薬剤師のダブルワーク(派遣&パート)!求人で注意すべきこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スキルアップや収入アップのために、余っている時間を利用したダブルワークを考えている薬剤師はいませんか。 ダブルワークは会社の就業規定で認められていれば可能ですが、薬局や卸売販売業の管理薬剤師は薬事に関する仕事の兼務が認められていません。但し、学校薬剤師や休日夜間診療所などとのWワークは兼務許可が下りれば可能です。 ここでは薬剤師がダブルワークをする時の注意点を教えましょう。

 

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人を探す
マイナビ薬剤師 10,000件以上

無料
登録

ファルマスタッフ 8,000件以上

無料
登録

ファーマキャリア 3,000件以上

無料
登録

1.あなたは大丈夫?ダブルワークできない薬剤師さんの条件

ダブルワークとは正社員として働く本業の就業後や休日に別の仕事を行うことで、副業ともいいます。また同時に複数のパートやアルバイトを掛け持ちすることも意味します。

薬剤師はダブルワークには最適と言える夜間や土日祝に限定の薬局・ドラッグストアのパート・アルバイト薬剤師求人数が豊富なので、副業先を探すのは割合と簡単です。

しかし薬剤師は職種によってはダブルワークが法律で規制されています。

薬局、店舗販売業、卸売販売業などの管理者(管理薬剤師など)は、その施設以外の場所で薬事に関する仕事をする時は保健所長の許可が必要で、兼務する仕事内容は非常勤の学校薬剤師などに限られます。

但し管理者でも薬事以外の仕事とのWワークは可能ですので、副業をするなら異業種の求人募集を探しましょう。

2.薬剤師の兼務には、収入アップ以外の良さも…

ダブルワークをすると当然ながら収入は増えます。夜間や土日祝で働くとパート時給も高いですが、メリットはお金の面だけではありませんよ。

昼間は調剤薬局薬剤師、夜間はドラッグストアといったダブルワークでは、別の職種の経験をすることでキャリアアップにつながります。調剤薬局を二つ掛け持ちして異なった処方や医薬品を扱えれば知識も増えてスキルが磨けます。

また本業以外の人との交流で世界も広がると、仕事や人生にやりがいや充実感をより感じられるようになるかもしれませんね。

3.Wワークが原因でまさかのクビに...就業規則のチェックが必須

ここまで読むとダブルワーク薬剤師をやってみたくなるかも知れませんが、誰でもWワークOKではありません。

正社員として働く場合、多くの会社がダブルワークを就業規則で禁止しています。会社に黙って始めたとしても所得が発生すると税金を払わなければならず、住民税の支払い状況などから会社にばれてしまい、最悪の場合クビとなる可能性もあります。

ダブルワークを始める前には必ず勤務先の就業規則を確認して、違反なら薬剤師副業をするのは辞めておきましょう。

薬剤師がダブルワークをするときの注意点

ダブルワークは空いた時間を有効に使えて収入やスキルの幅を広げてくれるものですが、複数の仕事をぎっちりと詰め込んでしまうと体力的にも精神的にも疲れます。副業をはじめて仕事でミスをしてしまったら、職場の信頼も失ってしまいます。

兼務をするなら勤務時間が重ならないようにスケジュールを立て、どちらの職場にも迷惑をかけない仕事を選ぶことが一番大切です。本業で残業が多い場合は休日に副業をする方がよいですし、通勤時間なども考慮して無理なく働ける工夫をしましょう。

4.薬剤師のおすすめダブルワーク2選

ダブルワークをしている薬剤師の勤務形態は主に以下の2パターンあります。

  1. 週1日×4週間でパート勤務
  2. 単発派遣で月に4回勤務

やはり本業への負担がかかりますから、週2日以上の副業をしている薬剤師はあまりいません。しかしたとえ週一日の勤務でも、例えば土曜日に時給2000円で4時間働いた場合、月に3万円以上の収入を得ることができます。

このようなダブルワーク向けの求人は薬剤師専門の転職サイトを利用すれば簡単に募集を見つけることができます。特に大手転職サイト「薬キャリ」には、ダブルワーク向けの求人が約300件掲載されており、派遣にも対応しているのでおすすめです。

転職サイトに登録する際、最初は扶養を気にせずに求人情報を探しましょう。扶養内を条件に求人情報を探してしまうと、該当する求人情報がとても少なくなります。まずは、「残業無し」「駅チカ」の好条件求人があるかを転職コンサルタントに相談しましょう。給与の調整は後からでも行えます。

登録は無料なので、興味がある方は一度ダブルワーク向けの求人を探してみてはいかがですか。

関連記事

人間関係でギスギスしない、薬剤師のコールセンター職とは?

この記事の目次1,薬剤師もオフィスワークは勿論できる2,コールセンターで薬剤師も働ける3,DI業務の延長線上であるということ4,実際の求人を見るには 1,薬剤師もオフィスワークは勿論できる 薬剤師の職 ...

臨床開発モニター(CRA)の年収相場、給与アップ転職のポイント2つ

薬剤師で臨床開発に携わる人は通常、臨床開発モニター(CRA)として勤務することになります。 CRAの仕事内容は治験に関する契約、モニタリング、薬事申請手続きを行うことで、治験業務…

フィジカルアセスメントは薬剤師の可能性をグンと広げるスキルにな…

フィジカルアセスメントとは、問診や触診によって患者の状態を把握することを指し、医療行為のひとつとされてきました。このフィジカルアセスメントは、医師や看護師のみならず、今…

薬剤師×美容|希少な外科・サロン求人の発掘方法とおすすめ資格2選

「調剤ばっかりも飽きたし、美容とか憧れるな・・」「美容のことを勉強できる職場で働いてみたい!」美容に関心がある女性にとって、その知識が仕事や私…

薬剤師の転職!異業種を目指す場合

薬剤師が、薬剤師免許を活かしつつ薬剤師以外の職種に転職を希望する場合、どのような仕事を選ぶことができるでしょうか。薬剤師が就職できる職種と需要の高さ、そして転職先を選ぶときに注意すべきポイントにつ…