転職は女性もスーツの着用必須?業界別の服装マナー|失敗しない面接

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職活動でも転職活動でもスーツの着用は必須という風習がありますが、その理由はご存知でしょうか?何事も根幹の理由を押さえれば、ケースバイケースで自分なりのアレンジや手を加えることができます。面接でのスーツ着用について知り、自分らしさをアピールできるようにしましょう

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

スーツ着用必須の理由は?

第一印象で印象を悪化させないため、というネガティブな理由から面接ではスーツを着用することが一般化してきました。

日本は特に協調性に重きを置き、周囲と違うことを良しとあまりしてきませんでした。学生が学生服を着用することが当たり前とされていたよう、社会人になるとその延長からか社会人=スーツを着用すべき、というイメージが根付いていました。

面接=スーツという考え方が一般化していると、個性やお洒落よりも場に相応しい服装であるかが重視されやすくなるため、スーツ以外の服装で面接を受けると、それだけで面接担当者は違和感やスーツを着てこなかった理由に注意が引かれます。

志望者のスキルや経歴以外の点で不本意な印象を決められないよう、周囲と同様にスーツを着用することで、マイナスイメージが付くことを防止することができます。

また、スーツをきっちりと着こなす=場の空気を読める信頼のおけるビジネスマンというお墨付きも獲得できるのです。

【服装編】面接はスーツ着用がスタンダード

面接でのスーツ着用のルーツはどこか?スーツ着用マストの会社の特徴等ご紹介していきます。

年配者が多い老舗企業

やはり、慣習化された考えであるため、40,50代の社員が多い企業の面接では必ずカッチリ目のスーツを着ていきましょう

業界的にいえば、金融、不動産、メーカー(電機、自動車、食品等)、医療、教育、卸、官公庁といった設立年数も長い昔から日本経済を支えてきた老舗企業が対象となります。

他にも社員の平均年齢が高い会社や未だに自社の制服がある会社は仕来りに厳しい可能性があるため、最終面接やここぞという時に見た目で損をしないようにスーツで行くと良いでしょう。

高確率でスーツ着用の職種への配属を予定された会社

スーツを着用する職種の代表的な仕事は営業職となります。他にも役員秘書、ホテルやブライダル、一部のアパレルショップ、講師といったお客様対応をする場合もスーツ着用が多くなります。

入社後も日々着用し続けることとなるスーツを清潔感や好感を持てるよう着こなせるかは採用担当者の判断基準の一つともなりえます。ここでのスーツを着こなせるという意味合いは、TPOをわきまえられるという意味です。

スーツメーカーやスーツ関連の会社

志望企業がスーツ関連の会社の場合は、応募先の商品や関連するスーツを着ていった方が無難です。面接中の話のタネにもなりますし、ショップ店員への配属可能性がある場合、商品の組み合わせ方や体形に合わせたスーツの選び方ができているか等も立派な採用判断基準となりえます。

スーツ以外の服装でも問題ない可能性が高い会社や業界特徴

IT系職種やネット業界

業界自体が2000年代に入ってから形成されてきたため、比較的新しく、社員も20、30代が多くなります。

また、社外の人とコミュニケーションを取らなくてもすむ職種(エンジニア、クリエイター等)の採用も多いため、営業職でない限り、スーツでなくともジャケット着用程度のオフィスカジュアルスタイルでも失礼だと捉えられずにすむことが多いのです。

お洒落な業界(アパレル、ジュエリー、コスメ等)

企業の事業自体がお洒落を活性化させるためのサービスの場合、スーツよりもいかに格好よく、体形に合わせた(体形をカバーした)着こなしをしているかが重視されることもあります。

服のタイプやコーディネートについて面接中質問をされることも多くなりやすいため、リクルートスーツは逆に避けた方が良いでしょう。スーツを着る場合にもノーカラーやフォーマルなデザインでも何かしら指し色やアクセントは入れましょう。

※上記の業界や会社特徴があるからといって必ずしもスーツ以外でもマイナス印象にならないわけではありません。最終的には社風や採用担当者の志向性によるため、スーツ以外の場合にも気を抜かず、相手にとってのTPOを想像し服装を決めましょう

採用面接向けスーツは一式ココで揃えよう!

スーツを持っていない女性も実は少なくありません。職場がオフィスカジュアルな事務職として長く働いていた人、クリエイティブな仕事をしていた人は職種転換や応募先によってはスーツを買わなければいけなくなることもあるのです。

スーツは以下のお店で買えるので、自分に合ったスーツ店をチョイスしましょう。

紳士服店、フォーマルウェアショップ

まず間違いないのは街中にある紳士服店です。大手の紳士服メーカーは主要駅付近や少し郊外の路面店にも展開しているため、比較的購入しやすい立地にあり便利です。

また、スーツに関わるシャツ、ブラウス、カットソーに靴に鞄等一式就職活動セットを揃えることができ、店員も就職活動者の相談に数多く乗ってきているため、どのタイプのスーツがあなたに合うかアドバイスをもらえるでしょう

シンプル&カジュアルウェアショップ

低価格でベーシックなデザインの洋服が手に入るカジュアルウェアを扱った会社でも実はスーツを取り扱っていることがあるのです。意外にも品質が優れサイズ数も豊富な商品もあるため、基本的なデザインのスーツが手に入れることもできます。

内定後にスーツを着ることがほぼない人はこういったカジュアルウェアの会社で低コストにすませるのも手段の一つです。

ただし、生地や縫製はブランドショップや紳士服店のスーツには劣る商品もあるため、安く見えづらいデザインや形のスーツを選ぶ必要はあります。

ブランドショップ

今どき、オフィスカジュアル系のアパレルショップではジャケットやスーツスタイルの洋服も数は少なくなりますが、店に置いてあります。

生地や縫製にもこだわりがあり、基本のデザインの中にもアクセントやファッションセンスを感じさせるディティールとなっているため、上品な大人な女性を演出したい場合はスーツ代も投資と考え良い品を買いましょう。

そこまで高いブランドではなくとも良い素材を使ったスーツのラインナップも多いため、だいたい数万円で購入できるでしょう。お店によってはオーダーメイドのスーツも作れるため、今後もスーツ着用が増える方は作っておくと良いでしょう

ネット、通販

オンラインサイトを見ると、就職用スーツ特集も組まれており、機能性に優れた各社のスーツの記事も豊富に掲載されています。

多くのアレルブランドのスーツを手軽にチェックできるため、比較検討をじっくりした上で購入できる点は魅力です。ネット限定商品等もあり、格安で優れた性能のスーツを揃えることができるかもしれません。

ただし、試着ができず写真のみで購入判断をしなくてはいけないため、前もって自分の正確なサイズや似合うスーツデザインについて知っていないとお買い物失敗のリスクもあるので要注意です。不安のある人は目を付けたスーツを実店舗で試着してから検討すると良いでしょう。

【面接編】面接成功を導きやすいスーツはこれで決まり!

実際面接に着るべき、スーツは具体的にどのようなデザインなのでしょうか?合同面接で他の応募者を見て、「自分は派手すぎた」「地味すぎた」と面接以外の要素で不安にならないよう、自分や応募先にぴったりなスーツを選び、志望動機や自己PRを自信を持って言えるようにしましょう。

スーツの色の模範解答は?

黒、グレー、ネイビーといったダークカラーが基本です。インナーや着用する女性の年齢とのバランスによっても変わってきますが、華やかな印象のが好まれる場合、明るすぎないベージュやライトグレー、ネイビーもアリですがカラースーツはNGです。

カッチリした業界や企業の場合は小細工せずに黒か濃いグレーが安心です。ただし、ブラックスーツと白シャツの組み合わせはリクルートスーツすぎるため、大学の就活生以外は採用担当者に良く思われないケースもあるため、インナーを白シャツからブラウスにしたり、黒いスーツに控え目なステッチが入ったデザインにしたり、少々のアレンジを加えることも転職テクニックとなります。

また、グレーは転職用スーツとして人気色ですが、夏はスーツに汗が滲むととても目立つため、グレーよりも黒やネイビーの方が汗っかきの女性には安心です。

スーツのデザインやボタンの数はいくつか正解?

ボタンが一つでも二つでも三つでもどれでも大丈夫です。主流派二つボタンとなるため、スーツ選びに不安がある方は二つボタンのデザインを選択しましょう。

ボタンを何個留めるかといった転職マニュアルも見ますが、情報サイトによって言うことが違い、面接スーツにも多少の流行があるため、ボタンを留めていれば良いでしょう。

ボタンを留めないとだらしなく見えるため、これはNGです。袖丈は腕を下した時に手の付け根が見える位が良い長さです。

スーツの柄、素材は何がいい?

就活面接は無地が無難ですがシャドーストライプやシャークスキン位であればそこまで目立たないため、セーフ判定の会社も多いようです。

基本的にはストライプ(ピンストライプ、チョークストライプ)や千鳥格子、チェックはこなれた感が出るため、華やかな業界やベンチャー等では問題ないのですが、基本のスーツとしては避けたい柄です。

素材もスウェットやツイードといったプライベートのファッション性の高い生地は避け、皺になりにくく埃が付きにくいストレッチ素材のスーツが良いでしょう。

オールシーズン用のスーツを一をすでに持っているようであれば、二着目は季節に合わせた薄手や厚手の素材のスーツを購入しても良いでしょう。

パンツとスカートはどちらがおすすめ?

応募する会社の雰囲気や職種によって向き、不向きがあるため、応募先によってパンツスタイルかスカートスタイルかは事前に見極めましょう。

スカート

裾が広がったデザイン(フレア、プリーツ)は新卒や20代の可愛らしさをアピールしたい場合と体形カバーをしたい女性に適しています。また、仕事内容でいえば、事務職や受付、秘書といったサポート職種にも向いています。

タイトスカートは就活スタイルの基本でもあり、どの女性にもフィットしやすいデザインです。コクーンやペンシルで多少フェミニンさを出すとまた違った印象にもなってきます。

スカートの着用時の注意はあまり足が露出しすぎないよう、座った時に膝が見えるとしても5cm位までの長さにすることです。低身長の方はミニ丈の方が似合いやすいのですが、ここはあえて丈は膝が隠れる位のスカートを用意しましょう。

パンツ

できる女、キャリアウーマンのイメージを演出しやすいパンツスタイル。ヒップラインも出るため体形バランスが取れた女性は綺麗に着こなせるでしょう。

総合職系の女性や転職経験者、大人の女性にピッタリです。また、真冬の就職活動では足元からの寒気を防いでくれるため、スカートよりも重宝されやすくなります。

パンツ丈はヒールを履くことも想定し、地面から2~3cm上になるように足元の長さを調整してもらいましょう。

スーツと併せて装備すべき転職、就職マストアイテムはコレ!

インナー

スーツの下に着るインナーはどの業界の面接にも行けるよう襟付きの白いシャツ(レギュラーカラー、スキッパーカラー)が一着はあると便利でしょう。

首元までボタンがあるレギュラーカラーでも少しデコルテが露出しシャツ襟をスーツから出すこともできるスキッパーカラーでもボタンは全て留めましょう

腕の露出の多い形の半袖やノースリーブのシャツは夏の面接でジャケットを脱ぐことを許可された時にマナー違反のデザインとなるため、季節に関係なく長袖のシャツを選びましょう。

シャツでなければ半袖であっても脱いでも差し支えない印象となることが多いようです。色味は白や淡いピンクや水色といった色合いの無地が適しています。

あまりにも真っ白で黒いスーツの組み合わせであると。30,40代位の女性は浮いてしまうかもしれないので、白いインナーでもオフホワイト位の色味にしたり、生地素材に特徴があるインナーの方が良いケースもあります

アンダーウェア

すでに適した下着を持っている場合は不要ですが、白いシャツやカットソーを着ると素材によっては透けて下着の色が見える可能性があります。

そのため、アウターに響かないベージュやフリルや柄のないシンプルな淡い色の下着を着ていた方が安心です。

黒い3~5cm位のヒールの高さのパンプスがベストチョイスです。つま先が開いたオープントゥやミュール、ピンヒール、ブーツといったデザインは避けましょう

素材もエナメルやツイードといったプライベート感ある素材はNGです。デザイン性よりも長時間の移動にも耐えられるよう機能性に優れた靴を選ぶと良いでしょう。

ストッキング

自分の肌色に合ったストッキングは3,4枚は欲しいところです。伝線した時に出先でも困らないよう常に予備を持ち歩き、非常事態に備えるようにしましょう。

冬になると黒いストッキングをみかけるようになりますが、黒いストッキングと黒いスーツは喪服を連想させるため、採用担当者のタイプやマナー的にはNGなので注意が必要です。

A4サイズの書類(履歴書や職務経歴書等)を曲げずに出し入れしやすいバッグが理想です。真っ黒でなくとも良いのですが、チャックが付いていたり書類を小分けできるポケットがある等機能性で選ぶと面接でも必要な書類をサッと出せ、何がどこにあるかわかりやすいため、忘れ物防止にもなります。

※以下は必須ではありませんが、着用する場合はご参考にしてください。

時計

なくても良いアイテムですが、面接部屋に時計がない場合手元にあると便利です。シンプルなビジネス向きのデザインを選びましょう。クラシカルすぎたり、デジタル時計、ビニール素材の時計はNGです。

アクセサリー

基本着用しない方が無難ですが、付ける場合はネックレスは小さめの一粒石の華奢なデザインが良いでしょう。

ピアスも同様にぶら下がるタイプや大振りのデザインは避け、小ぶりのシンプルな形に留めておきましょう。

指輪は既婚者であればしていても差し支えありませんが、そうではない場合デザインに関わらず外しましょう。特にペアリングはプライベートなアイテムすぎるためNGです。

ベルト

パンツスタイルの時は1本は用意しておきたいところです。インナーをインする場合はあった方が全体のバランスが締まり、だらしない印象になりません。シンプルな革製のデザインが無難です。

コート

冬の転職活動では防寒着もマストアイテムです。基本的にはシンプルな黒や、紺、ベージュのトレンチやステンカラーコート等はビジネス向けのデザインです。

採用担当者にはTPOをわきまえたスーツがGood評価

採用担当者がスーツに悪い意味で注目がいかない着こなしができることがベストなスーツといえます。スーツ選びにおいてのTPOをわきまえるとはどのようなスーツなのでしょうか?嚙砕いてご説明します。

年相応のスーツコーディネート

スーツを着る女性の年齢によって適したデザインやトレンドはあるものです。例えば、40代位の方がリクルートスーツや可愛らしすぎるデザインのスーツを着ていたら似つかわしくありませんし、逆に新卒者がベージュや白のノーカラースーツを着ていたら少し生意気な印象になりかねません。

自分の年代のトレンドを押さえ、身長やスタイルに似合うスーツ選びが好印象のコツです。

体形にフィットした型崩れをしていないスーツ

いくらスーツ自体が良い商品であっても着る人とのバランスが取れていないと意味がありません。新卒の頃に着ていたスーツを年を経て着ることはよく聞く失敗パターンです。

また、スーツといってもアパレルショップによっては同じサイズでも着丈や大きさに若干差異があり、少しの差から似合わないこともあります。

普段から自分のサイズに合うショップをみつけておくと、いざスーツが必要となった場合にも焦らずにすむでしょう。

すでにスーツを持っていたとしても、体形が合わなくなっていることに加え、汚れが目立ったり、生地が弱っていることもあるため、転職活動開始時には一着はスーツを買い足しておくと安心です。

服装マナーを踏まえている

例えば、「スーツのボタンは締める」「胸元が見えるインナーやノースリーブと避ける」「スカートは短すぎない」といったビジネスカジュアルの基本スタイルを踏まえていないと、少しのことですが、ビジネスマナーがなっていない烙印を押されてしまいます。

着こなす上ではまず基本のルールやマナーを踏まえなくては台無しです。営業に配属されて、重要な取引先に初めて訪問する気持ち位、気を引き締めてコーディネートをしましょう。

それでも不安な人は転職エージェントを活用して面接突破!

どうしても服装選びに自信が持てない人は客観的アドバイスを転職のプロ目線でしてくれる人材紹介会社の利用が悩みの突破口となります。

キャリアアドバイザーに服装に髪型、メイク、面接での話し方や表情、自分でも気づいていない癖についても指摘をしてもらえるため、見た目のトータルサポートを任せることができます。

他にもキャリア形成のためのカウンセリングや職務経歴書や履歴書の添削、面接対策をしてもらえるため、転職者の転職力アップに多大な貢献をしてくれます。

女性エージェントが丁寧なフィードバック!キュージェント

自分のことを理解してくれ、真摯になってくれる人に相談したい...」そう思っている方は少なくないと思います。キュージェントはエージェント会社ではなく、エージェント個人を指名することができる無料のマッチングサービスです。まずは自分が今後どのように人生を歩んでいきたいのか、色んな転職希望者をサポートしてきたプロから情報収集して、考えてみてはいかがでしょうか。

まずはエージェントを見てみる

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」などのエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

転職は面接の服装も大切?男女別!内定獲得率を上げる3つのポイント

転職活動も最終段階の「採用面接」までようやくこぎつけたものの、当日着用する服装は新卒採用者と同じリクルートスーツでいいの?私服以外で自分らしさをアピールでき、良いイメージを与え…

  • 🕒
  • 2018.11.15更新

女性が転職で失敗しない髪型は?面接や写真の印象を良くするポイント

いざ、転職活動を始めると気になるのが髪型です。「この髪色は染めるべき?」「就活に相応しい髪型って何?」と不安になる人も少なくありません。大切な…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

女性の転職活動の服装は自由?好印象を与えて内定獲得率UPのコツ

オフィスカジュアルや私服OKと言われた転職イベント、本当にスーツでなくてもいいのだろうか?と悩むことがあると思います。面接会場で周囲の面接者の様子が気になり、パフォーマン…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

女性の転職は履歴書で決まる?書き方から写真の髪型まで徹底解説

就職、転職活動で必要となる履歴書。転職者に適した履歴書のフォーマットの選び方に書き方、失敗しない証明写真の取り方、気になる疑問を女性転職者に寄り添いお答えしていきます。

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

転職の面接で質問に上手く回答したい!必ず聞かれる質問20選!

転職活動で書類選考を通過するといよいよ面接です。「面接で何を聞かれるのだろう」「どう応えたら良い印象をアピールできるのか」と不安に思う人は少な…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

面接は受付から始まる?絶対に失敗しない転職のためのマナー講座

転職活動を始めるにあたって面接マナーに不安を覚える人は多いと思います。「面接のマナー、大丈夫かな?」「面接なんて、就職活動の時以来だ。マナーなんて覚…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト