップを計るためには押さえておきたいポイントとなります。

髪色は基本黒色か自然なダークブラウンが望ましいでしょう。室内にいて、地毛っぽいと面接官に思わせる位に色味が無難です。

地毛っぽさアピールのためには毛先と根本が違う色になるプリン状態は厳禁なので注意が必要です。

髪色トーンをレベル7位(JHCA)までに抑えるようヘアサロンでお願いすれば、理想の就活ヘアスタイルに仕上げもらえます。

金融系や官公庁といったカッチリした業界や年配者の多い企業はより暗めの色味で臨みましょう。

また、アッシュや一部の髪色を変えたり、オレンジやピンクを混ぜたブラウン系はファッション業界や接客、販売職といった華やかな業界や業種以外では避けましょう。

ヘアアクセサリーで最適なものって?

基本は黒か焦げ茶色のヘアゴムを使い、ゴムが隠れるような工夫をしましょう。

なぜなら、ゴムは束ねるための道具であり、見せるアイテムではないからです。

通称くるりんぱや結び目を髪の毛で隠しピンで留めるとゴムが見えなくなりより良い見栄えとなります。

もしくは、髪色と同系色の小さくシンプルなデザインや小さめのリボン型バレッタで結び目を隠しても良いでしょう。シュシュやヘアクリップはカジュアルなイメージが強いため、できれば使わない方が無難です。

どうしても使いたい場合は、小ぶりの飾りの少ない黒や茶色系のシュシュが良いでしょう。

基本のヘアアクセサリーは百円均一やコンビニでも手軽に購入できるため、面接活動が本格化する前に自分の面接ヘアスタイルを研究しておきましょう。

転職活動でありがちな女性のNGな髪型とは?

つい、似合うから、お洒落だからといってしているその髪型。実は転職活動では不向きな髪型かもしれません。どのような髪型がマイナス印象なのか、なぜ好ましくないのかお伝えしていきます。

はやりの「濡髪」「触角つき前髪」は絶対禁止!

少し前から流行っている濡髪は面接の場では相応しくありません。髪が半乾きや、整髪料が付きすぎたようにベタベタして見えるため、不衛生な印象を与えやすくなります。

また、同様に某アイドルがよくしているようなパッツンの触覚付き前髪スタイルもマナー違反です。前髪はヘアセットでも特に目立つ箇所となります。

触覚は幼い印象になりやすく、サイドの髪をまとめきれていないため、清潔感に欠けます。また、パッツン前髪は眉毛が全くみえず、表情が読みづらくなるため、おでこを出すようにしましょう。

また、あえてのお洒落であってもボサボサに見えるような無造作ヘアは注意が必要です。セットであっても、紙一重で寝癖に見えては残念な結果になるからです。

新卒や若年者は自分がしたい髪型ではなく、企業カラーや社会人として適したヘアスタイルを意識することが大切です。

面接に使う女性の証明写真や面接でふさわしい髪型と服装って?

証明写真を撮る際にも身だしなみは気になるところです。「証明写真にイチオシな髪型はある?」「面接と履歴書の写真は同じ髪型でいいの?」といった書類選考にも関わる証明写真の素朴な疑問に回答していきます。

キーワードは「清潔感」

証明写真をパッと見て清潔感がない人とは会いたいとは思えません。以下のポイントを踏まえ、面接受けする髪型にセットしましょう。

フェイススラインを明るくする
耳と目は前髪にかからないようにし、顔面積を増やします。前髪はパッツンや過度な短髪、個性的すぎる髪型は避けましょう。斜め前髪、センターパーツ、ポンパドールで目が前髪に隠れないようにすると表情も明るくなります。
健康的な髪質に
艶のある天使の輪が出そうな髪質を目指しましょう。フケ、白髪、プリン、ボサつき、パサつきある毛先はトリートメントや日ごろのケアで整えます。
応募先の評価を意識する
年齢の割に幼かったり顔のタイプと相性の悪い髪型であると、応募者の良さを出し切ることができません。応募職種や企業の雰囲気に合いそうなスタイルを研究し、ヘアセットしましょう。また、履歴書写真と同じ髪型の方が会った時にも同一人物だと認識しやすいため親切です。

証明写真でのポイント

髪は後ろで束ねる
ロング、セミロング、ミディアムヘアの方は束ねないと髪でジャケットや襟元が隠れてしまいゴワついたイメージに。後ろで一つにまとめるとスッキリとした印象になります。
髪の毛が多く広がる人は一工夫
髪の毛が膨らみやすい人はカット方法や整髪料でまとめます。ただし、整髪料を付けすぎるとベタベタになるので注意が必要です。無造作ヘアも寝癖っぽく見えやすいため、ブラッシングをしハネを直しきっちり感を出しましょう。
耳、目、眉毛を出すのが鉄則
髪が顔を覆う面接を減らすと顔が明るく見えるので、それだけで証明写真向きとなります。前から見てしっかり感が出れば証明写真はOKなので、ヘアピン等駆使し綺麗にまとめましょう。

※髪型を整えたらいよいよ撮影です。カメラを前にまっすぐ座り、前かがみにならないよう胸を張り姿勢を正します。顎を引き、カメラを真っすぐ見ます。歯が見えないよう口角を上げた笑顔で撮影開始。

女性だからこそ気を付けたい!転職活動でのポイントとは

女性特有のポイントが実は髪型や立ち居振る舞い以外にも沢山あります。例えば、男性に働く理由はあまり尋ねませんが、女性には質問をする担当者もいます。こういった点にどう対策をしていけば良いのでしょうか?

転職活動を充実したものにするために

女性の転職にはリクナビNEXTがベストチョイスです。

充実の転職ノウハウ記事が豊富
女性の働く悩み、転職のハウトゥー、その道のプロによるインタビュー記事も豊富なコンテンツを掲載しているため、少し気になることから重要なポイントまで答えをみつけることができます。また、職務経歴書作成や自己分析ツールも搭載しています。
女性に人気の職種や企業が沢山
また、掲載求人は女性のニーズの高い事務系職種や営業職が多く、ターゲット年齢層も幅広いため、どのフェーズにいる女性に対しても魅力ある求人を掲載している確率が高いのです。
自分に合った探し方もできる
女性従業員4割以上や女性管理職登用あり、子育てママ活躍中にブランクOKといった調べ方もできます。家族や家庭に左右されやすい女性に嬉しい検索条件もあるため、自分の状況に応じた働き方をみつけやすいのも嬉しいポイントです。

女性エージェントが丁寧なフィードバック!キュージェント

自分の考えに理解を示してくれる人に相談したい....」そのようなお思いを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。キュージェントはエージェント会社ではなく、エージェント個人を指名することができるマッチングサービスです。結婚・専業主婦・転職・復職を経験している女性転職エージェントも在籍しているので、無料で女性のキャリアプランに関する情報をもらってみてはいかがでしょうか。

まずはエージェントを見てみる

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」などのエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

女性の転職活動の服装は自由?好印象を与えて内定獲得率UPのコツ

オフィスカジュアルや私服OKと言われた転職イベント、本当にスーツでなくてもいいのだろうか?と悩むことがあると思います。面接会場で周囲の面接者の様子が気になり、パフォーマン…

  • 🕒
  • 2019.07.09更新

転職は女性もスーツの着用必須?業界別の服装マナー|失敗しない面接

就職活動でも転職活動でもスーツの着用は必須という風習がありますが、その理由はご存知でしょうか?何事も根幹の理由を押さえれば、ケースバイケースで自分なりのアレンジや手を加えることができます。

  • 🕒
  • 2019.07.09更新

転職は面接の服装も大切?男女別!内定獲得率を上げる3つのポイント

転職活動も最終段階の「採用面接」までようやくこぎつけたものの、当日着用する服装は新卒採用者と同じリクルートスーツでいいの?私服以外で自分らしさをアピールでき、良いイメージを与え…

  • 🕒
  • 2018.11.15更新

転職の面接で質問に上手く回答したい!必ず聞かれる質問20選!

転職活動で書類選考を通過するといよいよ面接です。「面接で何を聞かれるのだろう」「どう応えたら良い印象をアピールできるのか」と不安に思う人は少な…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

面接は受付から始まる?絶対に失敗しない転職のためのマナー講座

転職活動を始めるにあたって面接マナーに不安を覚える人は多いと思います。「面接のマナー、大丈夫かな?」「面接なんて、就職活動の時以来だ。マナーなんて覚…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

転職の面接で絶対失敗しない!よくある質問からマナーまで徹底解説

「書類選考はパスしたけれど、面接って何から準備したらいいの..?」と悩んでいらっしゃる方に、転職面接で成功するための秘訣を大公開。 面接…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト