Dollarphotoclub_62585947

処方箋1日30枚で年収600万以上!?処方箋枚数が少ない職場

秋から春先にかけて流行るのが風邪やインフルエンザ、花粉症です。そこで一番忙しいのは、お薬を処方する薬剤師さんです。 時期的にはどの職場へいっても忙しいですが、「忙しずぎない職場ではたらきたい」。そんな薬剤師さんのために、処方箋枚数が少ない職場とその求人を紹介していきたいと思います。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,処方箋枚数が30枚以下でも成り立つ職場

薬事法によると、薬局の薬剤師が処理することのできる処方箋の枚数は、一人当たり40枚/日と定められています。つまり一日に100枚の処方箋がでる薬局では、少なくとも3人は薬剤師がいなければならないことになります。

しかし秋から春にかけては、風邪やインフル、春先の花粉症と、お薬が必要不可欠になります。薬剤師の人手が足りず、一日に40枚以上の処方箋を処理することもしばしばです。

あくまで40枚とは年間を通した平均処方箋枚数ですので、平均して40枚をオーバーしなければ問題はありません。

とはいえ一日に40枚を超える処方箋を扱うことには、沢山の苦労がつきものです。
「業務量が多くて疲れる。」「休憩時間が少なくて集中力がもたない。」といった悩みを抱えている薬剤師の方も多いのではないでしょうか。

その点処方箋30枚/日以下というのは、自分以外の薬剤師の数もある程度そろっていて、作業を分担することができるホワイトな職場といえるでしょう。

処方箋30枚/日以下の職場としては、一包化処方、半錠、粉砕などの調剤、シロップ剤や子供用の粉薬を分包の処方を多く扱う調剤薬局が考えられます。

しかし一日の業務量が少ない分、比例して年収も少なくなるのは自然なことです。
上記のようにホワイトな調剤薬局で、高収入の目安である600万円以上の求人は、どのようにして見つければよいのでしょうか。

2,都心にもある!実際に処方箋が少ない求人例

処方箋30枚/日以下にして年収600万以上の求人を探す際、まずはネットで求人を見ることが一般的ではないでしょうか。
薬剤師専門の転職サイト薬キャリでは、薬剤師不足になる秋から春にかけて、処方箋30枚以下で年収600万以上の公開求人は都心でも300件以上あり、その他の地域であれば2000件以上存在します。


とはいえ公開している条件が本当かどうかは、やはり不安なところです。処方箋30枚以下で年収600万以上の求人を確実に見つけるためには、薬剤師専門の転職サイトに登録して、より正確な情報を得るのがおススメです。

3,人手不足の今がチャンス!薬キャリ(エムスリー)なら高年収で処方箋が少ない職場へ転職できる

HOPがおススメする転職サイトは、薬剤師の転職専門の薬キャリ(エムスリー)です。
薬キャリ(エムスリー)は大手メーカーのソニーグループが運営する薬剤師転職支援サイトです。
他社の薬剤師転職支援会社とは異なり、専門性の高いサービスを昔から行ってきています。そのため職場とのコネクションが強く、他社では受注できない求人や職場の細かい情報を得られるのも薬キャリのおすすめポイントの一つです。

薬キャリには誰でも見られる公開求人以外にも、サイトに登録しなければ閲覧することのできない、好条件の非公開求人が沢山あります。特に薬剤師不足になる秋から春にかけては、処方箋30枚以下でも高収入の条件を提示している求人は多いでしょう。

今の職場は処方箋の枚数も多く、仕事に疲れてきたので、自分のペースにあったゆったりとした職場への転職を考えているなら薬キャリを利用してみてはどうでしょうか?

薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上の求人を探している薬剤師
  • 処方箋枚数30以下のホワイトな職場を探している薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら