転職しやすい時期は決まってる!絶対に失敗しないタイミングを紹介

転職しやすい時期がいつか知りたい男女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職したい」と思っていても、職場の状況や転職活動のことを考えると、なかなかすぐに行動するのは難しいですよね。 この記事では"求人が増える時期"や"年齢によっても違う転職のタイミング"などを、詳しくご紹介しています。ご自身の転職に是非お役立てください。

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

転職の時期やタイミングはどうやって決める?

現在の職場や仕事の不満が溜まりストレスを感じているからと、むやみに退職し転職に踏み切る事は、リスクも伴います。転職は計画的に行いましょう。

転職時期のおすすめの決め方は、大きく分けて以下の2つがあります。

  • ライフイベントをもとに決める
  • 採用ニーズに合わせて決める

ライフイベントをもとに決める

ライフイベントをもとに転職の時期を決める方法

今後控えている結婚や出産、家の購入や子供の進学などのライフイベントをもとに転職時期を考えるパターンです。

この場合、1〜3年といった、長期にわたる見通しが必要になってきます。

たとえば、「3年後に家を建てる資金をためるために、今年中にもっと年収の高い企業に転職しよう」といった未来の予定からさかのぼって転職時期を割り出し、活動に移すパターンです。

今はとにかく稼ぎたい!」「仕事ばっかりじゃなくて、程よく遊びたい」など転職の際に求めるものは、人それぞれ違うものです。

自身の将来設計をもとに考えることで、"いつ転職すべきか"がきっと見えてくるはずです。

採用ニーズに合わせて決める

せっかく転職に踏み切り頑張っていこうとした矢先に、時期が悪く、採用枠が無いという理由で採用に結びつかなくなってしまっては、もったいないですよね。

自分の希望通りの転職を成功させるには、希望の企業や職種などの採用ニーズが高まり、求人が多い時期を見極めることが転職を成功させる第一歩といえます。

転職初心者は無料で転職支援してくれるdodaがおすすめ

転職活動開始~転職完了まではどのくらいかかる?

転職の時期を考える際には、知っておかなければいけない重要な事がもう一つあります。

それは、転職活動にはどれくらいの期間がかかるのかという事です。

個人差はあるものの、一般的に転職活動は転職活動開始から、転職完了までは平均で3カ月かかると言われています。

転職の期間を逆算して考える

そのため、ご自身のライフプランとも掛け合わせて転職を完了したい日から逆算し、転職活動を始める時期を定めて、スケジュールを立てることをおすすめします。

転職しやすい時期っていつ?その理由とは

求人が増える時期に転職活動をするのは、幅広い求人の中から自分の希望の職場を選べるというメリットがあります。

求人が増える時期は、企業が率先して採用を進めたい時期でもあり、「企業が人員を確保しなければならない時期」なのです。

よって、企業の採用意欲も非常に高いため、求職者にとって転職に有利な時期と言えます。

しかし、裏を返せばその時期には他の求職者の人数も増するため、面接の対策などはしっかりと行いましょう

それでは、転職が有利になる=求人が増える時期をその理由とともにご紹介していきます。

新年度や下半期がスタートする「3月~4月・9月~10月」

女性が転職で成功する時期はいつ?

企業によっても異なりますが、新年度や下半期がスタートする、3~4月や9~10月は求人が増える時期です。新しい期が始まる時には、企業の事業計画などが決まります。

新しい期が始まる時には、企業の事業計画などが決まります。 そこには、「どのような人材を、いつまでに、何人採用するのか」という採用に関するものも含まれるのです。

そのような新しい期のスタート時には、 年度末でのプロジェクトの終了による退職者の増加や、新たなプロジェクトの発足による人員不足や人員補強などにより、人材を獲得する必要性が高まり、企業は採用を進めます。

そのため、採用意欲の高い求人が増えるのです。

■3月~4月に転職を完了したい人

転職の準備は12月~1月に始めましょう。

■9月~10月に転職を完了したい人

転職の準備は6月~7月に始めましょう。

退職者・退職希望者が増える7月~8月・12月~1月

男性が転職で成功する時期はいつ?

辞めるならボーナスをもらってからにしよう」などの理由から、主に夏は7~8月、冬は12~1月に退職者や退職希望者が増えます。

そのため、足りなくなった人員を確保するために企業は求人募集を始めるのです。

この時期の求人は、退社してしまった人材を獲得しなければならず、緊急を要するものが多いため、企業は「人員を獲得しなければならない時期」になります。そのため比較的採用意欲の高い求人が多いと言えます。

■7~8月に転職を完了したい人

転職の準備は4月~5月に始めましょう。

■12~1月に転職を完了したい人

転職の準備は9月~10月に始めましょう。

転職時期だけでは失敗する!年代に要注意!!

年齢・年代で転職の成功率は変わるのか比較している

いくら求人が多い時期に転職活動をしたからといっても、理想の企業に転職できることは限りません。

なぜなら、年代によっても転職事情は変わってくるのです。

転職に失敗しないためにも、ご自身の年代と照らし合わせて転職事情を理解し、転職の準備を進めていきましょう。

20代の転職事情「第二新卒の転職・採用が活発化」

以前までは、入社したら3年以内に会社を辞めてはいけないという傾向もありました。

しかし近年は、教育しやすい第二新卒の採用市場も活発で、社会人1年目の転職希望者の採用も多くなっています

既に特定の企業で働いてきたベテランや中堅層の場合、教育もしづらく、企業に馴染むまでも時間がかかってしまいます

一方で特定の企業に染まり切っていない20代は、教育もしやすいため、社内で育成するために採用するという企業も多いのです。

また、未経験職種に転職するのも20代のうちがおすすめです。

ポテンシャルさえあればあとは社内で育成していく」と言う企業もあるほど、20代はスキルよりも、ポテンシャルで採用される割合が多くなっています。そのため、未経験職種でも非常に採用されやすいのです。

しかし、だからといって 「27歳くらいになったら、転職しようかな」「求人が多いときに転職すれば絶対うまくいくだろう」というように、転職に有利な時期を見計らうだけでは失敗します。

20代の転職を成功させるためには、ノウハウを知っておくことも必要です。

20代の転職事情について、より詳しくはこちらに記載しています。

30代の転職事情「即戦力が求められ始める時期」

30代は社会人として脂がのっている時期です。そのため企業からは即戦力人材として採用されることが多いでしょう。

さらに、最近は人材不足も深刻なので、同職種であれば即戦力として採用されることが多いでしょう。しかし、未経験分野への転職となると話は別です。

30代の後半になればなるほど、企業からは、実績やスキルなど即戦力になるものを求められます

だからこそ、30代で未経験分野へ転職する際は、30代前半の時期をおすすめします。

30代の転職事情について、より詳しくはこちらに記載しています。

40代の転職事情「厳しい傾向にある」

40代ともなると転職はますます厳しくなっていきます。20代や30代と同じ転職活動の仕方では失敗してしまうでしょう。

企業が40代を採用するという事は、約20年間の社会人としての経験値を求めてきます。

だからこそ、「今の自分のスキルから、新しい職場で発揮できるものはなにか?」ということを基に考えましょう。

そのため、40代は求人が増える時期だけでなく、企業が求めるものと、自分ができることを見極めて、応募企業を決める必要があるのです。

40代の転職事情について、より詳しくはこちらに記載しています。

未経験分野への転職に重要なのは時期ではない!?

結論からお伝えすると、未経験分野への転職は20代が一番有利とされています。

年代別の転職事情でもお伝えしたように、20代は、そもそもスキルよりもポテンシャルで判断されます。

つまり、求人票に「未経験歓迎」と書かれていなくても、20代という事だけで未経験でも採用してもらえる可能性があるのです。

逆に30代~40代には、ポテンシャルではなく経験やスキルが求められます。つまり企業は30代~40代に即戦力として活躍してほしいのです。

だからこそ、未経験での転職は採用のハードルが上がってしまうと考えた方が良いでしょう。

ただし、近年では深刻な人材不足が進んでいるため、介護業界などの人手不足の職種などであれば、未経験でも採用される場合もあります。

30代~40代での未経験転職は年収ダウンの可能性大!

また、30代~40代の方々は年収にも注意が必要です。 なぜなら、30代~40代には経験やスキルが求められ、それに対して給料をもらっています。

それが、未経験として転職することで経験ゼロからのスタートになってしまうので、年収が下がる危険があるのです。

なるべく年収が下がらないようにするためには、今までの経験・スキルが次の職場でどう活かせるのかを考え、職場選びをしましょう。20代とは違い、新しいチャレンジをしてもまたすぐに転職をするのはリスクになってしまいます。

しっかりと自分に向き合い慎重に転職の準備をしましょう。

いつ転職すればいいか分からないなら、転職エージェントに無料相談がおすすめ

転職サイトは様々な相談に乗ってくれる

転職の手順や優先順位を決めてくれる

転職に不慣れだと、そもそも何から始めていいのか、わからないものです。そんな時、転職サイトに登録をしていれば、転職のプロであるエージェントが、手順はもちろん転職活動の優先順位を決めるポイントなども指導してくれます。

転職支援サイトよっては転職ガイドの資料を配布したり、セミナーも開催しています。何よりキャリアアドバイザーが転職のナビゲーター役として求職者を全面的にバックアップしてくれます。

その都度相談にのってくれる「心強い味方」であり、初めての転職であったとしても安心です。

親身になって相談に乗ってくれる転職サイト一覧はこちら

最適な転職時期を提案

自分で適した転職の時期を決めることは難しい判断です

なぜなら、希望の職種の求人が多いか少ないかの判断もつきづらく、キャリアプランを持っていたしても転職市場や業界動向について知らない人がほとんどだからです。

転職エージェントには、業界ごとのビジネスの流れや知識が豊富に蓄積されています。

それをもとに、求職者の会社の業界や仕事内容、状況によって転職しやすい時期を割り出してくれるのです。

さらに、多くの求職者のキャリア設計やライフイベントについてカウンセリングをしてきたため、将来の選択肢も提示してくれるでしょう。

親身になって相談に乗ってくれる転職サイト一覧はこちら

企業の採用から入社まで徹底サポート

転職活動では、選考や内定、入社日といった時期の調整も悩みどころです。

今の仕事を続けながらスケジュールをたてることは、難しいですがそのような煩わしい部分も転職エージェントが代わりに手配してくれます。

また、面接などで現職を休む時の調整の仕方、上司へ退職の意思を報告するタイミング、退職願の書き方や円満退職の仕方までサポート内容は充実しています。

このように、選考から内定までの流れを熟知しているので、求職者を徹底フォローしてくれます。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

履歴書の書き方が分からない!転職で差がつく完璧な履歴書作成のコツ

転職を成功させるにはまずは「履歴書」でいかに自分を印象付けるかが大事!とは言われますが非常に難しく感じるものです。 そこで志望動機を含めたアピールポイントのコツなど自信…

転職サイトに登録したら会社にばれる?使うメリットと転職成功のコツ

「転職サイトって本当に有効なのかな?」「登録したら、どう転職に有利なんだろう?」 自分だけの知識で転職を成功させる自信はないし、自力で…

転職の退職理由で失敗したくない!例文で学ぶ好印象を与えるコツ

退職理由の伝え方は退職交渉や中途採用の選考でもよく難関となります。「退職理由でマイナス印象になりたくない」「退職理由の伝え方で失敗したくない」…

退職のタイミングはいつがいい?転職までの流れと退職の伝え方のコツ

転職活動が無事終わり希望の転職先から内定をもらうことができたとしても、最後に円満退職するという仕事が残っています。 「転職は決まったけど職場への話の切り出し方がわからな…

転職は志望動機で決まる?例文を紹介!絶対失敗しない書き方のコツ

履歴書や職務経歴書を書く際に、「志望動機に何を書いたらいいかわからない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか? 志望動機は企業の採用担当者が特に重視する欄です…

転職の進め方|好条件求人の探し方3選とメリット・デメリット比較

「初めての転職で、何から手をつけたらいいのかわからない…」「正しい転職の進め方ってあるの?」 新卒時と異なり、中途の転職活動には…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事