HOP!薬剤師

調剤印の意味と役割

薬剤師が調剤業務を行う時に必要なものが調剤印です。調剤印にはどういう意味があるのでしょうか。 薬局や病院ごとにルールがありますが、調剤印があると後から誰が行った仕事なのかがわかるようになります。調剤に欠かせない印鑑ですが、調剤印の果たす役割についてまとめてみました。

今週のおススメページ⇒驚!!ウワサの派遣薬剤師が正社員よりも給与が高い!?調査してみた結果

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人数が多い職場 求人を探す
マイナビ薬剤師 1万件以上 ドラッグストア
企業

無料
登録

薬キャリ 7千件以上 調剤薬局
病院

無料
登録

ファルマスタッフ 7千件以上 調剤薬局
ドラッグストア

無料
登録

1.薬剤師の調剤印はフルネームが必要?署名でもいいの?

調剤済みの処方せんには、1.調剤済み年月日、2.保険薬局の所在地及び名称、3.保険薬剤師氏名印(署名又は記名・押印)を記載することが義務付けられています。

処方ごとに保険薬剤師の署名をするのは作業効率が悪いですので、処方せんには薬剤師の記名と押印をすることがほとんどと思います。

署名は、フルネームの手書きの署名で押印は必要がありません。自筆の筆跡より個人が特定することが容易だからです。記名は、フルネーム記載(押印やスタンプで可)と苗字の押印が必要になります。そのため薬剤師の印鑑は、フルネームの横版判子と、苗字の丸印を用意する必要があるでしょう。

個人が特定できる印鑑を押すことは、この処方せんは自分が責任をとるという意味でもあります。自分の印鑑を調剤補助の方が使用する場合も、誰が使用したかがわかるようにしなければなりません。軽い気持ちで押印すると、後からとんでもない責任が降りかかる恐れもあります。自分が関わったこと以外は押さないことが基本です。

2.調剤印はいつ誰が押すの?

調剤印はだれが押すのでしょうか。それぞれの職場によって、考え方の違いもあるでしょう。総合病院や大手チェーンの調剤薬局では、調剤マニュアルに押印ルールが記載されることもあります。

一般的に、調剤をする薬剤師が調剤後に薬袋に調剤印を押しますが、一つの処方せんを複数の薬剤師が担当する時は、それぞれがどこに押印するかのルールを決めなければなりません。次に調剤者以外の薬剤師が監査を行い、すべての確認や照合が終了後、処方せんの欄外や指定の場所になどに監査印を押すことになるでしょう。

監査を行う人と投薬する人が別の場合もありますが、薬剤の監査をした薬剤師も、患者さん応対をした薬剤師も、どちらもが責任はあります。患者さんは薬袋の印鑑をみて、後から問い合わせなどをしてくる場合もあります。調剤した薬剤師は、患者さんと直接会話をした薬剤師と異なることがあるので、誰が何を担当したかがわかるルール作りが必要となります。

3.調剤済みの印鑑は?

上記の2種類以外に薬剤師がよく所持する印鑑には、調剤済みスタンプがあります。調剤済みの記載と日付と薬剤師氏名が一緒になった丸型のスタンプです。

調剤済み年月日欄には日付があれば、調剤済み、の記載は不要です。しかしこれを押印すれば、調剤済み年月日欄に氏名も日付も一度に記載することができるので、採用している職場が多いといえます。

処方せん調剤は患者さんの命や保険請求にも関わる責任のある仕事です。ミスがあってはなりませんが、誰がどの時点で関わったのかが後からすぐに分かるようにするのも調剤印の役割です。

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

1分で無料登録する

薬キャリ

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

1分で無料登録する

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

1分で無料登録する

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

1分で無料登録する

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

1分で無料登録する

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

【体験談】働いていた調剤薬局が突然閉店、就職先は超ブラックだった

もし突然勤め先が「閉店」「閉鎖」になったらどうしますか? 今回、勤め先だった調剤薬局が突然閉店、転職したらブラック企業だった…という女性薬剤師の方にお話を伺いました。 突然…

  • 🕒
  • 2019.12.11更新

管理薬剤師が得られる手当と相場

医薬品を扱う全ての場所には、薬事法に従い「管理薬剤師」が求められます。管理薬剤師には、どのような手当てがあるのでしょうか。またその相場と手当の良い職場の探し方に関してもご説明いたします。

  • 🕒
  • 2019.12.11更新

調剤薬局薬剤師の求人動向と年収相場

調剤薬局は薬剤師にとって一番の就職先でもあります。病院薬剤師の仕事はやりがいがある反面、休日や待遇面に不満を感じて転職を考える人は少なくありません。調剤薬局の仕事は病院薬剤師の仕事とどのような点が…

  • 🕒
  • 2019.11.08更新

薬剤師の転職!エリアマネージャーの仕事とは

この記事の目次エリアマネージャーの業務内容エリアマネージャーの年収好条件の求人情報の見つけ方 エリアマネージャーの業務内容 チェーン展開しているドラッグストアや調剤薬局チェーンにおいて、いくつかの店舗 ...

  • 🕒
  • 2018.12.07更新

薬剤師レジデント制度とは?薬剤師レジデントの身分・待遇

薬剤師レジデント制度とは、大学卒業後に病院などで薬剤師として働きながら研修を受ける制度です。かつての薬剤師は、研修生という立場で主に大病院で研修を受けてきました。近年では薬剤師レジデント制度という…

  • 🕒
  • 2018.11.05更新

調剤未経験だけど働きたい!薬剤師向けはじめての薬局ガイド

「未経験だけど調剤薬局で働けるかな」 「職場のみんなに迷惑かけたくない・・・」 調剤業務の経験がない方にとって、薬局勤務はハード…

  • 🕒
  • 2018.11.05更新

薬剤師がブラック薬局から転職したら人生変わった!体験談と成功秘話

月に100時間近く残業をしている、残業代をボーナス代から天引きされる…あなたの薬局はこんなブラックな職場ではありませんか?その状況、待っているだけでは絶対に改善しませんよ。 …

  • 🕒
  • 2018.10.29更新

調剤薬局薬剤師がキャリアアップする方法、キャリアパスについて

調剤薬局で勤務し始めてまだ年数の浅い薬剤師の方へ。今後のご自身のキャリアについて思い描けていますか。調剤薬局の薬剤師がキャリアアップをするにはどのようなことをすればいいのでしょうか。

  • 🕒
  • 2018.10.29更新

調剤ミスへの不安で「薬剤師に向いてない」と思っていませんか?

「薬剤師に向いてないかも」「いっそ辞めてしまいたい」等と考えているあなた。ちょっと待ってください。薬剤師の仕事は調剤に限りません。人の命に関わる調剤…

  • 🕒
  • 2018.10.29更新

薬剤師の社会保険と損害賠償保険

薬剤師が加入する保険は社会保険だけではありません。病院や薬局に勤務する薬剤師は、万が一のために損害賠償保険に加入することが多いです。会社が一斉に加入してくれるのか、個人…

  • 🕒
  • 2018.10.29更新

薬局で働く薬剤師|業務内容と年収を病院・ドラッグストアと徹底比較

「病院、ドラッグストア、薬局・・・どこに転職しようかな」 「薬局の業務って、ほかの職場と何が違うんだろう?」 職場によって業務内…

  • 🕒
  • 2018.10.16更新

薬剤師が薬局を開業する場合に知っておくべきこととは

薬剤師が薬局を開業する場合、どのようなリスクやメリットがあるのでしょうか。また、開局に必要な資金や一カ月当たりの維持費なども知っておく必要があります。その他にも、フランチャイズ店のように開業支援シ…

  • 🕒
  • 2018.08.30更新