HOP!薬剤師

現場能力を高め、社会で活躍できる人材を。日本薬科大学の漢方アロマコースを通じて得られるものとは

秩父研修

「個性の伸展による人生練磨」を建学の精神に掲げる日本薬科大学。専門性高く創造性豊かな人材の養成を目指し、様々な取組みを実践しています。

今回は数ある取組のなかから「漢方アロマコース」について、日本薬科大学の新井さんにお話を伺いました。

新井一郎(あらい いちろう)さん

大学院研究科長・教授/薬学部 教授

株式会社ツムラにおいて漢方薬の研究開発を経験。 現在は漢方を中心とする薬学教育、漢方・統合医療に関する研究、漢方・統合医療の学会や医学雑誌における学術活動、伝統医学に関するWHOアドバイザー、中国医学に関する国際標準化の日本代表として活躍している。

ライフスタイルに合わせて選べる3つのコース

座学講座

ーまず、漢方アロマコースとはどのような講座なのでしょうか?

漢方アロマコースは、文部科学大臣の認定を受けたプログラムです。 「日本薬科大学実践力育成プログラム(BP)」という名の通り、漢方アロマについて実践的な知識を体系的に学べます。

社会人のスキルアップや学び直し、女性の活躍支援を目標に、現在第5期が開講されています。2021年度も以下の3コースを開講予定ですので、自分のライフスタイルにあわせてコースを選べますよ。

  1. 漢方アロマコース(フルコース)・・・120時間以上
  2. 漢方アロマコース(短期)・・・・・・60時間以上
  3. 漢方アロマコース(e-learning)・・・60時間以上

ー開講に至った背景をお聞かせください

平成27年度に政府が掲げた「一億総活躍社会」に向けた取り組みとして、文部科学省から「職業実践力育成プログラム」の募集が開始されました。 本学もその取組みに賛同し、何らかのプログラムを開講したいと考え、長年注力してきた漢方にフォーカスを当てることにしました。

ただ、漢方に関する社会人教育、専門教育は、他にもありますので、アロマセラピーやヨガ、西洋ハーブ、薬膳、健康食品、鍼灸、マッサージなど、皆さんが興味を持ってはいるが、近づきにくく、正しい知識を得にくい統合医療と呼ばれる分野のものも数多く加え、総合的な講座としました。

文部科学省の認定要件として「実務に関する知識、技術、技能」がありましたので、即戦力人材を育成できるプログラムを意識しました。

薬剤師や医師、看護師も含め、医療関係者は実は漢方にあまり詳しくないんです。大学医学教育に正式に漢方が取り入れられたのは2001年からですから、40歳以上の医師は漢方について大学で学ぶ機会がなかった世代といえます。
薬学部においても、以前は、漢方は、原料の植物(生薬)とその化学成分を中心とした教育が行われてきましたが、2013年から、漢方教育は、薬物治療に重点をシフトするようにカリキュラムが改定されました。そのため、薬剤師の方々も、漢方薬を用いた医療に詳しい方が少ないのが現状です。

患者さんは、実際に使われている漢方や、アロマセラピーやヨガ、健康食品などのことを、医療者に話さないという報告があります。その理由は、医療者が、これらについての知識がないため、話も聞いてもらえず、全面的に否定されてしまうからです。

こういった講座を通じて、実体を理解し、現場能力を鍛えることは大きな意味があるはずです。医療関係者はもちろん、薬学の知識を持たない方も、本講座を体験することで、より社会で活躍できる人材に近づけると確信しています。本講座を受けられた方の中には、国家資格を取って統合医療に向き合うために、鍼灸学校に進まれた方が何名もいます。

実習を通じて鍛えられる現場能力

ー講座の特徴はどういった点ですか?ほかの漢方スクール(講座)との違いも教えてください

実習がとても多いという点ですね。たとえばフルコースの場合、130時間のうち約半分にあたる62時間が実習です。 体験でしか得られない気付きを得たり、面白さを味わえたりするのが本コースの一番の魅力だと思います。
世の中に漢方スクールは多数ありますが、体験授業をこれだけ提供しているのは本学だけではないでしょうか。

アロマテラピー実習フット手技指導

ただ、現在は、昨今の状況をふまえオンライン講義を増やしており、今後は、実習を行うのは難しくなってくるかもしれません。しかし、このことを逆に利用して、次年度からは、講師を日本中、世界中に広げたいと考えています。家で、外国の専門家の講義をオンラインで受けられ、質問もできるというのは、魅力的ではないでしょうか。
実習ができない状況下においても、より専門性が高く充実した学びを提供できるよう、工夫を凝らして学習の質を維持したいと考えている次第です。

また他講座との違いとして、大学が提供するという安心感・信頼感は大きいかと思います。 トップクラスの専門性を持った信頼できる公的機関や大学の研究者、一流企業の方々を交え、民間スクールとは一線を画した学びを得られるでしょう。
内容が極端に難しいということもないため、大いに活用していただけるのではないでしょうか。

ーこの講座はどのような方におすすめですか?

シンプルに「漢方や統合医療に興味がある人」に尽きるかと思います。 薬剤師、看護師、医師といった医療関係者はもちろん、プログラム内容に魅力を感じる方はどなたでも歓迎ですよ。
ただし本コースは漢方や統合医療の入門コースとして位置づけているため、深く専門的な知識を学びたい方は逆におすすめできません。

例えば漢方の流派は数多くあり、民間の講座はほとんど、その1つだけを「正しい」として教えるものです。しかし。本コースでは、漢方に関する考え方は、いくつもあることを教えますが、どれが自分の求めるものとして適しているかは、受講生の方々に判断いただきます。知識をフラットな視点で提供していますので、あくまで「学びの入口」としてとらえていただければと思います。

薬剤師の場合、漢方を学ぶことで患者さんへのアドバイスに幅が出るなど現場能力の向上に繋がります。 また普段の業務で漢方を専門としていなくても、新たな知識を獲得して損をすることはありません。

より専門性の高い薬剤師として活躍の幅が広がるのではないでしょうか。

受講生自身が「気付き」を得られる場に

薬局実習

-最後に、漢方に興味を持つ薬剤師に向けてメッセージをお願いします

本学では西洋と東洋を融合した「統合医療」の実現を目指しています。

漢方アロマコースでも西洋東洋ともに尊重しているため、セットで理解を深められるでしょう。特定の医学に偏らずフラットに学ぶなかで、受講生自身が「気付きを得る」ことを促しています。

漢方は、教わったことをそのまま受け売りする学問ではありません。学んだ内容を自身で判断し、実践を通じて知識を昇華させて、はじめて漢方を学んだといえるでしょう。

本学の漢方アロマコースを受講し、何かしらの「気付き」を得ることができましたら幸いです。

日本薬科大学漢方アロマコースの公式ホームページはこちら
HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

健康情報をすべての人に。『ヘルス・グラフィックマガジン』のこだ…

調剤薬局は、対人業務の重要性の高まりとともに「薬をもらうところ」から「健康相談ができる場所」に変化しつつあります。 そんななか、アイセイ薬局では従来の調剤薬局の役割から一歩踏み込んだ取り組…

  • 🕒
  • 2020.12.21更新

緊急性と安全性の両立を。地域医療においてベルランド総合病院が目…

高度急性期病院として、地域医療に貢献するベルランド総合病院。 今回は同院の薬剤部で活躍する薬剤師の皆さんにお話を伺いました。 ▽取材にご協力いただいた方々 ■小泉 …

  • 🕒
  • 2020.12.09更新

「コロナ禍でようやく理解された」月刊『最新医療経営 フェイズ・ス…

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療機関は患者数・処方せん枚数の激減といった深刻な影響を受けています。 厳しい経営に頭を悩ませる医療関係者も多いのではないでしょうか。 そこで今回…

  • 🕒
  • 2020.12.03更新

デジタル化への転換で患者さまのクオリティオブライフを追求。クオ…

コロナ禍により薬局業界が大きな転換期をむかえています。 クオールでは、多様化する患者さまのニーズに応えるためデジタル化の取り組みを開始しました。 今回は新たな取り組みの「デジタルAI戦…

  • 🕒
  • 2020.12.03更新

「Lehmannプログラム」の導入に込められた想いとは。京都薬科大学が…

愛学躬行(あいがくきゅうこう)の精神を掲げ、多領域で活躍できる人材の育成を志す京都薬科大学。 今回は2020年度からスタートした社会人向け年間プログラム「Lehmannプログラム」について本学の学長、後藤直正…

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

基礎研究・臨床・英語力の3本柱で薬剤師を育成。近畿大学薬学研究科…

多様な薬学領域で活躍できる薬剤師を輩出する近畿大大学院薬学研究科。今回は大学院のコースのひとつである「地域医療薬学講座」について、本学の川畑教授にお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

苦労の先に養われる「真実を見抜く力」。熊本大学薬学部の学部長に…

薬学的思考力と倫理観を備えた、創造性豊かな人材育成を目指す熊本大学薬学部。今回は社会人薬剤師が大学院で学ぶ意義について、熊本大学薬学部の学部長 甲斐広文さんにお話を伺いました。

  • 🕒
  • 2020.11.11更新

独自取材!患者目線の薬局経営・東京メディエールが描く地域の薬局

こんにちは!「HOP!」の編集担当・与那覇です。最近、「かかりつけ薬局」や「かかりつけ薬剤師」という言葉を耳にする機会がずいぶん増えましたよね。そこでHOP!編集部では、都内で21店舗の薬局を経営する東京…

  • 🕒
  • 2020.11.04更新

スポーツ振興の旗手として、日本大学薬学部が取り組む「アンチ・ド…

一見縁がなさそうに見える「薬剤師とスポーツ」の融合によって生まれたアンチ・ドーピングプロジェクト。アンチドーピングの啓発活動および研究拠点の確立に向けてどのような取り組みを実施しているのでし…

  • 🕒
  • 2020.11.02更新

直撃取材!「ヤクジョブ」が追及する人と人を大切に繋げる転職とは…

クラシス株式会社が運営する薬剤師専門の求人サイト「ヤクジョブ」。 サービスの特徴や強み、そして転職サポートにかける想いを同社の営業担当清水さん、薬剤師の渡邉さんに伺いました。

  • 🕒
  • 2020.10.30更新

オンライン診療に新たなカタチを。凸版印刷が提供する処方せん薬宅…

凸版印刷株式会社の100%子会社、おかぴファーマシーシステム株式会社が2020年3月にリリースした処方せん薬宅配サービス「とどくすり」。今回はサービスの特徴や開発に至った背景、そして今後の展望を同社…

  • 🕒
  • 2020.10.21更新

ポイント還元サービス「レシートで貯める」が見出した、レシートの…

日々のレシート投稿でポイント還元を受けられるサービス「レシートで貯める」。今回は本サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社の山室さんにお話を伺いました。 …

  • 🕒
  • 2020.10.14更新