子育と仕事の両立!ママ薬剤師には高時給&短時間の派遣がおススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママ薬剤師ってどうやって家庭と仕事を両立しているの?」

「 ブランクあって復帰が不安」

「子供の成長に合わせて勤務条件を変えて働きたい・・・」

家庭と仕事の両立は、ママ薬剤師として働く皆さんが悩むところです。

そんなママ薬剤師には、派遣という働き方がオススメです。ここでは、なぜママ薬剤師に派遣が良いのか、派遣で働く魅力についてお伝えします。

★厳選!おすすめ派遣会社ランキング★
転職サイト名 転職希望時期:時給 求人を探す
薬キャリ 半年以内:時給3,000円~

詳細を見る

ファルマスタッフ 1年以内:時給2,500円~

詳細を見る

ヤクジョブ 半年以内:時給2,500円~

詳細を見る

1.派遣薬剤師はパート薬剤師よりも高時給!

派遣薬剤師には、他の働き方にはない魅力があります。今回は、代表的な4つの魅力についてご紹介していきます。

≪派遣薬剤師の4つの魅力≫

  1. パート薬剤師よりも高時給
  2. 勤務時間や勤務地を選べる
  3. 実際に働いて職場の雰囲気がわかる
  4. 正社員やパート勤務への可能性もある

まず、何といっても魅力的なのは時給が高いという点です。パートで働いた場合の時給と比較してみると、薬剤師のパートでは平均時給は1,800~2,300円程度であるのに対して、派遣の平均時給は2,400~3,000円となっていて、多いところでは4,000円近い時給を出している職場もあります。パートであっても他の仕事に比べると十分高い時給なのですが、派遣ではさらに600~700円高い時給で働くことができるのです。

では、なぜここまで違いがあるのでしょうか。

「時給が高い代わりに、忙しい職場で働かされるんじゃないか」などと思ってしまいがちですが、そういうわけではありません。派遣薬剤師の時給が高い理由は、主に「人手が足りていない職場で働くから」なのです。

薬局では、一日に扱う処方せん枚数に応じて、薬剤師の必要人数が定められています。しかし、近年の薬剤師不足が言われている中で、正社員やパートの薬剤師を確保するのが難しい薬局も増えています。他店舗からのヘルプで対応できる薬局であれば問題ありませんが、個人薬局や小規模な薬局の中には、1人欠員が出ると薬局が回らなくなってしまう、というところもあります。そのような薬局は「パートより高い時給を出してでも薬剤師を確保したい」と考えていますので、派遣薬剤師は高い時給で働くことができるのです。

人手が足りていないからといって多く働かされるのかというと、そうではありません。仕事が忙しいかはその職場次第ですが、派遣では定時を過ぎても残業させられることはありません。

そもそも派遣ではサービス残業がなく、仮に残業をした場合でもタイムカードに従ってしっかり残業代が出されます。残業代が高くつくので、残業させずに、定時で帰らせてもらえる職場がほとんどです。そのため、時間にも余裕を持って働きながら、なおかつ高い収入を得ることができるのです。

また、高時給の秘密は、契約期間にもあります。雇用期間が定められていない正社員やパートと異なり、派遣は契約期間が決まっています。もちろん契約を延長するケースもありますが、基本的には長期間働くのではなくあくまで一時的な応急処置として派遣を雇っている薬局が多いため、やむを得ずパートよりも高い時給と払っているのです。

短い時間で十分な給与がもらえますので、家事や育児をこなしているため、常に時間に追われているママ薬剤師にとっては、オススメな働き方です。

2.子どもの成長に合わせて勤務時間や勤務地を選べる!

勤務条件を選んで働けるというのも派遣薬剤師の大きな魅力です。

薬剤師は女性が多いので、子育てをしながらママ薬剤師として働く方も多いのが特徴です。子育てと上手く両立させるために、「子供の成長に合わせて働き方を変えることができたらいいな」と思ったことはありませんか?

正社員やパートでは、基本的には入社時に決めた勤務時間や日数に従って働くことになります。ママ薬剤師は「子供が小さいうちは徒歩圏内の職場で、15時まで働きたい」「大きくなったらもう少し遅くまで働いてしっかり稼ぎたい」といった希望を持たれることが多いですが、正社員やパートではその都度勤務条件を変えて働くというのは難しいでしょう。

その点、派遣薬剤師は、自分で勤務時間や勤務地を選ぶことが出来ます。また、契約更新のタイミングで働き方を見直すことも出来ますので、「ブランク明けで不安があったから余裕を持って働いていたが、慣れてきたのでもう少し働きたい」「この時期は子供の行事などで忙しいので、仕事をセーブしたい」といった要望にも臨機応変に対応することが出来ます。子供の成長に合わせて、その時の自分に合った働き方を選ぶことができるのです。

また、派遣薬剤師であっても、条件を満たせば産休や育休制度を利用することが出来ます。自分のライフプランに沿って、無理のない範囲で仕事ができるというのが他の働き方にはない派遣の特徴です。

3.派遣期間は最短1ヶ月からOK!実際に働いて職場の雰囲気がわかる

「実際に働いて職場の雰囲気を知ることが出来る」という点も派遣の魅力です。

出産、育児でブランクが長くなってしまうと、いざ復職しても調剤業務や服薬指導を上手くできるだろうかと不安に感じている人も少なくありません。

求人票に「ブランクのある方歓迎」と書いてあっても、実際に働いてみたら職場の雰囲気が合わなかったり、必要以上のスキルを求められたりというケースもあり、「もっと働きやすい職場に行きたい」と考える方も少なくありません。

正社員やパートですと、職場を変えるには手間と労力がかかるので、思っても行動に移すのは難しいものです。しかし派遣薬剤師では、最短で1か月から働くことができますので、「まずは少し働いてみて、様子を見たい」という場合にオススメの働き方です。派遣は正社員やパートのような直接雇用ではなく、派遣会社を通じての雇用になりますので、派遣元の薬局に気を使うことなく、軽い気持ちで働いてみることができますよ。

4.子育てしながら働ける?ママ薬剤師のお悩みポイントQ&Aまとめ

Q-ママ薬剤師として働くにはどのような働き方が適していますか?

A-やはりママ薬剤師は正社員よりかは、勤務時間や日数に融通がきくシフト制のパートや派遣、契約社員のシフト勤務形態が適しています。体験談でも書いてあったように、突然こどもが熱を出してしまって休まなければならない場合、正社員よりは子育て中ということを考慮してくれるパートや派遣の方が休みがとりやすく、園行事や学校行事でも休暇をとれる可能性が高いです。正社員の時短勤務はまだ認めてくれないところが多いのが現状です。

Q-育児と仕事を両立したいのですが、どの職場で働くのが適していますか?

A-適している職場ですが、病院勤務薬剤師は土日や夜勤があることもあり、残業も多いのでおすすめはできません。やはり、調剤薬局やドラッグストアがおすすめです。どちらに勤務しても、仕事内容は正社員薬剤師とほとんど変わりません。

Q-調剤薬局がママ薬剤師に適している点は何ですか?

A-調剤薬局へ転職する場合、土曜は午前中までで日曜祝日は休みという所が多く、卒園式などの子供の行事に合わせられるというメリットがあります。仕事内容は処方箋通りに薬を調剤する調剤業務と、患者への服薬指導が主な業務です。勤務地の近くにある病院によって、処方箋内容は異なります。病院が少ない場合は、処方箋の科目も限られています。

しかし、内科や小児科、消化器科といった複数の種類の病院がある地域だった場合、対応する科目は幅広く知識もそれだけ必要になります。人気のある病院だとそれだけ処方箋枚数も多く、忙しい職場になります。もちろん、お年寄りなどにもわかりやすく服薬指導をするための、コミュニケーションスキルが求められます。

Q-ドラッグストアがおすすめの点は何ですか?

A-ドラッグストアは時給が高いのが魅力ですが、一般用医薬品の販売を行うOTC販売を担当するため、OTC医薬品の知識が必要です。OTC販売以外にも、商品管理の仕事がかなりの比率を占めます。また、接客機会が多く、高いコミュニケーションスキルも求められます。調剤薬局併設のドラッグストアに勤務した場合は、調剤薬局と同じ仕事内容ですが、商品管理の仕事をこなすこともあります。また、土日勤務の場合もあるので、休みについてはしっかり確認しましょう。

ドラッグストアの業務内容と向いている薬剤師の特徴をまとめた記事がこちら

Qー通勤時間が長いと大変ですか?

A-通勤時間は短い方が良いです。全国のママ薬剤師の平均通勤時間は30分程です。職場が遠ければ遠いほど子供を迎えに行く時間や家事の時間がどんどん短くなっていってしまいます。1時間ほどの出勤時間が必要なママ薬剤師は出産を機に退社される方がほとんどです。

ママ薬剤師は子育てや家事で大変だと思います。自分の時間にゆとりを持てるように自宅から近い職場を探すのをおススメします。

5.ベストな復職タイミングと大きな心配事「ブランク期間」の解決法

ベストな復職のタイミングはいつ?

1位 子どもが0~3歳の時

「結婚して子どもが産まれてから育児休暇をとったが、復職を考えるとあまりブランクを作りたくない…」

どのタイミングで復職するかは大きな悩みですよね。様々な調査の結果を見てみると一般的にママ薬剤師の一般的な復職時期は子供が0歳~3歳のときに職場復帰する方が最も多いです。子育てが一番大変な時期ですが、保育園に預けたり、旦那さんの協力を得ることで育児と仕事を両立しながら復職をすることができます。

2位 子どもが幼稚園に入園した時

「子どもが幼稚園にあがってから日中の空いてる時間を使って働きたい。」

このように考えているママ薬剤師の方も多くいらっしゃると思います。この時期から復職されても全く問題ありません。実は二番目に多い復職のタイミングは子供が幼稚園に入ってからなのです。子どもが幼稚園に入園すると、日中をパート勤務薬剤師として時短勤務する働き方ができるようになるので、ある程度余裕をもって働きたい方にはおすすめの働き方です。

3位 子どもが小学校に入学した時

小学生になると友達と遊びいったり、児童館で過ごしたり、たいていのことを自分でできるようになります。ですので、時短勤務でなく、フルタイムの正社員として職場復帰を考える方が多いようです。ですが、ブランクが長いので、新しい情報に追いついていくのが大変ということは一つ問題点としてあげられます。ブランクが長く空いてしまった場合はどのようにして新しい情報を取り戻せばいいのでしょうか。

ブランクの期間の新しい情報を勉強で取り戻すことはできるの?

復職をするときの最大の心配事はブランクを乗り越えることでしょう。

仕事を休んでいる間に新しい新薬の開発や薬事法の改正・改定などが行われていて、その情報についていけるか自信がないと思います。薬剤師会主催のe-ラーニングで勉強する方法もありますが、山ほどある情報を独学で行うには限界があります。

そこで、復職先を探すときに企業が行う「研修制度」に注目して転職先を探しましょう。企業も薬剤師を求めており、新卒とは異なるブランクのある薬剤師向けのカリキュラムが用意されている職場があります。そこでしっかりとした教育をうけることができますから、ブランクによる知識不足を問題視する必要はありません。

6.ママ薬剤師が働きやすい職場の求人情報を見つけ出すための3つのチェックポイント

実際に勤務する職場を選ぶ際にはどのような点を気をつければいいでしょうか。

ママ薬剤師が職場を選ぶ際には、事前に以下の3つのことを確認しましょう。

  1. 常勤の薬剤師は何人いるのか。
    ──常連の薬剤師がいるとパートの負担が少なくなります。
  2. 薬剤師一人当たりの一日の処方箋枚数は何枚か。
    ──眼科などの一部の診療科を除き一般的な薬局の一人当たりの取り扱い処方箋枚数は40枚です。
  3. ママ薬剤師は何人いるのか。
    ──ママ薬剤師が多いと子育てに対する理解があるので、子どもの急な風邪などの事情に対して配慮してくれます。

育児への両立に理解がある職場環境かどうかは本当に大事です。一人薬剤師の職場や、極端に忙しい職場となると、子供がもしものときであっても休みにくいですよね。子育てと仕事の両立のためには、ご自分の努力だけでなく求人先の職場の理解も必要不可欠です。

しかし、自分ひとりで職場の雰囲気を理解するのはほぼ不可能です。そこで薬剤師の転職活動に精通している転職コンサルタントがサポートしてくれる転職サイトに登録するのがおすすめです。

「扶養範囲内で働きたい」、「勤務先までの勤務時間を少なくしたい」、「ママ薬剤師が活躍している職場がいい」、「子供の送迎の為にマイカー通勤OKの職場がいい」、「夏休みに長期休暇を取りたい」「子育て支援をしている託児所付きの職場がいい」「土日休みがいい」などママ薬剤師ならではの希望条件にもしっかり対応してくれます。また、長いブランクが気になる人は、研修制度充実の求人を探してもらいましょう。

他にも、徒歩で通える、駅から近いなどの通勤条件や、時給などの勤務条件はもちろん、社会保険や福利厚生制度、研修充実のブランクが長いママに嬉しい求人、キャリアアップし年収を上げていきたいなど、自分にピッタリの条件の求人を検索してくれます。

7.ママ薬剤師におすすめの転職サイト

では、数ある転職サイトのなかで、一体どの転職サイトに登録すればいいのでしょうか。

HOP!が自信を持ってママ薬剤師に最もおすすめする転職サイトは「薬キャリ」です。

理由は2つあります。

  1. 「ママ薬剤師にお薦め」「未経験・ブランクのある方可」という条件で求人検索できる点
  2. 自宅から通勤30分以内の職場を全て紹介してもらえる点

このようなママ薬剤師向けの条件で求人検索できるのは、薬キャリのみです。

薬剤師の派遣会社 高額時給 保険充実 面接不要 条件交渉
薬キャリ(派遣)
派遣の求人掲載数、登録者数NO.1の薬キャリ。特に【派遣】の求人情報を多数取り揃えており、時給3,500円以上の転職先もみつかります。派遣への転職を考えている方はまず初めに薬キャリに登録しましょう。ママ薬剤師向けの調剤薬局も多数。
ファルマスタッフ(派遣)
調剤薬局の求人情報が約4万件あり、数・質ともにトップクラス。派遣事業も行っている数少ない紹介会社で「派遣薬剤師」は都心以外の薬局なら時給4,000円以上も多数。派遣を考えているなら、薬キャリと同時登録しましょう。

薬剤師登録数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト
 

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→薬剤師転職|まだ信じてるの?根拠のない転職サイトの比較ランキング

関連記事

ファルマスタッフ派遣|年収860万薬剤師が語る口コミと特徴2つ

「派遣やりたいけど、転職サイトが多すぎて・・」 「とにかく高時給で働バリバリ稼ぎたいけど、どこを選べばいいんだろう・・」 派遣と…

驚き!薬剤師派遣会社への独自取材で分かったブラック派遣会社の判…

「パート、アルバイトより高時給」「サービス残業がない」「プライベートを優先できる」などメリット豊富な派遣薬剤師。しかし、間違った派遣会社を選んでしまうと就業条件に合わず、すぐに仕事を辞めてしまう、…

薬キャリの派遣|週3勤務で年収400万を可能にする2つのポイント

「派遣やりたいけど、転職サイトが多すぎて・・」「無理なく高時給で働きたいけど、どこを選べばいいんだろう・・」派遣として働くにあたって、こういっ…

発見!時給4,500円の薬剤師求人は1分で見つかりました。

薬剤師は一般の仕事に比べ、高収入を得られる職種です。それは正社員(職員)に限ったことではなく、パートや派遣でも同様です。 正社員からパートに転向した場合でも、収入が極端に下がってしまうとい…

派遣薬剤師は福利厚生、育休、産休制度充実なのでママ薬剤師におす…

ママ薬剤師は出産や子育てを間近にして、勤務時間に融通が利く派遣に就く傾向があります。高年収や福利厚生を犠牲にして、時間を確保しているようです。しかし実は、派遣薬剤師が年々増加するにつれ、派遣の福利厚…