Dollarphotoclub_73508097

50代の未経験薬剤師が転職・就職を成功させる為の3つのポイント!

「年齢的にもう無理なのでは…?」「どこも採用してくれないだろう」とあきらめている方も多いのでは? このページでは、50代の薬剤師が転職を成功させるためのポイントを紹介します。「まだまだこれから!」という50代の薬剤師必見の内容です。

この記事に書かれている事まとめ
  • 「50代の薬剤師が転職しにくい」というのは、思い込み!
  • 経験やモチベーションから、50代を欲しがっている求人は実は沢山ある
  • 薬キャリ無料相談すれば、50代の薬剤師を欲しがっている求人を紹介してくれる。
転職サイト
時給
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3500~
3000

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給3000~
2500円

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給3000~
2000円

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。


1.なぜ50代は転職がしにくいのか?

50代はいろいろな悩みを抱える年代です。薬剤師も例外ではなく、年収が上がらない、納得できない異動を言い渡された、リストラを宣告された…と様々な壁に直面します。一方で、子供が大きくなって現場に復帰したいけど、どうしていいかわからない、という女性薬剤師の方もいるでしょう。

なぜ50代が転職しにくいのかを考えてみましょう。雇い側が挙げる理由は以下の通りです。

  • 定年を踏まえると今後働ける期間が短い
  • 将来性(伸びしろ)がない
  • 薬剤師に比べて人件費が高い
  • 教育がしづらい

これらをみて「納得できない!」と思う50代の方も多いでしょう。しかし、それぞれの頭に「若い薬剤師にくらべて」という言葉を入れてみたらどう思いますか?そうなると納得するしかないですよね。

しかし、50代には若い人に負けない武器があります。それは長年の仕事を通じて身につけた「経験」です。これは、上記の理由を補って余りある強い武器となるのです。


→薬キャリで未経験・ブランク歓迎の求人を見てみる

2.50代の転職では「人生経験」が最大の武器になる

まず、調剤が未経験の薬剤師の場合、50代からの転職は困難を極めると考えてください。一方で、調剤経験がある薬剤師であれば、50代といえど転職できる可能性は大いにあります。職場によっては管理薬剤師などの管理職として迎えられることもあり、キャリアアップや年収アップも十分に狙えます

とはいえ、若い人に比べると不利になる点が多いのも事実ですから、しっかりと対策を練って転職に臨む必要があります。以下に転職成功のポイントを3つ紹介します。

経験を明確にし、アピールする

繰り返しになりますが、50代の薬剤師が若い薬剤師に勝てるものは「経験」です。場数といってもいいでしょう。対人スキル、処方スキル、コミュニケーション能力、さらには人生経験という意味でも頼りになるのが50代の強みです。これを武器にしなければ転職は難しいでしょう。

自分が今まで「何年間、何を経験したのか」「それを活かして新職場でどう貢献できるのか」これを明確にし、アピールする必要があります。それを生かして即戦力として活躍できる職場であればなおさら有利です。

→薬キャリでこだわり条件求人を見てみる

強いモチベーションを持つ

転職にはエネルギーが必要です。一般的に難しいとされている50代であればなおさらです。うまくいかないこともあるかもしれませんが、そこをクリアすれば新天地が待っているわけですから、強いモチベーションを持って乗り切りたいところです。

未経験・ブランク歓迎の求人を見つける

まず50代の経験豊富な薬剤師を探している求人を見つけなければ話になりません。しかし、「50代以上歓迎」や「未経験・ブランク歓迎」の求人は、そうたくさんあるわけではありません。そのような求人を確実に見つけるためには、
薬剤師専門の薬キャリへの登録を特にお勧めします。
なぜなら薬剤師専門の薬キャリは、月間約9万人が利用している日本最大級の転職支援サイトです。求人数・情報量が豊富であるため、様々な条件の薬剤師求人を探しやすいと評判です。また薬キャリは、登録しなければ閲覧することができない「非公開求人」を数多く抱えています。薬キャリのコンサルタントに相談すれば、「50代以上歓迎」や「未経験・ブランク歓迎」の求人も、非公開求人の中から紹介してもらえることでしょう。

薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 50代からの転職に不安を抱えている薬剤師
  • 薬剤師業務にブランクがあり、復帰する自信のない薬剤師
  • 実務経験がほとんどなく、研修制度を利用したい薬剤師

3.未経験のたんす薬剤師、ペーパー薬剤師はどうする?

50歳まで実務経験のない薬剤師を「ペーパー薬剤師」とか「たんす薬剤師」と呼んだりしますが、当時は結婚や出産で退職する女性が多い時代でしたので、その世代は実務経験が無い人が多いのです。

一方で、子供の独立などを機に50歳から薬剤師資格を活かして仕事がしたいと考える人もいると思います。

もし薬剤師として実務経験が全くない場合50代からの転職は難しく、病院薬剤師や製薬会社勤務は不可能です。

しかし、大手の調剤薬局やドラッグストアでは研修制度を充実させて未経験者の採用を行っているので可能性はあります。

未経験の場合、このような職場を中心に転職活動を行うとよいでしょう。

4.50代からの転職を成功させるには?

あなたが経営者だとして、50代の人間を採用する際、何が決め手になりますか。また、20代の人間と50代の人間が応募してどちらかを選ぶとして50代の人間を選ぶとしたら何が決め手になりますか?それはやはり「経験」でしょう。

しかし、経験よりも若さを重視する職場もあります。その見極めが重要なのですが、求人内容から伺い知ることは難しいものです。そこで「求人を出している薬局の内情を把握していて、しかもあなたの味方になってくれる存在」がいたら心強いと思いませんか?それが「薬剤師専門の転職コンサルタント」なのです。

転職コンサルタントは「この薬局は、50代ならではの経験を必要としている」もしくは「50代ならではの経験が生きるはずだ」ということを把握していますから、ピッタリの求人を紹介してくれるでしょう。また、転職コンサルタントは薬剤師転職のプロです。50代の転職に関しても多くのノウハウを持っています。

50代からの転職を成功させるには転職コンサルタントは絶対に味方にしておきたい存在といえるでしょう。

非公開求人が閲覧できる!相談もできる!

薬剤師専門の転職サイトに登録する最大のメリットは「隠れた50代対象の求人を紹介してもらえること」です。前述の通り、50代を対象とした求人はほとんど表に出てきません。

どんな求人が出されているかを把握できなければ、転職のスタートラインに立つことさえできません。閲覧できるようになった非公開求人を元に、転職コンサルタントに条件を伝えながら最適な職場を探していきましょう。

また、転職コンサルタントは転職に関するあらゆる相談に乗ってくれます。職場の雰囲気はどうなのか、自分のキャリアが通用するか、年収はどうなるか、といった相談もOKです。

また、復職を目指す女性薬剤師ならブランクの心配などもあるでしょう。遠慮なく相談してみてください。きっと、50代からの転職を目指す薬剤師の力になってくれるでしょう。

【緊急】3月を超えると求人数が激減するの?

3月が年度末の企業を中心に採用計画の充足に向けた動きが強まるため、中途の正社員採用が強化されます。逆に3月を逃してしまうと、求人数は減り転職難易度が大幅に上がる傾向にあるのです。まずは求人を見てみたい、転職を考えている、という薬剤師は3月に行動することをおすすめします。

Hop経由で転職成功した人の82%が転職希望日を「6ヶ月以内」と回答

急募をしている高給与求人や人気の求人は転職転職希望日が早い人から優先的に紹介をされます。いつ転職しようか迷っている方は良い職場に巡り合えるよう少しスケジュールを早めて検討するのが転職成功の秘訣です。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら