転職 ポイント

転職は「時期」の見極めが肝心!あなたにとって最適な転職時期とは?

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

会社がイヤになって転職を考えている人、一度冷静になって考えてください。「今」というタイミングは本当に正しいですか?転職には最適な時期があります。

それをしっかり見極めることによって、転職成功率をアップさせるなどメリットがたくさんあるのです。この記事ではシーン別に、転職に最適な時期を紹介しています。最高のタイミングで転職するためのヒントが見つかるはずです。

①最適な転職【時期】とは?

1.転職【時期】の定義2パターン

転職に適した時期の考え方は大きく分けて2パターンあります。

年単位での転職
今後控えている結婚や出産、家の購入や子供の進学などのライフイベントをもとに「転職時期」を考えるパターンです。1〜3年といった、長期にわたる見通しが必要になってきます。たとえば、3年後に家を建てるので、資金を貯めるために今年中にもっと年収の高い企業に転職しようといった「未来の予定からさかのぼって」転職時期を割り出し、活動に移すパターンです。

月単位での転職
4月入社や9月入社を目指して活動する「1年のうちでいつ転職するのが最適か」を考えるパターンです。市場的に転職しやすいといわれる時期や、対象職種の求人が増えるなど、その時期特有の転職事情により活動に適した時期を指します。

この考え方はとても大切です。プライベートが落ち着かない時に転職をすると仕事も新しい環境で慌ただしく生活自体が慌ただしくなり、疲弊していまいます。その結果仕事で失敗をしたり、家庭がうまくいかなくなったりと良くないことの原因になってしまうかもしれません。自分の状況と将来設計とのバランス、企業の採用ニーズの高まりといったバランスを見極めることが成功の秘訣のひとつです。

希望の仕事の募集がほぼ終了した時期と知らず、転職活動をしたとします。そこで不採用が続くと「自分の能力が足りないからだ」と勘違いをしてしまうかもしれません。旬の魚は旬にしか獲れないように、希望の仕事もその仕事特性上求人の発生時期はだいたい固まっています。時期を踏まえて活動することで、はじめて自分の能力で勝負できる土俵に上がれます。まずはあなたの転職したい時が転職に適しているかを考えてみましょう。

②いま転職すべき?年代別、シーン別に調査

まずは、年単位での転職時期についてみていきましょう。ここでは年代別、シーン別に「転職すべきか?」を考えてみます。

1.【20代】今、転職すべき?

新卒や第二新卒にあたる20代の方は知識を吸収し、様々な経験を身に付けるべき時です。転職によってよりスキルを磨けるのであれば転職をすべき時期といえます。また、他の年代に比べ自分の判断を中心に転職を考えられるため、この時期に転職を経験しておくことは意義あることです。

20代はまだ社会人経験も浅く実際に経験をしてみないと自分のしたいことや適したことをみつけにくい時期でもあるため、キャリアの幅や方向性を探す意味でも転職活動をすることは様々な会社や仕事を知る機会にもなります。
少し前までは入社したら3年以内に会社を辞めるてはいけないというトレンドもありましたが、その考え方も変わってきており、第二新卒の採用市場も活発になっていることも転職をおすすめする一つの理由になっています。

2.【30代】今、転職すべき?

結論からいえば転職をしても良いタイミングです。30代は役職に就く年代で、重要な仕事もまかされます。20代で積んだ経験をアウトプットする機会が増えてきます。そのため、30代で働く会社や積める経験によってその後のキャリアや方向性がほぼ決まってくる時期なのです。自分の市場価値が正しいものなのかは実際に転職活動をしてみないとわからないため、転職をしないにしても一度人材エージェントに登録し、自身の能力や今の条件が妥当かどうかを知っておいた方がいいでしょう。

3.【40代】今、転職すべき?

どうしても転職をしたい理由があるのであれば転職をすべきです。しかし40代ともなると転職は厳しくなってきます。社会人歴も20年近くになり、経験や仕事のやり方の方向性もがっちりと固まって柔軟性も失われているはず。新しい環境への適応力が問われます。

採用する側としては部署の雰囲気に合うかどうか、年齢に即した経験を持っているかなどを厳しくチェックされます。慎重に転職時期や転職したい理由等を見定めた上で活動を始めることをお勧めします。

4.【女性】今、転職すべき?

本人の現時点の状況と将来像によっては転職すべきです。たとえば出産の予定がある場合、残業が当たり前という雰囲気の会社であれば、育休復帰後のことを考えて転職も考えなければなりません。育休復帰は想像以上に大変で、周囲の理解や協力なくしてやってはいけません。何かしら会社のサポートがあったり、周囲の手助けが望めない状態で働き続けると、いずれ破綻をきたしてしまいます。

女性には結婚や出産といった事情が付きまとうものですから、自分が今後どうしたいのかをしっかり見極めて「未来の自分を救う」という視点で転職を考えましょう。

③「何月」に転職するのが良いか?

続いては「1年のうちでいつ転職すべきか」についてみていきましょう。3つのシーズンに分け、具体的なメリットについて紹介します。

1.【8〜9月】ボーナス後に転職して、金銭的にお得に転職したい

この時期は、夏のボーナスを取りこぼすことなく転職できる時期です。転職活動が長引くと資金の枯渇が心配になります。蓄えがあることで心に余裕を持って活動に励めるようになるため、ボーナスはもらえるならもらっておきたいところです。

また、8〜9月は夏季休暇を申請できる時期のため、面接などの転職活動もしやすい時期です。少し先にはなりますが、10月入社は4月入社に続いて企業の採用ニーズが増える時期です。その時期を目指して活動をするにも都合の良いタイミングですね。

2.【6〜7月】ライバルの少ない時期に転職して、内定確率を上げたい

この時期は転職市場も落ち着きをみせているため、求人数自体は少なくなっています。一方で、人材エージェントの忙しさも落ち着き、丁寧なサポートが受けやすい時期でもあります。転職経験が浅い人はこの時期に登録をしておくと良いでしょう。また、この時期は4月に入社した人が辞めてしまい、その穴埋めとして急遽優良求人が舞い込んでくるタイミングです。ライバルが少ない中で魅力的な求人に出会えるチャンスが多い時期です。

3.【2〜3月】求人数の多い時期に転職して、選択肢を広げたい

ご存知の通り、4月入社は1年の中でもっとも求人が増える時期です。求人数が多い=選択肢が広がる時期であるため、2月3月は転職活動におすすめの時期です。

一方でライバルが多い時期でもあるため、おくれを取らないよう12月、1月までには転職サイトへの登録を済ませ、転職活動に慣れておく必要があります。また、年度末はどの会社も忙しいため、今の仕事をスムーズに退職できるよう業務の洗い出しをし、引き継ぎの準備をしておくとよいでしょう。

④転職時期に悩むなら、エージェントに相談すべき3つの理由

最適な転職時期といっても、なかなかその見極めは難しく、必ずしもその時期に転職できるとは限りません。そこで、転職エージェントに相談するという方法をおすすめします。その理由を紹介します。

1.転職の手順や優先順位を決めてくれる

転職に不慣れだと、そもそも何から始めていいのか、わからないものです。そんな時、転職エージェントに登録をしていれば、手順はもちろん転職活動の優先順位を決めるポイントなども指導してくれます。転職エージェントによっては転職ガイドの資料を配布したり、セミナーも開催しています。

何よりキャリアアドバイザーが転職のナビゲーター役として求職者を全面的にバックアップし、その都度相談にのってくれる「心強い味方」になってくれます。初めての転職であったとしても安心です。

2.最適な転職時期を提案してくれる

自分で適した転職の時期を決めることは難しい判断です。なぜなら、希望の職種の求人が多いか少ないかの判断もつきづらく、キャリアプランを持っていたしても転職市場や業界動向について知らない人がほとんどだからです。そんな時は転職エージェントが心強い味方になってくれます。

転職エージェントには、業界ごとのビジネスの流れや知識が豊富に蓄積されています。それをもとに、求職者の会社の業界や仕事内容、状況によって転職しやすい時期を割り出してくれるのです。さらに、多くの求職者のキャリア設計やライフイベントについてカウンセリングをしてきたため、将来の選択肢も提示してくれるでしょう。

3.転職活動のスケジュールを組んでくれる

転職活動では、選考や内定、入社日といった時期の調整も悩みどころです。しかし、この調整がうまくいかないことによって良い結果は得られません。今の仕事を続けながらスケジュールを引くのは難易度が高いのですが、ここでも転職エージェントが活躍してくれます。

選考から内定までのフローを熟知しているので、求職者を徹底フォローしてくれます。面接で現職を休む時の調整の仕方、辞表を切り出すタイミング、退職のための準備事項など細部に及びます。さらに円満退社をするためのノウハウまで持っています。求職者は転職活動そのものに集中することができ、内定をグッと引き寄せることができるでしょう。

ライバルが少ない非公開求人を手に入れたいならDODA

DODAの非公開求人情報
初めて、20代 無料登録 履歴書対策 高年収求人

大手の非公開求人などなかなか手に入らない求人情報を探したいあなたにおすすめの転職サイト。非公開求人全国No1で他には無いような好条件の求人情報を得ることができます。

⑤転職時期で迷っている方向けの転職エージェントの選び方

1.ポイントは、「大手」「実績」「求人数」

大手
大手の転職エージェントであるという事は歴史がある転職エージェントである可能性が高いです。つまり歴史があるという事は、今まで多くの転職希望者を成功に導いてきた転職ノウハウが数多く存在するという事です。

実績
転職エージェントの良い悪いは、キャリアコンサルタントの質の高さで決まります。質の高いコンサルタントほど、転職希望者の要望と企業の求める人物像を引き合わせ、交渉力で転職希望者を転職成功へと導きます。したがって実績があるという事は質の高いキャリアコンサルタントがいる証でもあるのです。

求人数
求人数が多いという事は、全ての業界の求人をまんべんなく取り揃えているという事です。求人が薬剤師、外資系、公務員など多種多様にあると、自分に合った好条件の求人を数多くの求人情報から選べます。あまりにも気になる求人が多すぎる場合は、ヒアリングを通して質の高いコンサルタントが最適な求人情報を紹介してくれます。

2.HOP厳選、上記全てを満たす転職エージェント一覧

転職サイト名 特徴
リクルートエージェント ・求人件数・転職決定件数は業界NO.1
・質の高いキャリアコンサルタント
DODA ・転職支援実績・取り扱い求人数が日本最大級
・非公開求人全国No1
マイナビエージェント ・転職一回目、20代に強い
・全国展開、企業に訪問しているから企業の内部事情に詳しい
JACリクルートメント ・ハイキャリア
・外資系
・語学力のある人にオススメ

3.転職エージェントを使ってよかった!転職成功者の体験談

30代 女 千葉
勤続年数3年 中途入社

マイナビエージェントを使いました。
少なくとも飲食店のように遅い時間になることはないので、家事や育児との両立が可能でした。職場は新卒の若い方も多いのですが、ベテランの方たちや私より年齢が上の方もいました。そのため、家庭を築いていたり子供がいる人たちも多く勤務していたため、私と同じような状況に理解がありました。

正直、飲食店のときはお金のためにただがむしゃらに働いているという感じでした。しかし、保育士として勤めるようになってからはすごく充実していますし、うまく家事と育児と仕事ができているなと感じます。何よりもお金をかけて学校に通わせてもらって取った資格なので、それを生かせる仕事につけたという喜びがすごく大きいです。飲食店は自分じゃなくても良かったなという感じでしたが、保育園での仕事はもちろん保育士でなければ務まらないので、転職して本当に良かったなと思います。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。