男性薬剤師にとって「恥ずかしくない年収」のラインは何万円?

男性薬剤師の皆さん、今の年収に満足していますか?『同年代の薬剤師と比べるとどうなんだろう?』という疑問は、当然浮かんでくるかと思います。 このページでは「男性薬剤師と仕事」というテーマにじっくりと向き合い、考えていきます。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 こんな方にオススメ! 求人を探す
薬キャリ 6ヵ月以内に転職したい方

詳細を見る

マイナビ薬剤師 6ヶ月以上先で転職したい方

詳細を見る

ファルマスタッフ パート・派遣(扶養内)希望の方

詳細を見る

1.男性薬剤師の平均年収を公開!死守したい年収のラインは?

まずは、気になる薬剤師の年代別の平均年収を見てみましょう。自分の年代と照らし合わせてみてください。

(※平成26年賃金構造基本統計調査を元に算出)

(※すべての業種、職種を含む)

自分と比べていかがでしたか?例えばあなたが30代前半(30~34歳)の男性薬剤師だとしたら、その年代の男性薬剤師の平均年収は570~580万円程です。平均年収額より年収が高いのであれば、一般的な薬剤師よりも年収面で上回っているといえるでしょう。しかしもし500万円程の年収なのであれば、同年代と比べて年収が低いということになります。男性であれば、同年代の平均年収を上回っていたいというのが本音ではないでしょうか。

また薬剤師全体として、50代を境に年収がダウンしているという傾向があります。ある程度の下落は避けられないからこそ、元々の年収額を底上げしておくという方法が大事になってくるのです。同じ職場で給与を大幅にアップさせるのは難しいですから、若いうちから高年収が可能なキャリアを描いていくのがベストといえるでしょう。

2.【タイプ別】男性薬剤師キャリアプラン

ここからは、「キャリア」について考えていきましょう。キャリアプランがなく、漫然と仕事を続けていくのは前向きではありませんし、人生の大半を占める「仕事」で目標やなりたい自分がないのでは、無味乾燥な人生になってしまいます。

ここでは、男性薬剤師が思い描くキャリアプランの代表例を挙げてみます。タイプ別に紹介していますので、自分がどれに近いかイメージしながら読んでみてください。

エリートタイプ

エリートタイプは、専門薬剤師のスキルを身につけ、自分のキャリアプランを実現できる職場に転職し、昇進を重ねて定年まで勤めたいというタイプです。しかし、30代で自分が進むべき方向を見失い転職を希望する方もいます。

  • 20代 現場でスキルを身につけ、進むべき方向を探す
  • 30代 専門薬剤師の資格を取る
  • 40代 専門薬剤師のスキルを活かせる職場に転職
  • 50代 転職先で管理職に昇進
  • 60代 定年して悠々自適な生活を送る

プロフェッショナルタイプ

たとえば特定疾患の治療に携わりたい、とった志の高い方がこのタイプに該当します。希少なタイプではありますが、意識がとても高い方に多く、下記のようなキャリアプランを描いているようです。

  • 20代 総合病院で薬剤師のスキルを身につける
  • 30代 専門薬剤師の資格取得と同時に、特定疾患専門病院などへ転職
  • 40代 治療方針会議などにも参加できるようになり、疾患に関する知識をつける
  • 50代 薬剤師をしながら、画期的な治療法の研究を始める
  • 60代 大学の客員教授などになり、設備を借りて研究を続ける

もともと特定難病の治療に携わりたいという志の高い方が、このようなキャリアプランを思い描いています。

安定志向タイプ

上記2タイプはキャリアプランが固まっているタイプです。一方で「安定志向タイプ」は、特別なことをするわけではなく、着実にキャリアを重ねていくタイプです。もっとも堅実なタイプですが、必要があれば転職することもあります。

  • 20代 調剤薬局でスキルを身につける
  • 30代 後進の育成も担当し、役職につく
  • 40代 薬局内での新規事業を担当、広い見識を身につける
  • 50代 新規事業分野で昇進する
  • 60代 エグゼクティブヘッドハンティングを狙う

このタイプで知っておきたいのが、薬剤師は若いころの給与はほかの仕事にくらべて高いものの、伸びが鈍化して50代あたりからの昇給が難しくなる、という事実です。

それを避け、薬剤師としてどんどんキャリアアップ、年収アップを果たすには「転職」が最善の方法といえます。まだ若く、現実味がないという方も、今のうちに転職して「給与額の底上げ」をしておけば、今後何十年と働くのですから生涯の収入額は大きく変わってきます。

とはいえ、転職というのもはなかなか大変なものです。続いては男性薬剤師にとっての転職について詳しくみていきましょう。

3.どのタイミングで転職するのがよいのか

前述のとおり、キャリアアップ、そして年収アップの近道は「転職」です。

しかし、そのタイミングを図りかねている男性薬剤師の方もいるでしょう。

ここでは、「転職のタイミング」に関するとてもリアルな事例を紹介します。

「近いうちに昇進だよ」からもう2年

もう少し待てば昇進すると上司に説得され続けて2年も過ぎてしまった男性薬剤師。転職エージェントの見解は、「2年待って昇進しないのは正直遅すぎる。真剣に一度退職願を上司に出してみてはどうか」というものでした。

本当に昇進させたいのであれば、退職願を見てすぐにでも昇進させるはずだと考えたのです。慰留もされなかったことから、この男性薬剤師は心機一転、内定を得た会社で活躍しています。

結婚し、子供も生まれるのに年収が上がる見込みがない…

後継者のいない小さな調剤薬局に勤務していた男性薬剤師。年収が上がる見込みがないことに不満を感じていました。子供が生まれる直前だったことから、「今すぐ転職すべきか、子供が生まれてからの方がよいのか」で迷っていました。

転職エージェントは「お子さんが生まれてからではなく、今すぐの転職をおすすめします。一時的に年収は下がっても、将来性があって年収が伸びる大手を狙っていきましょう。キャリア形成もできるはずですよ」と勧めました。

その結果、大手製薬会社のMRへの転職が決まり、忙しくも充実した毎日が続いているとのことです。

今の職場に恩義があってそのまま勤務

専門薬剤師資格取得を後押ししてくれた職場に恩があったという男性薬剤師。その専門性を生かせる職場に転職したかったものの「恩」が足かせになり、転職を迷っていたそうです。今の職場も専門性を生かせないわけではなく、なぜ今の職場がダメなのか、転職したいのか、というモヤモヤが続いていました。

転職エージェントのアドバイスは「今の職場で理想のキャリアビジョンが描けるか、イメージできるかもう一度じっくり考えてみましょう。そのうえで“なぜ転職したいのか”を改めて考え直してみるといいですよ」というものでした。

その結果、男性は今の職場では思い描くキャリアビジョンが実現できないと判断しました。また、「恩」に縛られていては自分自身が幸せになれないという結論を出し、専門性をより発揮できる職場へ転職しました。

転職のタイミングを正しく決断する方法

全ての事例に共通していえることは、結局転職のタイミングは早い方が良いということです。そのうち転職しよう、と思っているといつまでも決断がつかず、時間はどんどん流れていきます。キャリアアップ、そして年収アップのチャンスがどんどん失われていくのです。

とはいえ、誰でも転職には勇気がいるものです。転職のタイミングを一人で正しく決断できるか、不安に思う方も多いのではないでしょうか。そこで役に立つのが、薬剤師専門の転職エージェントです。上記の事例のように、転職エージェントは転職に関する相談に無料でのってくれます。今すぐに転職する気が無い方や、そもそも転職するか迷っているという方も、一度転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

実績NO.1!薬キャリのエージェントに相談してみる

4.男性薬剤師ならではの「あの」問題

ここまで、男性薬剤師と年収について様々な検証をしてきました。年収をアップさせるには、やはり転職がベストな方法なのですが、それ以外にも転職をしたいと感じる瞬間があるのではないでしょうか?特に男性薬剤師が抱えやすい悩みとして『女性中心の職場であること』があるようです。

女性多数の職場では『自分の居場所がない』『発言力が乏しく感じる』という男性薬剤師も多いものです。薬剤師専門の転職エージェントは以下のようにアドバイスをします。

「男性と女性の“脳”は根本的に違います。まずは相手を認めることから始めてみましょう。女性は、男性が理解できなくても理解しようとする姿勢を感じ取るものです。このことを身につけておかなければ、転職した先でも同じことが起きてしまいます」

なるほど、と言える考え方ですね。とはいえ、女性薬剤師の関係に悩む男性薬剤師は、新たな転職先として「男性の多い職場」を望むものです。日々、ストレスを抱えながら仕事を続けていては、仕事へのモチベーションも上がりませんし、自分自身のキャリアプランにも、そして年収額にも悪影響があるでしょう。

思い切って転職をすれば、年収アップと同時に悩みも解決できます。

5.新天地で再スタートを切ってみては?

ここまで、男性薬剤師の年収額を中心に、キャリアプランや転職についてみてきました。

今後に不安がある、今の職場となじめない、このまま続けるべきか…という不安は、薬剤師ならずとも社会人にはありがちな悩みです。一方で、多くの男性薬剤師が、転職によって「なりたい自分」に近づき、年収額もアップさせていることは事実です。

そのためには、薬剤師専門の転職サイトへ登録してみてください。専任のエージェントに、希望の年収額、得たいキャリア、こんな職場で働きたい…など、様々な希望を遠慮なく伝えて下さい。きっと、あなたにピッタリの職場を紹介してくれるはずです。

転職は目的ではなく、望む人生を実現する手段です。「そのうち」「来年になったら」とズルズル引き延ばしていると、時間はあっという間に過ぎていきます。新天地で、薬剤師として再スタートを切ってみてはいかがですか?

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

【必読】50代薬剤師|未経験でも転職・就職を成功させる3つの方法

50代の薬剤師の方で、転職を考えている方もいらっしゃるでしょう。しかし、「年齢的にもう無理なのでは...」「どこも採用してくれないだろう」と不安になってしまいますよね。その不安は未経験だと尚更大きいでしょ…

未経験薬剤師の転職への悩みを解消。転職を成功させる為の3つのコツ

調剤薬局や病院などで調剤をしてみたいけれど、「調剤の実務経験が全然ない…」「病院は未経験だから転職できるのか不安」という方はいませんか。 そういった気持ちになって…

薬剤師の免許申請には代理申請可能なの?

薬剤師は薬剤師国家試験に合格しただけでは薬剤師の業務は行えません。試験に合格したら薬剤師名簿登録のための申請手付きを行いましょう。申請には薬剤師免許申請書、医師の診断書や戸籍抄(…

外資系製薬会社への薬剤師転職体験談

新卒で調剤薬局に入社し、順調にキャリアアップを積み重ねていた33歳の女性薬剤師。しかし、思い立って外資系製薬メーカーに転職したそうです。彼女に何があったのでしょうか?そして外資系製薬会社への華麗な転…

リクナビ薬剤師体験談【31歳男性】年収100万円アップ+土日休みも

この記事の目次1.転職者情報2.使用した転職サイト3.転職ストーリー 1.転職者情報 性別 男性 年齢 31歳 元勤務先 調剤薬局 転職希望条件 ・土日休み ・業務内容が似ている仕事 管理薬剤師として ...