薬剤師転職の仕事の選び方と転職失敗しないための口コミ・体験談6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【マンガ】「転職したい」と考えているけれど、不安があって一歩を踏み出せずにいる…。この記事ではそんなモヤモヤを抱えた薬剤師のために、最低限これを知っておけば転職活動が始められる、という転職の基礎知識を紹介します。さらに、内定をグッと引き寄せる転職サイトの有効活用方法や、先輩たちの転職成功談と失敗談も紹介しています。転職を考える薬剤師必読の内容です。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職希望時期:働き方 求人を探す
薬キャリ 半年以内:派遣

詳細を見る

マイナビ薬剤師 1年以内:正社員

詳細を見る

ファルマスタッフ 半年以内:パート

詳細を見る

薬剤師漫画思ってもみなかった転職編1薬剤師漫画思ってもみなかった転職編2薬剤師漫画思ってもみなかった転職編3

彼女は一体「何に気をつけて」転職活動に臨んだのでしょうか。続きを見ていきましょう。

1.薬剤師が転職する時の選び方と押さえたいポイント3点

薬剤師が転職する時に気をつけること

転職というと高年収・高待遇といった待遇面に目が行きがちです。しかし、ちょっと待ってください。それだけで職場を選んでしまうと、のちのち必ず後悔します。ここでは、転職時に押さえておく大事なポイントについて紹介します。

ポイント1.給料・年収だけで選ばない!

年収だけで転職先を選ばないこと

転職理由として、いつの時代も上位にランクインする「年収UP」ほしいもののため、奨学金の返済のため、理由は様々あると思います。しかし、賢い転職をするのであれば、年収だけで会社を選ぶのはおすすめできません。

というのも、年収が高い職場というのは、高いなりの理由があるためです。「高年収である分、求められる結果が非常に高い」ということであればまだ納得感はありますが、忙殺されるほどのハードな職場だったり、人間関係に問題を抱えていたり、店舗ごとでの顧客層などが影響していることもあります。

正当な理由であればよいですが、「あまりにもネガティブな理由で人が集まらず、高年収で募集せざるを得ない…」ような職場には行きたくないですよね。かと言って年収UPは諦めたくない。しかしそれらの側面は求人情報からは見えない…。事前にその企業の内情を把握するにはどうしたら良いのでしょう?

ポイント2.職場の内情を事前に把握しよう!

職場の内情をチェックすること

事前に職場の実情を知るには、そこで働く人の意見を聞くこと、もしくは直接見に行くことがベストですよね。とはいえ、なかなか難しいでしょうから、まずはネットでの口コミ。なるべく時系列的に新しい情報を見るようにしましょう。

また、情報収集の際にはその会社の「良くない部分」を探すのではなく、自分の性格や気質に合うのかを判断するための「前向きな情報収集」という意識で探す方がよいでしょう。

例えば「旅行帰りは必ずおみやげを買わなければならない、社歴が浅い人はお茶当番をしなくてはならない」といった独特の社内ルールがあることがわかったとして、それを自分がどうとらえるか。中途で社内ルールが合わないというのは辛いものです。もちろん、これらを職場選びのメイン要素とするわけではないですが、会社との相性を判断する上で意外に大きなポイントとなりますので、可能な限り調査したいところです。

ポイント3.職場のメリット・デメリットを多角的に理解しよう!

続いてはちょっと変わった角度から職場をチェックするコツをお教えします。一見良いことに見えても、角度を変えてみるとデメリットと判断できる場合もあります。

【求人項目で気にするポイントは?】

その求人、「求人誌の常連さん」じゃないですか?
急募という文字

新卒採用の時期でもないのに、一年中求人広告を出している企業があります。しかも求人広告の文言や募集職種、部署が変わらないという場合は注意が必要です。

常に求人を出しているということは、何らかの問題があり人がすぐ辞めてしまったり、退職が続いている職場である可能性があります。離職率が高い=ブラックな可能性…といえるでしょう。

良いことばかり書かれていませんか?

求人広告は、人材を獲得するために過剰な表現になりがちです。求人広告の内容を過信してしまうと入社後ギャップに悩むことになるでしょう。完璧な職場はありませんから、良い面と悪い面を見極め、自分が納得いくまで確かめるようにしましょう。

「残業ゼロ」「処方箋枚数少なめ!」などの派手な表現が踊っている求人は注意してみた方がよいかもしれません。

【面接、会社訪問で気にするポイントは?】

面接官やスタッフは、イキイキと仕事をしていますか?

面接や会社訪問などで企業を訪れる歳は、その企業を肌で体感するチャンスです。社員の表情はイキイキしていますか?電話の受け答えなどはハキハキしていますか?さりげなくチェックしてみてください。

また、感覚値ですが「なんとなく」という直感も重要です。「なんとなく嫌な雰囲気だな」「なんとなくだけど、楽しく働けそうだな」など、自分が感じた直感も判断材料にしてください。

社員の様子を目にできない場合は、せめて面接担当者の表情や話す内容などから「企業の持つ空気」を感じてみてはいかがでしょうか。

面接時の質問内容、回答内容は誠実ですか?

面接官は求職者に対して、本人に責任のない事項(家庭環境や本籍、出生地に関すること、家族の職業や学歴、職位などに関すること等)については質問をしてはいけないというルールがあります。

多くの企業はそのようなルールを遵守して選考を行っていますが、中にはためらいもなく質問してくる企業もあります。企業の顔である人事担当者がそのレベルということは、その企業全体の意識が低いと見て間違いないでしょう。

コンプライアンス意識の低い企業では、しっかりとした社員教育も行われていない可能性が高いです。

2.【口コミ】経験者が語る体験談!薬剤師転職の現実

次は「リアルな転職体験談」を見ていきましょう。

薬剤師が実際に経験した転職エピソードを紹介します。転職するときの参考にしてみてください。まず残念な体験談から。

凹む薬剤師男性

転職して失敗した…残念な失敗談

失敗談1:

国公立薬学部を卒業し、新卒で病院併設調剤薬局に入社したものの、年収をアップさせたくてドラックストアに転職しました。年収アップを交渉したうえでの入社でしたが、店舗の売上が伸びず、結果年収アップにはつながりませんでした…。

転職エージェントのアドバイス:

転職で年収を上げたい場合は、転職先の企業の売上にどう貢献できるのかをしっかり伝え、それを実践する必要があります。そして大幅な年収アップを希望する場合は、2~3年位で達成する計画で話す方が良いでしょう。

失敗談2:

私立薬学部を卒業後、地元調剤薬局に就職しました。しかし2年目で人間関係に問題を抱え退職しました。その後、忙しい職場であれば人間関係に悩むこともないだろうと病院薬剤師に転職。

しかしベテランスタッフとの知識、業務効率の差に圧倒されてしまいました。スタッフは忙しすぎて、私に業務を教える余裕もありません。結局、人間関係をうまく築けずに孤立してしまい、1年程度でまた退職することになりました…。

転職エージェントのアドバイス:

人間関係が原因で退職した場合、注意が必要です。人間関係のいざこざは、人間関係が嫌なのではなく相手の「行為」自体が嫌で我慢しているというケースが大変多いです。自分が嫌だと感じている行為を認識し、それが起こらないようにするコツを身につけないと、どこに行っても退職を繰り返す事になりかねません。

事前にこういうことは苦手だと言うことを周囲に伝えたり、もしそのような状況になってもあまり考えすぎないなど自分で自分を守る術を持っておくようにしましょう。

失敗談3:

国公立薬学部を卒業し、病院勤務薬剤師として働いていました。しかし仕事が多忙すぎて心身を壊し3年で退職することに。転職サイトで紹介された外資系製薬会社での研究業務に転職し、勤務時間は一定になり休みもとれるようになりました。

しかし安心したのもつかの間、突然の辞令でまったく住んだことのない土地で営業に配置転換されました。最初は気持ちを切り替えて頑張っていたのですが、思うように数字をあげることが出来ず、結局退職することに…。

転職エージェントのアドバイス:

転職の際に譲れる条件、譲れない条件を明確にして常に伝え続けることはとても大切です。もし、薬剤師としての仕事にこだわるなら、どうして自分が薬剤師になろうと思ったのか、資格を使ってどんなことをしたいと思ってるのかを会社や上司に伝え続けることが大切です。

転職して良かった!!喜びの成功談

続いて「転職に成功した人」の成功事例を紹介します。成功者に共通点はあるのでしょうか?

笑顔の薬剤師男性

成功事例①

国公立薬学部を卒業し、ドラックストアに就職しました。しかし学生時代から関わっていた難病の新薬開発に携わりたい気持ちが捨てきれず、製薬会社への転職を決意。

製薬会社に絞って企業研究を続け、転職サイトの「非公開プレミアム求人」で希望の求人案件を見つけ、難病の新薬開発で実績を持つ企業に採用されました。

成功事例②

病院勤務で、勤務時間の割には年収が低いと悩んでいました。そこで、同じ病院でも年収アップの見込める職場への転職を決意。

面接では、前職の経験をいかして自分に何ができるか、さらに将来的な自分の成長ビジョンをアピールしました。結果、研修期間終了後から前職より10%の年収アップとなる金額での採用が決定!また定期査定でしっかり頑張りを評価され役職も獲得しました。

成功事例③

国公立薬学部を卒業し地元大手調剤薬局に就職したのですが、年収とスキルアップを希望して病院薬剤師への転職を決意。

病院勤務薬剤師の先輩に現状を聞き、今の自分に足りないと感じたスキルに関して勉強し面接に臨みました。その結果、目標に向かって愚直な努力を続けたことが評価され、管理職前提での採用が決定しました。

様々ですね。

3.薬剤師は「転職サイト」を使った方がいい?

結論から言いますと、薬剤師は「転職サイト」を活用しながら転職活動をした方が良いです。その理由は大きく3つ。

転職サイトを使うメリット

1:非公開求人を紹介してもらえる

求人サイトは同じようなサイトばかりで、意味があるの?と思っている人も多いかもしれません。それは、公開求人数ばかりを見ているからともいえます。

大手の転職サイトは一般には公開されない「非公開求人数」がかなり多く登録されており、会員にならないと閲覧できません。非公開求人は「こんなに良い条件の求人があるんだ!」と驚くようなお宝求人がたくさんあります。理想的な転職を果たすには非公開求人の閲覧は必須といえるでしょう。

2:専属のエージェントがつく

転職サイトに登録すると、求職者に専任のキャリアコンサルタントがつきます。初めての転職や求人などで不安なことなどは経験豊富なコンサルタントに相談できます。

また、彼らは求職者と雇用側との間にいるため、リアルな情報を伝えてくれます。例えば上記の「職場の実態」を調べるために、1件1件自分の足で見て回るのは非生産的ですよね。ネットで調べるにしても限界があります。本当に必要な情報、例えば

  • 「〇〇病院はこんな薬剤師を必要としている」
  • 「××薬局のスタッフの年齢層や経営方針、大切にしていること」
  • 「△△ドラッグストアの平均年収」

といった生きた情報をくれるのはその専属エージェントだからです。

自分の希望条件が見えていなかったとしても話をすることで整理で着たり、思ってもみなかった自分にピッタリの求人を紹介してくれることもあるでしょう。薬剤師転職のプロが味方についてくれるので、安心して転職活動に取り組めます。

3:企業とスムーズなやり取りができる

転職を検討されている方の多くが、勤務を続けながら休日や時間外に転職活動をしています。転職サイトを使えば、エージェントが面倒な求人探しや企業とのやり取りをあなたの代わりに行ってくれます。

希望年収なども伝えればそれもしっかり交渉してくれます。対外的な条件交渉にあまり慣れていないという人にとってもうれしいポイントではないでしょうか。

転職サイトによっては、採用にいたれば5000~10万円の祝い金が出るケースも!転職は何かとお金がかかるのでありがたいですね。

まとめ

転職サイトを使う最大のメリットは、専属の転職エージェントが自分についてくれることです。薬剤師転職を知り尽くした強力な味方が、あなたの希望条件をヒアリングし、ぴったりの求人を紹介してくれるのです。企業との交渉や面接のセッティングも担当してくれます。まさに「至れり尽くせり」の待遇です。活用しない手はありません。

とはいえ、やみくもに登録してしまうと収集がつかなくなります。希望する職場別におすすめサイトは異なりますので、次の項目で紹介します。

4.薬剤師職場別のおすすめ転職サイト

薬剤師が働く職場は主に以下の4つに大別されます。

     
  • 企業薬剤師(製薬など)
  • 調剤薬局
  • 病院
  • ドラッグストア

そしてこちらがそれぞれの特徴まとめ。

  メリット デメリット
企業薬剤師
  • 土日休みで、勤務時間も一定なので予定が立てやすい
  • 正社員の福利厚生、勤務手当、残業手当が充実している
  • ワークライフバランスは保たれる
  • 薬剤師しかできない仕事の割合が少ない
  • 仕事が退屈と感じる
  • 調剤薬局
  • 様々な処方箋を扱うことで経験値が高くなる
  • 市販薬との併用などの知識が増える
  • ドラックストアのように日用品など様々なものを販売している調剤薬局では調剤業務以外の仕事も加わる
  • 大手調剤薬局チェーン以外の中小調剤薬局では、人材の入れ替わりが少ないため組織がなぁなぁになりやすい
  • ドラッグストア
  • ライフスタイルに合わせた働き方が出来るので、比較的長く続けやすい
  • 昇進や昇給制度がしっかりしているところが多い
  • 不規則な勤務、転勤、売上目標などが科される
  • 専門業務の割合は少なくなる(調剤併設かいなかによる)
  • 病院
  • スキルや経験値が上がりキャリアアップを狙える
  • 研修制度がしっかりと整っている
  • 多忙な職場が多く、効率よく動くことが求められる
  • 

    調剤薬局か病院を希望するなら「薬キャリ」、企業かドラッグストアが希望なら「マイナビ薬剤師」がおすすめです。詳しく説明していきましょう。

    職場別で使い分けよう!おすすめの転職サイト

    病院と調剤薬局への転職は薬キャリ(エムスリーキャリア)がオススメ

    薬キャリの魅力はなんといっても掲載求人数の多さです。約4万件という求人情報数は業界トップクラスです。

    これほどの掲載求人数を維持できるその秘密は、提携人材紹介会社の多さにあります。医療業界に精通している株式会社エムスリーキャリアが経営しているので、そのネットワークを活かし数多くの企業と提携しています。

    その数はなんと21社!つまり薬キャリに登録するだけで21社分のデータベースから求人検索をすることができるのです。

    対応職種や対応業種も幅広く取り扱っており、転職を考えている薬剤師なら必ず登録しておきたいサイトです。また派遣事業にも力を入れているので、派遣薬剤師求人を数多く取り揃えています。

    薬剤師登録数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

    こんな薬剤師さんが利用しています

    • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
    • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
    • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

    企業と大手ドラッグストアへの転職はマイナビ薬剤師がおすすめ!

    マイナビ薬剤師は大手求人サイトで、企業やドラッグストアの求人情報が豊富です。

    その理由は、毎日新聞社が母体のマイナビが運営元であるため、大手企業や大手ドラッグストアとのパイプが太いからです。

    製薬会社(アステラス製薬・大正製薬)や企業内診療所のある大手企業(三菱グループ・ソニーグループ)、メーカーの薬剤部門での薬剤管理での薬剤管理、DI担当(資生堂、旭化成等)、大手ドラッグストア(マツキヨグループやスギ薬局)など、薬剤師が転職先候補として考える法人企業と密接につながっています。

    また、新卒採用も支援しているため、過去に優秀な新卒薬剤師の採用(MR,新薬開発等)を成功せてきた長年の関係値があるので、企業側から「最近、医療品関係の事業始めようと思んだけど、良い薬剤師いないかな?」といった相談がマイナビ薬剤師の転職エージェントに集まりやすいです。

    利用者満足度が4年連続No.1マイナビ薬剤師

    こんな薬剤師さんが利用しています

    • 企業や大手ドラッグストアへの転職したい薬剤師
    • 残業なし・土日休みのドラッグストアで働きたい薬剤師
    • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師

    より多くの選択肢から求人を選びたい方は薬キャリとマイナビ薬剤師の複数登録がおすすめです。

    両転職サイトとも大手紹介会社で、薬剤師求人紹介数No.1、顧客満足度No.1とそれぞれ大きな強みをもちます。

    また、転職活動は希望求人に出会えるかに加え、担当コンサルタントとの相性が大事になってくるため、転職活動をすすめていく中でより自分に合った転職サイトを選ぶことは賢い転職サイトの使い方といえるでしょう。

    5.転職サイトの登録から転職までの流れ

    メリットが盛りだくさんの「転職サイト」。実際に登録し、転職するまでにはどのような流れになるのでしょうか。特に重要になるポイントを挙げてみました。

    志望動機はどう書く?

    転職サイトに情報を登録する際、志望動機を登録するケースがあります。サイト上にあるその項目には、自身の大きな夢や、なぜその仕事をしたいのかということを正直に書きましょう。

    ポイントとしては、志望動機の内容は各サイトごとに作り直すことです。一見面倒な作業に思えますが、各サイトごとに特色や目標としていることは違うため、同じ志望動機の使いまわしは良くありません。

    企業は志望動機を通じて「この人は入社してどんな貢献をしてくれるのか」という点を見極めます。入社後のあなたの活躍をイメージしてもらうためには、「こういう実績があるので御社の○○という計画の△△の分野でお役に立てると思います」という形でアピールをすると、相手もイメージがしやすいでしょう。この表現であれば、「事前に企業をしっかり研究している」というアピールもできます。

    単純に人の役に立ちたい、薬剤師という仕事が好きというだけの志望動機はキャリア転職では少し弱いといえます。

    履歴書の書き方は?

    転職とは切っても切れない「履歴書」。基本的な書類だからこそ、しっかりと記載されていないと選考に影響が出てしまいます。履歴書を書くうえでのポイントを何点か紹介します。

    履歴書は手書きでもPCでもどちらでも良い

    履歴書を手書きにするかPCで作成するか…。これは意見が分かれるところでしょう。しかし、採用担当者いわく「写真が添付されており、きちんと読めるものであればPCでも手書きでも問題ない」とのこと。

    最近は情報管理の観点からデータ上でのやりとりを希望するところも増えています。もしどうしても気になるようであれば、PCで作成したものでも問題ありませんか?と事前に確認しましょう。

    内容を簡潔にまとめる

    履歴書には学歴や職歴、保有資格を正確に記載し、詳細に関しては別途職務経歴書や自己PR書などを活用してわかりやすくしておきましょう。

    実績をPRする時は、可能な限り具体的な数字を使って表現すると説得力が増します。

    いきなり書き始めない

    履歴書や職務経歴書を作る前には、まず自分がやってきたこと、得意なこと好きなことなど「キャリアのたなおろし」から始めましょう。PCで作成する場合は比較的簡単に修正などができますが、手書きで書く場合は書き忘れ・書き損じによって余計な時間がかかってしまいます。特に志望動機などは、下書きを作ったうえで実際に書くようにすることをおすすめします。

    また印刷する際は、文章が途中で切れていないか確認しましょう。写真を貼ルノも忘れずに。

    最大の難関!面接はこうして突破する

    面接は、限られた時間でお互いを見極める場です。「緊張するな」という方が無理とは思いますが、押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

    無理して笑顔を作らず、緊張している事実を相手に伝える

    緊張は伝染するものですから、最初に緊張していることを素直に面接担当者に伝えることで少し気分も楽になります。素直さをアピールすることにもつながるでしょう。

    沈黙を恐れない

    面接時の沈黙が苦手な方は多いかもしれませんが、沈黙は金という言葉もあります。むやみに自分から話し出す事がないようにし、基本的に相手からの言葉を待つようにしましょう。

    ネガティブな話はできるだけ避ける

    面接の場で、退職理由などのネガティブキーワードはどうしても出てくるものです。それは相手もある程度承知のうえですから、特に隠す必要はありません。しかし、正直すぎる言い方も考え物です。難しいところですが、前職の悪口と捉えられるような表現は控えましょう。

    質問を用意しておく

    面接では、ほぼ例外なく「質問はありますか?」と聞かれます。この時にまったく何も聞かないのは印象が良くありません。求人情報や会社のHPなどではわからないことで気になることなどを聞くようにしましょう。

    基本的に就業条件や給与に関することなどの質問はここでは避けます。もしどうしても、昇給や昇進に関する事で聞きたいことがあるなら、後日、電話やメールなどで確認する方が良いでしょう。

    転職に不安はつきものです。二人三脚で転職活動を進めてくれる素敵なエージェントに出会えることを願っています!

    薬剤師登録数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

    薬キャリの特徴

    • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
    • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
    • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

    利用者満足度が4年連続No.1マイナビ薬剤師

    マイナビ薬剤師の特徴

    • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
    • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
    • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

    高年収・高時給ならファルマスタッフ

    ファルマスタッフの特徴

    • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
    • 「職業紹介優良事業者」に認定
    • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

    →希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

    関連記事

    薬剤師が転職する際の注意点とは?転職経験者に聞いてみた

    「初めての転職で不安…どの情報を信じればいいの?」 「絶対転職に失敗したくない!注意すべきことはある?」 売り手市場と言われる薬…

    第二新卒向け薬剤師求人の探し方。失敗しない転職・就職方法とは

    「残業が多い…」 「希望していた企業を諦めきれない…」 「とにかく今の職場、辞めたい」 など、現…

    薬剤師が転職に失敗するワケとは?失敗談と成功のための4つのコツ

    人生において一大イベントとも言える「転職」当然、失敗したくはないですよね。このページでは薬剤師が転職を成功させるためのポイントを、「先輩たちのリアルな失敗事例」をもとに…

    50代薬剤師は転職ラストチャンス|求人を見る時の2つのポイント

    「50代でも転職ってできるの?」「実際求人はどの位あるの?」「あともう少しで定年だし、正社員じゃ責任重すぎるかも・・・」…

    あなたの職場は大丈夫??薬剤師で退職金をもらえないパターン

    薬剤師の退職金は病院、調剤薬局など働く職場によって平均相場は大きく異なり、場合によっては退職金が無いという可能性もあるのです。勤続年数によっても金額に差があるので、きっちりと…