転職 ポイント

チャンスを逃すな!~成功する転職時期と3つのポイント

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細

「とにかく今すぐにでも転職したい!」と思ってこのページを見ている求職者の方もいることでしょう。
しかし、ちょっと冷静に。もう一度、落ち着いて考えてください。

年中いつでも求人広告を出している企業に、アナタは入社したいですか? 常時中途採用をおこなっているなら、離職者が多い。つまりはなんらかの問題を抱えた企業だと想像できます。すぐに面接してくれて即内定の希望が叶っても、その先がつらいのかも。

転職希望者は、企業の採用活動にピークとそうでない期間があることを知るべきです。

人材採用が活発になったタイミングを見計らい、より賢明に、よりよい条件で。それが理想的ではないですか?

転職のベストなタイミングとは?~年に2回の大チャンス

企業の中途採用ニーズが高まるのは、第一に3~4月。人事異動や退職者が多い年度移行の頃ですね。企業の新陳代謝がもっとも活発に行われる時節ですから、ここは当然といえば当然です。

次に注目すべきなのが9~10月。夏のボーナス支給後であるこの時期も、退職者によってあいた穴を埋める意味合いや事業拡大、新規プロジェクト立ち上げなどに伴い求人件数が増加する傾向にあります。

求人数が増えて選択肢が豊富。求職者にとって有利な時期であるのは言うまでもないこと。

もっとも、逆説的な言い方をすれば応募者が増えるのはライバルが増加するのとイコール。それだけ競争激化する可能性が高くなる点は、覚悟しておかなくてはなりません。

ピーク時期の意外な共通点~真の狙いは○月の転職?

各業界ともに3~4月、9~10月が中途採用活動のピークですが、じつはそれ以外にも狙い目と呼べる時期があります。

転職サイトのDODAが中途採用担当者を対象に行ったアンケート調査『「中途採用」の実態調査』によると、通常のピーク時期以外で突出して活発となるのが6月。こうした意外な結果が出ているのです。

特徴的なのは、大多数の業種、職種で共通して6月には採用活動が多くなっている点。営業でも企画・管理部門でも同様。IT業界においてのエンジニアやクリエイティブ関連で月ごとの変動が目立たないだけで、ものづくり系エンジニアなら6月が活発。金融専門職、サービスでも通常のピーク時と遜色ないほど6月の求人状況が活況となっているのです。

この現象には理由があります。新社会人となった新卒入社組や春入社の採用者が会社になじみ、落ち着いて業務に取り組みはじめる頃。中途採用組から即戦力となる人材を発掘する余裕が、企業側に出てくるわけです。

転職活動の動向として、年次が切り替わる3~4月や、夏季ボーナスが支給されて以降の9~10月に転職希望者が増えるのは当然といえます。求人広告件数が増加し、人材採用が活発化して選択肢の企業が多くなるのは歓迎ですが、とはいえ求職者数が多いのもまた事実。人事にとって最大の繁忙期を、あえて狙うのは不利となるケースも。

ゆえに6月の転職も、一考の余地があると記憶するべきでしょう。

アナタ自身の準備期間は?~退職タイミングを熟考し情報収集

企業側に採用募集のピーク期間があるように、求職者側にも転職に適したピークとなる時期が存在します。そのタイミングに合わせてスキルアップやキャリアアップをはかるのがベターであり、選考の点でも有利に働くのです。

転職には、相応の準備期間が不可欠。求職者であるアナタ自身が、今までにどんな経験を積みスキルを磨いてきたのか見直し、転職にふさわしい時期であるかどうか考える必要があります。場合によっては、すべきではないタイミングで転職してしまうことも。即断即決は危険なのです。

考慮するべき項目を、以下に示します。

1.年齢

基本的には何歳でも転職できますし、雇用対策法の取り決めによって、募集の際に年齢制限を設けることは原則不可とされています。

もっとも、あくまでこれは原則にすぎません。現実的には法の抜け穴を上手に活用して、年齢制限を明示する企業が多数存在しています。

“長期勤続によるキャリア形成を図る観点から”

昨今、こうした文言が、求人広告に記載されているのを見た方が多いのではないでしょうか? これは雇用対策法の条文に記されている文章で、この考え方によって募集を行うなら例外的に年齢制限をつけてもOKとなっているのです。そしてこの例外的措置が、いまや大手を振って歩いている印象です。
この種の求人広告で提示されている年齢は、おおむね35~40歳未満。「それより上なら採用しない」と明言しているに等しいわけで、事実上はこのように、採用基準に年齢制限の含まれているケースが非常に多くなっています。
また、広告には記載しないものの、本音では新卒か第二新卒程度の年齢層しか受けつけない企業も存在。法的に規制されているため、やむなくタテマエとして外的には年齢制限を設けていないよう装っているケースもあるのです。
世間一般の通念と同じですが、やはり35歳以降の転職は不利と考えるのが妥当です。

2.勤続年数

短期間で転職を繰り返している場合は、応募先企業から敬遠されやすくなります。忍耐力、あるいは協調性に欠けるか、もしくは飽きっぽいのか。いずれにしろ、入社しても長続きしないのではないかとの懸念を抱かれるものです。
一般的な通念では3年程度前職での在職期間が必要とされますが、最低でも2年間。中途採用の場合は、どういった業種や分野でも即戦力として期待するのが普通です。短期で職場を転々としていたなら、さしたる実務を経験せずスキルアップもされていないと見なされます。
採用担当者に「この人がほしい!」と思わせることこそ、円滑な転職の秘訣。よりステージアップするための転職なら、なおさらのこと。ある程度の経験値と実績が、成功のために不可欠です。

3.応募先情報を把握

自身の転職準備が整ったとしても、志望業界や応募先企業に関する知識や情報が欠落していたらやはり不安。自分のスキルを必要とする企業がどこなのか分からず踏み出せない。またミドルエイジなら年齢がネックとなり、自ら転職を断念するケースもあるのではないでしょうか。
こうした悩みを解決するのがキャリアコンサルタントや人材紹介会社。企業側が必要とする人材を知っており、その上で年収など求職者の希望条件に合致する企業を紹介してくれます。プロジェクトリーダー候補の管理職を求める企業との橋渡しも行いますから、年齢が気になるミドル層でも大丈夫。
迷いがあるなら、こういったエージェントに相談するのもひとつの手です。求職者の適性や希望に応じた最適な企業との出会いのセッティングを行いますから、ライバルより有利な転職を実現するなら、これは外せないところです。

HOP!おすすめの転職サイト

転職成功実績No.1リクルートエージェント


20代の若い層も含め、やはり優秀なコンサルタントがもっとも多い老舗の転職サービス。特にTOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方は、優秀なコンサルタントがついてくれる傾向が高い。どちらかを満たす場合には確実に登録したいサービス。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細