一般事務へ転職したい!女性人気NO.1職種の正社員になる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幅広い年齢層から人気の一般事務職。その仕事内容や働き方から未経験からのキャリアチェンジを希望する人も少なくありません。

しかし、その人気の高さから競争倍率が高く狭き門となりがちです。どうすれば一般事務への転職を果たせるか、一般事務への有効な転職方法を伝授します。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 年代と特長 求人を探す
リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

一般事務のお仕事内容は?

会社のビジネスモデルや部署の役割によって多少異なりますが、基本的にはパソコンや業務管理システムを使った事務処理、庶務雑務といった頼まれ仕事が多くなります。

具体的には電話対応、請求書の処理や契約書の稟議申請、経費精算処理、勤怠処理、伝票処理、簡易な資料作成(WordやExcel等)、書類チェック、調べもの、データ入力、備品管理、ファイリング、郵便仕分け、お茶出し、買い出しといった総合職で働く人の仕事を円滑に進めるため、必要に応じた仕事を任されることが多くなります。

一般事務に応募するために必要な経験、資格って何?

基本的に頼まれ仕事、庶務雑務が多くなるため、難しい経験や資格は必要ありません。経験よりもホスピタリティーや気配り、人当たりの良さが大切な資質となります。

また、一般事務は庶務雑務といった人が面倒くさく感じる仕事を任されるため、面倒見のいい人、庶務を厭わない人に向いています

元々持ち合わせている素質を活かせるため、接客経験者や営業といった未経験者も職種転換しやすく、人気の理由の一つとなっています。

ただ、業務範囲もその部署や企業風土によってまちまちなため、OAスキル(MOS、パソコン検定)や経理知識(簿記)、給与知識(社会保険労務士)、IT知識(ITパスポート)等あった方が重宝されるケースもあります。

特にキャリアチェンジの場合、問題なくWordやExcel操作や事務処理ができることを証明できる資格やスキルがあると転職もスムーズとなります。

しかし、事務職は人気職種です。事務職への転職をお考えの方は、事務職は高倍率!相談しないと失敗する⁈おすすめ転職エージェント5選をご覧ください。

※一般事務へのキャリアチェンジをしやすい職種一覧:アパレルや雑貨店の接客販売スタッフ、飲食店のサービス担当、ホテルのフロントやコンシェルジュ、営業職、美容部員、エステやネイルの接客担当、ブライダルのお客様担当、ジムや商業施設の受付等

一般事務の応募年齢制限ってあるの?

応募の年齢制限自体はありませんが、一般事務は頼まれ仕事が多く難しいスキルも必要とならないため、どうしても20代の若い女性が有利となります。

なぜなら、頼む側の年齢よりも一般事務の方の年齢が高いと頼みづらく感じる人も多く、あまりにも高スキルがある人であると「こんなに仕事ができる人に庶務をお願いしてもいいのだろうか?」と、依頼する社員が気兼ねしてしまうからです。そのため、経験の豊富さよりも、頼みやすさが重視されやすい職種となります。

ただ、企業によって一般事務といえども、難しい資料の作成や経理的知識を要する処理や臨機応変な対応を求められる営業アシスタントのような仕事を任されることもあるため、経験が重視されることもあり、その場合は経験豊富なベテランが優遇されることもあります

一般事務の給与・年収は?

雇用形態(正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト等)によって違いはありますが、一般事務の月給は15万円~20万円代前半位で、年収は賞与を含み200万円代~300万円代となります。

営業や企画系、クリエイティブ系職種と違い会社に売上を直接作る職種ではなく、また残業代も少ないため総合職に比べれば低くなりがちです。

一般事務のメリット、デメリット

事務の仕事は魅力的な面もありますが、注意をしなくては、いざ転職をする時に就職難に陥る可能性もあります。一般事務のメリット、デメリットを踏まえ、キャリア構築や人生設計の参考にしてください。

メリット(1)仕事内容が難しくなくキャリアチェンジ向き

頼まれる仕事が多いため、そこまで高スキルや経験が求められることはありません。ルーティン業務が多く、仕事に慣れやすいため、事務職の素質があれば職種転換しやすい業務内容となります。

事務職はサポート対象の状況によって仕事を頼まれるため、周囲の様子を伺う癖や人間関係を良好に構築する能力を身に付けることができます。

メリット(2)残業が少なくプライベート時間を確保しやすい

責任のある仕事は基本なく、残業少なめ職種であるため、有給も比較的取得やプライベートも確保しやすくなります。そのため、子育てで急な休みが発生しやすいママワーカーにも人気が高くなります。

勿論事務員がいないと総合職の社員は事務処理が溜まるため、困りますが、納期や責任ある仕事を担当していないため、他社員も代替しやすいポジションとなります。土日祝日休みの会社が多く、友人との約束やパートナーや家族の時間も持ちやすくなります。

メリット(3)業務内容のストレスが少ない

納期時間に追われたり、自分が必ずやらなければいけない仕事はないため、精神的負荷はかかりづらくなります

対外交渉や社内調整といった高度なやり取りもなく、最終的な責任は総合職が取るため、責任ある仕事が苦手な人からも人気があります。

デメリット(1)人に振り回され人間関係に気を遣うことも

業務負荷は少ないものの、事務職ならではのストレスもあります。雑な依頼や急な依頼にも基本対応しなくてはいけなくなりますし、明確な数字目標を設定しづらい職種のため、評価されることが難しくなります。

また、営業のように外回りもなくずっとオフィスにいるため、様々なタイプの人と良好な関係構築にも気を擦り減らすこともあります。特に女性が多い仕事となるため、噂話や仲良しグループといったしがらみに疲弊する人も多いのです。

デメリット(2)人員整理のターゲットになりやすい

ルーティーン業務ばかりとなりただ仕事をしているだけでは成長しにくいため、転職を強いられた時に大変な思いをすることもあります。経営状況が悪化し、人員整理をする時には、まず総合職ではなく事務職がターゲットとなりやすいのです。

一般事務にしかできない仕事は少ないからです。人員整理のターゲットから外れる確率を増やすためにも、何かしらプラスアルファのスキルを自主的に身に付けておきましょう

※社内の資格取得支援や研修制度を持っている人材会社もあるため、有効利用しましょう。

デメリット(3)給与の増額は少ない

会社の利益を生む仕事内容ではないため、昇給はありますが増額の幅は少なくなりがちです。収入アップを望むのであれば、経理や給与知識を身に付け経理事務や給与事務といった庶務雑務以外の仕事もする事務職にステップアップをすると良いでしょう。

女性の一般事務への転職のコツ

一般事務として働きたいけれども、雇用形態もこだわりたい。そんな時の転職のコツをこっそりお教えします。

正社員以外の雇用形態で経験を付け、ゆくゆく正社員へトライ

一般事務はキャリアチェンジがしやすいとはいえ、人気職種のため狭き門となります。そのため、まずはより人気の高い正社員ではなく、他雇用形態で経験を積むことも長い目でキャリアプランを考えた時には選択肢の一つとなります。

パフォーマンスの良い派遣社員を派遣就業先が正社員化する動きも増えているため、転職をせずとも望みを叶えられるチャンスもあります。

他にも派遣会社が自社の正社員として雇用し、就業先へ派遣する無期雇用派遣(特定派遣)の職種に一般事務も対象となってきているため、正社員として働く機会は視野を広げれば沢山あるのです。

一般事務×正社員×転職成功=転職サービスの活用

一般事務かつ正社員で働きたいといいトコ取りをしたい女性は転職サービスを上手く活用しましょう

転職サービスとは、求人検索を自分でして転職活動を進める転職求人サイトと、専任のキャリアアドバイザーが仕事紹介やカウンセリングといった転職支援サービスをしてくれる転職エージェントのことを指します。

転職サービスのメリット

転職エージェントのサービス内容について細かく説明していきます。

質の高い応募先候補となる求人が豊富

良い人材を採用したい大手有名企業に上場企業、流行りのベンチャーや隠れた老舗企業といったお宝求人にも巡り合える可能性もあります。

通常人気の高い企業はハローワークや求人を公開すると応募が殺到するため、採用工数を削減するために人材エージェントにスクリーニングをお願いすることが多くなります。そのため、転職サービスを活用することで、質の高い優良企業の求人に出会うことができるのです。

求人票の内容が濃い

事務職は仕事内容は勿論、どういった環境や雰囲気なのかといったこと大切なポイントとなってきます。転職サービスの求人は、企業ページに掲載された求人情報やハローワークよりも事細かな職場情報を知ることができる点が魅力です。

仕事内容や事業概要以外にも部署の平均年齢や男女比率、定着率、や社風といった詳細情報を知ることができます。そのため、自分にフィットするかをしっかりと検討した上で応募ができるため、面接に無駄足を運ぶ確率を減らせます

転職ノウハウも盛り沢山

転職に必要となる自己分析の方法や選考書類作成の方法、面接での服装や応対のポイントをまとめた転職マニュアルとなる記事が豊富に掲載されています。

自分のキャリアの築き方や、他事務職の女性の人生設計方法や年収情報といった気になるコラムもあるため、今後正社員事務職を目指す女性に心強いコンテンツが充実しています。

エージェントのサポートも手厚い

転職サイトではなく、転職エージェントはキャリアプランの設計から仕事提案、採用担当者の心に刺さる職務経歴書や履歴書作成指導に面接対策といった選考フェーズ毎に陰ながら支援をしてくれます。

応募先の求人にチャレンジ推薦となったとしても、キャリアアドバイザーや担当営業が応募者の魅力を客観的に分析し、アピールをしてくれるため、自分一人で就職活動をするよりもかなり高い確率で理想の働き方を獲得しやすくなります。

特に転職ビギナーやキャリアチェンジャーはこういった転職の専門家の力を頼ることをお勧めします。

一般事務の求人件数が多い転職サービスはココ!

doda

転職エージェントランキングに常連のdoda。事務職の求人は公開求人だけでも1500件(2017年9月時点データ)近くあり、全国各所の勤務地の案件を網羅しているため、UターンやIターンといった他エリアでの転職活動にも活用することができます。

上場企業に福利厚生の整った有名企業等よく聞く憧れの企業銘柄を豊富に取り扱っていますdodaは求人サイトと転職エージェントの双方のブランドネームであるため、転職エージェントに登録をすれば同じIDで求人サイトの応募や転職フェアの参加もすることができるため、管理面でも便利さがあります。

リクナビNEXT

転職の王道サイトのリクナビNEXT。公開求人は1000件以上(2017年9月時点)あり、学歴不問や経験不問でチャレンジできる仕事も多い点が何よりの魅力です。

東京や主要都市に加え全国の求人も取り揃えており、パートナーの転勤を見越した職探しもできます。女性専用の転職フェアも開催しており、女性向け職種の掲載も多いため、転職スタート時にはまず新規登録しておきたいサイトです。

自分の年代に合った転職サービスを使い分ける

ただ求人数が多い転職サービスを利用したからといって、内定をすぐに獲得できるわけではありません。

自分の年齢層や状況に適した転職サービスを選ぶことも大切な転職成功テクニックとなるのです。それぞれの女性の年齢別にぴったりの転職サービスをご紹介します。

20代にはマイナビエージェントがイチオシ

新卒採用でも力を示しているマイナビの転職エージェントです。マイナビジョブ20’sという20代専用のページを持っており、第二新卒や既卒、フリーターの支援にも積極的です。

そのため、スキルや経験の浅い若年者がチャレンジしやすい新卒歓迎求人が多いため、一般事務職を初め未経験歓迎求人が多い点は嬉しいポイントです。

また、他のエージェントと違い転職支援期間に定めがないので、時間に焦らず転職活動ができるため、じっくりと自分にぴったりの仕事を見極められます。

最大手ほどの求人件数がないため、一人ひとりの転職者の支援を懇切丁寧に行っているため、転職に不慣れな20代が登録する初めての転職エージェントにベストマッチのサービスといえます。

30代に相応しいのはdoda

一般事務の転職求人件数が多く、かつ30代女性の複雑化するキャリア形成のお悩みを解決してくれる存在として頼りになるエージェントです。女性専用の転職支援ページがあるため、女性の希望により添った仕事の探し方もできます。

取引年数が長い企業が多く選考基準も社内のノウハウとして蓄積されているため、例え応募者が未経験であっても企業風土や活躍できるポテンシャルをキャリアコーディネーターが認めてくれれば募集条件を満たしていなくともアタック推薦してもらうこともできます。

また、子育てがあってもキャリアを諦めないロールモデルとなる先輩ママやカッコイイ働き方をしている女性を特集した記事があり、自分のキャリアプラン構築の参考になる情報も豊富に取り揃えています。

40代は不動の人気サイト、リクナビNEXT

ターゲット年齢層が高く、転職慣れした人も多い40代は自分で希望の仕事情報を手軽に探せるリクナビNEXTがお勧めです。

「女性が活躍中」や「女性管理職登用あり」や「女性従業員4割以上」「社会人経験10年以上歓迎」といった40代の女性に向く求人検索もしやすいため、応募をしても書類選考通過する確率の高い求人をあぶりだせます。

また、リクナビNEXTは転職エージェントほど採用コストがかからないため、採用コストをあまりかけられない中小企業の求人も多く、落ち着いた社風の日本企業やミドル層が活躍する会社も比較的多くなります

入社後も自分世代の社員がいる環境で腰を据えて働けるのはアドバンテージではないでしょうか?

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」等のエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

【広報職編】未経験転職をする前に知っておきたい仕事内容、実態、…

広報は、その企業の顔ともいうべき華やかな仕事を担当します。しかし広報職に転職したい場合どのように仕事を探し、どのように内定を勝ち取ればいいのでしょう?このページでは広報職の仕事…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

事務の転職は難しい?事務の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「事務職の仕事に興味がありやってみたい」「他の業界の事務職にチャレンジしたいけれど、業務内容は違うの?」など事務職の転職に悩む方必見!の情報を…

  • 🕒
  • 2018.05.23更新

美容師の転職は難しい?美容師の年収と有利な資格、志望動機の書き方

美容師というと、最先端のトレンドに触れ、自分のセンスと技術を武器にした仕事としてカッコいいというイメージを持たれている方も多いでしょう。 しかし実際には重労働でもあり、転職後にイメージと違…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

税理士の転職は難しい?税理士の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「税理士の仕事に興味があり資格取得を目指している」「企業内税理士から独立開業してみたい」など、税理士の転職に悩む方必見の情報をご紹介します。税…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

公務員の転職は難しい?公務員の年収と有利な資格、志望動機の書き方

公務員への転職に興味を持っていてもハードルを感じ、「公務員の転職なんて、自分には無理だ・・」と思っている人も少なくないのではないでしょうか。 ここでは公務員への転…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

コンサルタントの転職は難しい?コンサルタントの年収と有利な資格…

「コンサルタントへの転職に興味を持っていても一歩を踏み出せない」いう人は少なくないのではないでしょうか。ここではコンサルタントへの転職のあれこれについて、職種の情報や収…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト