女性が転職で有利な資格は何?年代別でおすすめの役立つ資格ベスト3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の一般事務の仕事にはもう飽きてきた、「自分の能力を正当に評価してくれる条件のいい企業で勤めたい」「給与面を含めた待遇の良い勤務先に転職したい」そんな勝ち組転職を目指す女性が持っておきたい資格、そしておすすめの転職サイトについてご紹介します。

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

【年代別】転職した女性が持っててよかった資格ランキングTOP3

ではここからは実際に転職を経験した女性が持っていて良かった!と実感した資格をランキング方式でご紹介していきましょう。

ただし年齢によって転職に有利な資格も変わってくるため、20代~50代までの年代別にお届けしますので是非参考にしてくださいね。

20代女性が持っててよかった資格ベスト3

  • 1位:秘書検定
  • 2位:日商簿記検定
  • 3位:TOEIC

秘書検定

秘書検定を持っているということは社会人としての一般的なマナーを習得している証になります。

電話対応もちろん接客能力、ビジネス文書を身に着けていることを証明することができるため、事務系の仕事を希望する方は是非持っておきたい資格です。

秘書検定は1級~3級まである公的資格です。1級でも合格率は4割とそこまで難しい試験ではありません

個人差はありますが、学習期間は3~4ヶ月程度です。過去問題などを中心に勉強すれば、合格可能圏内にたどり着けるでしょう。

出来ることなら準1級以上を目指しましょう。受験費用は準1級の場合4900円で、年に2~3回受験することができます。

日商簿記検定

会計の知識として大切な日商簿記は職種でいうと経理職に就く女性、営業職で売上を上げる女性も持っておきたい人気の資格の1つです。

非常に知名度が高い資格であり、転職をするなら日商簿記2級以上は持っておきたいものです。

また簿記検定には日商=日商簿記検定試験と全商=全商簿記実務検定試験がありますが、知名度もレベルも高いのは前者ですので覚えておいてください。

日商簿記検定は1級~3級まであります。3級は比較的簡単で合格率4割、2級は2割となっています。

学習期間は3級だと3ヶ月程度、2級になると6ヶ月程度必要です。受験費用はは2級の場合4,630円で、年に3度チャンスがあります。

社会人の場合、通信教育の講座などで勉強する方も増えています。

TOEIC

TOEICは就職先に外資系企業などを目指す女性はもちろん、英語スキルを証明する目安として一目置かれることから履歴書に載せておきたい資格の1つです。

転職を有利に進めたいのであれば800点以上欲しい所ですが、一般的には最低でも500点からが履歴書に書けるスコアだとされています。

ただしTOEIC750点が取れるのは上位20%と非常に難易度が高い資格でもあります。それだけに社会人が就職に有利に使える資格でもあり取得者が増えています。

学習期間は継続して行うことが必要であり800点を目標とするのであれば1000~1500時間必要とされています。受験地にもよりますが、2月と8月を除く毎月受けることが出来きます。

30代女性が持っててよかった資格ベスト3

  • 1位: 医療事務
  • 2位:社会保険労務士
  • 3位:マイクロオフィススペシャリスト

医療事務

医療事務は今後ますます進んでいくと思われる高齢化社会を見据えてもニーズが無くなりにくい資格だと考えられます。

また勤務地も全国各地の医療機関にあることから結婚をしても続けられるという意味で30代からの女性にもおすすめの資格です。

医療事務の資格はさまざまありますが、医療業界で特に重宝されるのが以下の資格です。

医療事務技能審査試験
受験月:毎月、費用:7,500円、1級・2級有、合格率60%、所要勉強時間:200~300時間
医療事務管理士技能認定試験
受験月:奇数月、費用:7,500円、合格率50%、所要勉強時間:200~300時間
診療報酬請求事務能力認定試験
受験月:年2回、費用:7,500円、合格率30%、所要勉強時間:300~500時間

社会保険労務士

国家資格である社会保険労務士は、企業における人に関する専門家です。労務的なことや社会保険に至るまであらゆるところでのサポートを行います。

取得難易度は高めであり、合格率は7~10%と難関ですが、それだけに給与面でも期待できる資格です。

年1回のみの試験であり、費用は9,000円、独学だと800時間が最低ラインのため、通信教育などを取り入れるといいでしょう。

マイクロオフィススペシャリスト

事務仕事では必須となるエクセルやワードなどの操作能力を証明できる技能検定資格です。スペシャリストレベルとエキスパートレベルの2つがありますが、後者を取得することをおすすめします。

試験は毎月1~2回行われており、レベルにもよりますが受験料は10,000円程度です。合格率はスペシャリストで80%、エキスパートで60%なので決して難しい試験ではありません。

40代女性が持っててよかった資格ベスト3

  • 1位: 医療事務
  • 2位:介護福祉士
  • 3位:宅地建物取引士

医療事務

30代女性の転職の所でもご紹介した医療事務の資格は病院などの医療機関に転職しようと考える方におすすめです。

年齢を重ねても働きやすい業界である介護業界で使える介護事務試験も注目の資格です。合格率も50~70%程度と比較的取得しやすく費用5,700円で、奇数月に受験可能です。

介護福祉士

受験資格に実務経験3年以上という縛りがあるため、介護業界で働いている方が対象となります。

ケアワーカーとも呼ばれる国家資格であり、待遇面でも資格手当がつくというメリットがあります。合格率は60~70%、費用15,300円、年1回試験が行われています。

宅地建物取引士

宅地建物取引士を取得すると活躍できる場は、マンション管理会社のような不動産管理会社や金融業界、建築業界など不動産業界以外でも幅広くあります。

合格率は15%程度の国家資格であり、費用は7,000円、年1回の試験です。マンション管理士とのダブルライセンスを取得すると、非常に不動産管理で優遇される資格です。

50代女性が持っててよかった資格ベスト3

  • 1位:宅地建物取引士
  • 2位:管理栄養士
  • 3位:ファイナンシャルプランナー

宅地建物取引士

50代の女性でも性別も関係なく活躍できるのがこの宅地建物取引士です。難しい試験でもあるので夜間などの専門学校に通うのが合格の近道となります。

管理栄養士

国家資格である管理栄養士は受験するにはまず、栄養士の資格が必要ではありますが、女性に人気の資格です。就職先も企業や保育園、病院、福祉施設と非常に多岐にわたります。

合格率は45%程度で、費用は6,800円、年1回試験があります。

ファイナンシャルプランナー

通常FPと言われるファイナンシャルプランナーは、資産運用などの知識を持つ資格です。証券会社などへの転職に有利です。

資格は3級、2級、1級とありますが、2級は取っておきたいレベルです。2級の合格率は35%程度で、費用は4,500円、年3回試験が受けられます。

【業界・職種別】転職したい女性必見!持ってると採用されやすい資格TOP3

ではここからは、女性が転職をする際に持っていると採用に有利となる資格を業界別・職種別にご紹介していきましょう。

今回は、女性に人気の事務職・経理、不動産業界、IT業界、介護業界にスポットを当てていきます。

事務職、経理

  • 1位:日商簿記検定
  • 2位:秘書検定
  • 3位:TOEIC

日商簿記検定

事務職及び経理職といえば日商簿記と言われるほど女性が持っておきたい資格ナンバーワンです。

2級以上が推奨されますが半年程度市販の問題集などで勉強すれば十分合格できるレベルです。

秘書検定

働く女性の鉄板とも呼ばれる資格が秘書検定です。受付や接客、電話対応にしても会社の顔として行うことが出来るというのは企業において重要となるのです。

3~4ヶ月程度で取得できる手軽さと、実際に仕事で役に立つという意味で人気の資格です。

TOEIC

最近では海外とのやり取りを行う企業も増えており、英語でコミュニケーションが取れるというのは重要視されます。

独学だと難しいため、通信教育などを利用し勉強するのが近道です。半年程度は集中して勉強を行う必要がありますが、取得していると年収が変わるともいわれる女性の強い味方です。

事務職に関してはとても人気求人であるため転職サイトなどで個人で行う転職活動ではなかなか採用されにくいこともあります。しかし、このような資格を取れば転職活動にとても有利に働くはずです。

不動産業界

  • 1位:宅地建物取引士
  • 2位:管理業務主任者
  • 3位:マンション管理士

宅地建物取引士

国家資格であり合格率15%程度と狭き門ではありますが、不動産業界には必須の資格です。

通信教育や専門学校などを利用して集中して最低6カ月は勉強する必要があります。

以前、宅地建物取引主任者と呼ばれていた資格です。

管理業務主任者

マンション管理や契約などに活躍する管理業務主任者は持っていると即戦力となることから非常に人気です。

合格率は22%程度であり、最低5カ月の勉強が必要ですす。こちらも通信教育などで勉強することがおすすめです。

マンション管理士

国家資格であるマンション管理士は上記の管理業務主任者と合わせて取ることでより転職成功率が上がる資格です。

合格率は7~10%と難関である為、通信教育の利用が推奨されます。

また過去問をしっかりとやることが合格の近道です。

IT業界

  • 1位:基本情報技術者
  • 2位:ITパスポート
  • 3位:マイクロソフトオフィススペシャリスト

基本情報技術者

異業種からIT業界に転職を狙う際にまず取っておきたい資格が基本情報技術者です。

合格率は20~30%程度であり、最低3カ月から半年程度の勉強が必要です。

問題集などでも対応可能ですが、情報関係の知識がない方は通信教育の利用が近道でしょう。

ITパスポート

IT業界の入門資格だといわれるITパスポートは押さえておきたい資格です。

合格率は40~50%程度となっており、CDやDVD利用したインプットとアウトプットがバランスよくできる勉強法がおすすめです。

1ヶ月程度で合格できるという割と手軽に受けられる試験でもあります。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

IT系に転職するのであれば当然のごとく持っておきたい資格です。合格率も80%程度と高く普段パソコンに触れていればそこまで難しい試験ではありません。

介護業界

  • 1位:介護福祉士
  • 2位:介護職員初任者研修
  • 3位:ケアマネジャー

介護福祉士

介護施設はもちろんのこと介護施設関連勤務でも重宝されるのが、介護福祉士です。

国家資格であるこの資格の合格率は60~70%で、3カ月程度の勉強時間は必要です。過去問題や模擬試験を積極的に利用しましょう。

介護職員初任者研修

旧ヘルパー2級という資格であった介護職員初任者研修も介護職の入門的資格です。

合格率は90%程度と非常に高いため敷居が低い資格でもあります。自宅学習とスクーリングの両方を受講し4ヶ月程度で受講完了となります。

ケアマネジャー

介護支援専門員とも呼ばれるこの資格は実務経験5年以上など受講条件がありますが、介護業界の上位資格として取っておきたい資格です。

合格率は15%弱で、所要勉強時間は半年程度、過去問題などをしっかりやることが大切です。

資格取得していると採用されやすい企業(求人)を効率的に探す方法

転職先を探す際に、自分が転職したい業種からハローワークなどを利用して探すという方法もあります。

しかしより内定率をあげるためには、もっと効率よく企業とあなたが持っている資格とのマッチングを行うことが必須です。

そこで利用したいのが求人件数も多く、職種や資格名などから検索することで希望の求人を提示してくれる転職サイトを利用することです。

自身で会社探しをするよりも、より多くの情報から転職先が探せます

利用方法は非常に簡単で、あなたが取得している資格や経歴など、また希望条件などを登録することであなたにあった求人を探すことが出来るので非常に便利です。

また求人をしている会社からオファーがもらえるサービスもあるのもメリットでしょう。

転職サポートをして欲しいエージェントを逆指名!キュージェント

自分のことを理解してくれ、真摯になってくれる人に相談したい...」そう思っている方は少なくないと思います。キュージェントはエージェント会社ではなく、エージェント個人を指名することができる無料のマッチングサービスです。まずは自分が今後どのように人生を歩んでいきたいのか、色んな転職希望者をサポートしてきたプロから情報収集して、考えてみてはいかがでしょうか。

まずはエージェントを見てみる

転職サイトを使うメリット

転職サイトを利用することで簡単に外出先ででも求人情報を確認でき、かつ忙しい社会人の時間の節約にもなります。

また専門知識を持った転職のプロのサポートが手厚いのも魅力です。

転職サイトを利用することであなたの転職が楽になるメリットを、利用経験者の声からチェックしていきましょう。

履歴書や職務経歴書の添削、指導をしてくれる

面接に行きつくまでに大事な書類審査は履歴書や職務経歴書です。それを無料でプロの目でチェックしてくれるのでより書類審査通過率が高くなります

自己分析ツールなどが利用でき客観的に自己判断できる

自分ではなかなか分かりづらい自己分析ができるので自分に合った職種などを選ぶ参考にすることが出来ます。

登録することで貴重な非公開求人も見ることが出来る

誰でも見られる求人だけでなく、一般に公開されていない非公開求人を見ることが出来る為、求人倍率が低い中での勝負が出来ます。

登録することで企業側からスカウトを受けることが出来る

自身の経歴や資格などを登録しておくことで、企業側からのオファーを受けることができ、この場合書類審査は通過したと考えていいため、内定率がアップします

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」などのエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

転職の相談は誰にするべき?相談前の3つの準備とおすすめの相談先

「職場の悩みを誰に相談していいかわからない...」 「転職したいけど職場の人には相談しにくい」 転職を検…

  • 🕒
  • 2019.07.09更新

会社を辞める方法を知りたい!退職理由の上手な伝え方とタイミング

「会社を辞めたいけど、辞める勇気がない…」「会社に伝えるタイミングや言い方、手続きってどうすればいいの?」 会社を退職するためには、勇気…

  • 🕒
  • 2019.06.20更新

転職先の探し方ってどうするの?自分に合う仕事や会社に出会う方法

とりあえず今の職場に入社したけど本当にやりたいことが自分でもまだ良く分からない。「どんな職種が自分にあっているのかはどうやって探せばいい?」「もし転…

  • 🕒
  • 2019.03.15更新

初めて転職する女性が知っておきたい企業選びのノウハウ

20代の女性が、初めて就職した職場を辞めてまで転職をするのは、とても勇気がいることです。 転職活動で一番大事なこと、それは企業選びです。ここでは、どのような企業を選べばよ…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

女性の平均年収は300万円以下?!転職で年収アップさせる方法

「私の年収って低すぎない?」「もっと高収入の仕事に転職したい」「転職で年収ってアップするの?」と思うことはないでし…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

【初めての転職】面接や職務経歴書の書き方のすべてを解決する方法

「何から始めればいいのか」「就活と違うのか」等初めての転職は戸惑いと不安で一杯です。現職の場合、転職成功するまで周囲にも相談しづらく職場との調…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

転職したいけど不安!職場探しを失敗しないための転職活動のポイント

「転職はしたいけれど、実際に動き出す勇気が出ない」 という人は意外と多いのではないでしょうか? 勇気を出して転職してもかえって年収など…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

会社をやめたい理由は様々あるでしょうが、次の就職先を決めずに会社を辞めるというのはちょっと怖いもの。 毎日仕事ならば求人を探すのは難しいし、そもそも自分が転職できるか不安な方もいらっしゃるでしょう。 …

  • 🕒
  • 2017.11.17更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト